LGBT

初開催!台湾・台東のLGBTプライド「花東彩虹嘉年華」を歩いて来ました。

台湾東部のLGBTプライド「花東彩虹嘉年華」パレード後のステージで始まる合唱

台湾でいよいよLGBTプライドシーズンが開幕!2017年の第一弾は台湾東部の街からスタートです!

こんにちは!今年初のパレードに参加するため、台東へと足を運んでまいりましたMae(@qianheshu)です。

台湾東部では昨年も「花蓮彩虹嘉年華」に参加させていただいたのですが、2017年はイベントがさらにパワーアップ!

「花東彩虹嘉年華」と名を改め、花蓮と台東の2都市で2日連続でのLGBTプライドが催されました!

台東でLGBTプライドが開催されるのは今回が史上初ということで、どのようなイベントになるのか、僕も興味津々。

居てもたっても居られなくなり、台北から台東へひとっ飛び、レインボーフラッグ片手に実際にパレードを歩いてみることにしました!

今日は、イベント当日の様子を織りまぜながら、台東のLGBTプライドについてご紹介したいと思います。

続きを読む

台湾では「ゲイの出会い」ってどんな風に訪れるの?

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」のレストラン

相手のセクシャリティは見た目では分からないからこそ、僕たちはこんな方法で交友関係の輪を広げていきます。

こんにちは!台湾在住もうすぐ丸5年に突入するMae(@qianheshu)です。

先日、ブログをきっかけにお声かけいただいた日本人ゲイの方と食事に行った際、「出会い」に関するお話になりました。

普段の生活の中で、ゲイ同士が出会うのは容易ではありません。

例えば、学校や職場で「素敵だな~」と、気になる相手ができたとします。

しかし、その方が同じくゲイであるかどうかは、相手が何らかの方法で自らカミングアウトしない限り、知ることはできません。

相手もゲイであるという保証が得られないわけですから、「無理だろうな…」と諦めざるをえないパターンは多々あります。

だからこそ、「出会うこと」を目的として行動を起こさない限り、お付き合いできる相手に巡り会える可能性はストレートの方以上に低くなってしまうのです。

では、ゲイ同士は一体、どこで、どうやって知り合いになるのでしょうか?

今日は、台湾での事情も織り交ぜつつ、「出会い」についてお話してみたいと思います。

続きを読む

同性カップルとして子供を持つことについて考えてみた。

手をつなぐ親子

保育園のお迎えへ「2人のパパ(ママ)」がごく普通に現れる未来を思い描いてみたことはありますか?

こんにちは。台湾男子とお付き合いすること間もなく5年、台北在住の日本男子Mae(@qianheshu)です。

先日、ボーイフレンドの兵役がまもなく終了するということで、新居への引っ越し手伝いをしていたときのこと。

彼のお父さんも現地にかけつけて3人がかりで荷物をまとめ、移動中の車内でおしゃべりをしながら過ごしておりました。

そのときに話題として出て来たのが「傳宗接代」というキーワード。

つまり、「子供を持つこと」についての僕の考えを尋ねられたのでした。

台湾では2年以内での同性婚合法化が決定され、同性カップルにとっても子供を育てるという未来が身近なことになりつつあります。

ゲイの息子を持つ親としては当然気になる話題であると思うのですが、残念なことに、僕はうまくその質問に答えることができませんでした。

引っ越し作業が終わってからも、頭の中をぐるぐると駆け巡りつづけていたお父さんの言葉。

今日は、ゲイカップルとして子供を持つことについて僕が考えたことをシェアしてみたいと思います。

続きを読む

発表!2017台湾4大LGBTプライド開催スケジュール。

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2016に登場した巨大レインボーフラッグ

同性婚合法化が決まった2017年の台湾。LGBTプライドも史上最強に盛り上がること必至です!

こんにちは!あと3ヶ月もすれば台湾はプライドパレードシーズンに突入、時間の流れの速さにただただ驚くばかりのMae(@qianheshu)です。

昨年は花蓮、台北、高雄、台中の台湾4大都市でパレードを歩いてまいりましたが、またこの季節がやってくるのかと考えただけでも、期待で胸が高鳴ってきます。

8万人の参加者を集めた首都・台北の「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」は、アジア最大級の規模を誇る一大イベント。

台湾南部の都市・高雄の「高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)」も初の参加者1万人を記録し、各都市とも年々パワーアップの兆しを見せています。

海外からの参加者もますます増え、世界中から注目を集めている台湾のLGBTプライド。

今年もついに各都市のスケジュールが出そろい始めましたので、今日は2017年版台湾4大LGBTプライドの日程を整理してみたいと思います。

秋からの旅行シーズンは、多様な未来に向けて間もなく歴史的な一歩を踏み出す台湾で「同志遊行(LGBTプライド)」を歩いてみませんか?

続きを読む

同性婚合法化目前の台湾でゲイカップルの未来を想像してみた。

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016のパレードでレインボーフラッグを持って歩く親子

アジア初の同性婚実現が現実味を帯びてきた台湾。これからのゲイカップルにはこんな未来が待っているのかもしれません。

こんにちは!台湾人ボーイフレンドとのお付き合いがもうすぐ5年に突入しそうなMae(@qianheshu)です。

すでにご存知の方もおられることと思いますが、5月24日、台湾で「同性同士の婚姻を認めない現行法制度は違憲」との判決が発表されました。

最長でも2年以内に、同性カップルも婚姻制度を利用できるようになることが確実となり、アジアで初めて同性婚可能国の仲間入りを果たすことになります。

台湾で生活している当事者の一人として、これほどまでにうれしいことはありません。

これから、台湾で生きる同性カップルのライフスタイルは大きな変化の時代を迎えることになりそうですが、一体僕たちにはどんな未来が待っているのでしょうか。

同性婚が可能になった社会を、ちょっと想像してみたいと思います。

続きを読む

台湾人彼氏の父親と僕が初対面した不思議な一日のお話。

台北101が見える夜の信義路

充分な心の準備もできぬままに、人生初の一大事を迎えてしまいました。

こんにちは!台湾へ来たばかりの頃に出会ったボーイフレンドとすでに4年越えのお付き合いとなっておりますMae(@qianheshu)です。

3ヶ月ほど前のお話になりますが、生まれて初めて「恋人の親」と顔合わせをする機会がありました。

顔合わせというと、あらかじめ申し合わせて「いざ対面!」という感じに思われるかもしれませんが、そうではなく突然、何の前触れもなく、そのような状況に直面せざるを得なくなったというのが、正しい言い方かもしれません。

ゲイとしての自分をようやく直視できるようになったのが大学も卒業間際という年齢で、それ以前はまともな恋愛など、ほとんどしたことがなかった僕。

現在の台湾人彼氏が、これまでの人生の中で一番深い関係になった相手と言って良いかと思います。

当然、お付き合いしている相手の親御さんに会うのも、その時が人生初。

その日は一気にいろいろなことが起こりすぎて胸中複雑でしたが、一生忘れられない体験になったことは間違いないと今でも思っています。

今日は、初めて台湾人彼氏の父親と出会ったちょっと不思議な一日のお話です。

続きを読む

自分がゲイであることを改めて実感させられる5つの瞬間。

台中同志遊行(台中LGBTプライド)で掲げられるレインボーフラッグ

こんな場面に遭遇した時、僕は自分の本質を無条件に納得せざるを得ないわけであります。

こんにちは!台湾在住5年目、未だ「台湾男子かわいい!」熱のおさまる気配が微塵も感じられないMae(@qianheshu)です。

LGBTへの理解がアジアトップクラスに進んでいる台湾で暮らしているおかげか、自分のセクシャリティを良い意味で意識することが少なくなってきた今日この頃。

僕が男子に心惹かれるという事実は、水の如く透明に、自然とカラダに馴染んできて、今や自分のかけがえのない一部として、ごく当たり前の存在になりつつあります。

当たり前すぎて、社会的にはマイノリティに当てはまるのだということすら忘れてしまっているくらいです。

そんな心持ちなので、時折ストレートの友人とお出かけしたりすると、我のことながら思わずハッとしてしまう瞬間があったりするもの。

改めて「ああ!僕はやっぱりゲイであるのだなあ。」と、大いに納得させられる場面は少なくありません。

今日は、ふとした瞬間に得られる自らに関する発見についてのお話。

僕をご存知のみなさんの中には、もしかすると「あっ!あの時のアレね!」と、思い当たる場面があるかもしれません 笑

続きを読む

付き合って4年になる僕の台湾人彼氏を紹介します。

かわいいキャラクターが大好きな台湾人彼氏

好きも嫌いも分かった上で、僕たちはここまで4年間一緒に過ごしてきました。

こんにちは!台北に住んで5年目、台湾での国際恋愛も5年目に突入しておりますMae(@qianheshu)です。

長らくこのブログをお読みいただいている方はすでに印象があるかもしれませんが、僕には台湾に来てすぐに出会った彼氏がいます。

いつも「ボーイフレンド」という名で登場してもらっている彼は現在、台北からバスで1時間くらいの街・新竹で兵役中のためプチ遠距離な日々を過ごしております。

会えば会ったでよくケンカもするし、意見が食い違うことも少なくないですが、良いところも悪いところもお互いよく心得ているので、何だかんだで仲良く続いている感じです。

本音を言い合えるくらい仲が良い、というところでしょうか。

彼についてはブログによく出てくる割には詳しくお話ししたことはないので「どんな人なのだろう?」と思われている方もおられるかもしれませんね。

今日は少しだけ、僕の台湾人彼氏をみなさんにご紹介させてください。

これから台湾男子とお付き合いしようかな~というプランがある方は、もしかすると何かの参考になるかもしれません 笑

続きを読む

台湾で年越しなら西門町へ。台北・西門紅樓のLGBTカウントダウンイベント「REDay NYE Countdown Party」。

2階エリアから眺める台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」

年越しは台北101の花火だけじゃない!台湾No.1のゲイタウン・西門町でもカウントダウンイベント開催です!

こんにちは!2017年は初めて台北101以外の場所で新しい年を迎えましたMae(@qianheshu)です。

大晦日の夜に友人たちと夕食に行ったところ、「そういえば、年末の西門町って行ったことないよねー。」というお話になり、様子見がてら立ち寄ってみることに。

台北ゲイの聖地・西門紅樓の裏に向かってみると、期待通りここでもカウントダウンが開催されていました。

「REDay NYE Countdown Party」として催されているこのイベントには、特設ステージでのDJイベントやダンスパフォーマンスなどLGBTコミュニティならではのパフォーマンスが盛りだくさん。

これは願ってもない絶好の機会ということで、オープンテラスのテーブルでドリンクを飲みながらイベントを楽しんでまいりました!

「101の花火ならもう何回も見たぜ…」という台湾リピーターの方へ、今年の年末は西門町での年越しなんていかがでしょうか?

続きを読む

台湾5大LGBTプライドに1年かけて全力参加してみました。

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016の巨大レインボーフラッグ

台北・台中・台南・高雄・花蓮の5都市で開催されているLGBTプライドを、イベントの様子とともに振り返ります!

こんにちは!2016年も残すところあとわずかとなりましたが、毎年のことながら全くもって年末感のない台北からMae(@qianheshu)がお送りしております。

先日2016年4番目となるLGBTプライド「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」に参加したことで、台湾で行われているパレードをすべて歩いたことになりました!

今日は2016年の締めくくりとして、台湾の5大LGBTプライドの様子とともに1年を振り返りたいと思います。

続きを読む