スポンサーリンク


LGBT

同性婚が実現したばかりの台湾で、台日カップルの友人の結婚式に参加してきました。

台日同性カップルの友人の結婚式会場へ2回目の入場をするAZくんとIanくん

「この世界の片隅で、僕を見つけてくれてありがとう。」台湾で同性婚が実現した週末、ある一組の国際カップルが、感動いっぱいの結婚式を挙げました。

こんにちは!台湾でボーイフレンドと暮らしてもうすぐ7年になりますMae(@qianheshu)です。

2019年5月24日(金)は、台湾にとって記念すべき1日に。

アジア初となる同性婚が実現され、いよいよ婚姻届の受付が始まりました!

初日に婚姻届を提出したカップルは500組とも報道されており、ついに新たな一歩は踏み出されたのだなと、現地でしみじみ実感しております。

そして、実はこのタイミングに合わせて、僕の日本人の友人も、台湾人パートナーの方と挙式!

とてもありがたいことに、僕もお二人の結婚式にご招待いただいたので、ボーイフレンドとともに参加してまいりました。

ブログでの紹介も快くOKしていただいたので、今日は同性婚実現の週末に行われた友人カップルの結婚式について。

台湾での結婚式参加の際に、気になるポイントも一緒にまとめてみましたので、ご参考にされてみてください。

記事の最後には、お二人からのメッセージも添えさせていただきました。

続きを読む

台湾で同性婚が実現!アジア史にのこる歴史的決断の裏側では、一体何が起こっていたのか?

2019年5月17日、台湾同性婚実現の日に配られたフライヤー

アジア初の同性婚実現国が誕生!喜びに沸く台湾の歴史的快挙の背後には、台湾の人々のまっすぐで揺るぎない決意がありました。

こんにちは!台北でボーイフレンドと暮らしてまもなく7年になりますMae(@qianheshu)です。

みなさんもすでにご存知かと思いますが、5月17日(金)台湾でついに同性婚実現のための法案が可決されました!

蔡英文總統のサインを受けたのち、5月24日(金)よりいよいよ、同性カップルも結婚ができるようになります!

台湾では2年前に憲法解釈が行われ、「同性カップルに婚姻の権利を認めない現行の法律は違憲状態」との判決が出ていました。

その当時から「台湾で同性婚が認められる!」と話題を集めていましたが、実際の実現までの道のりは、決して平坦なものではありませんでした。

違憲状態であると判定されたにも関わらず、実は17日になるまで、全くどのような結果になるのか分からない、混乱した状態が続いていたのです。

なぜ、同性婚実現が確定していたはずの台湾が、そのような事態に陥っていたのか。

同性婚実現の記念すべきニュースの裏では、一体どんなことが審議されていたのか。

今日は、僕が台湾生活の中で目にしてきたことを織り交ぜながら、同性婚が実現されるまでの道のりについてご紹介したいと思います。

続きを読む

台湾・苗栗でLGBTプライド「苗栗愛轉來平權遊行」が初開催。同性婚実現前最後のパレードを2,000人と共に歩いてきました。

苗栗愛轉來平權遊行(苗栗LGBTプライド)2019会場エントランス

同性婚実現のタイムリミットまで、あと11日。台湾北東部の街・苗栗で初めて行われたLGBTプライドで伝えられたメッセージとは?

こんにちは!2019年台湾の第2弾となるLGBTプライドを歩いてまいりましたMae(@qianheshu)です。

今回参加して来たのは、台湾北西部の街・苗栗で行われたLGBTプライド「苗栗愛轉來平權遊行」。

今年2019年が初めての開催ということで、どのようなイベントになるのか、ワクワクしながら向かいました。

また、初開催ながら、台湾での同性婚実現前最後のLGBTプライドという、とても重要なタイミング。

法制化のタイムリミットが約2週間後に迫っている現状と、それについての当事者たちの想いがひしひしと感じられたイベントとなりました。

今日は「苗栗愛轉來平權遊行」当日の様子について、同性婚の審議を巡る台湾の現地事情も交えながらご紹介したいと思います。

続きを読む

LGBTプライドってどんなイベント?台湾の全パレードに参加した僕が7つの疑問にお答えします。

高雄同志大遊行(高雄プライド)2018のパレードでレインボーフラッグを参加者たち

LGBTプライドには誰が参加できる?手続きや服装、持ち物は?台湾各地のパレードを例に、7つの疑問についてまとめてみました。

こんにちは!台湾各地のLGBTプライドへの参加を毎年楽しみにしているMae(@qianheshu)です。

先日は、台南にて「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」に参加してきたのですが、途中で友人グループと合流して、一緒にパレードを歩くタイミングがありました。

その際に、初めてLGBTプライドを歩くという、一人の友人から聞いた一言。

「パレードって、まさかこんなにもオープンでウェルカムな雰囲気だったとは!想像してたのと、全然違いました!!!」

実はこの反応、この時の友人だけではなく、僕もこれまでに初参加の方と話していて、とても頻繁に耳にしてきました。

そこで、ふと気づいたこと。

このブログでも、これまで台湾各地で行われているLGBTプライドについて取り上げ、当日の様子などについて記事を書いてきました。

しかしそもそも、LGBTプライドは一体何のために行われていて、誰が、どうやって参加するものなのか?

また、当事者でなくても、パレードを歩いて良いものなのか?

どのようなイベントになったか以前に、まずはそんな「ベースの部分を知ってもらうことも大切なのでは?」と、友人の一言を聞いてハッとしました。

そこで今日は、「LGBTプライド」という、イベントについてのお話。

多くの方が疑問に思われているかもしれない7つのポイントについて、台湾のLGBTプライドを例にしながら、ご紹介してみたいと思います。

続きを読む

LGBTプライド「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」2019が開催!同性婚合法化まで1ヶ月の台湾で巻き起こる新たな動きとは?

台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)2019でレインボーフラッグを掲げて歩く参加者

2019年第1弾のLGBTプライドが台南で開催!イベント史上最大規模となったお祭り騒ぎの一方で、台湾が直面している現実も浮き彫りになりました。

こんにちは!台湾の古都・台南でLGBTプライドを歩いてまいりましたMae(@qianheshu)です。

今回参加させていただいたのは、2019年台湾で先陣を切るLGBTプライド「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」

今年はいよいよ、台湾で同性婚合法化が実現するとあって、イベント史上最多となる参加者数を記録する大パレードとなりました。

しかしその一方で、お祝いムードばかりではいられない現実についても触れられた、今回のLGBTプライド。

LGBT当事者の方たちが今、どんなことを感じながら日々を過ごしているのか。

パレードを通して改めて、再確認することのできたイベントとなりました。

今日は、4月13日(土)に行われた「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」当日の様子について。

同性婚合法化を前に、現在台湾で起こっていることについても触れながら、ご紹介したいと思います。

続きを読む

2019年台湾の7大LGBTプライド開催スケジュール。

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2018で配布されたレインボーフラッグ

同性婚が合法化される2019年の台湾。LGBTプライドを歩きながら、記念すべき1年の現地の空気を体感されてみませんか?

こんにちは!台北でボーイフレンドと暮らして6年の日本男子Mae(@qianheshu)です。

2019年の台湾でも、まもなく各地でLGBTプライドが開催されます!

今年は5月24日(金)に実現する見込みの同性婚合法化を控える、台湾にとって記念すべき1年。

アジア最大級と言われる台北のLGBTプライド「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」を始め、各都市で行われるパレードも、これまで以上に盛り上がることが予想されます。

また、昨年初めて宜蘭で開催された「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」に引き続き、今年もまた、新たなLGBTプライドが台湾に登場!

ますます広がりを見せる台湾のにじいろパワーから、今年も目が離せません!

今日は、2019年台湾各地のLGBTプライドの開催日程について。

まだすべてのパレード日程が出揃っているわけではありませんが、発表のあったものから、開催予定日順に整理してみました。

「台湾のパレードに参加してみたい!」とご検討中の方は、ご参考としてお役立ていただけるとうれしいです。

続きを読む

台湾で同性婚法案が正式発表!でもこのままだと、僕と台湾人彼氏は結婚できない。

高雄同志大遊行(高雄プライド)2018会場でいただいたレインボーフラッグ

台湾が同性婚合法化に向けてまた大きな一歩!法案が可決されれば、できるようになること、できないことを調べてみました。

こんにちは。台北で台湾人ボーイフレンドと暮らして6年になります日本男子Mae(@qianheshu)です。

すでに日本でもニュースになっているので、ご存知の方もおられるかもしれませんが、先日2月21日に台湾で同性婚に関する具体的な法案が提出されました。

順調に進めば、今年5月24日までに台湾で同性婚が実現することになります。

台湾で暮らす当事者の一人として、この明るいニュースに、ようやく希望の光が見えてきたことに、感慨深く感じているところです。

しかしその一方で、これからまだしっかり注視していかなくてはいけない部分があるのも事実。

今回の法案で完全に「婚姻平權(婚姻平等の権利)」が実現するのかというと、そうとは言いきれない現状も見えてきています。

特にそのうちの一つは、僕と台湾人ボーイフレンドの将来とも密接に関わってくることに。

このままでは、もしかすると同性カップルの中でも「結婚できるカップル」「結婚できないカップル」が生まれてしまうかもしれないのです。

一体、それはどのような問題なのか?

今日は、台湾で提出された同性婚法案と、その発表を受けて僕が現地で感じていることについて、まとめてみたいと思います。

続きを読む

「同性婚はゴールじゃない。」まもなく合法化実現の台湾で当事者の僕が感じていること。

花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド / 台東場)で配布されたレインボーフラッグ

まもなく訪れる新しい社会。変化を続ける台湾で、同性の恋人を持つ僕にも、ある深く考えさせられる初体験が待っていました。

こんにちは!台北で台湾人ボーイフレンドと暮らしておりますMae(@qianheshu)です。

今年2019年は、台湾の、いやアジアのLGBTコミュニティにとって、とても大きな意味を持つ1年。

来る5月24日、台湾ではいよいよ同性婚が合法化されます!

僕も早速、台湾人の彼氏さんとお付き合いしている日本男子の友人から、結婚披露宴のご招待をいただき、「ついにその時はやって来たのだな」と、ソワソワしているところです 笑

僕にも、お付き合いをして6年以上になる台湾人のボーイフレンドがいるのですが、将来的に制度を利用する可能性は充分にありえるかと。

当然、合法化には並々ならぬ期待を寄せています。

台湾社会が新たな一歩を踏み出そうとしている、そんな中で先日、この話題にも関係する、ある個人的な大イベントを体験しました。

そこで体験したことについては、嬉しくもあり、悲しくもある、複雑な心境。

「同性でも結婚ができるようになる」という変化が、キレイごとを一切抜きにして、どういうことなのか。

当事者として、改めて深く考えさせられた出来事だったように思います。

今日は、まもなく同性婚が合法化される台湾で、当事者である僕が今感じていることを記してみたいと思います。

続きを読む

「高雄同志大遊行(高雄プライド)」2018レポート。国民投票翌日に2万人が歩いた、励ましと涙でいっぱいのパレード。

高雄同志大遊行(高雄プライド)2018パレードで掲げられたプラカード9

台湾で行われた国民投票の結果は?開票の翌日に高雄で行われたLGBTプライドでは、他都市と異なる「ある現象」が巻き起こっていました。

こんにちは!今年最後のLGBTプライドを歩いてまいりましたMae(@qianheshu)です。

2018年台湾のLGBTプライドシーズンを締めくくるのは、台湾南部の街・高雄で開催された「高雄同志大遊行(高雄プライド)」

ここ数年は参加者1万人以上が集まる、台北のパレードに次ぐ規模となっている高雄のパレードですが、今回はある重要なタイミングでの開催。

LGBTプライドが行われた11月25日(日)は、台湾全国の市町村リーダーを一斉に決める「九合一選舉」の翌日。

さらに注目すべきは、選挙と同時に行われた「国民投票」の行方でした。

同性婚やLGBT教育など、当事者の生活や未来に直結する内容の投票が半分を占めており、その結果を受けてのパレードとなったのが、今回の高雄プライド。

その関係もあり、昨年までのイベントとはもちろんのこと、今年行われた他都市のどのパレードとも、かなり雰囲気の違ったイベントとなりました。

今日は、国民投票の結果に関しても触れながら「高雄同志大遊行(高雄プライド)」当日の様子をご紹介したいと思います。

続きを読む

「投票しよう!」10万人参加のLGBT音楽イベント『為愛返家音樂會』で叫ばれた台湾の未来とは?

台湾のLGBT音楽イベント『為愛返家音樂會』夜のステージ前

アジア最大のLGBTプライドに匹敵する巨大イベントが台北で開催!有名アーティストも続々登場のステージで国民投票に向けた最後のメッセージが伝えられました。

こんにちは!台北でボーイフレンドと暮らして6年になります日本男子Mae@qianheshu)です。

今、台湾はLGBTコミュニティ、いや、多様な社会を望むあらゆる人々にとって、非常に重要な局面を迎えようとしています。

来たる11月24日(土)、台湾では各市町村のリーダーを一斉に決める大選挙「九合一選舉」が行われます。

次は誰がそれぞれの街を導いていくのか、そして台湾の人々はどの党を支持しようとしているのか。

テレビや新聞などのメディアを始め、社会全体が選挙一色の熱気に満ちた空気に包まれていますが、選挙と合わせてもう一つ、とても大切なイベントが同時に行われます。

それは、「国民投票」

全10項目について、「同意」「不同意」のどちらかで投票されることになりますが、このうち半分を占める5項目が「LGBT」に関する内容となっています。

先週末は、国民投票前最後となる休日。

このタイミングに合わせて、LGBTの権利を支持するための音楽イベント『為愛返家ー搭上幸福特快車 兩好三壞1118音樂會』が開催されました。

一体何のためにこのイベントは開かれたのか、そもそも台湾で行われる国民投票の内容とは一体どのようなものなのか。

今日は、当日の様子とともに、台湾が迎えようとしている重大局面についてご紹介したいと思います。

続きを読む