スポンサーリンク


台北の原宿・東區エリアでいただけるオススメ台湾グルメ集。

東區粉圓のタピオカアップ
Pocket

絶品蒸し餃子に大人気タピオカスイーツまで!台湾のおしゃれさんご用達の台湾グルメならコチラです!

こんにちは!新しいお店を発掘したい欲望に駆られ、夜な夜な台北の街を徘徊しておりますMae(@qianheshu)です。

僕の職場からも歩いていける距離とあって、仕事終わりにお散歩がてら、ふらっと足が向くことが多い「東區(ドンチュ)」

セレクトショップや美容院、カフェ、バーなどがズラリと並ぶMRT(地下鉄)忠孝復興駅ー忠孝敦化駅ー國父紀念館駅の周辺を指し、台北を代表する繁華街の一つとして人気のエリアです。

日本の東京に例えるなら、原宿の空気感にそっくり。

ファッション好きが集まる「流行の発信地」としてもよく知られています。

そういう場所柄もあってか、日本料理や韓国料理、イタリアン…などなど、お食事のできるスポットとして話題になるのは、海外グルメの数々。

キラキラ眩しいスタイリッシュなレストランに圧されて、台湾グルメの存在が霞みがちなのは否めません。

しかし!もちろん全くないわけではなく、むしろぜひとも足を運んでいただきたい、行列ができるほどの伝統グルメ店もたくさん!

今日はその中から、おしゃれタウン・東區で見つけた、僕のお気に入り台湾グルメたちをご紹介したいと思います!

ショッピングの合間におなかがすいたら、ぜひこちらで台湾伝統の味を堪能してみてくださいね!


スポンサーリンク

 

プリッと弾ける蒸し餃子が絶品!「頂好紫琳蒸餃館」

東區頂好名店城

忠孝復興駅から忠孝敦化駅方面へ5分ほど歩いていくと、

「頂好名店城」という古びたビルが見えてきます。

 

何も言われないとそのまま通り過ぎてしまいそうになりますが、

実はここの地下には小さなフードコートがあり、台湾グルメのお店がいくつか軒を連ねています。

 

頂好紫琳蒸餃館の店内

中でもひときわ賑わっているのが、エスカレーターを降りてすぐのところにある

「頂好紫琳蒸餃館」

 

ごはん時ともなれば、いつも席待ちの行列ができるほどの人気店です。

 

頂好紫琳蒸餃館のメニュー

テーブルに着くとオーダー表を渡してくれるので、これに食べたいメニューの数を記入していきます。

 

初めての方は、お店の名前にもなっている「蒸餃(蒸し餃子)」の欄から

まずはお一つ選ばれるのが良いかと思います。

 

頂好紫琳蒸餃館の小菜

お店の中央には、おかずが盛られた小皿類が並べられているのですが、

これは「小菜」と呼ばれるサイドメニュー。

 

食べたいものがあれば自由にテーブルへ運んでも良いものなので、

取った場合はオーダー表の「小菜」部分に数量を記入しておきましょう。

 

頂好紫琳蒸餃館のレシート

オーダーを終えると、内容が印字されたレシートをくれるので、

食後のお会計の際にはこれを持ってレジへ向かえばOKです。

 

頂好紫琳蒸餃館の鮮肉蒸餃

僕のお気に入りは、一番オーソドックスな豚肉餡の蒸し餃子

「鮮肉蒸餃(10個入 / 80元=約300円)」

 

蒸籠にのって蒸したてホカホカでやってくる餃子は、はじけるようなプリッとした食感。

 

油を使っていない分あっさりといただけるので、

ボリュームたっぷりながら、ぺろっと平らげられてしまいます。

 

頂好紫琳蒸餃館の大捲餅牛肉

餃子以外のメニューであれば、こちらの「大餅捲牛肉(90元=約330円)」をぜひ。

 

牛肉とネギが巻かれたきつね色の生地は絶妙な焼き加減で、一度食べると忘れられないパリパリ食感。

 

お醤油をつけていただくだけのシンプルさながら、

思わずハマってしまうこと間違いなしの人気メニューです。

 

頂好紫琳蒸餃館の調理カウンター

おしゃれタウン・東區にありながらローカル感も抜群なので、

台湾ならではの雰囲気に浸りたい方にもオススメですよ!

 

【台北在住5年で見つけた餃子の美味しいローカル店5選。】では、

台北でいただける絶品餃子のお店をご紹介していますので、こちらも合わせてご参考くださいね!

 

頂好紫琳蒸餃館
Address:台北市大安區忠孝東路四段97號B1
TEL:+886-2-2752-0962
営業時間:11:00~21:00

 

100%ベジの超おしゃれな滷味店「VEGE CREEK 蔬河」

VEGE CREEKの外観

「滷味(ルーウェイ)」とは、食材を濃厚スープでぐつぐつと煮込んだ「台湾式ごった煮」のこと。

 

夜市でもおなじみのローカルグルメ代表格なのですが、

こちらの「VEGE CREEK 蔬河」では、

東區らしくスタイリッシュに進化した滷味がいただけます。

 

外観だけ見れば、こだわりのコーヒーを淹れていそうな、おしゃれカフェそのもの。

滷味の立ち位置を知っている台湾グルメ通の方こそ、このルックスには驚かれるかもしれませんね。

 

VEGE CREEKの店内

コンクリート打ちっ放しの空間に、木のぬくもりをプラスしたインテリアも秀逸。

おそらく、滷味店としては台湾No.1のおしゃれさと言って差し支えないかと思います。

 

VEGE CREEKのバッグ

滷味の醍醐味と言えば、自分で好きな食材を選ぶプロセスにあるわけですが、

ユニークな仕掛けがここにも。

 

この緑色のお買い物バッグを持って「市場を歩くような感覚」で、

食べたいものをピックアップしていきます。

 

VEGE CREEKの食材たち

銀色のボールの中に入っているのは、一人分ずつ丁寧に小分けにされた食材たち。

100%ベジのお店なので、野菜類が豊富に揃っているのも人気の秘密です。

 

VEGE CREEKの葉物野菜たち

店内奥にある緑色の壁はデザインなのかと思いきや、こちらもなんと食材の葉物野菜たち。

壁から直接引っこ抜くというスタイルが斬新すぎて、思わず笑みがこぼれます。

 

VEGE CREEKの麺類

麺類をプラスするなら、こちらの金属プレートをバッグの中へ。

 

ラーメン麺はもちろん、ビーフンや春雨、台湾のインスタントラーメン麺など、

6種類から選ぶことができます。

 

VEGE CREEKのナンバープレート

全て選び終わったら、レジに進んでお会計へ。

 

食材をスープで煮込んでくれるので、渡されたナンバープレートの数字が呼ばれたら、

カウンターまで取りに行きましょう。

 

VEGE CREEKのベジ滷味

僕がピックアップした食材は「カボチャ」「ナス」「白菜」「湯圓(白玉)」「蒸煮麵」の5種類。

選んだ食材によって金額は変わりますが、今回はこれで115元(=約430円)でした。

 

漢方の香りが超濃厚なスープでいただくのが一般的ですが、

こちらはベジのお店らしく、ナチュラルであっさりとした風味。

 

台湾風のお吸い物をすするような感覚で、

最後の一滴までさらりと飲み干せてしまうスッキリさが特徴です。

 

素材の美味しさが上手に生かされていて、

一口食べるたびホッとため息がでるような和やかな気持ちになります。

 

VEGE CREEKの調味料たち

テーブルの中ほどには、ゴマや唐辛子、カレー粉、柚子ドレッシングなど、

調味料類も豊富に準備されているのでお好みで。

 

使い方次第で味がガラリと変わるので、いろいろと試してみるとおもしろいですよ!

 

ここでしか味わえない、おしゃれでユニークな台湾式ごった煮をぜひ。

 

VEGE CREEK 蔬河
Address:台北市大安區延吉街129巷2號
TEL:+886-2-2778-1967
営業時間:12:00~14:00 / 17:00~21:00
Facebook:https://www.facebook.com/VEGECREEK/

 

白黒豆花でヘルシーな台湾スイーツはいかが?「庄頭豆花担」

庄頭豆花担の外観

僕の大好きな台湾スイーツ・豆花を東區でいただくなら「庄頭豆花担」がオススメ。

東區北側の大通り「市民大道」上にある、シャーベットグリーンの壁が目印です。

 

庄頭豆花担の店内

カラーリングといい、置かれているアイテムの数々といい、

古いもの好きにはたまらないレトロでキュートな店内。

 

中心部のはずれというロケーションもあって、

落ち着いた雰囲気の中でいただけるのもポイントですね。

 

庄頭豆花担のメニュー

メニューは一応あるのですが、お客さんのオーダーの仕方を見る限り、

ほとんど使われていない様子(!)

 

僕も「何にしようかな~」と、とりあえず眺めはするのですが、

結局メニュー通りに頼んだことがありません 笑

 

では、どうやってオーダーするのかというと…

 

庄頭豆花担の黑豆花と白豆花

こちらのお店の豆花は、大豆ベースの「白豆花」と黒豆ベースの「黑豆花」の2種類。

まずどちらかを選ぶのですが、黒豆を使ったものはちょっと珍しいので「黑豆花」にしてみます。

 

夏は冷たい豆花(氷なしも可)のみですが、冬になると温かいものもいただけますよ。

 

庄頭豆花担のトッピング

豆花を選び終わったら、隣のカウンターでトッピング選び。

名前は書いてありませんが、全て見えるようになっているので、指さしで伝えていきましょう。

 

ちなみに、何種類選んでもお値段変わらずです!

 

庄頭豆花担の黑豆花

今回は「黑豆花」「かぼちゃペースト」「ハトムギ」「石花凍(海藻ゼリー)」

をトッピングしてもらいました。

 

両手いっぱいのお椀にたっぷり入って、このボリュームで50元(=約190円)

 

良心的すぎて、一緒に来ていたボーイフレンドも感激の嵐に打ち震えておりました 笑

 

庄頭豆花担の黑豆花アップ

豆の香りがふんわりと香るお豆腐といい、ヘルシーなトッピングたちといい、

どれもカラダにそっと染み渡るようなすっきり優しい味わい。

 

シロップに浮かぶきめ細やかなかき氷にも黒糖の香りがプラスされていて、

一つ一つの素材へのこだわりが、とろけるほどに伝わってきます。

 

数ある東區デザートの中でも、僕の一番のお気に入り。

ヘルシーにスイーツを楽しみたい方には、イチオシの一椀です。

 

庄頭豆花担
Address:台北市松山區市民大道四段73號
TEL:+886-2-8771-6301
営業時間:12:00~22:00(日~木) / 12:00~23:00(金・土)

 

東區一番人気のタピオカスイーツと言えばコレ!「東區粉圓」

東區粉圓の外観

東區でいただける台湾スイーツの中でもダントツの知名度を誇るのが「東區粉圓」

 

メイン通りから若干離れたロケーションにありながら、

日々お客さんの途絶えることのないタピオカデザートの超絶人気店です。

 

東區粉圓のカウンター

オーダーはお店を入ってすぐのところにあるカウンターで。

 

行列ができてはいますが、入り口側とお店奥側2カ所でオーダーができるようになっているので、

先頭までは案外すぐにたどり着けます。

 

東區粉圓のメニュー

オーダー表がなく、中国語が分からないと少し戸惑うかもしれませんが、システムは簡単。

 

「冰的(冷たいメニュー)」と「熱的(温かいメニュー)」の中からメインのメニューを一つ選んで、

後はトッピングを3つ(熱糖水は4つ)選べばOKです。

 

「綜合粉圓冰」だけは、すでに決まったトッピングが設定されているので、

選ぶのが面倒(!?)という場合はコレにすると良いかもしれません。

 

お値段は一律60元(=約220円)でいただけます。

 

東區粉圓のトッピング

カウンターにトッピングがずらりと並んでいるので、この中から3種類を選びましょう。

実際の食材が見えるようになっているので、指さしでもオーダーしやすいかと思います。

 

東區粉圓の店内

デザートを受け取ったら、壁を隔ててお隣にある食事スペースへ。

 

ただ、いつ来てもほぼ満席状態ですので、2人以上でお越しの場合は、

1人が先に席探しをしておくのも手ですね。

 

東區粉圓のタピオカデザート

「粉圓(タピオカ)」に「薏仁(ハトムギ)」「綠豆」「地瓜(サツマイモ)」を

トッピングでオーダーしてみました。

 

あくまでタピオカがメインなので、かき氷の上にトッピングしているのとはかなり印象が違いますね。

 

氷は甘いシロップを冷やすために適度に入っているのみで、

あとは全てタピオカとその他食材のオンパレード

 

「台湾式のあんみつ」と言えば、なんとなくイメージが伝わるでしょうか。

 

東區粉圓のタピオカアップ

ぷにぷにの大粒タピオカがたっぷり入って、食べ応え満点!

 

サツマイモも入れてもらったので、もはやデザートと言うよりは

具材たっぷりのスープを一碗飲んでいるくらいのボリューム感です。

 

夜遅くまで営業しているので、

一日がっつり観光を楽しんだ後や、夜遊び前の腹ごしらえにもピッタリ。

 

台北っ子が愛してやまない台湾スイーツの王道は、東區にきたら外せない一品ですよ!

 

東區粉圓
Address:台北市大安區忠孝東路四段216巷38號
TEL:+886-2-2777-2057
営業時間:11:00~23:30

 

台湾伝統の濃厚アイスクリームの名店「北門鳳李冰」

 

台湾で人気のつめた~いスイーツと言えば、

「マンゴーかき氷」に代表される山盛りトッピングのかき氷。

 

ですが、それだけじゃないのが台湾式アイスの奥深いところ。

 

台湾伝統のシンプルアイスクリームの名店が、東區にはあるのですよ!

 

北門鳳李冰の看板

それがこちらの「北門鳳李冰」

 

おしゃれタウンのど真ん中にいることをついつい忘れそうになるような、

レトロモダンな外観が目印です。

 

北門鳳李冰の店内

平日夜の閉店に近い時間に訪ねたのですが、

それでもカウンター前にはオーダーの列をなすお客さんの姿。

 

まだまだ店内が賑わっているところからも、お店のファンの多さをうかがい知ることができます。

 

北門鳳李冰のメニュー

オーダー表はないので、店内の黒板に描かれているメニューをご参考に。

 

「招牌」として書かれている「鳳李冰」と「荔枝冰」はそのまま単独で、

「混搭」として書かれているものは単独あるいは2種類ミックスで

オーダーできるアイスクリームです。

 

「鳳梨(パイナップル)」「芋頭(タロイモ)」「綠豆」など、

台湾デザートの定番フレーバーがバッチリ揃っています。

 

今回はミックスメニューの中から

「花生(ピーナッツ)+桂圓(リュウガン)(45元=約170円)」をオーダー。

 

片手いっぱいになろうかという、たっぷり容量のカップに隙間なくぎっちり盛られているので、

二人で食べてもちょうどいいくらいボリューム満点です。

 

どちらのフレーバーも、雪花冰に負けないほど口当たりなめらか。

 

素材をふんだんに使っているのが一口食べただけでも分かるほど、

濃厚な風味がいっぱいに広がります。

 

ほんのりつぶつぶ感が残ったスイートなピーナッツアイスに、

果肉入りの甘酸っぱいリュウガンアイス。

 

それぞれの特徴がしっかり主張しあっていながらも、違和感なくマッチするのが不思議です。

 

日本では絶対に味わえない台湾ならではの風味を、グルメ旅最後のシメにいかがでしょうか。

 

北門鳳李冰
Address:台北市大安區忠孝東路四段216巷33弄9號
TEL:+886-2-2711-8862
営業時間:12:00~21:30(月曜定休)

 

まとめ

 今日は、台北の原宿・東區エリアでいただけるオススメ台湾グルメをご紹介しました!

 

おしゃれなカフェやレストランに注目が集まりがちではありますが、

ユニークなご当地美食もたくさん存在しているのが東區エリアのおもしろいところ。

 

僕も台北に住んで5年目になりますが、今でも歩くたびに新しい発見をすることが多くて、

日々変化を続けているエキサイティングな場所という印象を持っています。

 

そんな移り変わりの激しい街において、自らのスタイルを守り続けているグルメ店と言うのは、

市民から支持されている証拠。

 

実力派が勢ぞろいする貴重なエリアでもあるので、

お買いものの途中に台湾ならではの美食のお店を見つけたら、ぜひ足を向けてみてくださいね。

 

▼出発前に台湾の美味しいものをちょっぴりチェック!▼

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.7円で計算しています。(2017年5月現在)

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→おしゃれゲイ御用達!流行発信地の台北・東區ってどんなとこ?

→台北市街ど真ん中の穴場夜市・遼寧街夜市のおすすめグルメ。

→台北屈指の人気宿泊エリア・南京復興のオススメグルメ4選。

→滞在中に立ち寄りたい台北・大安のおすすめ台湾グルメ5選。

→旅行者にオススメ!ネット予約可能な本格台湾料理店「參和院」。

 

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. jn1 より:

    今回も美味しそうなものばかり出てきたので台湾に行きたくなりました。いつも西門周辺に滞在するので東區には行ったことがなくて、次の旅は街ブラしてみたくなりました。
    それと滷味は見た目が超地味なのとオーダーの仕方がちょっと面倒な感じで食べたことがなくて、でもこのお店は行ってみたいです。
    休憩時間にブログ拝見したので、ちょっとコバラ空きましたよw

    1. kazukimae より:

      確かに!あの滷味のお店は、初めて挑戦するという方にピッタリかもしれませんね。
      東區らしく、本当におしゃれな造り&システムになっているので、ぜひぜひ足を運んでみてください!
      豆花のお店もかなりオススメですよ〜!

コメントを残す

*