デザイン制作に個性は必要?未だ出会えぬ、デザイナーとしての自分の表現を求めて。


パソコン場面に表示された「デザイン」の英文字

デザインの仕事を10年以上してきても、悩まされている「個性」のこと。デザイナーにとっての「自分ならではの表現」って何なのか、今でもよく考えてしまいます。

こんにちは!グラフィックデザイナーとしてお仕事をして10年のMae(@qianheshu)です。

最近になって、デザインについて、よく考えるテーマがあります。

「自分が作るデザインの個性って、何なのか?」

デザイナーとして、もう長らく仕事をしてきたはずですが、そういう問いかけを改めて自分にしてみると、正直、僕には「コレ!」と答えられるようなものがない気がしたのです。

もちろん、クライアントから依頼をいただいて作ってきたものは、たくさんあります。

しかし、それらの中に「自分ならではの個性があるか?」と言われると、それは分からない。

そもそも、「依頼をいただいて作るデザインに、デザイナー個人の個性は必要なのか?」という話にも、つながるような気がしました。

あくまで、デザイナーとして仕事をしている1人の考えたことではありますが、今日は「個性」について、考えてみたことをシェアしてみたいと思います。

ちなみに、ここで言う「個性」とは、デザイナー本人の人としての個性のことではなく、「デザイン作品の個性」として捉えていただければと思います。

 


デザイナー個人の個性よりも、ブランドの個性が第一。

デザインのラフスケッチサンプル

当然のことではありますが、

仕事として、お引き受けする以上は、

 

クライアント(ブランド)から

要望をいただいて、

報酬をいただいて、

デザインの制作をしていきます。

 

ブランドを

ゼロから立ち上げていく

案件は別として、

 

すでにブランドが確立している場合。

 

ポスターやDM、Webバナーなど、

どのような制作物であっても、

 

ブランドとしてのイメージや

ビジョンを踏まえた上で、

どう表現していくかを

考えることになります。

 

ブランディングが

しっかり行われていれば、

 

そのブランドのために作られた

デザインマニュアルに沿って、

制作を進めることも

あるかもしれません。

 

デザインを制作する上での

大前提となるこれらは、

言うなれば、「ブランドの個性」

 

ブランドのために

デザインを制作をするなら、

 

このブランドの個性を

どう活かしていくかを、

第一に考えることになります。

 

では、その過程の中で、

「デザイナー個人の個性」は

必要なのか?

 

ブランドのスタンスや案件にも

よるとは思いますが、

 

少なくとも、

僕の経験してきた中では、

 

「デザイナー個人の個性は、

必ずしも必要とされない」


という印象を持っています。

 

台湾のおすすめ革靴ブランド「林果良品 ORINGO」台北東門店に並ぶ蝶ネクタイ

例えばですが、

シンプルでカッコいい、

高級なイメージのあるブランド。

 

かわいくてほのぼのとした

イメージを作るのが

得意なデザイナーが、

個人の個性を発揮して、

 

このブランドのために、

かわいいほのぼのポスターを

作ってしまった、としたら。

 

ブランドが路線変更でも

望んでいない限り、

 

「このデザインは使えない…」

となる可能性が高い、

と、思います。

 

ビシッと決まる

テーラードジャケットが

欲しかったのに、

 

ふりふりのかわいいエプロンが

仕上がってきた、

みたいな感じでしょうか。

 

ブランドの個性を無視したものを

作ってしまったら、

「イメージと全然違う」、

 

もっとひどい時には

「ブランドのイメージに傷をつける」

ことにもなりかねない。

 

だからこそ、

デザイナー個人の個性は

一旦傍に置いておいて、

 

ブランドの個性に溶け込むくらい

とにかく寄り添って、

デザインを作っていく
こと、

 

実際にそれが求められることが多い

と、これまでの経験から

感じています。

 

もちろん、

「そんなことはない!」という

意見の方も、

 

個人の個性を活かして

ご活躍されている方も、

たくさんおられるとは思いますが、

 

少なくとも僕は、

自分のことをそういう

溶け込むタイプのデザイナー

だと思っています。

僕のデザインの個性って、一体何なのだろう?

鉛筆を持つ手

しかし、です。

 

そもそも、僕には

一旦傍らに置くほどの

「デザイナー個人の個性」が

あるのだろうか?

 

じっくりと考えてみたのですが、

なんだか、そういうものが

僕の中には存在していないような

気がしているのです。

 

ブランドの個性に寄り添い、

色を変え、溶け込む。

 

まるでカメレオンみたいな

その能力は、

デザインの仕事をする上では、

とても役立っていると思います。

 

でも、果たして、

それだけで良いのだろうか?

 

周りの個性に寄り添うことに

重点を置きすぎて、

 

自分の「デザイナー個人の個性」を

探求することを、

疎かにしてきたのでは

ないだろうか?

 

そんなことを、最近になって、

よく考えるようになりました。

 

その証拠に、

プロフィール画像であれ、

ポートフォリオであれ、

 

自分のために

何かをデザインしようとすると、

仕事としてこなす案件以上に、

とにかく悩む。

 

僕のデザインの個性って、

一体何なのだろう?

 

僕ならではの表現って、

一体何のことを指すのだろう?

 

どういう風に仕上げれば良いのか、

どういう状態をもって完成とするのか、

自分のこととなると、

なぜか分からなくなってしまいます。

未だ出会えぬ、デザイナーとしての個性を求めて。

パソコン場面に表示された「デザイン」の英文字

僕はこれまで、

「デザイン=仕事」と、

割り切りすぎていたのかも

しれません。

 

仕事としてデザインをしていると、

脳がスカスカになってしまうくらい、

いろいろ絞り出してしまって、

 

仕事以外の時間は

直接関係のない他ごとを考えたり、

体験したりしていたい。

 

その気持ちの方が強すぎて、

あまりデザインのことを

考えないようにしていた面も、

あったのかもしれません。

 

でも今、

僕個人のデザインの個性とは何なのか、

仕事以外の時間でも、

すごく気になり始めている。

 

もしかすると、

10年以上デザイナーをしてきて

ようやく、

 

デザインに対する心の余裕も、

生まれ始めたのかもしれません。

 

どんなカタチでも良いから、

自分の好きなものを自分のために、

作ってみたい。

 

自分の納得がいくものを、

作っていて楽しくて、

ワクワクするようなものを、

個人レベルで見つけたい。

 

そんな想いも、

湧き起こり始めました。

 

これは自分にとって、

良い機会なのかも。

 

年末だから、

というわけではありませんが、

 

来年は何かひとつでもいいから、

そんなことを実現できればなあ、

と、考えているところです。


まとめ

動画編集用ソフトのアイコン

今日は、

デザイナーの個性について、

改めて考えたこと


を、シェアしてみました。

 

「これが自分のデザインだ!」

と、胸を張って言えるものが

あることは、

 

とても素敵だし、

大きな強みになると思います。

 

僕も、そういう方たちの作品を

目にするにつけ、

日々まばゆく映っています。

 

しかし、

一目置かれるような個性がないと

デザイナーは務まらない、

ということはありませんし、

 

仕事としてやっていくことも

充分可能だと思います。

 

でも、仕事とは別に、

締め切りや予算、

ブランドイメージに縛られず、

 

自分ならではの表現を追求する時間を

とってみることも、

きっとすごく大切なのだろうな、と。

 

10年以上デザイナーをしてきて、

今回ふと、そんなことを考えました。

 

デザイナーとして

お仕事をしているみなさんは、

「これが自分のデザインだ!」

と呼べるもの、持っていますか?

▼ こちらの記事も、よくお読みいただいています! ▼

→ デザイナーとして10年。仕事をして来て実感している5つのこと。

→ 台湾で就職した僕はどんな仕事をしている?海外在住8年目の職場事情。

→ コロナ禍で台湾ブログを書く。実際のところ、運営にどんな影響があったのか?

→ ブログを6年書いて思う、ブロガーに向いていそうな6タイプの人。

→ ブログとYouTubeの両方に挑戦して感じた4つのこと。記事執筆と動画制作はどちらが大変か?

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*