現地採用・ブログ運営・ライター活動

台湾現地採用の就職活動時に、あって良かったと感じた4つのもの。中国語の能力は必要なのか?

KKday「台北101 89階展望台カウントダウンパーティー」の展望台から眺める信義區

台湾で現地採用を目指すときに、求められる条件は?日本で準備しておくべきことは?中国語能力は必要?現地で就職活動をした際に、あってよかったと感じたものをまとめてみました。

こんにちは!台湾で現地採用デザイナーとしてお仕事をしております、Mae(@qianheshu)です。

現地採用の会社員として働き始めて、もうすぐ丸8年。

日本で会社員をしていた年数をゆうに超え、台湾での会社員年数は、気づけば2倍以上に。

台湾に住み始めて、「果たして仕事が見つかるのだろうか?」と、ハラハラしていた時代が、少し懐かしくも感じられてきました。

今日は、その当時のことを思い出しながら、台湾での就職活動に関するお話。

台湾で現地採用を目指していた際に、「あって良かった!」と、感じたものをまとめてみました。

ほんの一例にはなりますが、現地での就職を検討中の方の、ご参考になりましたら幸いです。

続きを読む

ブログ執筆に愛用中のガジェット&アプリ5つ。6年間記事を書いてきた僕の使っているモノを集めてみました。

ブログ執筆に愛用中のガジェット「Sony RX100」

ブログを書くには、どんなツールが必要?写真撮影用のカメラから、下書きに活用しているテキストエディタアプリまで。僕が愛用しているモノたちを集めてみました。

こんにちは!台湾生活やLGBTに関する情報をブログにて書いております、台北在住のMae(@qianheshu)です。

先日、【ブログを6年書いて思う、ブロガーに向いていそうな6タイプの人。】の記事にて、今月で『にじいろ台湾』が6周年を迎える、というお話をしました。

6年間続けてこられたのは、自分の性格がブログというメディアの特徴にしっくりときたことが、すごく大きいと思っています。

それと同時に、ブログを書くことをより便利に、快適にしてくれたツールの数々も、執筆を支えてきてくれました。

すでにブログを書いているみなさんは、普段どんなツールを使っていますか?

また、これからブログを始めたい方は、一体どんなツールを揃えればいいのでしょうか?

あるいは今、手もとにあるツールだけでも、ブログは書けるのでしょうか?

今日は、僕がブログの執筆で愛用しているガジェットやアプリを5つ、ご紹介したいと思います。

続きを読む

ブログを6年書いて思う、ブロガーに向いていそうな6タイプの人。

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020の会場ブースにはためくレインボーフラッグ

僕が6年間ブログを書き続けて来られた理由。6周年に改めて振り返りながら、ブログを書くのに向いているかもしれない人ってどんなタイプなのか、考えてみました。

こんにちは!台北で現地採用の会社員として働いております、Mae(@qianheshu)です。

僕が書いているこちらのブログ『にじいろ台湾』は、今月で6周年。

「もうそんなに経ったかっ!」と、光陰の矢の如し具合には、驚くばかりです。

幸いなことに、今現在も飽きることなく、台湾での生活を楽しみながら、ブログを書き続けられています。

それにしても、なぜ今まで、途切れることなく続けてこられたのだろうか?

改めて振り返ってみると、ブログというメディアの特性が、僕の性格や考え方とうまくマッチしていたことも大きいのかな、と感じています。

今日は、僕自身「なぜ続けてこられたのか?」を考えながら、「もしかして、こういうタイプの方は、ブログを続けていくのに向いているかも?」と、思ったことをシェアしてみたいと思います。

あくまで、ブログを書き続けてきた1人の個人が感じていることとして、ご参考いただけますと幸いです。

続きを読む

デザイナーとして10年。仕事をして来て実感している5つのこと。

デザインのラフスケッチサンプル

「デザイナーは、絵が上手?」「デザイナーなら、残業は当たり前?」日本と台湾でデザイナーとして仕事をしてきた10年を振り返ってみて、実感していることがあります。

こんにちは!台湾で現地採用として働いておりますMae(@qianheshu)です。

僕は大学を卒業して以来これまで、デザイナーとして仕事をしてきました。

デザイナーと一口に言っても様々な分野がありますが、僕は現在、広告を作るデザイナーとして、台北にある広告会社にて働いています。

改めて数えてみたら、デザイナー歴も10年を越えたところ。

「自分に務まるだろうか」と、自信が全くない中でスタートしたこの仕事が、まさか10年も続いていて、台湾での就職にまでつながることになるとは、当初は想像もしていませんでした。

現在でも、自信を失うことは多々ありますが(笑)、今になって振り返ってみると、デザイナーという道を選んだことは、なかなか良い選択だったのかなと思っています。

今日は、台湾とはあまり関係のないお話になるかもしれませんが、デザイナーとして10年仕事をしてきた中で実感していることについて書いてみました。

まずは「デザイナーは、絵が上手」と、みなさん思っていませんか、というお話からです。

※あくまで、僕個人の経験にもとづいたものですので、考え方や感じ方の一例としてご覧いただけますと幸いです。

続きを読む

仕事探しサイト「104人力銀行」で学ぶ台湾式履歴書の書き方。現地での就職活動準備を始めましょう!

鉛筆を持つ手

これを押さえておけば、台湾での社会人デビューも夢じゃない!就職サイト「104」で履歴書を完成させるための手順をまとめました!

こんにちは!台北で会社員として働いて丸7年を迎えましたMae(@qianheshu)です。

さて、今日は【台湾で就職活動!仕事探しサイト「104人力銀行」で、自分にピッタリの求人情報を見つける方法。】にてご紹介した、台湾の就職サイト「104人力銀行」での仕事探しの続き。

日本の就活サイトでも同様かと思いますが、仕事探しを始める前には、サイト上での「履歴書」の準備が必要です。

当然ですが、全て中国語での記入になったり、専門用語が出てきたりで、難しく感じる部分もあるのですが、ここを乗り越えれば、台湾でお仕事探し放題

具体的に「104人力銀行」で履歴書を完成させるための手順をまとめましたので、ご参考いただけますと幸いです。

続きを読む

台湾で就職活動!仕事探しサイト「104人力銀行」で、自分にピッタリの求人情報を見つける方法。

台湾の就職サイト「104人力銀行」

台湾でよく使われている仕事探しサイトと言えばこちら!現地での就職&転職活動なら「104」から始めてみましょう!

こんにちは!台湾での会社員歴も丸7年を迎えましたMae(@qianheshu)です。

さて、みなさん、台湾では就職や転職の際、どうやって仕事を探すかご存知でしょうか?

僕は台北にて、現地採用の会社員として働いており、現地に来てから自分で仕事探しをしました。

ただ、台湾に来たばかりの当初は、どこから手をつけていいものか全く分からず、当時通っていた語学学校の先生や、台湾人の友人たちに聞いてみることに。

すると返ってくるのは、「104」「1111」「518」「123」… などの数字(?!)、でした。

実はこの数字こそ、台湾で仕事を探すときの重要キーワード!

これを知らずして、「台湾の就職活動は語れない!」というくらい、とっても重要なものなのです!

では、これらの数字は、一体何のことを指しているのか?

今日は、そんな数字たちの中から、僕が初めての就職活動でお世話になった「104」での仕事の探し方について、ご紹介したいと思います。

続きを読む

ブログとYouTubeの両方に挑戦して感じた4つのこと。記事執筆と動画制作はどちらが大変か?

Adobe Premiere Proで動画編集

「ブログの執筆」と「YouTubeの動画制作」は、どちらが大変?両方に取り組んでみた僕は、こんな風に感じました。

こんにちは!台湾在住まもなく丸8年となります、Mae(@qianheshu)です。

Twitterではお知らせしていたのですが、実は最近、YouTubeを始めました!

台湾生活の様子を、少しずつ動画にしていければなと考えておりますので、ブログと合わせてご覧いただけるとすごくうれしいです!

→ Maeの「YouTubeチャンネル」をチェックしてみる。

さて、最近はブロガーさんも、YouTubeを始めるケースが多くなりましたね。

そこで気になるのが、「ブログとYouTubeは、どちらが大変なのか?」ということ。

僕も、まだ始めたばかりで分からないことも山ほどあるのですが、実際に両方に取り組みながら、気づいたことがいくつかあります。

今日は、動画制作を始めた経緯も含めつつ、ブログとYouTubeの両方に挑戦してみて感じたことについて、まとめてみたいと思います。

2つを体験してみての感想の一例として、ご覧いただけますと幸いです。

続きを読む

台湾で就職した僕はどんな仕事をしている?海外在住8年目の職場事情。

仕事で使うデザインソフト

台湾で就職を決めたのはどんな会社?仕事内容や職場環境は?現地採用の僕は、台北でこんな風に働いています。

こんにちは!台北で台湾人ボーイフレンドと2人暮らしをしていますMae(@qianheshu)です。

僕は現在、台湾で会社員として仕事をしています。

語学留学時代から数えること、台湾暮らしも今年で8年目。

日本を離れて、海外で生活を築き、永住権まで入手することができたのも、運よく仕事を任せていただける会社と出会えたからに他なりません。

では、僕は一体、台湾でどんな仕事をしているのか?

台湾で仕事をするって、どんな感じなのでしょうか?

今日は、台湾で就職した日本人の一例として、僕の現地での仕事についてお話ししたいと思います。

続きを読む

台湾で現地採用として働くメリットは?台北で6年間会社員として勤めている僕が思う7つのポイント。

台北・松山空港の中華電信カウンターでSIMカード受け取りに必要な身分証明

台湾で現地採用として仕事を始めて6年。会社員として働いてきて良かったと思うことをまとめてみました。

こんにちは!台湾で広告デザイナーとして働いて6年になりますMae(@qianheshu)です。

僕は、台湾の会社に在籍し「現地採用」として仕事をしています。

あいだで一度転職を体験しながらも、あっという間に6年。

改めて計算してみると、台湾での仕事年数が、日本で仕事をしていた年数の2倍になっていました。

同じ台湾在住日本人の方でも、駐在員としてやってきた方、自ら会社を立ち上げた方、台湾と日本を行き来しながら仕事をされている方など、働き方は様々。

僕の身の回りにも、勤め人以外のライフスタイルを確立されている方がたくさんおられるので、選択肢は決して一つじゃないのだな、いつも実感させられます。

そんな中で、改めて考えてみた「台湾で現地採用として働く」ということ。

僕がちょうど「ある節目」を迎えたこともあり、今回はこれまで仕事をしてきた体験を振り返りながら、台湾で現地採用として働くメリットを整理してみました。

結論から言えば、僕は現地採用を選んだことを全く後悔していませんし、長い目で見れば正しい決断だったと思っています。

続きを読む

『にじいろ台湾』の2017年を象徴する10の記事。転職や株式投資に挑戦した「変化」の1年でした。

台北・中正紀念堂とレインボーフラッグ

みなさまの2017年はどんな年でしたか?1年間に書いた記事をピックアップしながら、僕の2017年を振り返ってみました。

あけましておめでとうございます!台北101のカウントダウン花火で新しい1年を迎えてまいりましたMae(@qianheshu)です。

2018年突入にあたって、昨年の記事を読み直していたのですが、僕にとっての2017年は台湾で暮らすようになって以来の大きな変化があった1年。

30歳になった節目の年ということもあってか、これからのライフスタイルについて色々と考え始めたタイミングであったように思います。

それらの変化に合わせて、ブログ『にじいろ台湾』でも、その時々の心境を反映した記事を書かせていただきました。

遅ればせながら、昨年1年間ご愛読いただいたみなさま、度々の応援、本当に感謝しております。

今日は新年のご挨拶も兼ねまして、『にじいろ台湾』の2017年を象徴する10の記事をご紹介させていただきたいと思います。

続きを読む