スポンサーリンク


台北駅構内で買えるお菓子系台湾おみやげのオススメ5選。

台北駅のおすすめおみやげ「漢坊餅藝」の堅果塔(ナッツタルト)パッケージ
Pocket

桃園空港に向かう直前でもしっかりおみやげを準備したいなら、台北駅にいいのが揃ってますよ! 

こんにちは!台湾はまもなく春節休暇ということで、一時帰国用のおみやげ選びに奔走中のMae(@qianheshu)です。

帰国日も目前だというのに、ほとんど何の準備もできていなかった僕。

「そういえば、台北駅にはたくさんおみやげのお店が並んでいたし、じっくり見たことはなかったな…」と思い立ち、台北駅でおみやげ探しをしてみることに。

いつもパイナップルケーキや台湾茶と言ったオーソドックスなものになりがちだったので、今回は「一味違ったお菓子系」にテーマを絞ってお店をまわってみました。

伝統的なものから、ちょっとおしゃれでモダンなものまでいろいろ発見できたので、今日は僕が台北駅で実際に買ったおみやげをシェアしてみたいと思います。


スポンサーリンク

 

台北駅のおみやげはどこで買える?

台北駅構内にある「微風 Breeze」

【台北駅周辺で食事を探す時にまわりたい7つのスポット。】でも触れていますが、

台北駅構内には台湾の有名デパート「微風(Breeze)」が併設されています。

 

地下1階から地上2階までフロアがあるのですが、このうちおみやげが買えるのは

高鐵(台湾新幹線)乗り場近くにある地下1階と、

地上1階中央の吹き抜けホール周辺エリア。

 

今回はこの2つのフロアをまわって、台湾おみやげを探してみました。

 

台北駅中心の吹き抜けホールから眺める「微風 Breeze」

ちなみに、2階部分にはレストランやフードコートが充実しているので、

食事場所をお探しの時にオススメ。

 

台湾各地へと向かう列車や新幹線、桃園空港行きのバス、

まもなく開通予定のMRT桃園空港線とも直結しているので、

出発前の時間を効率良く過ごすには最適です。

 

「陳允宝泉」の太陽餅(タイヤンピン)。

台北駅のおすすめおみやげ店「陳允宝泉」

地上1階にある「陳允宝泉」は、日本統治時代から台中にお店を構えていた台湾銘菓の老舗。 

台北駅構内にも支店があり、100年伝わる伝統の味を気軽にお持ち帰りすることができます。

 

こちらのお菓子は僕も何度か食べたことがありますが、

どれもすごく美味しいので台北駅構内のお店の中でも特にお気に入りです。

 

台北駅のおすすめおみやげ「陳允宝泉」の太陽餅(タイヤンピン)パッケージ

オススメは、台中名物でもある「太陽餅(200元 / 8個 = 約720円)」。 

普通の太陽餅に比べて小ぶりなので、

持ち運びしやすい点もおみやげとしてぴったりなポイントですね。

 

台北駅のおすすめおみやげ「陳允宝泉」の太陽餅(タイヤンピン)

太陽餅は平べったくて丸い形をした台湾の伝統的なお菓子の一つ。 

しっとりとしたパイ生地は一口かじるとパラパラと簡単にこぼれてしまうほど繊細なので、

食べる時には下に手を添えていただくのをお忘れなく。

 

台北駅のおすすめおみやげ「陳允宝泉」の太陽餅(タイヤンピン)クローズアップ

生地の中には、キャラメルのような食感のほんのり甘いミルクペーストが。

口に含んでいるほどにミルクの風味が染み渡ってくるので、

ゆっくりと香りを楽しみながら味わいましょう。

 

太陽餅を買うときに他のお菓子も合わせて試食させていただいたのですが、

パイナップルケーキも絶品でしたよ!

 

陳允宝泉
Web:http://www.chenyunpaochuan.com.tw/public/
Facebook:https://www.facebook.com/chenyunpaochuan/

 

「維格餅家」の芋泥酥(タロイモケーキ)。

台北駅のおすすめおみやげ店「維格餅家」

地上1階の吹き抜けホール沿いにある「維格餅家」は台北の有名お菓子屋さんの一つ。 

パイナップルケーキの種類が豊富で台北旅行のおみやげとしても人気のお店ですが、

今回は他のお菓子を試してみることにします。

 

本当は写真右上に見える「鴛鴦綠豆糕(緑豆ケーキ)」を買おうかと思ったのですが、

日本でお会いする人たちに手渡すまでの時間を考えると、

保存期間が間に合わなかったので断念(常温で5日と言われました)。

 

もし帰国してすぐ配る場合や自宅でいただくのであれば、

しっとり上品な味わいの「緑豆ケーキ」オススメですよ!

 

台北駅のおすすめおみやげ「維格餅家」の芋泥酥(タロイモケーキ)パッケージ

常温でも日持ちするもので何かないかと店員さんに聞いてみたところ、

勧められたのがこちらの「芋泥酥(300元 / 6個 = 約1,080円)」

台湾ではポピュラーな食材「タロイモ」で作られたお菓子です。

 

台北駅のおすすめおみやげ「維格餅家」の芋泥酥(タロイモケーキ)

中身に沿ってぐるぐると巻くように、一層一層の薄い皮で包まれているのが特徴。

タロイモの紫色にうっすらと色づいていて、バラの花のようにも見えます。

 

台北駅のおすすめおみやげ「維格餅家」の芋泥酥(タロイモケーキ)クローズアップ

しっとりサラサラな外皮の中には、甘さひかえめのタロイモ餡がたっぷり!

さらに真ん中にはぷにぷにのおもちが入っていて、ボリューム感もなかなかのものです。

 

日本のおまんじゅうとも違った感じで、様々な食感が一度に楽しめるちょっと不思議な一品。

台湾ならではのちょっと珍しいお菓子をお探しの方にピッタリだと思います!

 

維格餅家
Web:http://www.vigorkobo.com/

 

「順成蛋糕」の牛軋糖(ミルクヌガー)。

台北駅のおすすめおみやげ店「順成蛋糕」

同じく地上1階にブースを構えている「順成蛋糕」は、

台北の街の中でもよく見かける有名なケーキのチェーン店。

 

ケーキやパン、お菓子類はもちろん、なぜか「滷味(台湾式ごった煮)」まで売っている

台湾色濃厚なお店なので、旅行中にお店を見つけたら入ってみるとおもしろいと思います。

 

台北駅構内のブースに並んでいるのは、おみやげ用のお菓子類がメインです。

 

台北駅のおすすめおみやげ「順成蛋糕」の牛軋糖(ミルクヌガー)

以前こちらのパイナップルケーキ(コスパが良いのでたくさん準備したい方にオススメ)は

おみやげとして購入したことがあるので、今回は台湾の伝統菓子

「牛軋糖(290元 = 約1,040円)」を試してみることにしました。

 

牛軋糖とは「ミルクヌガー」のこと。

 

お店によって違いはありますが、台湾のヌガーは硬めでしっかりとした歯ごたえのものが多く、

順成蛋糕のヌガーも一番オーソドックスな部類に入ります。

 

台北駅のおすすめおみやげ「順成蛋糕」の牛軋糖(ミルクヌガー)小分けパック

ピーナッツや南棗(ナツメヤシ)などいくつか種類があったのですが、

食べ比べてみて一番好きだった「夏威夷豆(マカダミアナッツ)」を購入。

 

一つ一つ小分けになっているので、会社や学校のみんなに配る時にも便利です。

 

台北駅のおすすめおみやげ「順成蛋糕」の牛軋糖(ミルクヌガー)クローズアップ

食べ始めはちょっと硬いのですが、

噛めば噛むほど柔らかくなってきてミルクの濃厚な香りが口いっぱいに広がり始めます。

 

マカダミアナッツのカリカリ食感がアクセントになって、

ついついクセになってしまいそうな味わい。

 

こちらも日本のお菓子にはあまりないタイプだと思うので、

台湾らしいおみやげとしてオススメですね。

 

順成蛋糕
Web:http://www.bestbakery.com.tw/

 

「董師傅」の花蓮薯芋(芋まんじゅう)。

 

今度は、台北駅中央の吹き抜けホールからエレベーターを降りて地下一階へ。

 

高鐵(台湾新幹線)乗り場のすぐ近くにも微風(Breeze)のおみやげ売り場があるので、

のぞいてみることにしました。

 

台北駅のおすすめおみやげ店「董師傅」

すると、台湾東部の街・花蓮のおみやげが並んでいるエリアに到着。

 

「董師傅」というお店のブースで、台北ではほとんんどお目にかかれない

僕のボーイフレンドが大好きな花蓮銘菓を発見しました!

 

台北駅のおすすめおみやげ「董師傅」の花蓮薯芋(芋まんじゅう)パッケージ

それがこちらの「花蓮薯芋(120元 = 約430円)」

 

芋を素材に作られたお饅頭なのですが、

さつまいもを使ったものを「花蓮薯」、タロイモを使ったものを「花蓮芋」と言い、

一つの袋の中に二種類ミックスで入っているので「花蓮薯芋」です。

 

台北駅のおすすめおみやげ「董師傅」の花蓮薯芋(芋まんじゅう)

こんがりきつね色に焼きあがった楕円形が、なんともかわいらしい一品。

 

台北駅のおすすめおみやげ「董師傅」の花蓮薯芋(芋まんじゅう)クローズアップ

しっとりとした舌触りの外皮の中には、それぞれの芋で作られた餡がぎっしり入っています。

 

日本のお饅頭とほぼ同じような感覚でいただけるので、

「台湾らしさ満点なのはちょっと…」という方には最適だと思います。

 

ちなみに、董師傅はもともと「おもち(大福)」の専門店。

なまものなのでさすがにおみやげに持って帰るのは厳しいかと思いますが、

台湾のおもちを味わってみたいという方はぜひ現地で。

 

董師傅
Web:http://www.dung.com.tw/

 

あと別のお店になりますが、同じく地下売り場にある「大黑松小倆口」というお店の

「手作り牛軋糖」も試食させていただいたら、

ソフトキャンディーみたいに柔らかくてとてもおいしかったです。

 

「漢坊餅藝」の堅果塔(ナッツタルト)。

台北駅のおすすめおみやげ店「漢坊餅藝」

台湾らしいかどうかと言われたらちょっと頭をひねってしまいますが、

試食であまりに気に入ってしまい、急遽おみやげにねじ込んだお菓子を最後に一つご紹介。

 

地下から地上1階に戻って「漢坊餅藝」というお店に向かってみてください。

 

このお店には、台湾の伝統的なお菓子から洋風のものまで一個ずつバラ売りで

ずらりと並んでいて、その中から好きなものを詰め合わせて買うことができます。

 

台北駅のおすすめおみやげ「漢坊餅藝」の堅果塔(ナッツタルト)パッケージ

僕がすっかり魅せられてしまったのが、洋風タイプのお菓子

「堅果塔(300元 / 6個 = 約1,080円)」

 

またもやマカダミアナッツで恐縮なのですが、これがホントに美味しかった!

パッケージもモダンなイラストがあしらわれていて、すごくかわいいです!

 

キャラメル風味とピリ辛味の二種類があるのですが、僕はキャラメル風味を選んでみました。

 

台北駅のおすすめおみやげ店「漢坊餅藝」の堅果塔(ナッツタルト)クローズアップ

かじるのにちょっと力がいるくらい硬く仕上げたタルト生地の上には、

マカダミアナッツがたっぷり!

 

焦がしキャラメルの甘くて香ばしい風味

超サクサク食感のコンビネーションが絶妙すぎます。

 

台北駅のおすすめおみやげ店「漢坊餅藝」の堅果塔(ナッツタルト)クローズアップ

上から下まで、ナッツがこんなにぎっしり!

 

手のひらにちょこんと載るくらいのコンパクトさですが、

1個ほおばるだけでもすご〜く幸せな気分になれます。

 

おみやげでなく自分でいただく分でもいいと思うので、ぜひお一つ試してみてくださいね!

 

漢坊餅藝
Web:http://www.hanfang.com.tw/
Facebook:https://www.facebook.com/hanfang1948/

 

まとめ

台北駅のおすすめおみやげ「陳允宝泉」の太陽餅(タイヤンピン)クローズアップ

今日は、台北駅構内で買えるお菓子系台湾おみやげのオススメ5選

ご紹介しました。

 

台北で生活している身としては

「台北駅でおみやげを買うなんてちょっと味気ない…」と正直なところ思っていたのですが、

実際に探してみると新しい発見がたくさんあってかなり楽しめました!

 

「台北駅だけで揃えるのも全然アリ!」と考えを改めたので、

これからは一時帰国のたびにどしどしお世話になりそうです。

 

帰国前の慌ただしい時間でも効率よくお買い物ができるので、

おみやげ選びに困った時は空港に向かう前にまず台北駅を巡ってみるのが良いと思います!

 

次回台北旅行のご参考にしていただければうれしいです。

 

▼出発前に台湾の美味しいものをちょっぴりチェック!▼

台北・信義區「home hotel」逸寬套房のベッドルーム

次回の台湾旅行、どこに泊まるかはもうお決まりですか?

 

【台湾各地で出会ったおすすめホテル&ゲストハウス集。】には、

台北はもちろん、台中や高雄、花蓮など、僕とボーイフレンドが台湾各都市を旅する中で出会った

素敵なホテルとゲストハウスをエリアごとにまとめていますので、

旅の滞在先でお悩み中の方はぜひ合わせてご覧くださいね。

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.6円で計算しています。(2016年1月現在)

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→5年贈り続けて分かったホントに喜ばれる台湾おみやげ5選。

→台北駅周辺で食事を探す時にまわりたい7つのスポット。

→台北駅最寄りの美食タウン・雙連の絶品台湾グルメ6選。

→5年探し求めた味もコスパも大満足な台北ローカル牛肉麵4選。

→台北在住5年で見つけた餃子の美味しいローカル店5選。

 

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*