台北・永康街のリーズナブル台湾グルメ5選。一人旅でも楽しめるおすすめ美食店を集めてみました。

スポンサーリンク

台北・永康街のおすすめグルメ店「叄柒象 37elephant」の紅豆餅(大判焼き)クローズアップ

台北指折りのグルメストリート・永康街で食事をするならどこがおすすめ?おひとりさまでもフラッと立ち寄れる美味しいグルメならこちらです!

こんにちは!ただいま成長期以来十数年ぶりとなる、体重増加を台北で迎えておりますMae(@qianheshu)です。

さて、台北へ旅行にやって来た人なら必ず足を運ぶと言っても過言ではない、有名美食エリア・永康街(ヨンカンジエ)、みなさんは行かれたことがありますか?

看板メニュー・小籠包が超人気の「鼎泰豐」の本店や、ふわふわマンゴーかき氷が絶品な「思慕昔」など、世界にその名が轟く名店も軒を連ねているこのエリア。

「永康街での台湾ごはん」を、旅の大きな目的の一つに挙げる方は少なくないのでは、と想像します。

ただ、確かに有名店が揃っているのは事実ではありますが、その分価格帯が高めになってしまうのは避けられないところ。

また、グループ客がメインのお店も多いため、「ひとりごはんには敷居が高い」と感じてしまうのは、意外な盲点であるように思います。

しかし、諦めるのはまだ早い!

有名店に注意が向きすぎて見落としがちではありますが、リーズナブルかつ気軽においしい台湾グルメを楽しめるお店も、永康街にはしっかり存在しているのですよ!

ということで今日は、一人旅の方にもオススメな永康街のおすすめ美食店5つをご紹介。

せっかくの台北旅行、コスパ◎なグルメスポットで、本場の味を存分に堪能しちゃいましょう!


スポンサーリンク

 

1. 醤油の香りが芯まで染み込んだほろほろ角煮ごはんに注目!「灶紅了 D.KA Bun」

台北・永康街のおすすめグルメ店「灶紅了 D.KA Bun」の外観

「灶紅了 D.KA Bun」は、2018年1月にオープンしたばかりの台湾ごはん専門店。

 

お肉がごはんの上に「どかん!」とのったローカルスタイルはそのままに、

こちらのお店ではさらに進化を遂げたメニューをいただくことができます。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「灶紅了 D.KA Bun」の店内

可愛らしいどんぶりを使ったディスプレイがおしゃれな店内は、

常にお客さんで途切れることのない盛況ぶり。

 

お店に入ったら、まずはスタッフさんに人数を告げて、

テーブルへと案内してもらいましょう。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「灶紅了 D.KA Bun」のメニュー

写真付きのメニューもあるので、中国語が分からない場合でも安心。

食べたいものが決まったらオーダー表に記入して、先にレジでお会計を済ませておきましょう。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「灶紅了 D.KA Bun」の玉華知高飯(豚角煮ごはん)

ぜひともお試しいただきたいのが、お店の看板メニューでもある

「玉華知高飯(150元=約560円)」

 

ベレー帽のような金色の蓋をパカっと開けてみると、

どんぶりの半分を占拠しようかという勢いの豚角煮が、豪快に登場!

 

見た目こそモダンに進化してはいますが、なるほど、

確かに台湾伝統のごはんに間違いありません。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「灶紅了 D.KA Bun」玉華知高飯(豚角煮ごはん)のクローズアップ

醤油の香りが芯の芯まで染み込んだ豚肉は、

じっくりと煮込まれているのがよく分かる、ほろほろの食感。

 

付け合わせの煮卵や厚揚げ、しいたけも噛めば噛むほどに風味が染み出してきて、

一つ一つとても丁寧に仕上げられているのが伝わってきます。

 

煮汁を吸い込んだごはんもこれまた格別で、最後の一粒まで残さずかきこみたくなるおいしさ。

 

台湾に住んで5年以上になりますが、

「ここまで極められた知高飯は初めてかも」と思わされるほど、

大開眼界(新たな視野が開けるよう)な一碗でした。

 

女性のお客さんもたくさんおられるので、

肉食系女子のみなさんもぜひ、本性むき出しで(?)堪能されてみてくださいね。

 

灶紅了 D.KA Bun
Address:台北市大安區永康街6巷13號
営業時間:11:00~21:30
TEL:+886-2-2358-2268
Facebook:https://www.facebook.com/灶紅了-DKA-Bun-台灣老牌知高飯-290528524764536/

 

2. おひとりさまもOK!コスパ最高のタプタプ小籠包がいただける「好公道の店(原金雞園)」

 

永康街と言えば「小籠包」ですが、

グループ客でごった返す有名店に一人で足を踏み入れるのはかなり気がひける…

 

しかし、ご安心を!

おひとりさまでも気軽に立ち寄れるオススメの小籠包店が、永康街にはあるんです!

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「好公道の店(原金雞園)」の外観

それが、こちらの「好公道の店(原金雞園)」

永康街を中ほどまで進んだところに見えてくる、真っ赤な看板が目印です。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「好公道の店(原金雞園)」の軒先

積み上げられた蒸籠からは絶えず水蒸気が立ち上ってきて、

軒先はいかにも台湾ローカルといった光景。

 

調理場にいるスタッフさんに「おひとりさまです。」と伝えたら、

奥の階段を登って2階へと向かいましょう。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「好公道の店(原金雞園)」の店内

こちらのお店もグループ客は確かに多いのですが、

よりローカルで肩肘張らない雰囲気なので、ひとりごはんでもリラックスしやすいのが魅力。

 

近隣の大学の通う学生さんの姿もよく見かけるほど、

リーズナブルに楽しめるのもポイントかと思います。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「好公道の店(原金雞園)」のメニュー

メニューは全60種類と豊富で、ついついどれも食べたくなってしまいますが、

一人の場合は「1~6」の蒸し系メニューから1品+スープや小皿メニュー1品くらいが良いかと。

 

今回はもちろん、お目当ての「小籠包(120元=約450円)」をいただきます。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「好公道の店(原金雞園)」の小籠包

このお店の小籠包は、一粒一粒がかなり大きくボリュームがあるので、

一籠でもおなかの満足度は相当なもの。

 

薄い生地の中には、ジューシーな肉汁がタップタプ。

 

プチッと弾けた途端、ジュワッ~と熱々のスープが溢れ出してくるので、

やけどには気をつけながらお召し上がりください。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「好公道の店(原金雞園)」の小籠包クローズアップ

少し熱さが落ち着いてきたら、一気に一口で。

台湾ならではの至福の瞬間を、お手軽かつお得に楽しむなら「好公道の店」で決まりです!

 

好公道の店(原金雞園)
Address:台北市大安區永康街28-1號
営業時間:10:00~21:00(水曜定休)
TEL:+886-2-2341-6980

 

3. 刀削麵ロボットが大活躍!ボリューム満点のモチモチ麵が人気の「永康刀削麵」

台北・永康街のおすすめグルメ店「永康刀削麵」の外観

永康街にはたくさんの麺料理店が立ち並んでいますが、僕のイチオシは「永康刀削麵」

練り上げた生地から一本一本、削り出しながら麵を茹で上げる「刀削麵」の専門店です。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「永康刀削麵」の店内

日本をはじめとした海外からの観光客はもちろん、

地元の人にもファンが多く、昼夜を問わず大繁盛。

 

ただ、うまく回転しているのか行列することは稀なので、その点はご心配無用です。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「永康刀削麵」のメニュー

麺の種類は「刀削」と「細麵」の2種類から選べるようになっていますが、

せっかくなのでここは「刀削」でいただいてほしいところ。

 

こちらのお店の麵はボリュームがあるので、

「小」でも充分おなかいっぱいになれるかと思います。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「永康刀削麵」の炸醬麵(ジャージャー麺)

今回オーダーしたのは「炸醬麵(小/70元=約260円)」

 

上にかかっているのは、

ひき肉と豆干(台湾のかたい豆腐)をふんだんに使ったしょっぱめのソース。

 

茹でたての麵としっかり混ぜ合わせたら、音を立ててすすらないように、

レンゲに取り分けながら一口ずついただきましょう。

※ズルズルと麺を啜るのは、台湾ではよろしくないマナーです。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「永康刀削麵」の炸醬麵(ジャージャー麺)クローズアップ

刀削麵と言えば、コシを「これでもかっ!」というほどに効かせた強い弾力が特徴。

 

牛肉麵などスープ入りの麺もいいのですが、

スープなしでいただける炸醬麵が一番、麵そのものの食感を楽しめるのでおすすめです。

 

濃厚な肉そぼろソースとの相性が抜群すぎて、お箸が止まらなくなること請け合いですよ。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「永康刀削麵」の刀削麵ロボット

そして、台北っ子の胃袋までガッチリと掴んでいる、このお店の麵を担当しているのは

何と、こちらのウルトラマン風刀削麵ロボット!

 

料理の腕もさることながら、麺を削る彼の動きもなかなかにシュールなので、

現地についたら観察するのをお忘れなきよう。

 

職人さん顔負けの鮮やかな手さばきに、思わず目が丸くなること間違いなしです 笑

 

永康刀削麵
Address:台北市大安區永康街10巷5號
営業時間:11:00~14:00 / 17:00-20:30
TEL:+886-2-2322-2640

 

4.1人でもマンゴーかき氷を楽しみたい時に!永康街マンゴーデザートの隠れた名店「芒果皇帝 King Mango」

 

小籠包と並んで、永康街のもう一つの名物グルメと言えば「マンゴーかき氷」

 

なのですが、台湾のかき氷は、とにかくサイズが巨大。

1人で食べるにはかなり酷なのが、悩みどころではあります。

(現地の人は1人で平らげたりもしますが 笑)

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「芒果皇帝 King Mango」の外観

でも、せっかく永康街に来たなら、やっぱりマンゴーかき氷も食べたいですよね?!

そんな時におすすめなのが、こちらの「芒果皇帝 King Mango」です!

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「芒果皇帝 King Mango」の店内

実はこのお店のマンゴーかき氷、

台湾総統府の昼食会でも振る舞われたことがあるという実力派デザート。

 

行列せずに入れる点も魅力で、僕は永康街に来たら、

もっぱらこのお店でマンゴーデザートをいただくことが多いです。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「芒果皇帝 King Mango」のメニュー

パッと見は特大ボリュームのかき氷ばかりのように見えますが、

よくよく観察してみると1つだけ小ぶりのメニューが。

 

「5」の番号がふられたデザート。

これがおひとりさまには絶妙なサイズなので、ぜひオーダーされてみてください。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「芒果皇帝 King Mango」の芒果爽(マンゴーシャーベット)

「芒果爽(130元=約480円)」は、厳密にはかき氷ではなく

マンゴーを使ったシャーベット。

 

Mサイズドリンクほどのカップに、マンゴーシャーベット、パンナコッタ、マンゴーソース、

マンゴーアイス、そして生マンゴーの果肉がぎっしりと詰め込まれています。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「芒果皇帝 King Mango」の芒果爽(マンゴーシャーベット)クローズアップ

まばゆいビタミンカラーを裏切らない、

濃厚すぎて感動の涙が流れそうになる(?)マンゴーの風味。

 

特に、惜しげも無くたっぷりかかったマンゴーソースの滑らかな口あたりが最高!

 

シャリシャリのシャーベットやとろとろ生マンゴーのおいしさを、

さらに引き立ててくれています。

 

巨大かき氷のようなインパクトはないかもしれませんが、

それでも十分すぎるほど、マンゴーの魅力が凝縮された渾身の一品。

 

「ひとり旅だから…」と諦めかけていた方は、今すぐ永康街に直行してください。

 

芒果皇帝 King Mango
Address:台北市大安區永康街2巷2之1號
営業時間:10:00~23:00
TEL:+886-2-3322-6009
Web:http://www.kingmango.com.tw/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/kingicemango/

 

5. とろける小豆あん&サクふわ生地が超絶品!路地裏のキュートな大判焼き店「叄柒象 37elephant」

 

日本でもお馴染みのお手軽スナック・大判焼きは、台湾でも非常にポピュラーな食べもの。

 

夜市はもちろん、路上の屋台でも「紅豆餅」「車輪餅」の名前でよく売られていて、

おやつの定番として深く浸透しています。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「叄柒象 37elephant」の外観

永康街の路地裏にある「叄柒象 37elephant 」は、

“カフェ×大判焼き”というユニークなコラボが試みられているお店。

 

しかも、そんじょそこらの大判焼きとはちょっと違った、

こだわりの一品がいただけるので注目です。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「叄柒象 37elephant」のテイクアウトカウンター

ドリンクと一緒にオーダーすれば、店内でお茶を楽しみながらカフェとしても利用可能。

 

大判焼きのみであれば、「外帶窗口」と書かれたテイクアウト専用のカウンターで

オーダーするのも良いかと思います。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「叄柒象 37elephant」のメニュー

中に詰める餡は「紅豆(あずき)」「奶油(クリーム)」などオーソドックスなものから、

「起司馬鈴薯(じゃがチーズ)」などお店オリジナルのものも。

 

注文が入ってから焼き上げてくれるので、

出来上がるまで軒先のテーブルに座って、しばし待たせてもらいましょう。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「叄柒象 37elephant」の紅豆餅(大判焼き)

今回は、「紅豆(30元=約110円)」をオーダー。

ゾウをモチーフにしたロゴの焼印が入って、見た目にもかわいい仕上がりです。

 

台北・永康街のおすすめグルメ店「叄柒象 37elephant」の紅豆餅(大判焼き)クローズアップ

特徴は何と言っても、焼きたてワッフルのようなサクふわ生地と、とろっとろにとろける餡。

小豆あんなのにジュワッと溢れ出してきて、驚くほどにクリーミー。

 

大判焼きというよりも、新感覚のホットスイーツをいただいている、

と言った方がしっくりくる斬新な味わいです。

 

まさに、グルメエリア・永康街ならではの完成度の高さ。

サイズ的にもおやつや食後のデザートにぴったりなので、ぜひお一つ試されてみてくださいね。

 

叄柒象 37elephant
Address:台北市大安區永康街37巷2號-3
営業時間:11:30~20:30(月~四)/ 10:30~21:30(金~日)
TEL:+886-2-2343-5252
Facebook:https://www.facebook.com/37elephant/

 

まとめ

台北・永康街のおすすめグルメ店「好公道の店(原金雞園)」の小籠包クローズアップ

今日は、一人旅でも楽しめる台北・永康街のリーズナブル台湾グルメ5選

をご紹介しました。

 

有名店での食事も醍醐味ではありますが、

それだけではないからこそ、台北指折りのグルメストリートととして名高い永康街。

 

メインの通りはもちろん、少し外れた脇道にもおいしいものは隠れているので、

お一人の方もグループでのご旅行の方も、

ぜひ時間をとってじっくりと散策されてみてくださいね。

 

グルメの他にも、小さな雑貨ショップやモダンなお茶屋さん、隠れ家カフェなど、

歩くほどに発見があるおもしろいエリアかと思います。

※記事中の日本円表記は1元=3.7円で計算しています。(2018年2月現在)

 

▼魅惑の台湾グルメを眺めながら、旅への想いを盛り上げておきましょう!▼

 

台北・信義區のLGBTに人気のハイクラスホテル「home hotel」逸寬套房(エクストラオーディナリー・スイート)のダブルベッド

永康街のある東門エリアへMRT(地下鉄)一本で到着できる「Home Hotel」は、

台湾のLGBTフレンドリーホテル12選にもランクインしたハイクラスホテル。

 

MIT(Made In Taiwan)にこだわったアイテム類でまとめられたぬくもり溢れるお部屋では、

都会のど真ん中にいることを忘れてしまうほどの、穏やかで贅沢な時間を体験できます。

 

詳しくは【台北101最寄りの夜遊びにおすすめな4つ星ホテル「Home Hotel」。】

にまとめましたので、滞在先をお探しの中の方はぜひ合わせてご覧くださいね!

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台北・東門エリアのおすすめグルメ集。永康街の外にも美味しいものが盛りだくさんです!

→台北101エリアのリーズナブル台湾グルメ3選+1。市政府駅周辺のおすすめ店を集めてみました。

→台北在住5年で出会ったおすすめマンゴーかき氷ベスト5!

→台北駅エリアで食べたい3つの人気台湾グルメ。行列&売り切れ必至なオススメの名店ぞろいです。

→台北・迪化街でいただきたい3つの伝統台湾グルメ+1。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. ジーニア より:

    こういう投稿を待ってました(笑)

    好公道の店は盲点でした。

    1人でも入りやすい小籠包の店は「板橋小籠包」(南雅夜市)しか知らなかったので選択肢が増えます♪

    知高飯も美味しそう。
    横浜中華街でも近い値段で食べられる店あるけど灶紅了の方がクオリティ高そうですね

    永康刀削麵は7年前の冬に行ったときは日曜昼間にもかかわらずガラガラでしたが実は繁盛店なのですね。再訪したくなります。

    1. kazukimae より:

      さすが台北屈指のグルメストリートというだけあって、永康街は完成度の高いものが揃ってますね。
      永康刀削麵はもしかすると、平日の方が混んでいるのかもしれません。
      僕が行った時はもうすぐお昼の営業が終わるくらいの時間でしたが、それでも続々お客さんが入ってきていました。

コメントを残す

*