台北駅&西門町へのアクセス抜群なスマートホテル「citizenM」。淡水河を一望するキングルームで、開放感満点なひとときを。


台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リビングルームの入り口

IoT(Internet of Things)技術を活用したサービスがおもしろい!アジアには2都市だけのホテルチェーン「citizenM」で、「スマート」な台北滞在を体験してませんか?

こんにちは!旅行ではホテルにもこだわりたい派の台湾在住Mae(@qianheshu)です。

先日、久しぶりに思い立って、台北市内のホテルに泊まってきました。

他都市のホテルにはよく泊まりますが、自分の暮らしている街となると、なかなか足を運ぶ機会がないもの。

でも、台北にも気になっているホテルはたくさんあって、時々気分転換も兼ねて訪れてみるのも良いかなと、最近よく考えています。

今回訪れたのは、MRT北門駅すぐのところにある、「citizenM」というワールドワイドなホテルチェーン。

2020年「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」の公式サイトでは、LGBTフレンドリーホテルとしても取り上げられていて、当時からずっと「いつか訪れてみたい」と、思っていたホテルの1つです。

台北駅や西門町へ歩いて行けるロケーションの便利さに加え、おしゃれなシェアリビングや、IoT技術を活用したスマートな設備など、新鮮な驚きもたくさん!

まるでヨーロッパの最先端ホテルに来たかのような、とてもおもしろい宿泊体験となりました。

今日は、「citizenM Taipei North Gate」での宿泊時の様子や感想について、まとめてみたいと思います。


おしゃれで居心地抜群なシェアリビングも!MRT北門駅徒歩2分のスマートホテル「citizenM Taipei North Gate」。

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」エントランスのアート
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」エントランス

「citizenM Taipei North Gate」

があるのは、

 

台北駅&西門町の

どちらへも歩いて行ける

ロケーションにある、

MRT北門駅前。

 

駅から歩いて

2分ほどで到着できる

アクセスの良さで、

 

台北観光の拠点としても

最適なロケーションにあります。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」エントランスの看板
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」エントランスに貼られたアイコン
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」エントランスに置かれた黒板

「citizenM」は、

2008年にオランダの

アムステルダムから始まった

ホテルチェーン。

 

この記事を書いている

2022年現在、

 

アジアでは、

台北とクアラルンプールの

2都市にて展開されています。

 

客室には、

IoT(Internet of Things)の技術が

活用されており、

 

一味違った

「スマート」な滞在を

体験することができます。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」チェックインエリア
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」チェックイン用タッチパネル

チェックインは、

1階エントランスにある

タッチパネルを操作して、

セルフサービスで。

 

予約後にメールで届いた

予約番号や、

電話番号などの基本情報を

入力すれば、

 

料金の支払いから

ルームカードの発行まで、

全て自分で完結することが

できます。

 

僕が訪れた際は、

コロナウイルス流行の

影響を受けてか、

 

健康状態に関するアンケートや

身分証のチェックには、

スタッフさんが対応していました。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」の階段
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」のバー&レストラン・canteenM
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リビングルームの入り口
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リビングルームの椅子

2階へと続く

階段を上がった先は、

 

バー&レストラン「canteenM」と、

「Living Room」という名の

シェアリビング。

 

調度品は、

スイスのインテリアブランド・

Vitraのアイテムで

まとめられているそうで、

 

宿泊中は24時間、

自由に利用することができます。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」バー&レストラン・canteenMの店内
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リビングルームのソファ席
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リビングルームのiMac

2階のワンフロアまるまるに、

テーブル席やソファー席(テレビ付きの席も!)

が設けられ、

ゆったり広々と使えるのが魅力。

 

Wifiがつながりますし、

コンセントが使える席もあるので、

リラックスしてパソコン作業を

進めることができます。

 

旅の滞在先としてだけでなく、

ワーケーションで訪れても、

快適に利用できそうです。

IoT技術を駆使したスマートなキングルーム。淡水河を一望する贅沢なリバービューを堪能。

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」のエレベーターホール
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」館内のサイン
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのルームキー

「citizenM Taipei North Gate」

のお部屋は全て、

 

クイーンサイズ、

またはキングサイズの

ベッドが1台

置かれているスタイル。

 

その中から今回は、

高階層にあるリバービューの

キングルームを

予約してみました。

 

チェックイン時に、

自分で発行した

ルームカードを使って、

お部屋へと入ります。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームを玄関側から
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームをベッド側から

1歩足を踏み入れた瞬間、

思わず「おおっ!」と

唸ってしまったのが、

眺めの良さ。

 

外に面した一面が

大きな窓になっており、

 

淡水河を一望する

台北のパノラマが、

目に飛び込んできます。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームから眺める淡水河

予約サイトの写真で

見ていた印象よりも、

さらに数倍

スケールを増したような、

 

台北ではなかなか出会えない、

贅沢すぎる開放感。

 

正直、お部屋自体は

それほど広くはないのですが、

この一面の窓のおかげで、

窮屈感はほとんど感じません。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのカウンター
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのiPad

窓辺にはカウンターが

設けられていて、

その上に置かれている、

こちらのiPad。

 

照明やカーテン、テレビ、

エアコンなど、

全てのコントロールが、

この1台に集約されています。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのテレビ

また、

スマホとリンクして、

 

自分が普段見ている

NETFLIXやYouTubeを

テレビで再生、

ということも可能。

 

ここまで徹底された

IoTのある環境は

初めて体験しましたが、

 

本当に便利で、

家にもほしくなったくらいです 笑

 

ちなみに、カウンターは

少々幅が狭いので、

 

パソコン作業をするなら、

やはり2階のシェアリビングを

活用する方が良いかと思います。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのキングサイズベッド

キングサイズのベッドは、

大人3人は転がれそうなくらい、

余裕綽々。(お部屋のMAXは2人までです。)

 

マットレスも

カラダにフィットしてくれる

やわらかさで、

寝心地もすごく良いです。

 

ただ、お部屋の湿度が

高くなりやすいのか、

ほんのりしっとりとした感じが…

 

そして、

ヨーロピアンサイズなのか、

 

ベッドの高さが

やけに高かったのも、

身長170cm足らずの僕には、

地味に気になりました。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのシンク
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのハンドソープ
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのアメニティ

お部屋の片隅に設けられた

シンクには、

歯ブラシや綿棒、

ハンドソープなどのアメニティも。

 

ローションや

シェービングジェルなど、

 

スタッフさんにお願いすれば

準備していただけるアイテムも

あるので、

 

足りないものは

自分で調達する前にまず1度、

尋ねてみるのが

良いかと思います。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのシンク下

冷蔵庫には、

サービスのミネラルウォーターも。

 

足りなくなった場合は、

2階のバー&レストラン

「canteenM」にて、

無料でいただくことができます。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのバスルームへのドア
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのバスルーム
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのシャンプー類
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームのバスルームライト

すりガラスの扉を開けた先は、

トイレと一緒になっている、

ユニットタイプの

シャワールーム。

 

かなりシンプルなつくりで、

必要最低限という感じですが、

実はここにも遊びごころが。

 

先ほどのipadから、

ライトの色をお好みに合わせて

変更することができます!

 

ピンクの照明でシャワー、

なかなかムード満点ですよ 笑

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルーム

あともう1点、

残念だったのは、

エアコンのこと。

 

設定温度が

最高で25℃までしかなく、

 

つけっぱなしだと、

少し寒く感じることも

ありました。

 

IoTを活かした設備は、

確かにとても新鮮ではありますが、

 

「まだまだ良く

なるんじゃないかな?」

と、思える点も、

お部屋には見受けられた印象です。

台北の街を眺めながら、ゆったりと楽しむモーニング。

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」バー&レストラン・canteenMのカウンター

今回予約したプランには、

朝ごはんがついて

いなかったのですが、

 

せっかくなので、

チェックインの際に

プラスしてみました。

 

朝食の時間になったら(6:30〜10:30)

2階にあるバー&レストラン

「canteenM」へ。

 

カウンターにいるスタッフさんに

部屋番号を告げたら、

空いているテーブルに

つきましょう。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」朝ごはんのコーンフレーク
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」朝ごはんのサラミ
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」朝ごはんのパン
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」朝ごはんのサラダ
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」朝ごはんのヨーグルト

パンやコーンフレーク、

サラダ、ジュースなどは

ビュッフェスタイルの

セルフサービス。

 

メインプレートは、

スタッフさんが準備して

くださるので、

 

できあがりまで

しばらく待ちましょう。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」の朝ごはん

大きなお皿に、

オムレツやベーコン、

ハッシュポテト、

ブロッコリーの炒めものなど。

 

「驚くほどのおいしさ!」

というほどではないですが、

普段から馴染みのある、

しっくりとくる感じ。

 

自分で取ったのは

コーンフレークだけでしたが、

これでもかなり

おなかが満たされました。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」バー&レストラン・canteenMの朝

全面ガラス張りの

開放感満点な環境で、

 

街の景色を眺めながら、

ゆったりと心地良い朝の時間を

過ごすことができます。


「citizenM Taipei North Gate」周辺の見どころ。

西門町

台北・西門町のレインボー歩道「6號彩虹」
台北のLGBTスポットを巡る観光バス「Color Taipei 彩虹觀光巴士」の第3スポット・西門紅樓のオープンテラスで過ごすお客さん

フォトスポットとして人気の

レインボー歩道に、

 

オープンカフェ&バーがひしめく

西門紅樓など、

 

LGBTフレンドリーな雰囲気に

満ちた街「西門町」へは、

 
ホテル前を伸びる

中華路を渡ってすぐ。

 

LGBTフレンドリーな

スポットに加えて、

 

おいしいグルメが楽しめるローカル店、

ドラッグストアやデパートなど

ショッピングスポットも大集合!

 

歩けば歩くほどにおもしろい

台北指折りの繁華街へ、

とっても気軽に

繰り出せちゃいます。

 

國立台灣博物館鐵道部

台北駅前エリアで巡りたい博物館「國立臺灣博物館 鐵道部」の外観
台北駅前エリアで巡りたい博物館「國立臺灣博物館 鐵道部」の踏切展示スペース

忠孝西路を挟んで

すぐ向かい側にある

「國立台灣博物館鐵道部」は、

ホテルから最寄りの博物館。

 

その名の通り、

台湾での鉄道発展の歴史や

車両の紹介、

 

駅や橋の建築から

券売機のシステムに至るまで、

 

多角的な視点から

台湾の鉄道に関する理解を

深めることができます。

 

鉄道好きでなくても充分楽しめる

おもしろい展示が満載です!

 

関連記事→【台北駅前エリアで巡りたい5つの博物館。台湾の歴史や鉄道、撮影文化について知りたい時におすすめです!】

 

台北車站(台北駅)

ライトアップされた台湾・台北駅の外観

台北の玄関口

台北車站(台北駅)」へは、

歩いて10分ほど。

 

台北到着・出発時にお世話になる

桃園機場線、

 

台北近郊へのお出かけ時に便利な

台鐵(台湾鉄道)、

 

台湾西部各都市へ最速で向かえる

高鐵(台湾新幹線)。

 

バスターミナルからは、

台湾各都市への高速バスも出ており、

 

長距離での移動を

ご計画の場合にも、

非常に便利なロケーションです。

 

「citizenM Taipei North Gate」へのアクセス。

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」エントランスの看板

それでは、

「citizenM Taipei North Gate」

への、アクセスをまとめます。

 

先ほども触れましたが、

ホテルがあるのは、

MRT北門駅を出てすぐのところ。

 

徒歩2分ほどと本当に近いので、

改めてまとめる必要も

ないほどですが、

 

一応道のりを

記録しておきたいと思います。

 

台北MRT北門駅2番出口の階段
台北MRT北門駅2番出口

最寄りは、

MRT北門駅の2番出口。

 

地上に出たらUターンして、

忠孝西路の方向へ

歩いて行きます。

 

台北MRT北門駅から見る「citizenM Taipei North Gate」

Uターンして少し歩くと、

ひときわ高い黒の建物が、

視界に入ってくるかと思います。

 

はい。

目的地到着です 笑

 

台北・忠孝中華路口の横断歩道
台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」エントランス

忠孝西路の横断歩道を渡って、

道路の反対側に着いたら、

「citizenM」の看板が置かれた

エントランスへ。

 

エントランスの扉を入って、

すぐのところにある

カウンターにて、

チェックインへと進みましょう。

まとめ

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リビングルームの入り口

今日は、

台北駅&西門町への

アクセス抜群なスマートホテル

「citizenM」

を、ご紹介しました。

 

ポイントをまとめておくと、

 

良かった点

・スタッフさんのとてもフレンドリーな対応

・自由に利用できるおしゃれなシェアリビング

・淡水河を一望するリバービューのお部屋(高階層)

・寝心地が良いキングサイズベッド

・IoT技術を活用したスマートな設備

・MRT北門駅から徒歩2分でアクセス抜群

・台北駅や西門町へ歩いて行けるロケーション

 

留意すべき点

・お部屋の湿度が高くなりやすい

・ベッドの高さが高く感じた

・エアコンの温度設定が最高25℃で、寒く感じる場面も

・予約後のメールに惑わされる

 

サービス面で言うと、

予約後にホテルから

何通かメールが届いたのですが、

 

自動送信になっているせいなのか、

予約内容と食い違うメッセージが。

 

高階層のお部屋を

予約したにも関わらず、

 

「低高階層の指定はできません」

と、書かれていたり、

 

まだ宿泊日すら迎えていないのに、

 

「See you next time!」

 

と、なぜかすでに

宿泊を終えた風の

メッセージが来たり 笑

 

Facebookを通して

ホテルに別途連絡し、

予約内容が正しいことは

確認できましたが、

 

宿泊前にちょっと焦らされた

場面もありました。

 

台北のおすすめホテル「citizenM Taipei North Gate」リバービューキングルームをベッド側から

留意すべき点が

いくつかありましたが、

 

高階層からの眺めや

IoTを活かした最新設備、

シェアリビングの

おしゃれ度などには満足。

 

台北での「スマート」なひとときを

体験してみたい方はぜひ、

 

滞在先候補の1つに

加えてみてはいかがでしょうか?

→ Booking.comで「citizenM Taipei North Gate」の料金をチェックしてみる。

→ Expediaで「citizenM Taipei North Gate」の料金をチェックしてみる。

→ Hotels.comで「citizenM Taipei North Gate」の料金をチェックしてみる。

citizenM Taipei North Gate
住所:台北市中正區中華路一段3號
電話:+886-70-1016-1061
Web:https://www.citizenm.com/hotels/asia/taipei/taipei-north-gate-hotel
Facebook:https://www.facebook.com/citizenMTW

▼ こちらの記事も、よくお読みいただいています! ▼

→ 台北駅&西門町すぐのLGBTフレンドリーホテル「路途行旅 Roaders Hotel」。遊びごころ満点すぎるインテリアも最高です!

→ 台北・大安のブティックホテル「chez nous 司旅」。28部屋28通りのインテリアを楽しめる、デザイン好きにおすすめの一軒です。

→ 台北の4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」。ヨーロピアンな豪華内装と充実サービスが日本人旅行客に人気。

→ 台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」。台湾レトロの趣たっぷり空間で暮らすような旅を。

→ 台北101最寄りの夜遊びにおすすめな4つ星ホテル「Home Hotel」。LGBTフレンドリーホテルにも選ばれたMIT(Made in Taiwan)デザインが人気の滞在先です。

 

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*