スポンサーリンク


西門紅樓徒歩1分!ゲイフレンドリーホテル「町・記憶旅店」って?

台北・西門のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のロビー
Pocket

台湾最大のゲイタウン・西門で、ゲイフレンドリーなお宿発見です!

こんにちは!すでに日中は20℃を超えるポカポカな台湾南部・高雄で春節休暇中のMae(@qianheshu)です。

お休み前のお話になりますが、西門をブラブラしていると、たまたま「あるホテル」の前を通りかかりました。

フロントの方をふと眺めてみると、思いがけず目に飛び込んできたのは「レインボーフラッグ」

ゲイタウン・西門と言えども、レインボーフラッグを掲げたホテルを見かけたのは初めてだったので、ちょっとしたサプライズです。

ゲイフレンドリーなホテルって、一体どんな感じ?

そんな疑問を確かめるべく、早速ボーイフレンドと二人で足を運んでみましたよ!

今日は、西門紅樓にもほど近いオシャレホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel 」から、にじいろお泊まりレポートです!


スポンサーリンク

 

にじいろいっぱいロビー。

台北・西門のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のロビー

木の自動ドアをくぐって中に入ると迎えてくれるのは、レトロで落ち着きあるロビー。

賑やかな表通りとは打って変わって、ちょっぴり大人な空間が広がります。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」ロビーのソファ

中華風の椅子に革張りソファ、木目のキャビネット…

待ち合いスペースに置かれている調度品も、どこか懐かしさが漂うものばかりです。

 

そして…

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のレインボーフラッグが飾られたフロント

ありました!

 

フロント奥に掲げられているのは、紛れもなくレインボーフラッグ!

 

これがただの飾りでないことを証明するかのごとく、

チェックインの手続きをしてくれるスタッフさんも、確かにゲイです!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のロビーに飾られたレインボーフラッグ

さらに、フロント隣のフライヤー入れにももう一本、レインボーフラッグが置かれていました!

 

ロビーに入ってすぐ、ここまで徹底的にゲイフレンドリーな姿勢が見えると、

カップルでもすごく入りやすいですよね。

 

何でも、気兼ねなく相談できそうです。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のロビーでもらえるアメニティ類

石鹸や歯ブラシなどはフロント横に置かれているので、必要な分だけセルフサービスで。

「エコ」への取り組みにも、好感が持てますね。

 

クラシック&モダンなお部屋。

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のエレベーターホール

チェックインを済ませたら、いよいよお部屋へ向かいます。

エレベーターを上がって、8階までやってきました。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」エレベーターホールのタイプライター

廊下の窓辺に飾られたタイプライターや電話機も、かなりの年代物。

こんな何気ないところにも、このホテルらしい遊び心が感じられます。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)807号室

今回通していただいたお部屋は、行政套房(Executive Double)

二人部屋の中では「最高クラス」ということで、期待が高まります!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のルームキー

解鍵はフロントで渡されたこちらのカードキーで。

 

いざ、お部屋を拝見!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)

おおー!

 

こちらはロビーよりもさらに一段と大人な雰囲気!

クラシックで洗練された感じがGOODです!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のダブルベッド

バスルーム側から見たイメージがこちら。

お部屋を入って左手がベッド、右手がバスルームになっていて、

横にながーく広がる空間になってます。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のテーブル

鉄パイプと針金でできたテーブルランプがカッコイイ!

無機質な感じが、インテリアの良いアクセントになってます!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のミネラルウォーター

ミネラルウォーターとお茶、ミニチョコレートはサービス。

テーブル下のミニ冷蔵庫には、冷えたミネラルウォーターがさらに2本準備されていました。

 

お水が4本もあるとは、かなり助かりますね!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のテレビ

ベッド正面にはもちろん、テレビも完備です!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のドア札

お掃除が不要な時は、この札をドアノブにかけておきましょう。

ドアに書かれているパスワードを入力すれば、Wifiもしっかりつながりますよ!

 

オープンすぎるバスルーム。

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のバスルーム

行政套房(Executive Double)一番の魅力は、何と言っても広々バスルーム!

 

足を伸ばせる大きなバスタブにゆっくり浸かりながら、

遠目には繁華街・西門のネオンを眺めることができてしまいます!

 

恋人と一緒にロマンチックなお風呂タイムが楽しめること、間違いありません!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のシャワー

シャワースペースは、バスタブの向かい側。

頭上からお湯が出るひまわりタイプ手持ちタイプ、2種類のシャワーが完備されています。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のアメニティ

シャンプーとボディソープは備え付け。

石鹸や歯ブラシなど、その他のアメニティはフロントでもらっておきましょう。

 

一つ注意点は、外に向かって「全面ガラス張り」なので、

道行く歩行者から二人のシャワータイムが「丸見え」です。

 

シャワーの時だけは、景色を楽しみたい気持ちはひとまず抑えて、

カーテンを下ろすようにしましょうね。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のトイレ

そして、トイレもシンクも清潔感◎。

シャワースペースとの間には仕切りがあるので、水びたしの心配もありません。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のトイレットペーパー注意書き

トイレットペーパーはゴミ箱へ。

うっかり詰まらせてしまわないように、気をつけましょうね。

 

思い出に残るペーパーアイテムたち。

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のペーパーアイテム入りパッケージ

ところで、フロントでルームキーと一緒に渡される、こちらの小さなパッケージ

 

エアメールをモチーフに、クラフト紙+箔押しという

手の込んだデザインがとってもオシャレですよね。

 

中には何が入っているかというと…

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のペーパーアイテム

「町・記憶旅館」オリジナルのペーパーアイテムがぎっしり!

パズル型のメッセージボード朝ごはんチケット、スーツケースに結べるネームタグ

 

さらに!

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」行政套房(Executive Double)のオリジナルデザインマップ

ホテルオリジナルの西門町マップも同封されています!

 

滞在する人だけが手に入れられる、まさに超限定グッズ!

もちろんお持ち帰りできるので、旅の思い出にピッタリですね!

 

こういうささやかな心配りに、ついつい嬉しくなってしまいます。

 

お店が選べるモーニング。

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」の朝食チケット

朝ごはんへは、パッケージに同封されていた「Breakfast Voucher」を持って向かいます。

 

宿泊プランに朝食代金は含まれていませんが、

ホテルと提携している周辺の朝ごはん屋さんにこのチケットを提示すれば

「一人50元引き」になる仕組みです。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のカフェスペース

ホテル1階のカフェでも食事ができるということなので、今回はこちらでモーニングをいただきます。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のカフェでいただけるコーヒー

メニューはワッフルやパニーニなどをメインに、コーヒーがついたシンプルなもの。

先にやってきたアメリカンを飲みながら、料理が運ばれてくるのを待ちます。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」朝ごはんのチキンパリーニ

さあ、料理がやってきましたよ!

 

僕がオーダーしたのは「チキンパニーニ」

外はサクサク、中はふわふわな食感で焼き加減が絶妙!

 

サラダと果物がついたワンプレートで100元(=約350円)です。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」朝ごはんのポテトチーズワッフル

続いては、ボーイフレンドオーダーの「ポテトチーズワッフル」

サクサク焼きたてのワッフルにポテトサラダがこんもり乗った、かわいらしい一品です。

 

こちらは、お値段80元(=約280円)

 

50元引きでコーヒー付きなのを考えれば妥当とも思えますが、

どちらもボリュームからするとちょっと割高。

 

モーニングに関しては、若干心残りですね。

 

そして、チェックアウト前にメッセージを書いていくのをお忘れなきよう。

パズル型のカードに、あなたのクリエイティブを発揮しましょう!

 

ロビーの壁にメッセージがずらりと並んでいるので、

空いているスペースにカードを埋め込めばOKです。

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」の入り口

最後もニコニコ笑顔のゲイのスタッフさんに見送られながら、

ワクワク気分でホテルをあとにしました。

 

初めてのゲイフレンドリーホテル、良い体験させていただきました。

 

「町・記憶旅店」への行き方。

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」へのマップ

最寄りのMRT西門駅(駅番号:BL11 / G12)からホテルまでの道はとってもシンプル。

 

西門駅1番出口(西門紅樓前)を出て、目の前の成都路をそのまままっすぐ。

昆明街で左折して100mほど行けば、ホテルが左手に見えてきます。

 

台北・西門町「昆明街」

昆明街と言えば「メンズサウナ」「ゲイフレンドリー美容室」が立ち並ぶ、

ゲイタウンとしての西門町ど真ん中!

成都路からこの通りに入ったら、そのまままっすぐ進みましょう。

 

 

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」の外観

この真っ黒な壁の建物が見えたら、ホテルに到着ですよ!

 

台北・西門町「西門紅樓」のオープンカフェ

大人気ゲイスポット・西門紅樓へも徒歩1分なので、夜遅くなっても心配ご無用です!

思う存分、ゲイタウン・西門街での夜遊びを楽しんじゃいましょう!

 

まとめ

台北・西門町のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のエントランス

今日は、台北・西門から

ゲイフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」をご紹介しました!

 

ポイントを整理しておくと、

 

良かった点

  • 西門町中心街でアクセス便利
  • ゲイフレンドリーでカップルでも安心
  • インテリア、グッズのセンスが◎
  • バスルームが広々快適(行政套房)
  • スタッフさんが親切

 

イマイチだった点

  • モーニングが付いていない(別支払い)

 

課題点として思いつくのは、朝ごはんに関してくらいですね。

ホテル付近には朝ごはん屋さんもたくさんあるので、

提携のお店にこだわらず楽しむのもアリだと思います。

 

最後に宿泊料金ですが、

今回ご紹介した行政套房(Executive Double)は一泊6,580元(=約23,000円)

一番リーズナブルなお部屋なら一泊4,680元(=約16,000円)から宿泊できます。

 

これは一部屋の料金なので、二人で泊まる場合は単純に2で割れば一人当たりの料金になります。

 

次回の台湾旅行は、西門町でゲイフレンドリーな滞在はいかがですか?

 

町・記憶旅店 Cho Hotel
Address : 台北市萬華區昆明街119號
TEL : +886-2-2370-9830
Web : http://www.chohotel.com/
Facebook : https://www.facebook.com/119chohotel

 

ちなみに、僕らはAgodaの割引料金利用で、

行政套房(Executive Double)が一泊3,900元(=約14,000円)で泊まれました!

お得なプライスで宿泊できることもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

→Agodaで「町・記憶旅店 Cho Hotel」を詳しく見てみる

→Expediaで「町・記憶旅店 Cho Hotel」を詳しく見てみる

→Booking.comで「町・記憶旅店 Cho Hotel」を詳しく見てみる

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.5円で計算しています。(2016年2月現在)
※予約シーズンや旅行出発までの日数により料金は変動する可能性がありますので、予約時には最新情報のチェックをお願いいたします。

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾最大のゲイパラダイス!台北・西門町の歩き方。

→西門ゲイフレンドリーホテルの姉妹店!花蓮のおしゃれホテル「回然慢時旅居 Meci Hotel」。

→台北101至近距離!LGBTに人気のハイクラスホテル「Home Hotel」。

→海風吹きわたる台湾・高雄のLGBTフレンドリーホテル「塩旅社 Hotel Yam」。

→参加者8万人突破!2016台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)を歩いてきました。

 

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. Lapak より:

    はじめまして。
    いつも更新楽しみにしています。
    今回のお宿、モダンでとても素敵ですね。でも、宿泊費が16,000円からというのは、ちょっと気軽に泊まるにはお高いかな…
    その値段なら朝食サービスしてよ!って言いたくなりますね。笑

    1. kazukimae より:

      こんにちは!確かに朝食込みだったらもっとうれしかったと僕も思います。
      料金はAgoda等ホテルサイトでおトクに泊まれることもあるので、ぜひ覗いてみてください。

コメントを残す

*