ジム通いが習慣の僕が朝にトレーニングをする5つの理由。早起きが必要でも朝を選んだきっかけって?


スポーツジムのダンベル

ジムで筋トレをするなら「朝」という選択肢も。僕が早起きしてでも朝ジムへ通うようになったのには、こんなきっかけがありました。

こんにちは!ジムトレを始めて約2年となりました台北在住Mae(@qianheshu)です。

人生で初めてジムに通い始めてからというもの、「通うタイミング」について施行錯誤を続けてきた僕。

現在は「朝にジム」へ向かうのが習慣になっています

仕事前にジムへ行ってきたという話を職場の同僚にすると、「ええっ!それキツくない?」「朝はさすがにちょっとなあ…」などと良く言われることも。

ですが、僕自身はそこまでキツさを感じているわけではなく、むしろ朝にして良かったと思える理由がいくつかあったりします。

もちろん、人それぞれに生活のリズムや体質も違うので、一概には言えないかと思います。

ですがもし、「仕事終わりに通っているけれど、何だかしっくり来ない」「通おうという気持ちはあるけれど、続かない」と感じておられるのであれば。

朝のジムへ一度足を運ばれてみる価値は、充分にあるかと思います。

今日は、ジム通いが習慣の僕が朝にトレーニングをしている理由について、まとめてみたいと思います。

 


1. お客さんが少なく、効率的にトレーニングを進められる。

台湾のスポーツジム「BEING fit」の看板

僕が現在暮らしている台北では、

ジムの数も、ジム通いを始める人も、

どんどん増えています。

 

関連の報道を見てみると、

ここ5年ほど台湾のジム軒数は右肩上がり。

 

定期的に運動をしていると答えている人も

30%以上にまでに増え、

今後もまだまだ成長が見込まれている、

とありました。

 

関連報道

【揮汗經濟學 引爆健身房百億商機|財訊 WEALTH MAGAZINE】

【運動人口連年增 健身產業再夯5到10年|TVBS NEWS】

 

スポーツジムでトレーニングする台湾男子

それを裏付けるかのように、

実際にジムへ出かけてみると、

お客さんが本当にたくさん。

 

これまで、会社の近くや家の近く、

公共ジムから個人経営のジムまで、

いくつかのジムへ行ったことがありますが、

どこも軒並み盛況している印象を持っています。

 

しかし逆に、

お客さんの多さゆえに悩まされることも。

 

器材の待ち時間ができてしまったり、

カラダを動かすスペースが

充分確保できなかったり。

 

もともとやっておきたかったメニューを

諦めてしまったことも少なくなく、

何とかならないものかと

考え始めるようになりました。

 

実はこれが、僕が朝にジムへ通うようになった、

そもそものきっかけ。

 

それまでは、仕事終わりの夜や、

休日の午後に向かっていたのを、

思い切って仕事前の朝や、

休日の午前に変えてみたのです。

 

 

すると、同じジムでも、

時間帯によって全く環境が違うことを発見。

 

朝は「早く起きなければいけない」

というハードルができる分、

お客さんの数も少なくなり、

スムーズにトレーニングが捗るようになりました。

 

ジム通いを習慣にできたのには、

「お客さんの少ない時間帯」を発見できたことも

非常に大きかったと、

改めて振り返ってみて思います。

 

2. 夜よりも朝の方が元気な「朝型人間」だった。

 

先ほども触れましたが、

朝にジムへ通う場合は

「早起き」が必然的に求められます。

 

僕が職場の同僚たちに言われたのと同じように、

「朝早く起きて、仕事前に通うのはキツそう」

と、感じられる方もおられるかと思います。

 

一緒に暮らしているボーイフレンドと

2人で朝にジムへ行くこともあるのですが、

彼もいつも起きるのが辛そう。

 

一方で僕は、朝早く起きることはそれほど苦ではなく、

1日の中でも朝が一番元気

と言ってもよいかもしれません。

 

夜の台北市政府廣場から見る台北101

これはおそらく、

人それぞれの生活リズムや体質が関係する部分かと。

 

いわゆる「朝型人間」と「夜型人間」で言えば、

僕はもともと「朝型」なのだと思います。

 

逆に、仕事が終わって夜になると、

気力や体力を使い果たしてしまっていることも多々。

 

できることなら、

夜は休むことに時間を費やして、

早めにベッド入りたいと感じることが多いです。

 

実際、夜にトレーニングに行こうとして、

すっぽかしてしまったことは

一度や二度ではなかったりします 笑

 

スポーツジムのダンベル

だからこそ、

朝にジムへ通うというスタイルが、

僕にはピッタリはまったのかと。

 

「仕事終わりに通おうとしても、続かない…」

という方は、朝に通ってみると意外に続けられる、

ということはあるかもしれません。

 

反対に、僕のボーイフレンドのように

「朝は元気がない」という方の場合は、

夜にトレーニングする方が習慣にしやすいかも、

と思います。

 

3. 朝からモチベーションを高められる。

 

ジムでのトレーニングはある意味、

チャレンジの連続です。

 

前回は1セット6回しか挙げられなかったけれど、

もうひと踏ん張りして、あと1回やってみよう!

 

そろそろ60kgにも慣れてきたから、

今日から少し重量を上げてみよう!

 

小さなことではありますが、

これまでできなかったこと、

やったことのないことに挑戦する瞬間が、

たくさんあります。

 

その小さなチャレンジをこなしていくうちに、

「やるぞ!」という気持ちが湧いてくる。

 

ちょっとした悩みや、

もやもやがいつの間にか振り切れていて、

何とかできるような気分になってくる。

 

朝からそんな気持ちになれることは、

その後の1日の時間にもすごく有益なことだと、

感じています。

 

僕の場合はそれに加えて、

朝からジムでがんばるカッコいい男子たちの姿に、

ときめきすぎてモチベーションが湧く、

という事情もあったりしますが 笑

 


4. カラダとアタマのバランスが取れて、すっきり気分で仕事に臨める。

台湾のスポーツジム「World Gym」の看板

「朝から激しい運動をしてしまうと、

その後の仕事に支障が出るのでは?」と、

僕も朝ジムを始める前には、

心配がありました。

 

しかし、実際に始めてみると、

その逆。

 

むしろ、とてもすっきりとした気持ちで、

仕事に臨むことができているように思います。

 

と言うのも、僕は

グラフィックデザイナーとして仕事をしているのですが、

パソコンの前に座っている時間が長い、

典型的なデスクワーク。

 

その間は当然、カラダをほとんど動かないので、

圧倒的に運動不足に陥りやすい

職種ではないかと思います。

 

しかし、

前もって朝にカラダを動かした状態で向かうと、

カラダとアタマのバランスが取れている感じ、

と言いましょうか。

 

ジムではカラダ、仕事ではアタマと、

重点をおく場所が異なるので、

どちらも適度に動かしている状態が、

心地よく感じます。

 

また、すでにひと仕事(=ジムでのトレーニング)

終えたような気分で臨めるのも、

すっきりとする理由の一つかもしれません。

 

5. 仕事終わりの時間を、他のことに活用できる。

台湾のスポーツジム「World Gym」のエントランス

先ほども少し触れましたが、

以前、仕事終わりにトレーニングしていた時期に

よくあったのが

「ジムへ行くのをすっぽかしてしまう」ということ。

 

夜は気力・体力とも使い果たしている

という理由のほかにも、

人と合う約束が入ったり、

仕事終わりが遅くなってタイミングを逃したり。

 

「また、今日も運動できなかった…」と、

心に積もっていくものがあるのも、

気持ちのいいものではありません。

 

台北・國父紀念館近くのLGBTフレンドリーなビストロ「Fairy Taipei」のソフトドリンク

しかし、

朝にジムでのトレーニングを済ませておけば、

夜の時間の自由度はグッと上がります。

 

約束にも喜んで応じられるし、

もう少し仕事を終わらせておきたいと思えば、

そのまま続けることもできる。

 

格段にストレスが少なくなり、

納得のいく毎日を過ごせるように

なった気がします。

 

朝の時間帯は、

まだ多くの人が活動を始めていない分、

ジムに通う時間が確保しやすいのも良いところ。

 

ジムに通うのを習慣にしやすくなることで、

トレーニングの効果も

より確実に感じられるのではないかと思います。

 

まとめ

 

今日は、ジム通いが習慣の僕が

朝にジムへ行く理由について

まとめてみました。

 

僕は、インストラクターでも

運動選手でもないので、理論ではなく、

感覚的な感想にはなってしまいましたが、

実際に朝ジムへ通う中で、

上に書いたようなことを実感しています。

 

ジムへ通うタイミングが掴めずに悩んでいたり、

仕事終わりのジムが続かないという方は、

ぜひ一例として、ご参考いただけますと幸いです。

 

ちなみに、朝目覚めていきなり、

ジムでトレーニングを始めてしまうと、

カラダがびっくりしてしまうかと思います。

 

ジムへ向かう前にはぜひ、

軽めの朝食を摂って、

ストレッチもしっかり行った上で、

臨まれてくださいね。

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→運動が大の苦手だった僕が30歳からジム通いを習慣にできた6つの理由。

→スポーツ初心者だった僕がジム通いのために揃えた8アイテム。トレーニングの服装やストレッチ用グッズをまとめました。

→台北のスポーツジム事情。旅行者も利用可能なコンビニタイプや1分○元のリーズナブル料金システムも登場中です!

→パーソナルトレーニングに1年通って実感している6つのこと。体育の成績が学年ビリだった僕でも変わることはできたのか?

→台湾発のおしゃれなプロテイン「戰神Mars」。マンゴーや烏龍ラテなど豊富なフレーバーで、おいしいジムトレライフ。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*