スポンサーリンク


台北・中正紀念堂のおすすめ台湾グルメ店4選。ローカル美食の食べ歩きなら市内屈指の最適エリアです!

スポンサーリンク

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「三娘香菇肉粥」の香菇肉粥(しいたけと豚肉のお粥)

ガイドブックにも引っ張りだこの小籠包店から、地元民御用達のお粥の名店まで!中正紀念堂に来たら観光も良いけれど、おいしいもの巡りもお忘れなきよう。

こんにちは!グルメ天国の台湾で胃袋が大きくなりすぎて、一時帰国時の食べっぷりを両親に驚かれたMae@qianheshu)です。

さて、台北旅行の定番観光スポットの一つに「中正紀念堂」という場所があります。

白亜の壁に瑠璃の屋根、てっぺんは帽子でも被っているかのように、ちょこんと丸い出っ張りが付いたかわいいルックスが特徴ですが、みなさんはもう行かれましたか?

この中正紀念堂、敷地内をくまなく見て回ろうとすると、ゆうに2時間弱はかかろうかというくらい広大。

時間も体力もそれなりに消費するので、観光に満足するとそのまま次のスポットへと向けて出発したくなるお気持ちもよく分かるのですが、MRTに乗るのは少しお待ちいただきたい!

実はこの周辺は、台北を代表するグルメ店密集エリア。

世界各国からお客さんが訪れる人気店はもちろん、台北っ子御用達の超ローカルなグルメ店も軒を連ね、毎日のように行列ができるお店も少なくないんです!

そこで今日は、僕が中正紀念堂周辺で食べ歩き中に見つけたおすすめのグルメ店をご紹介!

本当にたくさんお店があるので、ごく一部にはなってしまいますが、ご旅行の際にお役立ていただければうれしいです。

 

スープがほとばしるヘチマ入りあっさり“小籠湯包”が名物!「盛園絲瓜小籠湯包」

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「盛園絲瓜小籠湯包」の外観

中正紀念堂で小籠包といえば「杭州小籠湯包」が一番有名ではありますが、

僕はお店の角を曲がってすぐのところにある「盛園絲瓜小籠湯包」がお気に入り。

 

こちらも、食事ラッシュの時間には、大行列ができる超人気店。

 

とは言え、少しずらせば案外すんなりと入れるので、

並ぶのを避けたい方はお昼遅めの時間帯などが良いかもしれません。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「盛園絲瓜小籠湯包」の店内

訪れたのは15:00頃だったのですが、休日ということもあって店内はさすがの賑わいよう。

 

ガイドブックにもしばしば登場しているためか、

日本からのお客さんの姿もかなり見ることができました。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「盛園絲瓜小籠湯包」のメニュー

注文したいものは、このオーダー表に記入するシステムです。

 

小籠包の他にも、合わせていただきたい料理が豊富に揃っているので、

グループでお越しの方は、いろいろと注文してみるとおもしろいかと思います。

 

おひとりの場合は「小籠湯包+スープ1品」、

ふたりの場合は「小籠湯包+料理2品」くらいが目安です。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「盛園絲瓜小籠湯包」の絲瓜小籠湯包(ヘチマ入り小籠包)

ぜひオーダーしておきたいのは、

看板メニューの「絲瓜小籠湯包(150元=約540円)」

 

蒸し立てあつあつの状態で運ばれてくるので、

最初はやけどに注意しつつ、2~3口に分けていただきましょう。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「盛園絲瓜小籠湯包」の絲瓜小籠湯包(ヘチマ入り小籠包)クローズアップ

絲瓜は「ヘチマ」の意味。

 

餡の中に、はりはりとしたヘチマの細切れが練りこまれていて、

一般的な小籠包に比べると格別にさっぱりとした味わい。

 

とめどなく溢れ出してくるスープは「出汁そのもの」といった風合いで、

何個でも平らげてしまえそうなライトな口あたりが秀逸です。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「盛園絲瓜小籠湯包」の蔬菜鍋餅

そして、もう1品には「蔬菜鍋餅(120元=約430円)」もおすすめ。

 

塩味の効いた野菜餡を包んだ生地の表面には、

数ミリの隙間もなく、みっしりとまぶされたゴマ。

 

軽くついた焦げ目は、思わず「おおっ~!」と唸ってしまうほどに香ばしくて、

噛めば噛むほどゴマの香りが立ち上ってきます。

 

弾けるようなパリッパリの食感は、一度食べるとやみつきになること間違いなしです!

 

盛園絲瓜小籠湯包
Address:台北市大安區杭州南路二段25巷1號
営業時間:11:00~21:30
TEL:+886-2-2358-2253
Web:http://shengyuan.com.tw/en/

 

素朴な風味の“しいたけ粥”が朝ごはんにおすすめ!「三娘香菇肉粥」

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「三娘香菇肉粥」の外観

台湾で食べたい朝ごはんの一つとして、本場の「お粥」を楽しみにされている方へ。

 

中正紀念堂駅3番出口を出てすぐのところにある「三娘香菇肉粥」は、

地元民御用達のお粥専門店。

 

僕がこれまでに台北で食べてきたお粥の中でも指折りのおいしさなので、

ぜひ足を運ばれてみてください。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「三娘香菇肉粥」のメニュー

入り口カウンターと店内に貼られている写真付きのメニューを参考にしながら、

まずは老闆(店主さん)に直接オーダーしましょう。

 

日本語も書かれてはいますが、日本語が通じそうな予感はあまりしないので、

指差しか、紙に書いて伝えるのが良いかもしれません。

 

お会計は、食べ終わった後でOKです。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「三娘香菇肉粥」の店内

オーダーを無事に終えたら、店内へ。

 

このエリアにあるお店の中でも、ローカル感がかなり濃厚な方なので、

不安にかられる方もおられるかもしれませんが、どうかご心配なく。

 

お粥を一口すすれば必ずや、このお店の実力を理解していただけるはずです。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「三娘香菇肉粥」の香菇肉粥(しいたけと豚肉のお粥)

「香菇肉粥(小 / 40元=約140円)」は、

しいたけと豚肉を具材に加えたシンプルな一碗。

 

「出汁と塩だけ」と言った感じの潔い味付けで、

心がホッと和むようなやさしい風味が、カラダに染み渡ってきます。

 

ぱらりと振りかけられたパリパリ揚げネギが香ばしく、

これまた絶妙なアクセントになっています。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「三娘香菇肉粥」の炸肉捲

お粥だけではもの足りない方という方は、サイドメニューにも注目。

 

全て揚げ料理にはなりますが、油っぽさはあまり感じないので、

朝からでも問題なくいただけるかと思います。

 

僕は、豚肉と玉ねぎを湯葉で包んで揚げた

「炸肉捲(70元=約270円)」をオーダー。

 

パリッと心地よい音を立てる外皮と、歯ごたえのある豚肉の食感の対比がおもしろく、

こちらもお粥に馴染む素朴な味わいでした。

 

お昼休みを挟んで、夜7:00頃まで営業していますので、

うす味なグルメが恋しくなった時にぜひ。

 

三娘香菇肉粥
Address:台北市中正區金華街13號
営業時間:7:00~13:30 / 16:30~19:30(日曜定休)
TEL:+886-2-2391-5662

 

“台湾風おでん”と“豆花”が一度に堪能できるローカルグルメ店「豆味行」

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「豆味行」の外観

食事にもデザートにも利用できる、ちょっと不思議なお店「豆味行」も、

同じく台北っ子にこよなく愛されている人気グルメ店。

 

夜は満員になるほど多くのお客さんで賑わいますが、

お昼は意外と落ち着いているので、ゆったりいただきたい方は狙い目です。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「豆味行」のメニュー

こちらのお店もオーダー表は置かれていないので、

壁に貼られたメニューを見ながら、カウンターにいる店員さんにオーダーします。

 

ごはんとして利用したい方は「甜不辣」を、

デザートとして楽しみたい方は、看板メニューの「豆花」の中から選ばれてみてください。

 

甜不辣は辛さ(“小辣【シャオラー:ピリ辛】”が無難)を、

豆花の温かいタイプはしょうがを入れるかどうか(“要【ヤオ:いります】”がおすすめ)

尋ねられるので、お好みに合わせて指定しましょう。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「豆味行」の店内

お店はかなりコンパクトなため、相席になる可能性大ですが、これも台湾ならではの体験。

地元の人たちに混じりながら、しみじみと(?)本場の味を堪能されてみてください。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「豆味行」の甜不辣(台湾式おでん)

「甜不辣(60元=約220円)」は、

魚のすり身からつくった「てんぷら」が名前の由来。

(日本語と同じく”てんぷら”と読みます)

 

てんぷら、揚げ豆腐、ちくわ、大根など、

たねを出汁でじっくり煮込んだ「おでん」にそっくりの一品です。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「豆味行」の甜不辣(台湾式おでん)クローズアップ

具材の一つ一つにうまみが芯まで染み込んでいて、

思わず海外であることを忘れそうになる、しっくり感。

 

甘さ強めのソースが多い中、味噌だれの甘さもひかえめ。

日本人なら誰もが「ああ!この味ね!」と、納得していただけるではないかと思います。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「豆味行」の芋圓豆花(芋団子入り豆花)

デザートに選んだのは、「芋圓豆花(温/45元=約160円)」

 

しょうが入りで注文してみたところ、

香り付けどころでなく、ぴりぴりと辛みが伝わってくるほどに、

がっつり効かせてくれていました。

 

少々ねっとりとした口あたりの豆腐はみずみずしく、

それに合わせる芋圓(芋団子)も、素材そのものの風味が濃厚。

 

「これぞ台湾伝統スイーツ!」な王道を楽しめるので、

台湾ならではのデザートを味わってみたい方には、特におすすめですよ!

 

豆味行
Address:台北市中正區南昌路一段64號
営業時間:11:15~22:30(月~土)/ 12:00~20:30(日・祝 / 第二、第四、第五日曜定休)
TEL:+886-2-2351-8939
Facebook:https://www.facebook.com/bean.taste/

 

ぷるぷる大盛り“仙草ゼリー”をフォトジェニックな店内で。「屋琥甜冰品」

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「屋琥甜冰品」の外観

「豆味行」と同じ通りにある「屋琥甜冰品」は、

先ほどまでとはガラリと変わって、カフェ風でおしゃれな雰囲気のデザート店。

 

ローカル感満点なのもいいけれど、もっとカジュアルにスイーツを楽しみたい時には、

こちらがピッタリです。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「屋琥甜冰品」の店内

天井からドライフラワーが下げられた店内は、

木目を多用したナチュラルな趣でまとめられていて、とってもキュート!

 

フォトジェニックなインテリアをお目当てに、

この日も多くの女性のお客さんがやって来ていました。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「屋琥甜冰品」のメニュー

各テーブルには、写真付きのメニューが置かれているので、オーダー時のご参考に。

 

芋圓に豆花、仙草、雪花冰など、台湾を代表するスイーツの数々が一堂に会しているのも、

おすすめのポイントです。

 

どれにするか決まったら、オーダー表に記入して、カウンターでお会計を済ませましょう。

 

デザートが出来上がったら、レシートに書かれている番号で呼ばれるので、

セルフサービスで受け取りに行くシステムになっています。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「屋琥甜冰品」の仙草6號(仙草ゼリー)

今回は、仙草ゼリーに芋圓、綠豆、珍珠(タピオカ)をトッピングした

「仙草6號(70元=約250円)」を選んでみました。

 

上からコーヒーフレッシュをかけて、クリーミーに仕上げたらいざ、

スプーンで掘り起こしていきますよ。

 

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「屋琥甜冰品」の仙草6號(仙草ゼリー)クローズアップ

ゼリーに団子にタピオカにと、ぷるぷるなものが、これでもかと言うくらいにぎっしり!

 

どんぶりにもりもりなので、ボリュームは確かに多いのですが、

甘さがひかえめな分、意外とパクパク進んでいけます。

 

クリームとトッピングの相性も、見た目を裏切らない抜群度。

 

「やっぱり台湾スイーツはマンゴーだけじゃないよな~」と、

改めて実感できる一品でございました。

 

今回はさすがにおなかいっぱいで食べられませんでしたが、

雪花冰もすごく気になっているので、次回来た時にはぜひ試してみようと思います。

 

屋琥甜冰品
Address:台北市中正區南昌路一段13號
営業時間:11:30~21:00
TEL:+886-2-2393-8666
Facebook:https://www.facebook.com/WOOHOOicespoonful/

 

まとめ

台北・中正紀念堂のおすすめグルメ店「三娘香菇肉粥」の香菇肉粥(しいたけと豚肉のお粥)

今日は、台北・中正紀念堂のおすすめ台湾グルメ店4選をご紹介しました。

 

中正紀念堂周辺には他にも、魯肉飯や刀削麵など、

行列のできる有名グルメが盛りだくさん!

 

僕もまだまだ気になるお店だらけではありますが、

また少しずつ足を運んで発掘していきたいなと考えております。

 

このエリアをひとまわりすれば、

「台湾を代表するグルメは一通り味わい尽くせるのでは?」と思うくらい

豊富に揃っているので、観光と合わせてぜひ歩かれてみてくださいね。

 

特に、中正紀念堂駅2番出口を出たところにある

「南門市場」周辺(と市場内も)が狙い目ですよ!

※記事中の日本円表記は1元=3.6円で計算しています。(2018年3月現在)

 

▼魅惑の台湾グルメを眺めながら、旅への想いを盛り上げておきましょう!▼

 

台北・信義區のLGBTに人気のハイクラスホテル「home hotel」逸寬套房(エクストラオーディナリー・スイート)のダブルベッド

中正紀念堂へMRT(地下鉄)一本で到着できる「Home Hotel」は、

台湾のLGBTフレンドリーホテル12選にもランクインしたハイクラスホテル。

 

MIT(Made In Taiwan)にこだわったアイテム類でまとめられたぬくもり溢れるお部屋では、

都会のど真ん中にいることを忘れてしまうほどの、穏やかで贅沢な時間を体験できます。

 

詳しくは【台北101最寄りの夜遊びにおすすめな4つ星ホテル「Home Hotel」。】

にまとめましたので、滞在先をお探しの中の方はぜひ合わせてご覧くださいね!

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台北・永康街のリーズナブル台湾グルメ5選。一人旅でも楽しめるおすすめ美食店を集めてみました。

→台北最大の超有名夜市・士林夜市のおすすめグルメ店5選。

→台北101エリアのリーズナブル台湾グルメ3選+1。市政府駅周辺のおすすめ店を集めてみました。

→台北駅エリアで食べたい3つの人気台湾グルメ。行列&売り切れ必至なオススメの名店ぞろいです。

→台北・迪化街でいただきたい3つの伝統台湾グルメ+1。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*