スポンサーリンク


LGBT

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2018レポート。国民投票前最後のパレードを1万5,000人と共に歩いてきました。

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2018の歩道橋から眺めるパレード隊列

台湾中部の都市・台中でも一大イベントが開催!国民投票前最後のパレードで伝えられたLGBTコミュニティからのメッセージとは?

こんにちは!今年6つ目のLGBTプライドを歩いてまいりましたMae(@qianheshu)です。

先月末の10月27日(土)には、台北でアジア最大のLGBTプライド「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」が開催されました。

参加者13万7,000人と、同性婚合法化決定のニュースが駆け巡った昨年をもさらに上回る記録的なパレードには、日本から参加された方も少なくないかもしれませんね。

そして、先週末の11月10日(土)には、台北に引き続き台湾中部の都市・台中でもLGBTプライドが開催!

今年は、台北のパレードも国民投票に関する話題一色となりましたが、その勢いは台中の街へも受け継がれることになりました。

そして、イベント後のステージでは、台湾の超人気アーティストも登場!

一緒に参加していたボーイフレンドも大ファンということで、最後まで大はしゃぎしておられました 笑

台北のパレードから2週間後に行われたパレードは、一体どのようなイベントとなったのか?

今日は、「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」当日の様子をご紹介したいと思います。

続きを読む

台北・國父紀念館近くの居心地最高なビストロ「Fairy Taipei」。LGBTパーティーも開かれる南国ムード満点空間で、エキゾチックな台北の夜を。

台北・國父紀念館近くのLGBTフレンドリーなビストロ「Fairy Taipei」のテーブル席

台北の夜をおしゃれにまったり過ごしたい時におすすめ。美味しいドリンクと食事をいただきながら、LGBTフレンドリーなナイトライフを満喫しちゃいましょう!

こんにちは!台北でボーイフレンドと暮らして6年になります日本男子Mae@qianheshu)です。

MRT忠孝復興駅~國父紀念館駅にかけての一帯は、台北っ子の間で「東區」と呼ばれるエリア。

ファストファッション店やセレクトショップ、美容院、レストランなど、センスの良いお店が立ち並ぶ街並みは、東京で言う原宿の雰囲気に近い、感度の高い若者たち御用達の場所となっています。

また同時に、東區はLGBTフレンドリーなカフェやビストロ、バーも軒を連ねていることで知られている界隈。

先日行われた「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」当日の夜には、各店ともアフターパーティーで盛り上がっていたので、もしかすると実際に参加された方もおられるかもしれませんね。

その中の一軒「Fairy Taipei」は、美味しい欧風料理とドリンクがまったりと楽しめるおすすめのお店。

ネオンが輝くムード満点な空間は、肩肘張らずリラックスして過ごせる居心地の良さで、セクシャリティを問わず、夜貓族(夜遊び好きの若者)たちから人気を集めています。

LGBTパーティーも頻繁に行われる、おしゃれタウンのビストロの楽しみ方は?

今日は、台北ならではのナイトライフを体験したい方へ、「Fairy Taipei(フェアリー・タイペイ)」をご紹介と思います。

続きを読む

台湾発メンズコスメ「UNICORN」。男性の美をトータルサポートするLGBTフレンドリーなブランドが台湾男子に人気です。

台湾のメンズコスメブランド「UNICORN」ブランドサイト_1

LGBTフレンドリーな取り組みも多数!台湾男子に人気のメンズコスメブランドで、ユニークなスキンケアを楽しんでみませんか?

こんにちは!台湾男子のつるつるお肌が羨ましくてたまらないMae(@qianheshu)です。

台湾のコスメと言うと、ドラッグストアやコンビニで手に入るフェイスマスクや、オーガニック素材を使ったナチュラル系アイテムが有名。

旅行に来られたことのある方の中には、実際に購入されたことのある方も少なくないかもしれませんね。

年々選択肢も豊富になりつつある台湾のコスメ事情ですが、実はメンズ向けのコスメにも注目のブランドがあることをご存知でしょうか?

「UNICORN」は、台湾男子の間で人気を博するメンズコスメ専門ブランドの一つ。

LGBTに関する取り組みに積極的なことでも知られており、僕も台湾のLGBTプライドに参加した時に見かけたのが、このブランドを知ったきっかけでした。

男性の美を多角的に捉えた商品が豊富で、「えっ?そんなところまでお手入れできちゃう?」と、思わず驚くアイテムもたくさん!

とってもユニークな台湾発のメンズコスメで、日本男子のみなさんもスキンケアを始めてみませんか?

続きを読む

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2018レポート。13万人の巨大パレードが伝え歩いた台湾の未来を左右するメッセージとは?

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2018でパレード隊列を先導する特大レインボーフラッグ

世界が注目する一大LGBTイベントが台北で開催!お祭り騒ぎの賑やかさの一方で、2018年台湾の現状を浮き彫りにする「ある現象」が巻き起こっていました。

こんにちは!台北でボーイフレンドと暮らして6年になります日本男子Mae(@qianheshu)です。

先週末の10月27日(土)は、台湾にとって記念すべき1日に。

アジア最大と言われるLGBTプライド「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」が台北で開催され、今年も参加者数を大きく伸ばす大成功を収めました。

また、2018年はLGBTプライドの1ヶ月後に控えた「ある一大イベント」に向けて、LGBTコミュニティとしての立場が色濃く反映されたパレードに。

昨年2017年のお祝いムード一色のパレードからは、大きな変化の表れたイベントとなったように思います。

一体、これまでのLGBTプライドとは、どのような点が違っていたのか?

今日は、パレード当日の様子と共に、参加者一丸となって強く訴えられた「あるメッセージ」についてご紹介したいと思います。

続きを読む

台灣同志遊行2018(台湾LGBTプライド)参加前に踏まえたい、パレードをもっと楽しむための4つのポイント。

台湾LGBTプライド(台灣同志遊行)2017で西門駅前に差し掛かるパレード隊列

集合場所、パレード路線、合わせて行きたいパーティーイベントは?アジア最大のLGBTプライドは、間もなく台北で開幕です!

こんにちは!今年もボーイフレンド&友人たちと台北のLGBTプライドを歩きに行きますMae(@qianheshu)です。

みなさんは、毎年台北で開催されている「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」というイベントをご存知でしょうか?

すでにお詳しい方の中には、「この日のために台北行きます!!!」という方も、たくさんおられるかもしれませんね。

「LGBTという存在をまずは知ってもらいたい。」「自分たちの置かれている境遇に目を向けてもらいたい。」

台灣同志遊行は、そんな当事者たちのメッセージを社会へ広く訴えるために、2003年の2,000人のパレードから始まりました。

現在では、台湾国内のみならず、海外からの参加者も合わせて12万人超えの規模へと成長。

毎年10月の最終土曜日に開催されているこのパレードは、台湾を代表する1年に1度の大イベントとして、世界中に認知されるようになりました。

今年2018年の開催日は、まもなくの10月27日(土)。

どなたでも自由に参加可能がですので、ちょうど台北におられるという方はぜひ、この街の育んできた「多様性」を肌で体感されてみてはいかがでしょうか。

そこで今日は、今年の台灣同志遊行をもっと楽しむために、事前に知っておきたい4つのポイントをご紹介!

イベント期間中の計画を立てられる際など、ご参考にされてみてください。

続きを読む

「ストレートの私にできることは?」と問われて考えた、同性に恋する僕がお願いしたい4つのこと。

花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド / 花蓮場)のパレードに参加する異性カップル

もしも「LGBTというテーマのために何か力になりたい!」と思ってくださるのであれば。今すぐにでもできるこんなこと、お願いすることはできますか?

こんにちは!台北でボーイフレンドと一緒に暮らしております日本男子Mae(@qianheshu)です。

先日、このブログがきっかけでメッセージをいただいた方と、お食事をする機会がありました。

その方は、自身はストレート(異性が恋愛対象)と言うことでしたが、LGBTというテーマにとても関心を持たれていて、その理解度は僕も驚くほど的確なもの。

そして、お話を進めていく中で、次のような質問を訊ねられました。

「ストレートの私にできることって、何かあるでしょうか?」

当事者である僕にとっては、この上なくありがたいお言葉。

でもなぜかこの時、僕はあろうことか、うまくお答えを返すことができなかったのです。

これまで自分が体験してきたことを踏まえて、社会に望むことはたくさんあるはずなのに、どうして…

その方とお別れしてからこの記事を書く今まで、この出来事がずっと心に引っかかっていたのですが、考えているうち「あること」に思い至りました。

それは、「当事者自身が発信し(「見える化」し)、自分たちの力で変えていくしかない」という観点に囚われ過ぎていたこと。

まだまだLGBTという言葉を身近に感じている人が多くないと言われる中、まずは当事者から声を挙げて、自分たちの存在や境遇について、少しでも知ってもらうことが大切。

僕自身そう信じていましたし(今も信じています)、このブログもその一環として書き続けてきました。

でもだからこそ「(LGBTに対する理解のある)ストレートの方の力を借りる」、という観点が欠けていたのも事実。

当事者以外の方から自発的にそのような質問をいただくこともこれまでほとんどなかったので、それに対する答えをまだ持ち合わせていなかったのです。

では、もしもストレートの方に何かをお願いできるのであれば、一体どんなことを伝えたいだろう?

今日は、あの時うまくお返事ができなかったそのお答えとして、僕が改めて考えたことをまとめてみたいと思います。

続きを読む

「花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド)」レポート。台東・花蓮から2018台湾秋のパレードシーズンが開幕です!

花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド / 花蓮場)のパレード隊列

台湾東海岸でもにじいろパワーが全開!「嘉年華(カーニバル)」の名に相応しいお祭り騒ぎのLGBTプライドを歩いてきました。

こんにちは!いよいよ始まった台湾のLGBTプライドシーズンに気合い満点のMae@qianheshu)です。

2018年は台南の「台南彩虹遊行」、宜蘭の「宜蘭驕傲大遊行」2つのパレードが春に開催されましたが、これから始まる秋シーズンは3ヶ月連続で台湾各都市にてパレードが行われます。

その先陣を切るのが、台湾東部の街・台東と花蓮の2都市合同開催となる「花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド)」

台風の接近により一時は開催が危ぶまれましたが、軌道が外れたことで(日本にお住いのみなさんご無事でしょうか?)、予定通り週末の9月29日(土)、9月30日(日)の2日間にて行われました。

ここ3年ほど、僕も連続で参加していますが、今回のパレードもこれまで以上にパワーアップ!

11月末には「婚姻平權(婚姻の平等)」に関する国民投票が実施される予定にもなっているため、理解を促すためのメッセージ性も強いイベントとなりました。

今日は、台東・花蓮より2018年台湾秋シーズン最初のLGBTプライドの様子をお届けしたいと思います。

続きを読む

同性に恋する僕が改めて気づいた「存在を示す」大切さ。職場でのカミングアウト後に起こったある出来事のお話。

2018年台湾最初のLGBTプライド「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」のパレード隊列にはためくレインボーフラッグ

「存在を知ってもらうことが大切。」勇気を出してカミングアウトすれば、確実に何かは変わるのだということに、改めて気づかされました。

こんにちは!台北で現地採用として働いております、LGBTの“G”にあたるMae@qianheshu)です。

【台湾の会社で全社員に同性が好きであることをカミングアウトしたら、意外な反応が返ってきた。】という記事でも書かせていただいたのですが、半年ほど前に職場で僕のセクシャリティについてカミングアウトをしたことがありました。

その後、特に大きな変化が起こることもなく(起こらなくていいのですが 笑)、平穏なオフィスライフを送っていたのですが、つい先日、とてもビックリな出来事が。

それは現在、台湾社会で巻き起こっている、LGBTについての「ある話題」に関係すること。

その瞬間は、同僚たちの想いに感謝したのと同時に、その話題に対する彼らの関心度、そして行動力の高さに、感動せずにはいられませんでした。

「もしあの時、僕がカミングアウトをしていなかったら、結果は違っていたのだろうか?」

今振り返りながら考えてみると、改めて「存在を知ってもらうことの大切さ」を見つめなおす、良い機会となったように思います。

今日は、僕の職場で起こった「LGBTに関するあるエピソード」について、みなさんとシェアしてみたいと思います。

続きを読む

同性婚合法化決定から1年の台湾で今起こっていること。思わぬ方向へと動き出した「婚姻平權(婚姻平等の権利)」の行方は?

2018年台湾最初のLGBTプライド「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」で婚姻平權フラッグを身にまとう参加者

同性婚合法化は決まったはずなのになぜ?台湾で今起こっている新たな動きを、みなさんはご存知でしょうか?

こんにちは!台北で台湾人ボーイフレンドと暮らしてもうすぐ6年、LGBTの「G」にあたりますMae(@qianheshu)です。

先日、ブログにこんなコメントをいただきました。

「最近の台湾の同性婚の状況について、教えていただけないでしょうか?」

すでにご存知の方も多いかと思いますが、昨年2017年5月に台湾で同性婚が合法化されるとの発表がなされました。

実現すればアジアで初めて同性婚合法化を実現した国になるということで、世界中にこのニュースが駆け巡ったことは、台湾で暮らす当事者の一人としても、とても喜ばしく思っています。

この記事を書いている2018年7月現在、その歴史的な発表から1年ほどが経ったことになりますが、実はこの同性婚合法化を巡って、また大きな出来事が起こりつつあります。

今、台湾の「婚姻平權(婚姻平等の権利)」はどこへ向かおうとしているのか?

今日はいただいたコメントに対するお答えということで、現在の台湾の同性婚をめぐる事情についてまとめてみたいと思います。

続きを読む

「恋人と長続きするコツは?」と聞かれて彼氏と5年付き合っている僕が考えた3つのこと。

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードで手を繋ぐ同性カップル

ボーイフレンドと僕が5年間共に過ごしてくることができた理由ってなんだろう?友人の質問をきっかけに考えてみたことをまとめてみました。

こんにちは!台湾在住5年、台湾人ボーイフレンドとのお付き合いも同じ年数になるMae(@qianheshu)です。

先日、日本からやってきた友人と、数年ぶりに台北で会う機会がありました。

彼も同じく男性が恋愛対象ということで、当然恋バナに花が咲くわけですが、ふとこんな質問をされました。

「僕はまだ恋人と長く続いた経験がないのだけれど、長続きするにはコツがあるの?」

確かに、僕とボーイフレンドはすでに5年という時間を共にしてきていて、もし結婚という制度があったなら、すでに家族になっていてもおかしくない関係。

彼だけではなく、他でお会いした方からも時々、この質問を受けることがあるのですが、僕たち自身にとっては「気づけば5年になっていた」くらいの感覚で、特に「コツ」のようなものを意識したことはありません。

とは言え、5年も付き合っていると当然いろいろなことが起こるわけで、これまでにも危機がなかったわけではありません。

そんな出来事もありながら「どうしてここまで一緒にこられたのかなあ」と、ここ数日考えを巡らせていました。

結論から言うと、「付き合う」とひとことで言っても、カップルごとにそれぞれ繋がりのカタチがあるわけで、どんな場合にも当てはなるような「コツ」はないと思います。

しかし、僕とボーイフレンドの間での、ここまで続けて来られた理由みたいなものは、少しだけ見えたような気がしました。

参考になるかどうかは分かりませんが、僕たち2人の関係が長年にわたって続いている理由について考えてみたことをまとめてみたいと思います。

続きを読む