スポンサーリンク


「恋人と長続きするコツは?」と聞かれて彼氏と5年付き合っている僕が考えた3つのこと。

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードで手を繋ぐ同性カップル

ボーイフレンドと僕が5年間共に過ごしてくることができた理由ってなんだろう?友人の質問をきっかけに考えてみたことをまとめてみました。

こんにちは!台湾在住5年、台湾人ボーイフレンドとのお付き合いも同じ年数になるMae(@qianheshu)です。

先日、日本からやってきた友人と、数年ぶりに台北で会う機会がありました。

彼も同じく男性が恋愛対象ということで、当然恋バナに花が咲くわけですが、ふとこんな質問をされました。

「僕はまだ恋人と長く続いた経験がないのだけれど、長続きするにはコツがあるの?」

確かに、僕とボーイフレンドはすでに5年という時間を共にしてきていて、もし結婚という制度があったなら、すでに家族になっていてもおかしくない関係。

彼だけではなく、他でお会いした方からも時々、この質問を受けることがあるのですが、僕たち自身にとっては「気づけば5年になっていた」くらいの感覚で、特に「コツ」のようなものを意識したことはありません。

とは言え、5年も付き合っていると当然いろいろなことが起こるわけで、これまでにも危機がなかったわけではありません。

そんな出来事もありながら「どうしてここまで一緒にこられたのかなあ」と、ここ数日考えを巡らせていました。

結論から言うと、「付き合う」とひとことで言っても、カップルごとにそれぞれ繋がりのカタチがあるわけで、どんな場合にも当てはなるような「コツ」はないと思います。

しかし、僕とボーイフレンドの間での、ここまで続けて来られた理由みたいなものは、少しだけ見えたような気がしました。

参考になるかどうかは分かりませんが、僕たち2人の関係が長年にわたって続いている理由について考えてみたことをまとめてみたいと思います。

続きを読む

宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)2018レポート。同性婚合法化決定から1年の節目に行われたLGBTプライドの様子は?

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のステージに立つ地元のLGBT関連グループ

2018年台湾で2つ目のLGBTプライドが開催!東部の街・宜蘭で初めて行われたパレードに参加してまいりました!

こんにちは!今年も台湾全国のLGBTプライドへ足を運ぶ気満々のMae(@qianheshu)です。

台湾では今年、全国で6つのLGBTプライドが行われると発表されています。(【2018年台湾の6大LGBTプライド開催スケジュール。】をご参考ください。)

このうち第一弾となる、台湾南部の都市・台南で開催された「台南彩虹遊行(台南LGBTプライド)」は、イベント史上最大となる参加者を集めたことで話題に。

他都市を上回る勢いで規模が一気に拡大し、LGBTを巡るテーマへの注目の高まりを肌で感じたパレードとなりました。

そして先日、台湾東部の都市・宜蘭でも、第二弾となるLGBTプライドが登場!

5月26日(土)に行われた「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」に、僕もボーイフレンドと共に参加してまいりました。

彼の故郷であるという個人的な思い入れと、今年が初めての開催であるということにプラスして、注目のポイントはもう一点。

昨年、台湾で同性婚合法化決定の発表があってから、ちょうど1年という節目の時期にも当たっていたため、どのようなイベントになるのか、参加前から非常に興味をもっておりました。

今日は、イベント上で触れられたLGBTに関連するお話なども含めて、台湾東部の先陣を切るLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」当日の様子をご紹介したいと思います。

続きを読む

【台湾ルームシェア】そういえば、台北在住の日本人ってどんな部屋に住んでるの?

台北で台湾人彼氏と僕がルームシェアしている部屋のテラス

ついに念願の〇〇〇〇をゲット?! ルームシェアをすると、一人暮らしの時とはこんなところが違います!

こんにちは!台湾在住5年、台湾での引っ越し経験は3回になりましたMae(@qianheshu)です。

【台湾一人暮らし編】の記事でもご紹介しているように、これまでの5年間、僕は「套房」と呼ばれる一人暮らし向けの部屋で生活してきました。

その時の部屋もかなり快適で、特に暮らす上での不都合は感じていなかったのですが、3年ほど住んだこともあって、そろそろ環境を変えてみたいという思いが募り始めていました。

ちょうどそんな折に、付き合って5年になる僕の台湾人ボーイフレンドも、ようやく自分でお金を稼げる身分になり、自由な選択ができるようになったことも後押し。

より生活のクオリティを上げるためにも「2人でルームシェアをしてみよう!」ということになりました。

2ヶ月ほど前からお部屋探しを徐々に始めて、ようやく2人ともに納得のいく部屋を発見。

1週間ほど前に無事引っ越し作業も終え、新しい部屋での生活がスタートしました。

台湾では、ルームシェアをするとどんな部屋に住むことができるのか?

今日はその一例として、僕たち二人が引っ越して来た新しい部屋についてご紹介してみたいと思います。

続きを読む

台北・師大夜市のおすすめグルメ5選。現地学生御用達の人気台湾美食をまとめてみました。

台北・師大夜市のおすすめ台湾グルメ店「永豐盛 手工包子饅頭專賣店」の壽桃(桃型まんじゅう)

台湾式ごった煮やユニークなお饅頭も!師大夜市に来たら、こちらの美味しいグルメたちをぜひご賞味あれ!

こんにちは!30代に入ってから食欲が俄然増しておりますMae(@qianheshu)です。

MRT台電大樓(駅番号:G08)駅を降りてすぐのところに広がる「師大夜市」は、台北の有名夜市の一つとして知られるスポット。

女性向けの洋服やアクセサリーのお店がたくさん軒を連ねており、夜な夜なおしゃれ好き台湾女子たちで賑わうのが特徴です。

その反面、他の夜市に比べるとグルメの存在感はちょっと薄め。

正直なところ、食事をとりに行く場所として、これまでは優先して足を運ぶ夜市ではありませんでした。

しかし、職場から近くなったこともあって、足を運ぶことが多くなってくると、だんだん容量が分かってきたのか、お気に入りのお店も少しずつ増加。

最近では「意外とごはん目当てでも楽しめるぞ?!」と、思えるようになってきました。

そこで今日は、僕が師大夜市で見つけたおすすめのグルメをご紹介!

台北で語学留学をご検討中の方は、将来お世話になる確率大の「師範大學」のおひざもとですので、新生活を始める予定の方もぜひ参考にされてみてください。

続きを読む

台湾のパンは超ユニーク!朝ごはんにもオススメの現地限定「隠れグルメ」をパン屋さんで探してみました。

台湾でよく見かけるパン「香蔥麵包(ネギパン)」

お肉ふりかけのせやネギオンリーのパンも!台湾のパン屋さんには、日本にはない珍しいメニューが盛りだくさんです。

こんにちは!週二のジム通いと美味しい台湾グルメのおかげで3キロ増量中のMae(@qianheshu)です。

台湾には「豆漿」や「粥」「蛋餅」「飯」など、定番と言われる朝ごはんがたくさん存在していますが、僕がもっぱら朝ごはんに食べているのは「麵包(パン)」

休みの日以外はなかなか朝ごはん屋さんに足を運ぶ時間が取れず、いつも仕事帰りにパン屋さんへ足を運んで、朝食用に買っておくのが最近の習慣になっています。

「せっかく台湾に住んでいるのにもったいない!」と思われる方もおられるかもしれませんが、実は意外とおもしろい台湾のパンたち。

日本では見たことのないようなユニークなものがたくさん並んでいて、僕も未だ全制覇仕切れていないくらい種類豊富。

「隠れ台湾名物」と言っても過言ではないくらい奥が深いので、旅のあいだに一度はパン屋さんへ足を運んでいただきたいところです。

そこで今日は、台湾でよく見かけるちょっと不思議なパンの数々をご紹介。

朝ごはんはもちろん、小腹が空いたときのおやつ代わりや夜食に、ぜひ試されてみてくださいね!

続きを読む

台北から台湾各主要都市への行き方。現地在住6年目の僕がよく利用する交通手段はこちらです!

台鐵(台湾鉄道)台中駅エントランス

台北以外の他の都市への観光をご計画中の方へ。台中・台南・高雄・花蓮などへ向かうおすすめの方法をご紹介します。

こんにちは!台湾在住6年目、台湾国内旅行も大好きなMae(@qianheshu)です。

先日【台湾新幹線(高鐵)を20%OFFでおトクに利用!台南・高雄旅行がグッと便利になるおすすめの方法をご紹介します。】で、台湾新幹線のチケットをおトクに入手する方法を取り上げたのですが、今回はもう一歩掘り下げてのお話。

もちろん、台湾新幹線を利用することもかなりの頻度でありますが、中には新幹線を利用するかどうか迷う比較的近い都市や、新幹線の通っていない東部方面の都市へ行くこともあります。

台北に住んでいる僕は、台湾の他の都市へ向かうとき、実際のところはどのような交通手段を利用することが多いのか?

すべてが必ずしも「最速」というわけではありませんが、所用時間や料金など総合的に判断した上で、よく利用している方法を整理してみました。

台北を拠点に他の都市へ足を伸ばされたい方は、ご参考にしていただけるとうれしいです。

続きを読む

台湾に5年住んでも克服できない「虫」のこと。旅行中も新生活後も彼らの出現にご注意を。

台湾でよく見かける虫「蚊子(蚊)」

暖かい土地だからこそ日本以上にやっかいな存在。台湾で暮らすなら「虫」への覚悟が少しだけ必要かもしれません。

こんにちは!台湾在住5年の日本男子Mae(@qianheshu)です。

春の盛りをすぎて、曇りがちな天気が多くなってきた今日この頃の台北。

湿度もどんどん上昇中で、そろそろ「梅雨」が目前といった雰囲気になりつつあります。

意外と冷える台湾の「冬」に次いで、僕が苦手なのが、この梅雨の時期。

雨がどっさり降るからというのもありますが、それ以上に気分を削がれる「ある生物」の登場を、僕は史上最強に恐れています。

今日は、梅雨に入ろうとするこれからの季節はもちろん、1年を通して(!)気をつけておきたい、台湾生活に潜む影の存在について。

旅行中、台湾暮らし問わず、現地に来ると高確率で遭遇することになりますので、心の準備をされた上でご覧いただければと思います。

少しでもインパクトを和らげるため、可能な限りかわいくしたイラストでご紹介してまいりますが、台湾に抱いている美しいイメージにヒビを入れたくない方は、他の記事へ移られることをおすすめしておきます。

続きを読む

台湾の会社で全社員に同性が好きであることをカミングアウトしたら、意外な反応が返ってきた。

高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)2017で手を引いて歩くゲイカップル

台湾生活6年目にして人生最大規模のカミングアウト。僕が会社でセクシャリティを明かした理由は、こんなきっかけでした。

こんにちは!台北で台湾人ボーイフレンドと暮らしております、LGBTの“G”にあたるMae(@qianheshu)です。

僕が「自分は同性に惹かれる」ことを意識するようになったのは、今から10年ほど前の大学生の頃だったのですが、これまでも幾度となく自身のセクシャリティについて、相手に伝える機会がありました。

どの瞬間も色々な意味で印象に残っているのですが、先日また新しく僕のカミングアウト・ヒストリーとして、おそらく一生忘れないであろう出来事が発生。

そして、今回起こったことは、シチュエーションも規模もこれまでとは全く異なったもの。

周囲からの反応はもちろんですが、僕自身の中でも「自らのセクシャリティとの向き合い方」に関して変化が起こっていることに気づき、意外なほど興味深い発見となりました。

今日は、僕が先日体験したカミングアウトについて、みなさんとシェアしてみたいと思います。

続きを読む

台湾新幹線(高鐵)を20%OFFでおトクに利用!台南・高雄旅行がグッと便利になるおすすめの方法をご紹介します。

台湾新幹線(高鐵)の車両

台湾旅行の効率がグンと高まる交通手段・台湾新幹線(高鐵)。実は正規料金よりもお安く利用できる方法あるんです!

こんにちは!台北在住6年目、台湾国内旅行も大好きなMae(@qianheshu)です。

台北に住むようになってから、台湾各地のLGBTプライドへの参加や、ボーイフレンドとの休暇で、南部方面へ出かける機会が多々あるのですが、その際によく利用しているのが「高鐵(ガオティエ)」の名で親しまれている「台湾新幹線」

その気になれば、台北から南部の中心地・高雄も日帰りができるくらい時間が有効に使えるので、その魅力を知ってしまってからはもっぱら、新幹線一本で移動するようになってしまいました。

この台湾新幹線、実は外国人限定予約できるプランがありまして、なんとチケットがいつでも20%OFFで予約可能!

KKdayという台湾の旅行サイトから購入できるのですが、僕もこれまで何度利用したか分からないくらいヘビロテしているプランです。

次回の台湾旅行で、台北以外の他都市への観光もお考え中の方は必見!

今日は、旅をおトクに楽しむための「外国人限定!台湾新幹線割引切符」の入手方法についてご紹介したいと思います。

続きを読む

台北旅行おすすめガイドブック4選+1。台湾在住デザイナーの視点から選んだイチオシは?

台北旅行におすすめのガイドブック5冊

台北旅行のプランを練るならどのガイドブックが最適?現地生活6年目の僕は、この5冊をおすすめします!

こんにちは!現地採用デザイナーとして、現在台北で暮らしておりますMae(@qianheshu)です。

海外旅行の人気目的地となって久しい台湾ですが、みなさんはもうお越しになられたことはありますか?

注目の高まりとともに、本屋さんには台湾観光に関するガイドブックも急増!

初めてさん向け、ひとり旅向け、女子旅向けなど、目的別に細かくカテゴリ分けがなされるほど、今や充分すぎるほど簡単に情報が手に入る時代になってきました。

むしろ「多すぎてどれを選べばいいのか分からない!」と頭を悩ませてしまう方もおられるかもしれませんね。

今日は、僕が現在住んでいる台北の街に的を絞って、現地在住者目線からおすすめのガイドブックをご紹介。

また、僕はデザイナーとしてもお仕事させていただいているので、読みやすさを考慮した「レイアウト」や、旅気分を盛り上げてくれる「テイスト」などの要素も加味して選んでみました。

台北旅行ガイドブック選びの参考として、お役立ていただければうれしいです。

続きを読む