台湾お部屋探しの強い味方!「591」の使い方マニュアル。

スポンサーリンク

陶器の家

台湾でお部屋を探すなら、まずはココをのぞいてみましょう!

こんにちは!台湾はもうすぐ四連休!早速台東行きのチケットをゲットしてワクワク気分のMae(@qianheshu)です。

先日の記事「部屋を探すならどこがいい?台北の住みたいエリアBEST5」では、僕が密かに狙っている次なる生活エリアをランキング形式でご紹介しました。 

が、よくよく考えてみると「台湾ではどうやって部屋を探すの?」ということに触れていませんでしたね。

そこで今日は、部屋を探すならチェックしない人はいないと言われる、台湾一ポピュラーなお部屋探しサイト「591」をご紹介! 

サイトはすべて中国語ですが、要点さえ知っていれば誰でも簡単にお部屋を検索できるスグレモノなのです!

ポイントを押さえて、台湾でのお部屋探しを始めてみましょう!


スポンサーリンク

 

 

お部屋探しサイト「591」とは?

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_2

台湾では「591」の愛称で親しまれているお部屋探しサイト、

正式名称は「591房屋交易」といいます。

 

「一ヶ月いくら」の賃貸物件はもちろん、

一部屋ウン千萬元の販売物件

店舗やオフィス用の物件…など、

あらゆる不動産物件を網羅した万能サイトなのです!

 

【台湾就職活動の合言葉!お仕事探しサイト「104」って?】で登場した就活サイトも、

「104」「1111」「518」と、すべて数字の名前なのでちょっとややこしいですが、

どうやら台湾の習慣みたいですので、ここは慣れましょう。

 

台湾にも不動産屋さんはあるのですが、

日本と違うところは取り扱っているのが「販売物件」のみであること。

 

賃貸物件は取り扱っていないので、

必然的に「591」に代表される不動産サイトを利用して探すことになります。

 

では早速「591」を開いて、機能を一つずつ見ていきましょう!

 

お部屋検索のやり方。

 

検索機能はさまざま準備されているのですが、

ここでは一番シンプルかつ簡単な方法で、関係のあるところのみをご紹介しますね。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_1

トップ画面にも、お部屋探し用の検索ボックスが設置されていますが、

何かと使いづらいので、まずは赤いバーの「出租」をクリックしましょう。

 

「出租」は「借主募集中!」の意味、と考えていただければよろしいかと。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_3

画面が切り替わって、賃貸物件の検索ページが表示されます。

トップにある検索ボックスを使って、まずは大まかな条件を設定していきましょう!

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_4

一番左のボックスは「県または市」の選択部分。

 

台北に住むなら「台北市(新北市もアリです)」

台中なら「台中市」、高雄なら「高雄市」を選びましょう。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_5

二番目のボックスで、「住みたい地区」を選択します。

 

台北なら、語学学校(大学)が密集しているエリアは「大安區」

日本人駐在員が多く住んでいるエリアは「中山區」

市内でも比較的家賃の安いエリアは「文山區」「北投區」など。

 

5つまで選択できるので、アクセスや予算を考えながらチェックを入れてみましょう。

選択し終わったら「確定」をクリックです。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_6

三番目のボックスで設定するのは「部屋の形態」

項目がたくさん並んでいますが、ここで見るべきは3つのみでOKです。

 

「套房」は日本でいうワンルームマンションタイプ。

「キッチンの付いていないワンルーム」と表現するのが一番近いかと思います。

 

トイレとシャワーは自分の部屋についていますが、

洗濯機は同じフロアに住んでいる人と共同になることが多いですね。

 

「套房」には「獨立套房」「分租套房」2つの項目がありますが、

実際のところはどちらを選んでも、ほぼ違いはありません。

 

対して、「雅房」はいわゆるシェアルームのこと。

 

リビングやダイニング、キッチン、トイレを共同スペースにして、

2〜3室ある寝室の一室を間借りするタイプです。

 

つまり「雅房」の場合は、ルームメイトと一緒に生活することになります。

 

「套房(獨立套房・分租套房)」「雅房」か。

自分にあったタイプの部屋をここで選んでおきましょう。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_7

四番目のボックスには、特に何も打ち込む必要はないので、

そのまま一番右のオレンジのボタン「搜尋(検索)」をクリックします。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_8

すると、設定した条件に沿ってヒットした物件がずらりとリスティングされます!

サムネイル写真やタイトルを見て、気になるお部屋があればクリックしてみましょう。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_9

リスティングの右上にあるボタンで、物件の並び順を指定できます。

 

「刊登時間」:掲載日時順

「坪数」:部屋の広さ(坪)順

「金額」:家賃順

「昨日瀏覽」:前日の閲覧数順

 

お部屋探しをする上で重要な項目を指定して、

より条件にあった部屋が上位にくるように調整しましょう。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_20

リスティングの左側にあるボックスでは「租金(家賃)」「坪数(広さ)」など、

さらに細かい条件設定ができるので、ここを使ってみるのも良いかと思います。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_10

ちなみに、僕がよく使うのは検索方法は、

最寄りのMRT駅を指定して検索する「捷運搜尋」

 

下のMRT路線図から住みたい場所の最寄駅にチェックして、「部屋の形態」を選択するだけ。

これなら「住みたい地区」がよくわからなくても直感的に選べるので、

より簡単に検索をかけられますよ!

 

条件を設定したら、「搜尋」をクリックです。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_19

他に、検索ボックス上の「地圖找房」をクリックすると、

地図を見ながらお部屋を探すことも可能です。

 

どの方法でも良いので、一番馴染みやすい機能で検索をかけてみてくださいね。

 

基本スペックを知るためにチェックすべき項目。

 

お部屋の詳細情報ページに移ったら、ぜひ確認しておきたい部分を見ていきましょう!

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_11

基本スペックは写真の隣に描かれている部分で、それぞれ次のような意味です。

 

「租金」:家賃(1か月)

「押金」:敷金

「坪數」:広さ(坪)

「樓層」:階数

「型態/現況」:部屋の形態/現状

「車位」:駐車場の有無

「地址」:住所

 

「押金」の部分は具体的に金額が書かれていることもあれば、

「兩個月(2か月分)」など、家賃の何か月分かで書かれていることもあります。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_13

そして、見逃してはいけないのが「租金」の下に小さく書かれている説明文

 

ここには「家賃に含まれている各種公共料金」が説明されているので、

かなり重要ポイントです。

 

よく見かける項目としては、

 

「水費」:水道料金

「瓦斯費」:ガス料金

「電費」:電気料金

「第四台」:ケーブルテレビ料金

「網路」:インターネット料金

「清潔費」:階段など公共スペースの清掃費

「管理費」:管理費(エレベーター、管理人付きの物件のみ)

 

キッチン、バスタブのついていない物件であれば、

「電費」以外は家賃に含まれている場合が多いです。

 

これは日本じゃありえない、

台湾ならではの太っ腹サービス!

 

「できるだけ多くの料金が含まれている方がおトク!」

ということになります。

 

細かな条件は「其他資料」で。

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_14

下へスクロールしていくと「其他資料(その他の情報)」が出てきますので、

ここもチェックしておきましょう。

 

「管理費」:管理費がかかる場合、その料金

「最短租期」:最短の契約期間

「開伙」:調理をしても良いかどうか

「養寵物」:ペットを飼えるかどうか

「身份要求」:借主のステータスへの要求

「性別要求」:借主の性別への要求

「可遷入日」:入居可能な日時

「提供家俱」:部屋備え付けの家具

「提供設備」:部屋備え付けの設備

「生活機能」:部屋周辺の生活に必要な設備

 

「最短租期」基本的には一年、稀に半年OKな物件もあります。

 

「身份要求」には、學生(學生)か上班族(サラリーマン)

書かれていることがほとんどですが、

「上班族」のみで「學生」はNGという場合も考えられます。

 

「性別要求」に多いのは「女生(女性のみ)」という記載。

「男女生皆可」とあれば、男女どちらでも借りることができます。

 

そしてありがたいことに、

台湾では賃貸物件の場合、ほぼ間違いなく家具付き!

 

自分で準備する必要は、全くありません!

 

「提供家俱」、「提供設備」の部分でチェックすべきは、

「床(ベッド)」、「衣櫃(タンス)」、「桌子(机)」、「椅子(椅子)」、

「洗衣機(洗濯機)」、「冰箱(冷蔵庫)」、「電視(テレビ)」など。

 

ただし、実際に行ってみると用意されていない場合もあるので、ここはあくまで参考程度に。

 

「生活機能」には、近くにあるコンビニや公園、夜市、市場など

生活に便利な施設が記載されているので、これも下見時に合わせてチェックしましょう。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_15

「其他資料」の下にある「現況特色說明」の部分は、

上の資料には載せきれないさらに詳細な情報を大家さん自ら書き込んでいるところ。

 

電気料金の計算の仕方(1メーターいくらか)や、

インターネット回線の速度、借主への注意事項などを把握することができます。

 

ここが丁寧に書き込まれているか否かで、

大家さんの性格を推し量ることもできるので、意外と重要だったりします。

 

ちなみに2〜3行で大雑把に終わらせている場合は、やめておいた方が良いです。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_16

説明の下にはお部屋の写真と、

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_17

位置を示したマップがあるので、自分の条件に合っていそうかどうか確認しましょう。

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_18

一番下には、「房屋問答」という大家さんへの質問スペースもありますが、

ここはおそらくあまり見られていないので、アテにしない方が無難です。

 

ここまですべての情報をチェックした上で「実際にお部屋を見てみたい!」となれば、

大家さんとコンタクトをとりましょう!

 

台湾のお部屋探しサイト「591」の使い方_12

基本スペックの下に大家さんの電話番号やメールアドレス

場合によっては「其他資料」内にLINEのIDが書かれているので、

実際に見に行きたい場合には、直接大家さんと連絡を取りましょう。

 

ちなみに、メールは返事が返ってくる可能性がかなり低いので、

電話かLINEが無難だと思います。

 

下見後、条件をすべてクリアしていたら契約!

ダメなら再び「591」に戻って同じステップを繰り返すという流れです。

 

台湾でのお部屋探しの過程、つかめていただけましたでしょうか?

 

まとめ

陶器の家

今日は、台湾の便利なお部屋探しサイト「591」の使い方をご紹介しました!

 

台湾では賃貸物件の仲介業者がいない分、日本とはだいぶ勝手が違いますが、

「591」の使い方さえ踏まえれば、それほど難しいわけではありません。

 

特にLINEが普及したことによって、外国人にとっては大きなハードルだった

「大家さんとのコンタクト」も、だいぶやりやすくなってきました。

 

ただ、可能であれば下見の時、少なくとも契約の際だけでも、

台湾人の友人にお願いして立ち会ってもらうのが良いでしょう。

 

中国語が話せる話せないに関わらず、その方が自分も大家さんも安心できるので、

より良い契約ができるかと思います。

 

台湾での新生活をお考えの方、間もなく留学生活が始まるという方、

ぜひ台湾でのお部屋探しに挑戦してみませんか?

 

591房屋交易
Web:http://www.591.com.tw/

 

それでは、今日はこのあたりで。

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*