台湾でジム&筋トレ

スポーツ初心者だった僕がジム通いのために揃えた8アイテム。トレーニングの服装やストレッチ用グッズをまとめました。

ジムでのトレーニングで使っているシューズ「リーボック・ナノ」

ジムへ通うなら何を準備すればいい?トレーニングのための服装は?スポーツ初心者だった僕が筋トレ中&前後のために集めたアイテムをご紹介します。

こんにちは!台湾暮らしのなかで、ジム通いの楽しさに目覚めたMae(@qianheshu)です。

先日【運動が大の苦手だった僕が30歳からジム通いを習慣にできた6つの理由。】という記事でもお話させていただきましたが、現在週2回、カラダづくりのためにジムへ通っています。

1年半ほど前のジム通い開始前と比べると、体重約8kgの増量。

確実に効果を感じていることがモチベーションに繋がり、楽しくジムトレに励めているように思います。

僕がジムに通おうと決めたばかりの頃に迷っていたのが、準備するアイテムについて。

それまで、自主的にスポーツに取り組んだ経験がなかったので、一体何を揃えればいいのか、チンプンカンプンでした。

ただ、分からないながらにも、当初通っていたパーソナルトレーニングの先生からのアドバイスを参考にしたり、自分でトレーニングしながら感じたことを少しずつ調整したり。

現在ではだいぶ、使うものが固まってきたように思います。

今日は、スポーツ初心者だった僕がジム通いのために揃えた8つのアイテムをまとめてみました。

これからジムに通おうかなとご検討中の方や、アイテム選びに迷っている方は、ご参考いただけるとうれしいです。

続きを読む

運動が大の苦手だった僕が30歳からジム通いを習慣にできた6つの理由。

スポーツジムでトレーニングする台湾男子

ジム通いを始めたきっかけは?続けるためのモチベーションは?30歳からカラダづくりを習慣にできたのはなぜなのか、考えてみました。

こんにちは!ジムトレを始めて1年半ほどになりました台湾在住日本男子Mae(@qianheshu)です。

以前【パーソナルトレーニングに1年通って実感している6つのこと。体育の成績が学年ビリだった僕でも変わることはできたのか?】と言う記事でも書かせていただいたのですが、僕は学生時代から運動がすごく苦手で、体育の授業がある日はいつも憂鬱でした。

どれくらい苦手かというと、体力測定のテストで学年最下位を争うくらいのレベル。

球技の時間など、必ずと言っていいほどチームの足を引っ張るので、白い目で見られることも度々でした。

そんな僕が、ジム通いを始めたのが、1年半ほど前のこと。

あれほどカラダを動かすことに苦手意識があったにも関わらず、ジムだけは週に2回、これまで一度も途切れることなく、現在まで続いています。

自分でもすごく不思議なのですが、一体なぜここまで続けてくることができたのか。

運動が大の苦手だった僕がジム通いを習慣にすることができた理由について、改めて考えてみました。

続きを読む

台湾発のおしゃれなプロテイン「戰神Mars」。マンゴーや烏龍ラテなど豊富なフレーバーで、おいしいジムトレライフ。

台湾発のおしゃれなプロテイン「戰神Mars」草莓牛奶・巧克力・香草

台湾在住&台湾リピーターなジム好きの方におすすめ!トレーニングのお供には、台湾発ブランドのプロテインなどいかがでしょう?

こんにちは!ジムトレを始めて1年半になります台北在住Mae(@qianheshu)です。

以前【パーソナルトレーニングに1年通って実感している6つのこと。体育の成績が学年ビリだった僕でも変わることはできたのか?】という記事でもシェアさせていただいたのですが、僕がジムに通い始めたのは、筋肉をつけることでの「増量」が目的。

インストラクターの先生から指導を受けながらトレーニングを続けるうち、自主トレをでは見られなかった変化を、実感できるようになってきています。

そして、半年ほど前からは、トレーニングと合わせて「高蛋白(プロテイン)」も補充するように。

少し伸び悩んでいた体重も、また着実に増え始め、色々なブランドのプロテインを試しながら、ジムライフを楽しんでいるところです。

そんな中で出会ったのが、MIT(Made in Taiwan)のプロテイン「戰神Mars」

同じくトレーニングに励んでいる会社の同僚から、おすそ分けしてもらったのがきっかけでした。

パッケージ、デザイン、豊富に揃ったフレーバー…

ユニークなポイントの数々にグッと心を掴まれてしまい、以来すっかり大ファンになっています。

今日は、台湾発のプロテインブランド「戰神Mars」について。

お気に入りのポイントや、実際に使ってみての感想などをまとめてみたいと思います。

続きを読む

台北のスポーツジム事情。旅行者も利用可能なコンビニタイプや1分○元のリーズナブル料金システムも登場中です!

台湾のスポーツジム「BEING fit」の看板

台湾の人たちはどんなジムに通っている?旅行者でも利用できるジムはある?どんどん多様化する台北のジム事情についてまとめてみました。

こんにちは!ジム通いを始めて1年ほどが経ちました台北在住日本男子Mae(@qianheshu)です。

日本でジムに通ったことがないので比較はできないのですが、個人的な印象として、台湾は男女問わずジムに通っている人の割合はかなり高いように思います。

出勤前の朝早い時間帯からトレーニングに精を出す人も少なくなく、僕がよく通っているジムなどは、朝8:00前に行ってもマシンが埋まってしまうくらい大人気。

「いかに人の少ない場所、時間帯を見つけるか」というところで、現在も探求を続ける日々を送っているところです 笑

そんなスポーツ意識の向上を反映してなのか、最近、台湾のジムはどんどん多様化。

一口にジムと言っても、目的によって様々な利用の仕方ができるので、日常的にトレー二ングをしている人にとっては、かなり楽しい環境が整ってきているのではないかと思います。

今、台湾では、どのようなスタイルのジムが登場しているのか。

今日は、僕が暮らしている街・台北のスポーツジム事情についてまとめてみたいと思います。

続きを読む

パーソナルトレーニングに1年通って実感している6つのこと。体育の成績が学年ビリだった僕でも変わることはできたのか?

パーソナルトレーニング後の背中

パーソナルトレーニングは本当に効果があるのか?どんなことが変わったか?1対1レッスンを毎週受けてきた1年を振り返ってみました。

こんにちは!学生時代は超絶運動オンチとして有名だった、台北在住日本男子Mae(@qianheshu)です。

昔からカラダの線が細い上に姿勢が悪く、「ヒョロヒョロ」と揶揄されることも珍しくなかった僕。

これは僕にとって、20年近くに渡って心の奥底でわだかまっていた、大きなコンプレックスの一つでした。

おまけに、学生時代の体力測定では「学年でもワースト1を争う運動オンチ」という事実も、この劣等感に拍車を掛ける要因に。

「そんな自分を少しでも変えたい!」と一念発起したのが、トレーニングを始めたきっかけでした。

しかし、1年ほど自分でトレーニングを続けたものの、思うように感じられない効果。

相変わらず周囲からは「細い」「痩せすぎ」の言葉がかけられ、「やはり自分には無理なのか」とあきらめかけたこともありました。

そんな折に頭をよぎったのが、「個人教練」「私人教練」「一對一課程」などのキーワード。

これは、プロのインストラクターの先生と1対1でレッスンを受けられる、いわゆる「パーソナルトレーニング」のことで、最近では台湾でもとても頻繁に目にするようになりました。

果たして、スポーツ全般がすごく苦手な僕でも、レッスンについていけるのかどうか?また、本当に効果があったのかどうか?

今日は、実際にレッスンを受け始めてからもうすぐ1年の節目を迎えるということで、パーソナルトレーニングに通って実感している6つのことについて、みなさんとシェアしてみたいと思います。

※僕は「増量」を目指すトレーニングを受けています。「ダイエット」にチャレンジしたい方とは、事情が異なるかもしれません。

続きを読む