スポンサーリンク


参加者必見!2016台湾4大LGBTプライド日程大公開!

台中LGBTプライド2015のパレード出発
Pocket

ついに発表!2016年後半の台湾はプライドパレードが目白押しです!

こんにちは!ベトナム・ホーチミンよりも暑いという不都合な真実に見舞われている台北よりMae(@qianheshu)がお伝えしております。

さて、毎年アジア最大級のLGBTプライドが開催されている台湾ですが、先日ようやく4大都市(台北・台中・高雄・花蓮)のパレードのスケジュールが全て出そろいました!

例年であれば、春に行われる都市もあるのですが、今年は全てが秋以降の開催という珍しいスケジュール。

秋冬に台湾旅行を計画中の方は、参加できるチャンスがあるかもしれません!

今日は、2016年の台湾4大LGBTプライドの日程を開催順にご紹介してまいりますよ!


スポンサーリンク

 

1. 花蓮彩虹嘉年華:9月24日(土)

花蓮・太魯閣國家公園(タロコ)「太魯閣渓谷」

台湾東部に位置する花蓮は、世界遺産級の壮大な景観を有する

「太魯閣國家公園」で有名な自然資源に恵まれた土地。

 

西部の大都市にはないゆったりとした環境が魅力で、

台湾の都市部に住む人々の中には「移住」を夢見る人も少なくないほどです。

 

台鐵(台湾鉄道)花蓮駅

そんな花蓮の街で毎年必ず開催されているのが、

東部唯一のLGBTプライド「花蓮彩虹嘉年華」

 

第6回目となる今年は「性別穿衣鏡,面對停看聽」をテーマに、

9月24日に開催されることが発表されました!

 

當我們站在鏡子前,鏡子映照出來的自己,真的是你自己嗎?

 

一面面鏡子就像是社會中規範著我們的枷鎖,

我們身上的每件衣服、臉上的每個表情都被社會所規範。

面對性別,我們更加需要停、看、聽,重新思考社會中的性別規範與多元性別。

 

第六屆花蓮同志遊行聯盟邀請您一同重新思考、

面對存在於社會當中的性別規範與多元性別。

Via:花蓮彩虹嘉年華 Facebook公式ページ

 

鏡の前に立って映し出された私たちは、本当に「私たち自身」なのでしょうか?

 

鏡は、社会において私たちを規範している「鎖」のようなもので、

この身を包んでいる衣服から、顔の表情に至るまで、

あらゆるのものは社会によって規範されています。

自らの性に向かい合うとき、私たちは「立ち止まり、目を凝らし、耳を澄まし」、

社会における「性の規範」と「多様な性」について、

もう一度思考を巡らせるべきではないでしょうか。

 

第6回となる今回、花蓮同志遊行聯盟はあなたと共に、

社会の中に存在する「性の規範」、「多様な性」に正面から向かい合い、

考えを深めてまいりたいと思います。

訳:Kazuki Mae

 

僕もまだ花蓮でのLGBTプライドには参加したことがないので、

今年はぜひ足を運んでみたいと考えています。

 

花蓮・六十石山から眺める台湾の山々

2016年台湾のLGBTプライドシーズンの幕開けは花蓮から!

イベントに合わせて、風光明媚な花蓮を巡ってみるのもオススメですよ!

 

花蓮彩虹嘉年華
開催日時:2016年9月24日(土)
Facebook:https://www.facebook.com/hlLGBT

 

2. 台灣同志遊行:10月29日(土)

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2015のパレードでレインボーフラッグを振る参加者たち

今やアジアを代表するLGBTイベントに成長した

「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」10月29日に台北で開催されます。

 

昨年は「年齡不設限-解放暗櫃・青春自主 No Age Limit.」をテーマに、

イベント史上最大となる約8万人が参加しました。

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2015のパレードを歩くゲイアプリ「blued」のお兄さんたち

台北のプライドパレードは、とにかくド派手で色鮮やか。

 

中心街はパレード参加者と沿道からの支持者、はたまた通りがかりの買い物客まで、

みんなが入り混じっての大賑わいになります。

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2015のパレードで先頭を行く巨大レインボーフラッグ

「境目のなくなる一体感」は、まさに理想とする社会を体現しているかのよう。

パレード本来の意義をとっても身近に感じることができる貴重なイベントと言えるかと思います。

 

為什麼遊行

 

遊行除了讓志同道合者感受到凝聚的力量,更重要的是提供了一個公開現身的平台,

喚起社會大眾的注意,讓隱藏的問題曝光、忽視未見的需求被重視。

 

不論是旁人略帶好奇的目光、片刻的思緒停留,都是遊行的目的:讓大眾「看見」,

進而使社會中能推動改變的有能之人注意到,促使其相關配套措施更臻完善。

 

Via:台灣同志遊行Facebook公式イベントページ

 

なぜ、パレードをするのか。

 

パレードには、志を同じくする者同士の力の結束を確認できること以上に、

自らの姿を社会に現し、公開する機会を提供する意味がある。

社会の大衆の注意を引き、隠されてきた問題に光を当て、

無視されてきた、あるいは見えることのなかった要求に注視してもらう効果がある。

 

周囲に好奇の目で見られようが、一瞬の思考の停留を呼び起そうが、

全てはパレード本来の目的:大衆に「見せる」ことあってこそである。

社会を変える力を有する人々に気づいてもらい、

関連ある措置を目標とするところまで高めてもらうこと、

これこそが「パレードの意義」ではないだろうか。

訳:Kazuki Mae

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2015のパレードに参加する日本からの一団

「今年は初の10万人越えなるか?」と大注目を集める台北のLGBTプライドに、

あなたもぜひ参加してみませんか?

 

LGBTの未来のため共に立ち上がりたい方は、いますぐ10月末のフライトをチェックですよ!

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)
開催日時:2016年10月29日(土)
Web:http://www.twpride.org/
Facebook:https://www.facebook.com/Taiwan.LGBT.Pride

 

3. 高雄同志大遊行:11月26日(土)

高雄・西子灣「忠烈祠」の高台に置かれたLOVEオブジェ

台湾南部最大の都市・高雄でも毎年LGBTプライド「高雄同志大遊行」が開催されています。

 

昨年2015年は「身・展・操」をテーマに、

イベント開催以来最大となる約7,000人の大行列が初夏の高雄の街を練り歩きました。

 

この勢いに乗って、今年は「1万人の大台突破も目前」かもしれませんね!

 

高雄・西子灣「中山大學」のビーチ

港町である高雄は、地下鉄に乗れば数十分で「ヤシの木が並ぶビーチ」にたどり着けてしまう、

絵に描いたような南国の大都会

 

一年を通して晴れの日が多く、太陽の光がたっぷりすぎるくらい降り注ぐ

過ごしやすい気候が特徴で、僕の大好きな街でもあります。

 

高雄・三多商圈「高雄市立圖書館」の屋上から望む港湾地区

今年の日程は11月26日と晩秋の時期に設定されましたが、

熱帯に属する高雄ならまだまだ半袖で過ごせる陽気が感じられるはず。

 

花蓮のLGBTプライドと同じく、こちらも今年初めて参加する予定にしていますので、

熱いレポートがお届けできるよう頑張ってまいります!

 

南国の街・高雄のプライドパレード、

ゼッタイ楽しいに違いない!

 

高雄同志大遊行
開催日時:2016年11月26日(土)
Web:http://khpride.blogspot.tw/
Facebook:https://www.facebook.com/KHpride4

 

4. 台中同志遊行:12月17日(土)

 台中LGBTプライド2015の巨大レインボーフラッグ

台湾第三の都市である台中のLGBTプライド「台中同志遊行」

今年は初冬の12月中旬に開催されます。

 

台中LGBTプライド2015のパレード隊列

「媽,我在這!」をテーマに行われた昨年2015年のパレードでは、約5,000人が参加。

台中の街をにじいろに染め上げながら、それぞれのメッセージを街頭に届けて歩きました。

 

我們相信,不是每個人都想成家,但是每個人都來自一個家庭。

 

「家庭」可能是令人最難以面對的地方,也可能是給予你最強大支持的來源。

除了具有血緣的原生家庭,還有更多元的「家」的形式在台灣的各個角落運作著。

在不同城市中的某個空間,透過認同、行為以及情感所建立起來的親密社群,

替補許多遊子們的家的位置。

 

今年(2015年)希望透過「媽!我在這!」的標語,

探討原生家庭所面臨到的同志議題,以及衍生出來,燦爛多元的「家」。

 

Via:台中同志遊行聯盟

 

私たちは、みんながみんな家庭を持ちたいと望んでいるわけではありませんが、

誰しもが一つの家庭からやってきたことは確かです。

 

「家庭」はあるときには、立ち向かうのが最も困難な存在であり、

あるときには一番の支持をしてくれる存在でもあります。

また、血のつながりのある本来の家庭の他にも、

さらに多様な「家」のあり方が至るところで機能しています。

生まれ育った場所とは別の街の、とある空間で、

認識や行為、感情のつながりによって親密なコミュニティが生まれ、

その場所が家庭を離れた人々の「家」として機能することもあります。

 

今年(2015年)は「お母さん、僕(私)はここにいるよ!」というスローガンを通して、

「家庭」が立ち向かうLGBTの問題について考え、

輝かしいより多様な「家」を生み出す契機としていきたく思います。

 

訳:Kazuki Mae

 

台中LGBTプライド2015のコンサート_2

フィナーレには台湾の有名アーティストが参加してのコンサートも行われ、

パレード参加者へエールを送る姿が印象的でした。

 

今年はいったい誰が応援に駆けつけるのかも注目ポイントですね!

 

台中LGBTプライド2015に参加する政党「綠黨」

台湾中部とはいえ、12月はすでに冬の気配が漂う季節ですので、

参加予定の方は防寒準備もお忘れなく!

 

台中同志遊行
開催日時:2016年12月17日(土)
Web:http://tclgbt.blogspot.tw/
Facebook:https://www.facebook.com/TCLGBTPride

 

5. 彩虹台南遊行:未定

彩虹台南遊行(台南LGBTプライド)2015で孔廟に差し掛かるパレード

現時点では開催が未定ですが、昨年2015年は台南でも

LGBTプライド「彩虹台南遊行」が催されました。

 

彩虹台南遊行(台南LGBTプライド)2015パレードの署名隊

前回パレードでの主な目的は、台湾各地で認められるようになってきた

「同性パートナー条例」の台南での実現に向けた署名活動。

 

実際にイベントが終了してから2ヶ月後、台南でも「条例の実施決定!」という

嬉しいニュースが届いたのは、記憶に新しいところです。

 

彩虹台南遊行(台南LGBTプライド)2015のパレード

参加者約2,000人と決して大きな規模ではありませんでしたが、大変意義のあった活動として、

2015年に参加したLGBTプライドの中でも特に印象に残っています。

 

目標実現のお祝いと、次のステップへ向けての課題提起を行う意味でも、

今年もぜひ開催してほしいですね!

 

古都・台南のLGBTプライド最新情報は、また追ってご報告したいと思います。

 

彩虹台南遊行
開催日時:未定

 

まとめ

台中LGBTプライド2015のパレード出発

今日は、2016年台湾4大都市のLGBTプライド日程についてご紹介しました!

 

最後にもう一度整理しておくと、

 

花蓮彩虹嘉年華  -  9月24日(土)

台灣同志遊行      -  10月29日(土)

高雄同志大遊行  -  11月26日(土)

台中同志遊行      -  12月17日(土)

 

というスケジュールになっています。

 

この期間に台湾の各都市を訪ねるご予定のある方、

または台湾でLGBTプライドに参加してみたいという方は、ぜひご参考にどうぞ。

 

特に、10月29日(土)の「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」

台湾を代表する一大イベントとなっていますので、

アジア最大級のパレードの空気を肌で感じてみたい方は見逃せませんよ!

 

▼レインボーアイテムのご準備もお忘れなく!▼

 

 

 

 

2016年の後半も、目的地は「台湾」に決まりですね!

 

それでは、今日はこのあたりで。

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. Yoshi より:

    6月27日は、サンフランシスコのゲイパレードです。ここから、サンフランシスコの夏が始まります。今年の夏は、ちょっと大変な夏になりそうです。

    1. kazukimae より:

      おお!そうですか!サンフランシスコのパレード見てみたいなあ…
      準備は順調ですか?僕も今年は「変化の夏」になりそうです 笑

  2. murakici より:

    こんにちはmurakiciです。
    明日から新たな學期が始まり少し緊張してます~~
    今年も秋は毎月パレードがありますね!今年は生涯で最高のチャンスなので
    行けるものはすべて行こうと思っています。
    でもでも一番思い入れがある台南が決まらない… 寂しい。。。

    1. kazukimae より:

      そうですね〜 今年は秋以降は台湾中を駆け巡らないといけませんね 笑
      「台南もあるかもしれぬ」と注目しています。
      開催されるといいですね!

コメントを残す

*