文化

台湾の小吃店(ローカルグルメ店)でよくある5つの現象。日本の飲食店と、どんなところが違う?

台北・龍山寺エリアのおすすめグルメ店「萬華戲院大腸麵線魷魚羹」のメニュー

店員さんが客席で〇〇してる!? 食事してる隣で△△!? 台湾のローカルグルメ店へ向かう前に、現地ならではのこんな習慣があること、踏まえておきましょう!

こんにちは!台北在住まもなく丸8年、台湾ローカルグルメが大好きなMae(@qianheshu)です。

台湾は外食文化が非常に発達しているので、僕も現地生活では、お店へ足を運んで、ごはんを食べることが多いです。

一番頻繁にお世話になっているのが、「小吃店」と呼ばれるローカルグルメ店。

このお店は「麵線(台湾式そうめん)」、こちらは「魯肉飯(ルーローファン)」、あちらは「牛肉麵」と言った具合に、小吃店には、それぞれに看板メニューが。

その看板メニューをメインに、関連する料理やスープ、「小菜」と呼ばれる小皿のおかずなどが取り揃えられているのが、小吃店のオーソドックスな形態です。

そして、小吃店は、現地の人も日常的に利用するローカルなお店というだけあって、台湾ならではのおもしろい現象に出会うことも多々。

当たり前ではありますが、文化の違う海外ですので、日本の飲食店とは、習慣も異なっています。

もし台湾で小吃店へ足を運んだ際、こんな現象に遭遇しても、どうか怒らず、微笑みとともに、異国情緒を楽しんでいただきたいところです。

続きを読む

台湾人の自由奔放さが一目で分かる4つの現象。

花蓮・六十石山の一面に広がる金針花の葉とスクーター

スクーター4人乗り?コンビニに犬出現?台湾人の大らかさの源は、自由すぎる心にあるのかもしれません。

こんにちは!日本在住時よりも格段にテキトーになっているのを感じておりますMae(@qianheshu)です。

台湾には、おいしいグルメやレトロかわいいスポット、豊かな自然資源など、旅のあいだに体験したいもの(こと)がたくさん。

しかし、「真の魅力は人」ともよく言われるように、台湾に心奪われてしまう一番の要因は、現地の人たちとの何らかの接触の中で培われた「思い出」ゆえ、ではないでしょうか?

僕は台湾在住6年目に突入していますが、今でも台湾が大好きでたまらないのは、知り合い、見知らぬ人を問わず、毎日出会う彼らから元気や勇気をもらえるから。

その不思議な魅力の根底にあるのは、持ち前の「自由奔放さ」にあるのではないかと、思わずにはいられません。

彼らの行動には戸惑わされることも少なくありませんが、だからこそかわいくて、クスッと笑えて、刺激的。

今日は、街角で出会える台湾人の「心の自由度」を垣間みれる現象の数々をご紹介したいと思います。

続きを読む

台湾から一時帰国中不覚にもハッとしてしまった7つの瞬間。

ことでん電車内の通話禁止ステッカ

台湾生活が長くなると、こんなことが日本で起こります。 

こんにちは!中秋節の休暇を利用して香川に一時帰省中のMae(@qianheshu)です。 

この9月で台北在住5年目に突入し、「Maeは半分台湾人だからね〜!」なんて友人にからかわれるほど、台湾にどっぷり浸かった生活を送っております。

自分では「そんなことはあるまい!」と思っていたのですが…

友人の一言を体現するかのように、毎度日本に帰ってくると台湾式に慣れすぎてしまったが故に、不覚にも戸惑ってしまうシーンがあったりするのですね。

「台湾化」が自分の中で進行中なのを、ひしひしと感じてしまいます。

そこで今日は、台湾生活が長いがために起こりうる母国での「プチカルチャーショック」をいくつかシェアしてみたいと思います。

台湾のみならず、海外にお住まいの日本人のみなさんも、きっと同じような体験されているのではないでしょうか?

続きを読む