ビザ

台湾で転職をする時に注意しておきたい4つのポイント。

現地採用者が台湾で会社を変わる時にやっておかなくてはいけないことって?転職したばかりの僕が実際に体験したことを書き留めておきます。

こんにちは!海外での転職はやはり一筋縄ではいかないと、ここ数週間で実感させられたMae(@qianheshu)です。

以前【台湾で転職。給料や昇進よりも大切なもののために環境を換えることにしました。】でお話しさせていただいたのですが、この度4年間勤めた台北の会社を離れ、新しい環境での勤務をスタートすることになりました。

結果的には、転職へと踏み切る前に不安を感じていた点も何とかクリアすることができ、無事種々の手続きも終了。

ですが、事前に参考にできるケースをほとんど見つけることができず、「一寸先は闇」状態がつい数日前まで続いていたため、なかなかハラハラしながらの転職となってしまいました。

もしかすると、現在あるいは近い将来、僕と同じように台湾での転職をお考えの方もおられるかもしれません。

「一つの事例として少しでも記録があれば、何かのお役に立ててもらえるのでは?」と思い至り、今日は僕が転職の過程で体験したことをまとめてみることにしました。

ここでは、A社の現地採用→B社の現地採用へ移るという前提でお話を進めていきますね。

続きを読む

アジア最高のゲイフレンドリー国・台湾で暮らす6つの方法(後編)。

彩虹台南遊行(台南LGBTプライド)2015パレードのプラカード「擁抱」

あきらめるのはまだ早い!誰でも日本を飛び出せる方法あるんです!

平地でも雪がちらつくという「史上稀に見る寒波襲来」で喜びに湧いた(?)台湾からお送りしております、Mae(@qianheshu)です。どうもこんにちは!

さて、前回【アジア最高のゲイフレンドリー国・台湾で暮らす6つの方法(前編)】では、「駐在員」、「投資家」、「起業家」として台湾で生活する方法をご紹介しました。

しかし、誰にでも今すぐ実行できる方法とは言えず、ハードルの高さを感じた方もおられたかもしれませんね。

そこで今日の後編では、あなたが「日本脱出を計画中の大学生」でも「海外生活を夢見るサラリーマン」でも、もっと気軽に挑戦できる「とっておきの方法」3つをご紹介!

「台湾生活」への近道に、こんな選択肢はいかがですか?

続きを読む

アジア最高のゲイフレンドリー国・台湾で暮らす6つの方法(前編)。

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2015のパレードでレインボーフラッグを羽織るカップル

「台湾に住みたい!」あなたにピッタリなのは、どの方法?

こんにちは!この冬一番の大寒波が台湾に接近中らしく「暖房のない部屋でどうやり過ごすか」で頭がいっぱいのMae(@qianheshu)です。

数々の「海外旅行先ランキング」でトップに選ばれるほど、今や日本人の間では台湾人気が根強いですね。

さらに蔡英文新総統が誕生したことで「これまで以上にゲイフレンドリーな環境が整うかもしれない」という期待も高まっています。

「台湾で暮らす」ことに、興味を感じている方もおられるかもしれません。

では、実際に台湾で生活を始めるにはどうすれば良いのでしょうか?

今日は「台湾での新生活」へ踏み出すための6つの方法(前編)をご紹介したいと思います。

続きを読む