スポンサーリンク


行義路温泉と一緒に楽しみたい台北・石牌のオススメグルメ。

水龜伯古早味の雙仙鬧奶
Pocket

北投・行義路温泉に来たら食べていただきたい美味しいもの、まとめてみました。

こんにちは!マンゴーかき氷の食べ過ぎでおなかが冷え冷え中のMae(@qianheshu)です。

【ゲイ御用達のもう1つの北投温泉!台北・行義路の名湯4選。】でご紹介しました山の中の隠れ家温泉、みなさんもう行かれましたでしょうか?

僕も先週末は久々に温泉に入りたくなったので、お気に入りの「湯瀨」でゆっくりお湯を楽しんでまいりました。

行義路温泉の最寄り駅はMRT淡水信義線(レッドライン)の石牌駅(駅番号:R19)なのですが、食事をするなら断然駅周辺がオススメ!

温泉通いついでに、美食探検もしてまいりましたよ!

そこで今日は、石牌駅周辺のMaeのお気に入り台湾グルメをご紹介!

これからの秋の旅行シーズン、ぜひ台北で温泉&食いだおれの旅はいかがですか?


スポンサーリンク

 

ジューシー過ぎる焼き餃子が絶品!「阿財鍋貼水餃專賣店」

阿財鍋貼水餃專賣店の看板

石牌グルメの有名店として必ず名前があがるのが、こちらの「阿財鍋貼水餃專賣店」

お店の名前にも付いているように、手作り餃子の専門店です。

 

阿財鍋貼水餃專賣店の店内

店内はこじんまりとしていますが、

常に席待ちとお持ち帰りのお客さんが絶えない盛況ぶり。

 

いろいろ落書き(?)されている壁紙も、ローカル感も満点です 笑

 

阿財鍋貼水餃專賣店のメニュー

テーブルに置いてあるオーダー表に食べたいものを記入していきます。

 

「鍋貼」焼き餃子「水餃」水餃子のこと。 

どちらにしようか悩みましたが、今回は焼き餃子を試してみることにしました。

 

お料理が全て運ばれてきたら、一緒にお会計も済ませておきましょうね。

 

阿財鍋貼水餃專賣店の鍋貼

お店の看板メニュー「韭黃鮮肉鍋貼(5元/個=約15円、写真は10個)」

こんがりきつね色に焼きあがって、見るからに美味しそう!

 

一口かじると、濃厚なニンニクの風味とジューシな肉汁が

ジュワッと弾けます!

 

はねまでついたパリパリの外皮も絶品!

行列ができるほどの人気も納得の美味しさです。

 

阿財鍋貼水餃專賣店の酸辣湯

餃子がなかなかこってり目なので、スープも合わせてオーダーしておきたいところ。

 

こちらの「酸辣湯(25元=約80円)」なら酸味ひかえめのうす味なので、

餃子との相性もバッチリです。

 

石牌にきたら毎回通いたくなるほど気に入ってしまったので、

この分なら水餃子も相当期待できると思います!

 

湯あがりにがっつりいきたい方、餃子ランチorディナーはいかがでしょうか?

 

阿財鍋貼水餃專賣店
Address:台北市北投區裕民一路40巷5號
TEL:+886-2-2826-2424
営業時間:11:00~22:30(水曜定休)
Web:http://www.a-tsai.idv.tw/

 

台湾美肌の秘訣と言えばコレ!「三元喜事豬腳飯專賣店」

三元喜事の看板

「豚足が苦手」という方はかなりおられるかと思うのですが、

そんな方にこそ足を運んでいただきたいお店が石牌にあります。

 

「三元喜事」と書かれた赤い看板が目印です。

 

三元喜事の店内

台湾らしいインテリアでまとめられた店内は、夜ごはんを食べに訪れたお客さんで満席状態。

豚足のお店ですが、女性のお客さんもかなりおられますよ。

 

三元喜事のメニュー

店員さんからオーダー表を渡されるので、テーブル備え付けのマジックで描き描きします。

 

右上の枠でくくられている部分はテイクアウト専用メニューなので、

それ以外のところから選びましょう。

 

三元喜事の伝票

記入を終えて店員さんに渡すと、この伝票が戻ってきます。

食後のお会計の時には、この伝票をレジまで持って行って支払うシステムです。

 

三元喜事の招牌豬腳

こちらが台湾式の豚足「招牌豬腳(75元=約240円)」

 

日本でよく見かける白くてごっつい豚足とはだいぶ違って、

台湾では「角煮」のようにしょうゆ味に煮込まれていることがほとんどです。

 

ぐつぐつ煮込まれた上で丁寧にカットされた豚足は、

手づかみしなくてもお箸でラクラク食べられちゃう柔らかさ。

 

ぷるぷるのコラーゲンたっぷり部分と、ほろほろあっさりの赤身部分、

どちらもしっかり味が染み込んで美味です。

 

台湾人みたいなピチピチのお肌がこれで手に入る、かもしれません 笑

 

三元喜事の雞肉飯

ごはんものは「雞肉飯(30元=約65円)」をオーダーしてみました。

 

雞肉飯のお肉は細長く割かれていることが多いですが、

こちらはサイコロ大のコロコロタイプ。

 

うすしお味のほっこりする風味は、日本人の好みにもよく合います。

甘辛きゅうりの漬け物を時折かじりながら、こちらもペロリと平らげてしまいました。

 

スープや麺類、小菜と他にもメニュー豊富なので、

台湾グルメをいろいろ食べてみたいという方にもピッタリです!

 

ちなみに、こちらの三元喜事はチェーン店。

石牌以外の場所でもいただけますので、街で見つけたらぜひ入ってみてくださいね!

 

三元喜事豬腳飯專賣店
Address:台北市北投區裕民一路25號
TEL:+886-2-2822-8921
営業時間:11:00〜22:00
Facebook:https://www.facebook.com/3msfood/

 

とろける食感がたまらない路地裏の名店!「豆花林」

豆花林の看板

僕も大好きなお豆腐のデザート「豆花」の老舗を石牌で発見!

 

最初にご紹介した焼き餃子のお店「阿財鍋貼水餃專賣店」から

少し路地を入ったところにある「豆花林」というお店です。

 

お店ロゴのレトロなデザインが、個人的にはツボだったりします 笑

 

豆花林の店内

テーブル10台たらずのかわいらしいお店で、見たところ女性のお客さんに人気の様子。

オシャレな内装と清潔感がかなり好印象です。

 

豆花林のメニュー

かき氷もありましたが、初めてということで豆花メニューの中から

「黑糖養生豆花(40元=約130円)」をオーダーしてみることにしました。

 

豆花林のトッピング類

カウンターに並んだトッピングの中から、好きなものを3種類選べます。

指差しでもOKなので、気になるものを店員さんにお願いして盛ってもらいましょう。

 

豆花林の黑糖養生豆花

僕は「珍珠(タピオカ)」「芋圓(芋のお団子)」「花生(ピーナッツ)」と、

オーソドックスな組み合わせで。

 

かき氷も少し加えてもらって、つめた〜いのをいただいてみました。

 

豆花林・黑糖養生豆花のクローズアップ

驚きなのは豆花のやわらかさで、ほおばった次の瞬間にとろけちゃうほど!

 

絹ごし豆腐をさらにもう一倍ソフトにしたような、

まろやかな口あたりです。

 

甘すぎないスッキリとした黒糖の風味とも最高にマッチします。

 

僕が台北で食べた豆花の中では、間違いなく3本の指に入る絶品の一碗です。

 

豆花林
Address:台北市北投區裕民一路49號
TEL:+886-2-2820-8811
営業時間:13:00〜23:30
Facebook:https://www.facebook.com/豆花林-122004267887538/

 

山盛りかき氷でクールダウン!「雪山莊冰品店」

雪山莊冰品の看板

「お湯で温まった後は、牛乳をぐいっと一杯!」が日本式なら、

台湾式は「かき氷をどーんと一盛り!」

 

温泉街から石牌駅前まで戻ってきたら、帰る前にかき氷で一服していきましょう。

 

「雪山莊冰品」は、先ほどの豚足のお店「三元喜事」の向かい側あたり、

大きな黄色い看板が出ているのですぐに見つけられるかと思います。

 

雪山莊冰品の入り口カウンター

入り口を入ってすぐのところにあるカウンターで、直接食べたいものを伝えましょう。

 

雪山莊冰品のかき氷メニュー

店内の壁にかき氷の写真がずらりと並んでいるので、オーダー時のご参考に。

 

マンゴー大好き日本男子としてはやはり、

「芒果雪花(130元=約415円)」の誘惑に抗うことはできませんでした 笑

 

雪山莊冰品の仙草と豆花

黒いゼリーの「仙草」「豆花」もあるので、

「冷たすぎるのはちょっとおなかが…」という方はこちらから選ぶのも良いかと思います。

 

雪山莊冰品の店内

オーダーを終えたら、空いている席に座って出来上がるのを待ちましょう。

2階席もあるので、1階がいっぱいの場合は奥の階段を上ってみてください。

 

雪山莊冰品のマンゴーかき氷

お店の名前と同じく、

雪山のようにたっぷり盛られたマンゴーかき氷がやってきましたよ!

 

斜面に流れる大ぶりのマンゴーは、甘酸っぱくて爽やかな味わい。

 

ミルク味のかき氷も甘さ控えめであっさりいただけるので、

山盛りながらスプーンがどんどん進みます。

 

最初は食べきれるかどうか不安にすら思いましたが、10分足らずで空っぽにしてしまいました。

が、可能であれば、二人以上で食べるのがオススメです。

 

湯あがりマンゴーの至福の瞬間を、石牌で体験されてみては?

 

雪山莊冰品店
Address:台北市北投區裕民一路10號
TEL:+886-2-2823-6119

 

台湾伝統スイーツの大人気店!「水龜伯古早味」

 

最後は、とっておきの甘味どころ教えちゃいます。

昼夜を問わずひたすら行列ができる超人気スイーツのお店が石牌にはあるのです!

 

水龜伯古早味の外観

それがこちらの「水龜伯古早味」

常にこれくらいは行列しているので、並ぶのは覚悟の上でお越しください。

 

水龜伯古早味の店内

店内もこの通りお客さんで超満員!

お店に着いたら、まずはお連れの方に席を確保してもらうのが安心です。

 

水龜伯古早味のカウンター

カウンター前もこの人だかり。

でも、これだけ押し合いへし合いしてでも食べる価値は十二分にありますよ。

 

水龜伯古早味のメニュー

「かき氷」「雪花冰」「豆花」「おもち」台湾伝統のスイーツが目白押しなのですが、

イチオシはメニューの右上に描かれている「雙仙鬧奶(70元=約215円)」です。

 

水龜伯古早味の雙仙鬧奶

杏仁と仙草の白黒ゼリーにカラフルな芋圓、小豆がたっぷり!

 

あま〜いミルクの下をスプーンですくうと、

かき氷とともに中から「パチパチ」と弾ける音が聞こえてきます。

 

小さい頃に駄菓子屋さんなんかに行くと、パチパチと弾けるわたあめ売っていましたよね?

 

あれと同じで、なんとかき氷がパチパチするという

ユニークすぎるデザートなんです!

 

台北中からこの一碗目当てにやって来る人は数知れず。

 

これを食べれば、台湾スイーツは「マンゴーかき氷だけじゃない!」

と、お分かりいただけること間違いなしです。

 

水龜伯古早味
Address:台北市北投區石牌路二段75巷8號
TEL:+886-2-2827-4788
営業時間:11:30~0:00
Facebook:https://www.facebook.com/sweetuncle

 

まとめ

石牌夜市

今日は、ゲイに人気の行義路温泉と一緒に楽しみたい

台北・石牌のオススメグルメをご紹介しました!

 

記事中でご紹介したのはほとんどが「裕民一路」という通りにあるのですが、

実は夜になると夜市に早変わり。

 

屋台グルメも合わせると、ここでは紹介しきれないくらい美味しいものが

まだまだたくさん眠っています!

 

温泉を楽しんだ後はそのままホテルに戻ってしまわず、

石牌で穴場グルメを発掘するのをお忘れなきよう。

 

特に、焼き餃子の「阿財鍋貼水餃專賣店」

伝統デザートの「水龜伯古早味」はハズせない名店ですので、

ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

▼出発前に台湾の美味しいものをちょっぴりチェック!▼

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.2円で計算しています。(2016年8月現在)

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. ヤスタカ より:

    初めまして、
    こちらのHPの情報を頼りに初台湾でした(10月16日から18日)
    行義路温泉行ってきました。勿論メンオンリーの温泉に笑
    帰りはオススメ水餃子と豆花頂きました。
    めちゃくちゃ美味しかったです。
    色々情報ありがとうございました!二泊三日と短いたびながら、充実した旅でした。
    そろでもやり残したことがあるので、また行きたいと思います^_^

    台湾に住んでいる友達にも、水餃子と豆花のお店を紹介しました。

    1. kazukimae より:

      ご参考にしていただき光栄です!ありがとうございます!
      餃子のお店は僕もかなりお気に入りなので、気に入っていただけてよかったです!
      台湾情報もっと豊富にしていけるようがんばりますね!

コメントを残す

*