ゲイの視点

台湾総統&立法委員選挙2020をLGBTの視点から。同性の恋人と現地で暮らす僕が注目したポイントは?

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2019のパレードで投票を呼びかけるプラカード

台湾史にのこる記録的な出来事となった2020台湾総統&立法委員選挙。台湾人ボーイフレンドと現地で暮らしている僕は、こんなポイントに注目していました。

こんにちは!台北在住8年目のMae(@qianheshu)です。

2020年1月11日(土)は、台湾にとって非常に重要な1日。

台湾の政治を司るリーダーたちを決める「台湾総統&立法委員選挙」が行われました。

2016年に当選を果たした民進党・蔡英文現総統が続投できるかどうかに注目が集まった今回の選挙ですが、結果は見事当選!

これからの4年間もまた、蔡英文総統が台湾を引っ張っていくことが決定しました。

実は今回の選挙は、台湾のLGBTコミュニティにとっても、特に重要な選挙。

同性婚実現後初めての選挙ということもあり、選挙活動中からLGBTに関連するニュースが、話題に上ることも少なくありませんでした。

僕には、台湾での選挙権はありません。

しかし、台湾人のボーイフレンドと現地で暮らしていることもあり、ここ1年ほどはずっと、彼とともに動向に注目してきました。

では、LGBTの視点から見た今回の選挙は、どのようなものだったのか?

今日は、現地で同性の恋人と暮らしている僕が、2020台湾総統&立法委員選挙で注目したポイントをまとめてみたいと思います。

続きを読む

【この台湾MVがすごい!】LGBTがテーマのミュージックビデオ7作品をご紹介します。

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2019の台湾のカタチをしたレインボーフラッグ

中華圏を代表する有名アーティストの作品も!LGBTがテーマのミュージックビデオが、台湾では続々と発表されています!

こんにちは!台北でボーイフレンドと暮らして8年目になりますMae(@qianheshu)です。

先日、日本のLGBTメディア『GENXY』にて、ある台湾のミュージックビデオが話題となりました。

作品内では、結婚に至るまでの同性カップルの物語が描かれており、YouTubeにて公開された当時、台湾でも大きな注目を集めました。

実は台湾には、LGBTをテーマとしたミュージックビデオ(MV)が、他にもたくさん!

中華圏を代表する超有名アーティストも数多くの作品を発表しており、当事者へのエールを贈るとともに、社会に向けて広くメッセージが伝えられてきました。

今日は、LGBTがテーマの台湾のミュージックビデオの中から、僕のお気に入り7作品をご紹介したいと思います。

続きを読む

「男性を好きになったきっかけは?」同性に恋する僕が8つの疑問にお答えします。

同性婚する男性二人のカップル

「同性を好きになったきっかけって?」「男女両方の気持ちが分かる?」同性に恋する僕が尋ねられたことのある質問に、僕はこうお答えします。

こんにちは!台北で台湾人ボーイフレンドと暮らして8年目になりましたMae(@qianheshu)です。

先日、とある食事会に参加した際、ある方と僕のセクシュアリティに関してお話する機会が。

僕は、その話題について尋ねられることが全くイヤではなく、むしろ興味を持ってくださっていることを、とてもうれしく感じました。

質問を聞いているうちに、そういう点に疑問を持っているものなのだなと、気づかされることがたくさん

おそらく、同じような疑問を持たれている方も少なくないのではと、その時に感じました。

そこで今日は、僕が日常生活の中で尋ねられたことのある内容も含めて、改めて「同性に恋すること」について、お答えしていきたいと思います。

ただし、最初に言っておきますと、これは僕の場合であって、全ての方に当てはまるというものではありません。

セクシュアリティは一人一人違っているのが自然なことですので、あくまで一例として、ご覧いただければと思います。

続きを読む

「子供にLGBTのことを教えるのは早い」という主張に当事者の僕が感じていること。

台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)2019でメッセージを掲げるカフェ

もしも、子供の頃にLGBTのことを学んでいたとしたら。学ぶ機会がないまま大人になってきた当事者の僕は今、こんなこと思っています。

こんにちは!台湾でボーイフレンドと暮らして7年になります日本男子Mae(@qianheshu)です。

先日、ツイッターを眺めていたら、興味深いツイートを発見しました。

その内容は、「LGBTについて教える」ことに関するもの。

そのツイートでは、「私は子供が小さいうちから、LGBTについて進んで教えようとは思わない」と主張されていました。

みなさんは、この主張について、どう思われますか?

同じ考えでしょうか?それとも逆に、早い段階から教えたいとお考えでしょうか?

あるいは、どうすべきか分からない、という方もおられるかもしれませんね。

もちろん、考え方は人それぞれにあって当然と思いますが、LGBTの「G」にあたる僕は、自身が体験してきたことを通して、「こうだったら良かったのになあ」と感じていることがあります。

続きを読む

【この台湾映画がすごい!】同性に恋するキャラクターが登場するおすすめ4作品をご紹介します。

高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)2017で配られたレインボー団扇

LGBTに関する映画がたくさん制作されている台湾。同性に恋するキャラクターが登場するおすすめの作品はこちらです!

こんにちは!台湾在住まもなく丸7年になりますMae(@qianheshu)です。

先日『【この台湾映画がすごい!】LGBTがテーマのおすすめ7作品をご紹介します。』という記事にて、LGBTがテーマの台湾映画7作品についてご紹介させていただきました。

記事を書くにあたって、心あたりの作品をたくさん観ていたのですが、実は前回挙げさせていただいた以外にも、ぜひご紹介したい作品があります。

テーマ自体は他に据えられていながら、そこに同性に恋するキャラクターが登場し、作品の要を担っている。

今日は、そんな台湾映画4作品をまとめてみました。

僕も大好きな作品ばかりですので、前回記事でご紹介した映画と合わせて、ご覧いただければうれしいです。

続きを読む

台湾で同性婚法案が正式発表!でもこのままだと、僕と台湾人彼氏は結婚できない。

高雄同志大遊行(高雄プライド)2018会場でいただいたレインボーフラッグ

台湾が同性婚合法化に向けてまた大きな一歩!法案が可決されれば、できるようになること、できないことを調べてみました。

こんにちは。台北で台湾人ボーイフレンドと暮らして6年になります日本男子Mae(@qianheshu)です。

すでに日本でもニュースになっているので、ご存知の方もおられるかもしれませんが、先日2月21日に台湾で同性婚に関する具体的な法案が提出されました。

順調に進めば、今年5月24日までに台湾で同性婚が実現することになります。

台湾で暮らす当事者の一人として、この明るいニュースに、ようやく希望の光が見えてきたことに、感慨深く感じているところです。

しかしその一方で、これからまだしっかり注視していかなくてはいけない部分があるのも事実。

今回の法案で完全に「婚姻平權(婚姻平等の権利)」が実現するのかというと、そうとは言いきれない現状も見えてきています。

特にそのうちの一つは、僕と台湾人ボーイフレンドの将来とも密接に関わってくることに。

このままでは、もしかすると同性カップルの中でも「結婚できるカップル」「結婚できないカップル」が生まれてしまうかもしれないのです。

一体、それはどのような問題なのか?

今日は、台湾で提出された同性婚法案と、その発表を受けて僕が現地で感じていることについて、まとめてみたいと思います。

続きを読む

「同性婚はゴールじゃない。」まもなく合法化実現の台湾で当事者の僕が感じていること。

花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド / 台東場)で配布されたレインボーフラッグ

まもなく訪れる新しい社会。変化を続ける台湾で、同性の恋人を持つ僕にも、ある深く考えさせられる初体験が待っていました。

こんにちは!台北で台湾人ボーイフレンドと暮らしておりますMae(@qianheshu)です。

今年2019年は、台湾の、いやアジアのLGBTコミュニティにとって、とても大きな意味を持つ1年。

来る5月24日、台湾ではいよいよ同性婚が合法化されます!

僕も早速、台湾人の彼氏さんとお付き合いしている日本男子の友人から、結婚披露宴のご招待をいただき、「ついにその時はやって来たのだな」と、ソワソワしているところです 笑

僕にも、お付き合いをして6年以上になる台湾人のボーイフレンドがいるのですが、将来的に制度を利用する可能性は充分にありえるかと。

当然、合法化には並々ならぬ期待を寄せています。

台湾社会が新たな一歩を踏み出そうとしている、そんな中で先日、この話題にも関係する、ある個人的な大イベントを体験しました。

そこで体験したことについては、嬉しくもあり、悲しくもある、複雑な心境。

「同性でも結婚ができるようになる」という変化が、キレイごとを一切抜きにして、どういうことなのか。

当事者として、改めて深く考えさせられた出来事だったように思います。

今日は、まもなく同性婚が合法化される台湾で、当事者である僕が今感じていることを記してみたいと思います。

続きを読む

台湾発メンズコスメ「UNICORN」。男性の美をトータルサポートするLGBTフレンドリーなブランドが台湾男子に人気です。

台湾のメンズコスメブランド「UNICORN」ブランドサイト_1

LGBTフレンドリーな取り組みも多数!台湾男子に人気のメンズコスメブランドで、ユニークなスキンケアを楽しんでみませんか?

こんにちは!台湾男子のつるつるお肌が羨ましくてたまらないMae(@qianheshu)です。

台湾のコスメと言うと、ドラッグストアやコンビニで手に入るフェイスマスクや、オーガニック素材を使ったナチュラル系アイテムが有名。

旅行に来られたことのある方の中には、実際に購入されたことのある方も少なくないかもしれませんね。

年々選択肢も豊富になりつつある台湾のコスメ事情ですが、実はメンズ向けのコスメにも注目のブランドがあることをご存知でしょうか?

「UNICORN」は、台湾男子の間で人気を博するメンズコスメ専門ブランドの一つ。

LGBTに関する取り組みに積極的なことでも知られており、僕も台湾のLGBTプライドに参加した時に見かけたのが、このブランドを知ったきっかけでした。

男性の美を多角的に捉えた商品が豊富で、「えっ?そんなところまでお手入れできちゃう?」と、思わず驚くアイテムもたくさん!

とってもユニークな台湾発のメンズコスメで、日本男子のみなさんもスキンケアを始めてみませんか?

続きを読む

「ストレートの私にできることは?」と問われて考えた、同性に恋する僕がお願いしたい4つのこと。

花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド / 花蓮場)のパレードに参加する異性カップル

もしも「LGBTというテーマのために何か力になりたい!」と思ってくださるのであれば。今すぐにでもできるこんなこと、お願いすることはできますか?

こんにちは!台北でボーイフレンドと一緒に暮らしております日本男子Mae(@qianheshu)です。

先日、このブログがきっかけでメッセージをいただいた方と、お食事をする機会がありました。

その方は、自身はストレート(異性が恋愛対象)と言うことでしたが、LGBTというテーマにとても関心を持たれていて、その理解度は僕も驚くほど的確なもの。

そして、お話を進めていく中で、次のような質問を訊ねられました。

「ストレートの私にできることって、何かあるでしょうか?」

当事者である僕にとっては、この上なくありがたいお言葉。

でもなぜかこの時、僕はあろうことか、うまくお答えを返すことができなかったのです。

これまで自分が体験してきたことを踏まえて、社会に望むことはたくさんあるはずなのに、どうして…

その方とお別れしてからこの記事を書く今まで、この出来事がずっと心に引っかかっていたのですが、考えているうち「あること」に思い至りました。

それは、「当事者自身が発信し(「見える化」し)、自分たちの力で変えていくしかない」という観点に囚われ過ぎていたこと。

まだまだLGBTという言葉を身近に感じている人が多くないと言われる中、まずは当事者から声を挙げて、自分たちの存在や境遇について、少しでも知ってもらうことが大切。

僕自身そう信じていましたし(今も信じています)、このブログもその一環として書き続けてきました。

でもだからこそ「(LGBTに対する理解のある)ストレートの方の力を借りる」、という観点が欠けていたのも事実。

当事者以外の方から自発的にそのような質問をいただくこともこれまでほとんどなかったので、それに対する答えをまだ持ち合わせていなかったのです。

では、もしもストレートの方に何かをお願いできるのであれば、一体どんなことを伝えたいだろう?

今日は、あの時うまくお返事ができなかったそのお答えとして、僕が改めて考えたことをまとめてみたいと思います。

続きを読む

同性に恋する僕が改めて気づいた「存在を示す」大切さ。職場でのカミングアウト後に起こったある出来事のお話。

2018年台湾最初のLGBTプライド「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」のパレード隊列にはためくレインボーフラッグ

「存在を知ってもらうことが大切。」勇気を出してカミングアウトすれば、確実に何かは変わるのだということに、改めて気づかされました。

こんにちは!台北で現地採用として働いております、LGBTの“G”にあたるMae@qianheshu)です。

【台湾の会社で全社員に同性が好きであることをカミングアウトしたら、意外な反応が返ってきた。】という記事でも書かせていただいたのですが、半年ほど前に職場で僕のセクシャリティについてカミングアウトをしたことがありました。

その後、特に大きな変化が起こることもなく(起こらなくていいのですが 笑)、平穏なオフィスライフを送っていたのですが、つい先日、とてもビックリな出来事が。

それは現在、台湾社会で巻き起こっている、LGBTについての「ある話題」に関係すること。

その瞬間は、同僚たちの想いに感謝したのと同時に、その話題に対する彼らの関心度、そして行動力の高さに、感動せずにはいられませんでした。

「もしあの時、僕がカミングアウトをしていなかったら、結果は違っていたのだろうか?」

今振り返りながら考えてみると、改めて「存在を知ってもらうことの大切さ」を見つめなおす、良い機会となったように思います。

今日は、僕の職場で起こった「LGBTに関するあるエピソード」について、みなさんとシェアしてみたいと思います。

続きを読む