台北での食生活を支えてくれている日系グルメチェーン6軒。日本の味が恋しくなった時の強い味方です!


台北にある日系グルメチェーン「まいどおおきに食堂」の定食

うどんに牛丼、定食と、台北には日系グルメチェーンがたくさん!現地在住の僕が、日本の味を恋しく感じた時によく足を運ぶお店を集めてみました。

こんにちは!台湾生活も10年目に突入しております、Mae(@qianheshu)です。

僕は、台湾グルメもすごく好きではあるのですが、やはり時には、日本で慣れ親しんだ味が食べたくなるもの。

そんな時、「台北で暮らしていて本当に良かった!」と思うのが、気軽に日系のグルメチェーンに足を運べることです。

「あっ!あのお店も台湾上陸か!」と、度々新発見があるくらい、日本のグルメチェーンは現在も続々と台湾に進出中。

「こんなに日本のグルメ店がひしめき合っている海外の街は、他にないのでは?」と思えるくらい、とってもありがたい食環境が整ってきております。

今日は、数あるお店の中から、僕が台北生活の中でよく足を運んでいる日系グルメチェーンをご紹介したいと思います。

 


1.【丸亀製麺】うどん県生まれの僕にとって、もはや台所!? 台湾限定メニューの「トマチキうどん」がお気に入り!

台湾「丸亀製麺」の店舗

台北で暮らしていて、

僕が一番お世話になっている

日系グルメチェーンと言えば、

間違いなく「丸亀製麺」

 

今や、台北の街のあちこちに

店舗が展開されており、

職場からはもちろん、

自宅からも近い距離にお店が。

 

週1と言わず、

2度、3度とお世話になっている、

もはや台所的存在

と、言えるかもしれません。

 

台湾「丸亀製麺」のメニュー

【「丸亀製麺」に台湾限定メニュー!?うどん県育ちの僕が食べ比べしてみました。】

の記事でもご紹介していますが、

 

台湾限定メニューがあったり、

頻繁に新メニューが登場したりと、

何度足を運んでも飽きがこない

丸亀製麺。

 

僕は、うどん県生まれの、

うどん県育ちなので、

 

台湾で暮らし始めたばかりの頃は、

うどんが恋しくて

たまらなかったのですが、

 

今やその恋しさを

ピンポイントで満たすことができ、

台北生活のQOLが

一挙にアップしました!

(ありがとう、丸亀製麺!)

 

セルフうどんチェーン「丸亀製麺」の台湾限定メニュー・番茄雞肉烏龍麵(トマトチキンうどん)
セルフうどんチェーン「丸亀製麺」の台湾限定メニュー・番茄雞肉烏龍麵(トマトチキンうどん)クローズアップ

僕がよく食べるのが、

台湾限定メニューの

「番茄雞肉烏龍麵

(124元=約510円)」

 

濃厚でナチュラルな酸味のある

トマトスープと、

ビシッとコシの効いた麺の

相性が抜群ですよ!

2︎.【松屋】牛丼チェーンで一番のお気に入り。西門町店のキレイで落ち着いた雰囲気に、毎度ゆったり癒されてます。

台北にある日系グルメチェーン「松屋」の外観

台湾では、日本の牛丼も、

お店をあちこちに見かけるほど

広く親しまれています。

 

牛丼チェーンの中で、

僕が一番好きなのが「松屋」

 

松屋はまだ、

台北での店舗数は少ないのですが、

 

たまたま僕の生活圏の中に

おさまってくれる

「西門町店」があるので、

よく足を運んでいます。

 

台北にある日系グルメチェーン「松屋」の店内

西門町店は、

キレイで落ち着いた雰囲気の

インテリアが魅力。

 

しかも、ほぼ24時間営業なので、

仕事で夜ごはんが

遅くなってしまった時などは、

本当に重宝します。

 

台北にある日系グルメチェーン「松屋」の起司滑蛋牛肉飯セット

オーソドックスな牛丼も

もちろんおいしいですが、

 

先日いただいた新メニューの

「起司滑蛋牛肉飯

(中/120元=約490円)」

も、すごく良かった!

 

ふわっふわのオムレツの中には

チーズも入って、

とってもクリーミーな仕上がりです。

 

松屋に来たら、

メインの丼ものに、

 

サラダと豚汁をセット

(プラス60元=約250円)

にしていただくのが、

お気に入りです。

3.【薩莉亞︎(サイゼリヤ)】台湾でもコスパの良さは健在!ひとりで気軽にイタリアンを楽しみたい時に、お世話になってます。

台北にある日系グルメチェーン「薩莉亞(サイゼリヤ)」の看板
台北にある日系グルメチェーン「薩莉亞(サイゼリヤ)」の店内

日系の有名イタリア料理チェーン

「薩莉亞︎(サイゼリヤ)」は、

台北にもお店がありますよ!

 

Twitterを眺めていると、

台北在住日本人のみなさんが、

 

サイゼランチやサイゼディナーを

楽しんでいる様子が、

しばしばタイムラインに流れてくる

人気ぶり。

 

僕も、ランチ・ディナー問わず、

普段からとてもお世話に

なっています。

 

台北にある日系グルメチェーン「薩莉亞(サイゼリヤ)」の九層塔瑪格麗特披薩

台湾での価格帯は、

「驚きの安さ!」というわけでは

ないのですが、

 

コスパという意味では◎。

 

僕は、サイゼリヤに来ると、

「雞肉沙拉

(89元=約360円)」と、

 

「九層塔瑪格麗特披薩

(89元=約360円)」

をいただくことが多いです。

 

このお値段で

ピザが楽しめるお店は、

台湾でも貴重。

 

ひとりで無理なく食べ切れる

サイズ感もお気に入りで、

 

カジュアルに

イタリア料理を楽しめる魅力は、

台湾でも健在です。


4.【摩斯漢堡(モスバーガー)】日本発のハンバーガーチェーンは、台湾でも人気!モスバーガーのチキンナゲットが、大好きすぎます。

台北にある日系グルメチェーン「摩斯漢堡(モスバーガー)」の外観
台北にある日系グルメチェーン「摩斯漢堡(モスバーガー)」の店内

ハンバーガーが食べたくなった時、

僕が真っ先に向かうのは、

 

日系のハンバーガーチェーン

「摩斯漢堡

(モスバーガー)」

 

台湾にも、

とてもたくさん店舗があり、

ちょうど僕の住んでいる部屋の

近くにも1軒。

 

数あるハンバーガーチェーンの中でも、

特に野菜たっぷりで

ヘルシーな仕上がりが気に入っていて、

 

気づけば、ふらっと

足が向いてしまいます。

 

台北にある日系グルメチェーン「摩斯漢堡(モスバーガー)」の輕檸雙牛堡セット

摩斯漢堡でよく食べるのは、

もりもりのレタスとパテ、

ベーコンにレモンを絞って

さっぱりいただく

 

「輕檸雙牛堡

(100元=約410円)」

 

いつも、雞塊5個と

ドリンクをセット

(90元=約370円)にして、

オーダーしています。

 

台北にある日系グルメチェーン「摩斯漢堡(モスバーガー)」の雞塊

バーガーも好きですが、

この雞塊がすごく好き!

 

全然油っぽさがなくて、

カラッ、サラッとした衣の口あたりが

最高ですね!

5.【客美多咖啡(コメダ珈琲店)】コーヒーが飲めない僕も、やっぱり好き!さっくり焼き上がったホットサンドに、胃袋がっちりつかまれてます。

台北にある日系グルメチェーン「客美多咖啡(コメダ珈琲店)」の外観
台北にある日系グルメチェーン「客美多咖啡(コメダ珈琲店)」の店内

最近、台北の街で

どんどん増えている

日系コーヒーショップと言えば、

 

「客美多咖啡

(コメダ珈琲店)」

 

実は、日本で暮らしていた頃は、

ほとんど行ったことが

なかったのですが、

 

最近になってようやく、

その魅力に

どっぷり浸り始めた次第です 笑

 

(僕がよく行く中山店は、)

ほぼ全てのテーブルに

コンセントが

付いていることもあってか、

 

パソコンを広げて作業している

お客さんの姿もたくさんです。

 

台北にある日系グルメチェーン「客美多咖啡(コメダ珈琲店)」の總匯烤土司
台北にある日系グルメチェーン「客美多咖啡(コメダ珈琲店)」の總匯烤土司クローズアップ

僕はコーヒーを飲まないので、

ドリンクメニューの真髄は

味わえていないのですが、

コメダのフードメニューが大好き。

 

ホットサンド

「總匯烤吐司

(160元=約660円)」

が、大のお気に入りで、

 

定期的に

無性に食べたくなります。

 

たまごサラダにハム、

レタス、きゅうりと、

とってもシンプルなのに、

 

胃袋をがっちり

つかまれてしまうのは、

なぜ?

 

ほんのりきつね色なパンの、

サクサクの焼き加減が

ミソなのかもしれません。

 

コメダでごはんを食べてる時間の、

あの幸せな感覚って、

一体なんなのでしょうね 笑

6.【まいどおおきに食堂︎】日本エネルギーをたっぷり補充するなら、定食は外せない!自分好みにアレンジできるワクワク感がたまらぬ。

台北にある日系グルメチェーン「まいどおおきに食堂」の外観
台北にある日系グルメチェーン「まいどおおきに食堂」の店内

実は、日本の定食屋さんも、

たくさん進出している台湾。

 

勤めている会社が引越しして以降、

生活圏から離れてしまって、

以前ほどは

足を運べなくなったのですが、

 

日本エネルギーを

たっぷり補充したい時には、

「まいどおおきに食堂」

へ、よく通っていました。

 

台北にある日系グルメチェーン「まいどおおきに食堂」のカウンター
台北にある日系グルメチェーン「まいどおおきに食堂」のおかず

僕が通っていたお店は、

大安森林公園の近くにあったので、

お店の名前は「大安森林食堂」

 

台湾でも、日本と同じく、

好きなおかずやごはん、

お味噌汁をお盆に取っていく

スタイルが採用されていて、

 

自分好みにアレンジできるのが

楽しいです。

 

台北にある日系グルメチェーン「まいどおおきに食堂」の定食

どのお料理も

「これぞ日本の味!」な

仕上がりがそろっていて、

 

おかず選びの時間は、

とびっきりにワクワク。

 

僕はたいてい、

ごはんに主菜1つ、副菜1〜2つ、

時にお味噌汁と言ったラインナップで、

 

合計して

250元(=約1,030円)

くらいになります。

 

この時は取りませんでしたが、

オーダーしてから焼き上げてくれる、

あつあつのたまご焼きも

おいしいですよね!

 

台北から日帰りで行ける基隆・E-SQUAREの外観

ちなみに、僕は

台湾北端の港町・基隆の

E-Squareにある

「基隆港食堂」が大好き。

 

港の風景を眺めながら

ゆったり食事ができるので、

 

基隆に行ったら

ほぼ必ず立ち寄る、

僕のリラックススポットです。


まとめ

台湾「丸亀製麺」の店舗

今日は、

台北での食生活を

支えてくれている

日系グルメチェーン6軒


を、ご紹介しました。

 

コロナ禍で

日本に一時帰国できていない、

ここ1年と8ヶ月。

 

それでもこうして、

心おだやかに現地での生活を

送れているのは、

 

数多くの日系チェーンが

台北へ進出してくださっているおかげ、

と、言えるかもしれません。

 

ローカルグルメに比べると、

多少お値段は上がりますが、

 

台湾にいながらにして、

慣れ親しんだ味への恋しさを

満たしてくれる、

 

とっても価値ある

ありがたい存在だと思います。

 

こちらでご紹介した以外にも、

まだまだたくさんの

日系グルメチェーンがある台北。

 

日本の味が恋しくて

たまらなくなった時には、

ぜひ足を運んでみては

いかがでしょうか。

▼ こちらの記事も、よくお読みいただいています! ▼

→ 台湾の自宅で朝ごはんによく食べる4つのもの。大同電鍋で蒸しあげる〇〇が、我が家の定番です。

→ 台北で100元ランチを1週間。日本円380円で、どんなごはんが食べられる?

→ 台湾暮らしでよく食べるフルーツたち。個人的TOP5を選んでみました。

→ 旅行で食事に迷った時はココ!台湾グルメ有名チェーン7選。

→ 【検証】台湾夜市の日本グルメは本場とどこが違う?台北のローカル夜市で食べ歩いてみた結果。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*