「台南彩虹遊行(台南レインボープライド)」2020を現地からレポート!2万人の参加者と共にパレードを歩いて来ました。


台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードに参加する製薬会社のグループ

台湾の古都・台南でもLGBTプライド!延期を経て無事開催されたパレードは、2万人が集う盛況ぶりとなりました!

こんにちは!今年もいよいよLGBTプライドシーズン終盤を迎えている台湾から、Mae(@qianheshu)がお送りしております。

先週末の12月12日(土)、台湾南部の街・台南にてLGBTプライド「台南彩虹遊行(台南レインボープライド)」が開催されました。

パレード後の報道によると、今年の参加者はおよそ2万人

「鬥鬧熱」というテーマの通り、他都市のLGBTプライドにも負けない、とてもにぎやかなイベントとなりました。

今年参加できるのは、この台南のパレードが最後となりそうなので、僕もボーイフレンドと一緒に楽しみながら歩いてまいりました。

今日は、2020年「台南彩虹遊行(台南レインボープライド)」当日の様子をご紹介したいと思います。

 


春シーズンからの延期を乗り越えて。「台南彩虹遊行(台南レインボープライド)」開幕!

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020の会場となった台南市美術館2館
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020の会場を上から

今年の「台南彩虹遊行

(台南レインボープライド)」

の会場となったのは、

昨年に引き続き、台南市美術館2館前。

 

参加前にはあらかじめ、

オンラインでの「健康聲明書」への

記入が求められるなど、

 

コロナウイルス対策も取られている

台湾各地のLGBTプライド。

 

台南のイベント会場に向かう前に、

僕もしっかり記入をしてから

参加をしました。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020の特設ステージ前

そんな中でも、

台北、台中、高雄など、

各地でのパレードはいずれも、

例年にも負けない参加者数を記録。

 

この会場の様子から想像するに、

台南のパレードも、

大きく盛り上がりそうな予感が

ひしひしです。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020の会場
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020会場でレインボーフラッグを売るお店
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020の会場ブース

美術館前の通りには、

特設ブースもずらり。

 

パレード前の時間を利用して、

多くの方々がお買いものを

楽しんでおられました。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020パレード出発前の特設ステージ

実は、台南彩虹遊行は

もともと今年の5月、

 

台湾で同性婚が実現してから

ほぼ1年というタイミングで

行われる予定でした。

 

しかし、ちょうど

世界でコロナウイルスが

猛威をふるい始めた時期にあたり、

 

台湾での先行きも不透明だったため、

一旦延期が発表されることに。

 

延期を経て、

無事に開催ができるかどうかの

不安もあった中、

 

台南に再びこんなにたくさんの

参加者が集まっている様子を

目の当たりにすると、

ひときわパレードに参加できる

うれしさが込み上げてきます。

「台南彩虹遊行(台南レインボープライド)」2020年のテーマは?

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のテーマ

2020年の「台南彩虹遊行

(台南レインボープライド)」のテーマは、

「鬥熱」

 

同性婚の実現から1年という

新たな一歩をお祝いすると同時に、

 

依然としてのこされている課題についても

しっかり向き合っていこう、

という内容になっています。

 

台灣擁有許多文化,

不同的人民在這塊土地上辛苦耕耘,

不同的政權在這塊土地留下歷史的痕跡。

 

我們從極權統治一步步地走向了民主自由,

保守的社會氛圍也逐漸開放,

多元的聲音開始被聽見。

 

(中略)我們熱愛這個國家,

更希望推動社會的進步,

保護台灣的多元文化。

也是正因為我們尊重差異、維護民主及自由,

台灣才得以逐漸變成現在的台灣。

 

雖目前已取得階段性的結果,

但法條仍有未足的地方,歧視也依舊存在,

我們還有很多必須完成的事情。

 

台南彩虹遊行誠摯邀請您

繼續與社會溝通對話,

讓人權的光芒持續閃耀!

 

出典:【鬥鬧熱】2020台南彩虹遊行,逐家做伙來!| 嘖嘖
 

 

台湾には、

とても多くの文化が根づいています。

 

異なる背景を持つ人々が

この土地で行動を起こし、

異なる政権がこの土地に

歴史の痕跡をのこして来ました。

 

全体主義による統治から一歩一歩、

自由民主へと歩みを続け、

保守的な社会の空気は

少しずつ開放へと向かい、

多様な声が聴かれ始めるようになりました。

 

私たちはこの国を心から愛しています。

だからこそ、社会の進歩を推進し、

台湾の多様性に富んだ文化が

守られることを願っています。

 

差異を尊重し合い、

自由民主を守って来たからこそ、

少しずつ現在の台湾が形づくられてきました。

 

その過程にて、

ようやく結果も現われましたが(同性婚の実現)、

法律には依然として、

達成されていない部分が存在しており、

偏見の目も依然として存在しています。

 

私たちにはまだ、

やり遂げなくてはいけないことが

のこされているのです。

 

人権の希望の光を輝かせ続けられるよう、

台南彩虹遊行と共に、

社会との対話をはかり続けていきましょう!

 

訳:Kazuki Mae
 

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020の会場ブースにはためくレインボーフラッグ

上記にも触れられていた通り、

台湾で同性婚を実現できたその背景には、

 

決して自由とは言えなかった時代から、

時に犠牲も払いながら、

少しずつ進歩して来た歴史があります。

 

人々の声が社会に届くようになり、

LGBTQ+の人々が声をあげ、

30年以上にわたる努力を経て、

ようやく実現することができました。

 

自由があるからこそ、

少しずつであっても

進んでいくことができる。

 

「自由民主」が決して

当たり前なんかじゃないということには、

台湾で暮らすようになってから、

痛いほどに気づかされました。

 

関連記事→【台湾で暮らしていると、よく思う。「自由があることは、決して当たり前なんかじゃない」ことを。】

今年歩いた最長コース!「台南彩虹遊行(台南レインボープライド)」パレード出発!

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードに参加する製薬会社のグループ

今年のパレードルートは、

会場を出発して

台南市街中心部をぐるっと1周する、

およそ4.5kmのコース。

 

コロナ対策の影響もあってか、

2020年は各地のパレードとも、

ルートの縮小が図られていましたが、

台南に限ってはほぼ例年どおり。

 

今年歩いたパレードの中では、

もっとも長いルートと

なっているように思います。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードをレインボータンクトップで歩く参加者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードカーに立つ司会者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードを歩くマッスル男子

太陽の光が

燦々と降り注ぐこの感じ。

 

雨がちで冷え込む台北に住んでいると、

懐かしさを覚えるほどに久しぶり!

 

昼間は半袖でも汗ばむ暑さで、

台湾南部らしい陽気に包まれます。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレード出発
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレード中盤

片側2車線の道路を

すっかり埋めつくす、

人、人、人!

 

昨年に引き続き、

およそ2万人が集まったというのにも、

納得の盛況ぶりです。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードカー周辺で盛り上がる参加者たち
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードカーに立つマッスル男子
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードカーに立つドラァグクイーン

車体が揺れるほどに

パワー全開な、

台南のパレードカー。

 

パフォーマーも参加者のみなさんも、

音楽に合わせて大盛り上がりで、

まさに「鬥鬧熱」なお祭り騒ぎです。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードをおそろいのヘアスタイルで歩く参加者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードをレインボーフラッグをまとって歩く参加者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードをカイロスのコスプレで歩く参加者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードを中華風のコスプレで歩く参加者

大きなレインボーフラッグをまとった人、

カラフルな衣装に身を包んだ人、

ユニークなコスプレ姿で登場する人。

 

パレードを一層華やかに彩る

みなさんに出会えるのは、

参加する上での楽しみの1つで、

 

イマジネーションの豊かさに

いつも刺激を受けております。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードでプラカードを掲げる人権団体の参加者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードでプラカードを掲げる学生さん
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードでプラカードを掲げる参加者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードでプラカードを掲げる政治団体のグループ
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードで配布されたステッカー

想いを込めたプラカードを

掲げて歩く方々の姿もたくさん。

 

沿道に集まる方に向けては

もちろんですが、

 

同じく参加者である僕自身も、

彼らのメッセージに触れていると、

心強い想いが湧いて来ます。

 

沿道から写真を撮っていると、

台南らしいデザインが施された

ステッカーもいただきました。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードカーに立つドラァグクイーンの司会者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードをメッセージ付きジャケット姿で歩く参加者
台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードで林百貨前に差し掛かる参加者

中心部をぐるっと1周して、

再び林百貨へと戻ってくる頃には、

そろそろ日も傾き始め。

 

確かに、

他都市のパレードに比べて、

台南のパレードは長かった 笑

 

歩き終える頃には、

かなり疲れを感じるほどでしたが、

 

今年足を運べる

最後のパレードということで、

フィナーレにはピッタリだったと

思います。

 

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020パレード後の特設ステージ

台南と言えども、

12月ともなれば、

さすがに夜は冷える。

 

エネルギーを使い果たして、

おなかもすっかり空っぽになったので、

今回は早めに会場を後にしました。

 

今年も充分ににぎやかでしたが、

来年は世界中から人々が集える、

さらにパワーアップした姿が

台南で見られますように。

まとめ

台南彩虹遊行(台南レインボープライド)2020のパレードに参加する製薬会社のグループ

今日は、「台南彩虹遊行

(台南レインボープライド)」

2020の様子をお伝えしました。

 

今年は、桃園、苗栗、台北、

台中、高雄、台南の6つのパレードに

参加しましたが、

 

中にはイベント史上最大規模を記録する

パレードも登場したほど、

各地とも例年に負けない

盛況となっていたように思います。

 

2021年台湾のLGBTプライドも、

きっと盛り上がること間違いなし!

 

また参加しに行けた際には、

ブログにてパレードの様子を

お伝えいたしますね!

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→「高雄同志大遊行(高雄プライド)」2020にイベント史上最大の6万人!金曲獎受賞の大物アーティスト登場に湧いたパレードの様子は?

→「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」に13万人!2020年北半球最大のパレードを台北で歩いてきました。

→台湾で2020年第1弾のLGBTプライドが開催!「桃園彩虹野餐日」で桃園初のパレードを歩いてきました。

→2020年の「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」も大盛況!有名アーティストも登場した大パレードを歩いてきました。

→LGBTプライド「苗栗愛轉來平權遊行」2020のパレードへ。台湾最大の音楽賞・金曲獎受賞アーティストも続々登場で大盛り上がりに!

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*