ジム通い3年の僕が、トレーニングへ行くやる気が出ない時に心がけている4つのこと。


ジムトレに励んで3年のMae

定期的にジムトレへ通う習慣があっても、やっぱりあるのが「やる気の出ない」時。僕はこうしてモチベーションを高めながら、3年以上継続してきました。

こんにちは!30歳を過ぎてから、ジムトレの楽しさに目覚めましたMae(@qianheshu)です。

現在は、週2回ほどのペースでジムへと通っているのですが、時々やっぱり思うんですよね。

「ああ、今日はあんまり行きたくないなあ…」と 笑

ジムに通う習慣のあるみなさんは、そういう日ってありませんか?

そんな時は、どうやってモチベーションを高めていますか?

僕はこれまで、数え切れないほどそんな時がありましたが、自分なりの対処の仕方を見つけて、定期的に通う習慣が継続できています。

「ジムに行きたくないなあ…」と思った時、僕はいつもまず、こんなことをしてみます。

 


1. とりあえず、ストレッチをする。

パーソナルトレーニング後のストレッチ

以前通っていた

パーソナルトレーニングでの教えもあり、

 

僕はいつもジムへ行く前に、

家でしっかりストレッチをします。

 

「行きたくないなあ…」と思った時も、

とりあえずストレッチを始めてみる

 

イヤイヤながらもやっていると、

カラダが軽くなってくるような

感覚があって、

 

どんよりしていた心にも少しずつ、

「いけそう!」と、

やる気が湧いてくることが多いです。

 

それに、せっかく

ジムでトレーニングできるほどの

ストレッチを終わらせたら、

 

「行かないと、もったいないのでは?」

という気持ちにもなってくる。

 

これは、ストレッチに限らず、

プロテインを飲むとか、

トレーニングウェアに着替えてみるとか。

 

ジムへ行く前にいつもやっている

儀式(?)を終わらせると、

 

「行かないともったいないかも?」

な思いが、ふつふつと

湧いてくるかものしれません。

2. ジムトレが終わった後の楽しみを思い浮かべる。

台北・國父紀念館エリア(東區)のおすすめグルメ店「天淳津品」の秘密醬滷牛腱クローズアップ

ジムへ行った後に、

何か楽しみなことが待っていると、

「がんばろう!」という

気になってきます。

 

僕はダイエットではなく、

カラダを鍛えることを目的に

ジムへ通っているので、

 

例えば、

トレーニング後の食事を

楽しみにすることがあります。

 

前々から気になっていた

お店へ行ってみたり、

 

普段よりも、

ちょっとだけ高めの食事を

自分に許したり。

 

実際にジムトレが終わってみたら、

食欲が出なくて軽く済ませてしまう

こともありますが、

 

まずはジムへ自分の足を向かせる、

という目的が達成されれば

OKなのです。

 

もちろん、食事に限らず、

 

ジムへ行ったついでに

気になっていた本を買ってこようとか、

 

一番くじの新作を

チェックしに行こうとか。

 

自分にとって楽しみなことなら、

大きなことでもささやかなことでも

何でも良いと思います。

 

思い浮かべるだけで、

「やっぱり、ジム行っておこうかな。」

という気持ちが、

起こってくるかもしれません。

3.トレーニングのメニューを軽くしてみる。

スポーツジムのダンベル

どうにもカラダが重く感じられて、

行きたくないなあという時。

 

特に、あまり好きではない

下半身系のトレーニングの日は、

なおさらです 笑

 

そんな時、僕は

「今日は軽めで良いから」と、

自分を説得することもよくあります。

 

「今日は、ダンベルスクワットを

抜いても良い。」

 

「いつもより回数少なめで、

できるだけでいい。」

 

そうやってハードルを下げることで、

「まあ、がんばってみようかな。」

という気持ちに持っていけることも

あります。

 

そうして、いざジムに行ってみると、

意外にもいつもと同じようにこなせたり、

いつも以上にしっかり

がんばれたりするから不思議 笑

 

やっぱり、カラダじゃなくて

気持ちの問題だったのだなあと、

実感することも多々です。


4.「カッコいいマッスル男子たちに会える!」と、気分を盛り上げる。

【運動が大の苦手だった僕が

30歳からジム通いを習慣にできた6つの理由。】


の記事でも触れていますが、

 

ジムではたくさんの

カッコいいマッスル男子たちが

トレーニングに励んでいます。

 

彼らのカッコよさの

裏側にあるのは、

 

顔を歪めながらも

限界に挑戦し続ける、

並々ならぬ努力。

 

そんな彼らは、

僕が目指したい憧れの姿でもあって、

 

同じ空間に身を置くことで、

ジムトレを続ける上での

大きな刺激となっているように

思います。

 

それと同時に、

男性に恋する僕にとっては、

ときめきの対象でもある

カッコいいマッスル男子たち

 

彼らの存在が、

インスタを通してなどではなく、

一番リアルに間近に感じられるのがジム。

 

「やっぱり、今日もジム行こう!」と、

ときめきがモチベーションに繋がる

というのは、絶対にある
と思います。

 

ときめきの対象が

ジムにはたくさんいると考えると、

モチベーションが上がってきませんか?

 

ちなみに、この一段は

インターバル中にちょこちょこと

書いていたのですが、

 

すぐ正面のマシンで

肩トレに励む濃眉大眼短髮白T男子に、

現在進行形でときめいてます 笑

 

今日も、ジムに来て良かったです。

まとめ

ジムトレに励んで3年のMae

今日は、

ジム通い3年の僕が、

トレーニングへ行く


やる気が出ない時に

心掛けている4つのこと


について書いてみました。

 

ちなみに、

そうして自分にひと通り

マインドコントロールをかけてみても、

どうしてもダメな時。

 

そんな時は

「本当に疲れているんだな。」と考えて、

思い切って休むことにしています。

 

週2回のトレーニングでも、

前回の疲れが

まだ取れていなかったり、

 

仕事やアクティビティで

カラダが疲れていると感じる時は、

やっぱりあります。

 

じっくり1〜2週間ほど休んだら

「何だかやる気が出てきた!」

ということも、

これまで何度もありました。

 

ただ、ジムトレを休むのも、

意外と勇気がいるものですね 笑

 

うまくバランスを取りながら、

これからも継続していきたいと

思います。

▼こちらの記事も、よくお読みいただいています!▼

→ジム通いが習慣の僕が朝にトレーニングをする5つの理由。早起きが必要でも朝を選んだきっかけって?

→スポーツ初心者だった僕がジム通いのために揃えた8アイテム。トレーニングの服装やストレッチ用グッズをまとめました。

→台湾発のおしゃれなプロテイン「戰神Mars」。マンゴーや烏龍ラテなど豊富なフレーバーで、おいしいジムトレライフ。

→台北のスポーツジム事情。旅行者も利用可能なコンビニタイプや1分○元のリーズナブル料金システムも登場中です!

→パーソナルトレーニングに1年通って実感している6つのこと。体育の成績が学年ビリだった僕でも変わることはできたのか?

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*