スポンサーリンク


宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)2018レポート。同性婚合法化決定から1年の節目に行われたLGBTプライドの様子は?

スポンサーリンク

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のステージに立つ地元のLGBT関連グループ

2018年台湾で2つ目のLGBTプライドが開催!東部の街・宜蘭で初めて行われたパレードに参加してまいりました!

こんにちは!今年も台湾全国のLGBTプライドへ足を運ぶ気満々のMae(@qianheshu)です。

台湾では今年、全国で6つのLGBTプライドが行われると発表されています。(【2018年台湾の6大LGBTプライド開催スケジュール。】をご参考ください。)

このうち第一弾となる、台湾南部の都市・台南で開催された「台南彩虹遊行(台南LGBTプライド)」は、イベント史上最大となる参加者を集めたことで話題に。

他都市を上回る勢いで規模が一気に拡大し、LGBTを巡るテーマへの注目の高まりを肌で感じたパレードとなりました。

そして先日、台湾東部の都市・宜蘭でも、第二弾となるLGBTプライドが登場!

5月26日(土)に行われた「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」に、僕もボーイフレンドと共に参加してまいりました。

彼の故郷であるという個人的な思い入れと、今年が初めての開催であるということにプラスして、注目のポイントはもう一点。

昨年、台湾で同性婚合法化決定の発表があってから、ちょうど1年という節目の時期にも当たっていたため、どのようなイベントになるのか、参加前から非常に興味をもっておりました。

今日は、イベント上で触れられたLGBTに関連するお話なども含めて、台湾東部の先陣を切るLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」当日の様子をご紹介したいと思います。

 

ほのぼのとした雰囲気が魅力?宜蘭プライドまもなく出発。

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」の会場

今回の集合場所となったのは、

台鐵(台湾鉄道)・宜蘭駅のすぐ目の前にある「丟丟森林」。

 

宜蘭出身の絵本作家・幾米さんの作品にちなんだ、

大きな列車のオブジェが頭上を走るかわいらしい広場は、

宜蘭を代表する観光スポットとしても知られている場所。

 

ここに、この日は台湾中から、LGBTプライドへの参加者が続々と集まってきていました。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」の会場で配布されたシール 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」オリジナルドリンク

会場内ブースでは、宜蘭驕傲大遊行オリジナルのグッズやドリンクの販売も。

 

有名スポットということもあって、パレード参加者だけでなく、

たまたま訪れた旅行客の方も興味深そうに散策されていました。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」に参加する原住民族の青年

花蓮や台東と同じく、台湾東部に位置する宜蘭も、

台湾原住民族の人々が多く暮らす土地として知られています。

 

参加者の中には、原住民族の伝統衣装に身を包んだ男子の姿も。

 

色鮮やかでカラフルな衣装が、

レインボーフラッグはためく会場によくマッチしていて、カッコいいです。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」会場で配布されたメッセージカード

ブースを眺めながらふらふらと歩いていると、

パレードのスタッフさんより渡された正方形の紙。

 

「メッセージを書いてほしい」とのことで、

さっそく宜蘭出身ボーイフレンドが気合いを入れて、綴り始めました。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」会場に掲示されたメッセージ

書きあがったカードは、会場内のオブジェへ自由に貼り付け。

 

すでにたくさんのメッセージが並んでいて、

参加者一人一人のパレードに向けての意気込みが感じられます。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」の会場に集合する参加者たち

ステージ上でのアナウンスも始まり、パレード出発はもうすぐ。

 

とは言え、「オー!!!」と掛け声をあげる血気盛んな雰囲気というよりは、

司会者も参加者も、みなさんほのぼのと楽しんでいる感じ。

 

それがまた心地よくもあり、宜蘭ならではの特色、といったところでしょうか。

 

「フレンドリーな宜蘭を目指して、あなたと共にパレードを。」

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のカード

今年の宜蘭驕傲大遊行のテーマは「宜蘭勁友善,遊行有你伴」

 

初めての開催となる今回は、まさにLGBTプライドを歩く機動力とも言える

「当事者の存在を知ってもらいたい」という部分に焦点が当てられています。

 

因為看不見社會中支持的力量,

孤身的性少數在生命中很難透出光亮,

總是對我這個身分帶給他們的壓力倍感困擾與沮喪。

 

第一屆遊行標語定為「宜蘭勁友善,遊行有你伴」

就是為了呼應這件事情。

 

我們邀請大家走上街頭,

透過不分族群現身的支持,

讓位在暗處的性少數們都能不再孤單與無助。

 

出典:RED TURTLE 讓好事不斷發生:第一屆宜蘭驕傲大遊行

 

社会の中に支持の力が見えないために、

未だ一人きりで、光のない暗闇の中に閉じこもらざるを得ない

LGBT当事者が存在しています。

これは私たちにとって、非常に辛く、悲しいことではないでしょうか。

 

初開催となる今回のテーマを

「宜蘭勁友善,遊行有你伴(フレンドリーな宜蘭を目指して、あなたと共にパレードを)」

と定めたのは、この状況をより多くの人に知ってもらえるよう呼びかけていこう、

という願いからです。

 

あらゆるコミュニティに属するみなさん、

「あなたは孤独ではない。サポートはここにある!」ということを、

パレードを歩くことで伝えていきませんか。

 

訳:Kazuki Mae

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」の会場に掲げられるレインボーフラッグ

僕は今でこそ、私生活でもブログでもセクシャリティをオープンにして

毎日を送ることができていますが、

「男性でありながら男性に惹かれる自分は、誰とも分かり合えないのでは?」

と、悩んでいた時期もありました。

 

もしそのタイミングで、同じ感覚を持つ当事者の方たちに、

パレードというカタチで出会っていたら。

 

あるいは、パレードが行われるというニュースを耳にして、

「自分は一人きりではない」ということを確認できていたら。

 

それだけでも、自分に自信を取り戻すきっかけになっていたのではないか、

と想像できます。

 

だからこそ、この宜蘭という場所でも新しくパレードが生まれたことを、

当事者の一人として大歓迎せずにはいられません。

 

沿道からのエールに愛を感じたパレード。

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のパレードを先導するレインボーフラッグ

 

「パレード始めま~す!みなさん会場入り口に集合で~す。」

 

特に気合いの入ったカウントダウンもなく、

なかなかにゆるいアナウンスで、まったりとパレードは開始 笑

 

巨大レインボーフラッグを先頭に、集合を終えたグループから、

ゆったりと街へ繰り出していきます。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のパレード隊列

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のパレードに参加するグループ

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードを先導する主催者たち

先導車からは、イベントのスローガンを叫びながら、パレードを導く主催者たち。

 

呼びかけに応じるように元気よく続く参加者たちも、

いざ歩き始めるとすっかり一丸となって、力を合わせてメッセージを伝えていきます。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードを歩く参加者たち

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードをセグウェイでサポートするボランティアスタッフ

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードでレインボーフラッグを振る参加者たち

あいにくの曇り空ながら、湿度が高く、

じっとりと暑い天気のもとで行われた今回のパレード。

 

みんな汗だくになりながらも、力強く(しかし力みすぎずの絶妙なパワー加減で)、

およそ2時間の道のりを歩いていきます。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードに手を繋いで参加する同性カップル

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードで手を繋ぐ同性カップル

手を繋いで、仲良くパレードを歩くカップルの姿もたくさん。

 

台北では街を歩いていてしばしば目にする光景ですが、

宜蘭(はもちろん、他のあらゆる場所)でも少しずつごくありふれた風景として、

生活の中に浸透して行ってくれるといいなあ、と願っています。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードに参加する男の子

レインボーフラッグを持って登場するや否や、

瞬く間に注目とカメラのレンズを我がものとする、ちびっ子。

 

校門から身を乗り出して手を振る補修授業中(?)女子学生グループや、

レインボーのワンピースを身につけて、家の窓辺からエールを送る

寝起き風(??)なおばさんも登場し、

非常にフレンドリーな空気を感じることができたのも印象的です。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のフラッグを掲げるLGBTフレンドリードリンク店

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」で提供されたドリンク

さらに、パレードのポスターやフラッグを掲げて、

イベントを応援するLGBTフレンドリーなショップも。

 

こちらのドリンクスタンドは、参加者のために無償で(!)飲みものを配るという

特別サービスも展開していました。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」で提供されたドリンクカップに書かれたメッセージ

しかも、カップに貼られたシールをよくよく見ると、

「自由的愛 [無價] (自由な愛 [プライスレス] )」のメッセージ。

 

こんなにも粋な計らい、台北のLGBTプライドでも出会ったことがないので、大感激でした!

「屋麥」というお店ですので、宜蘭へお越しの際はぜひ。

 

「婚姻平權(婚姻平等の権利)」への道のりを阻む現実。

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードで掲げられるメッセージボード

今回の「宜蘭驕傲大遊行」が行われた日にちは、ある特別なタイミング。

 

「同性カップルに婚姻の権利を認めない現状の法律は違憲である」との発表が成され、

同性婚合法化への道筋がついたのは、昨年2017年の5月24日。

 

この発表からちょうど1年後に当たるのが、このパレードの当日でした。

 

テーマ自体は「LGBTの存在を知ってもらいたい」との設定になっていましたが、

実際のイベントでは、さらに踏み込んでの進行となっていたように思います。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードで掲げられた国民投票に関するメッセージボード

実は、同性婚の合法化に関して、複雑な動きが出始めている現在の台湾。

 

各都市の市長・市議会議員などを選出する重要な選挙

「九合一選舉」が11月に行われる予定になっているのですが、

そのタイミングに合わせて「婚姻・教育に関連する国民投票」が行われる可能性も。

 

その内容を巡って今、大きな討論が巻き起こっています。

 

【関連記事 → 台湾、同性婚承認の民法改正に不穏な空気。反対派が「3つの国民投票案」を提出。| fair 】

 

イベント中でも、この国民投票に関して言及された場面は少なくなく、

正しい認識を持ってもらうという意味でも、

今回のパレードは大切な役割を担っていたように思います。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」パレードで掲げられた教育に関するメッセージボード

また、教育に関しても同様。

 

LGBTに関する講義が中止に追い込まれたり、

教科書からLGBTに触れる内容の削除要求が出されたりといった事態が、

頻繁に話題に上っています。

 

これらの出来事を巡って、当事者たちはもちろん、

学生や教師たちも「知る(学ぶ)権利」を求めて、行動を起こしています。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のステージに立つ地元のLGBT関連グループ

ステージ上でのスピーチでも述べられていたのですが、

こんな時だからこそ「まずは自分の周囲から、理解を呼びかけることが大切」

 

同性カップルの婚姻が一番理想的なカタチで実現されるために、

そして、その後の社会をより多様性に満ちたものにするために。

 

パレードを通して、一人でも多くの方に考えるきっかけを提供できたのであれば、

参加者の一人としてこれほどにうれしいことはないと思います。

 

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のステージパフォーマンス

ちなみに、パレード後のパフォーマンスは、ほのぼのとした雰囲気とは裏腹に、

かなり思い切った仕上がりのものも。

 

「初開催にして、この大胆さは大丈夫なのか?」と、

内心歓声を上げつつ、こちらが不安になりそうなくらいでしたが、

通りがかりのおじいちゃんやベビーカーの幼児も含め、

とても楽しそうに眺めておられました 笑

 

さすがは、フレンドリーな街・宜蘭。

包容力の深さを目の当たりにしつつ、大成功のうちに幕引きとなりました。

 

まとめ

2018年台湾のLGBTプライド「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」のステージで挨拶をする主催グループ

今日は、2018年台湾の第二弾となったLGBTプライド

「宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)」イベントの様子をお届けしました。

 

宜蘭のパレードを歩いてみて一番印象に残っているのは、

やはり沿道から贈られたエールの数々。

 

初めての開催とは思えないくらいに、

フレンドリーな空気を街全体から感じることができ、

最後の最後まで楽しみながら参加できるのが魅力かな、と感じています。

 

まだ来年の開催予定は未定ではありますが、

台北からも日帰りが可能で距離ですので、

参加されてみたい方は、ぜひ今後の情報にも注目されてみてください。

 

宜蘭驕傲大遊行(宜蘭プライド)
Facebook:https://www.facebook.com/YilanLGBTQIA/

 

台湾東部のLGBTプライド「花東彩虹嘉年華」パレード後のステージで始まる合唱

そして、2018年第三弾は、花蓮と台東の台湾東部2大都市合同で行われる

「花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTQプライド)」

 

台東では昨年初開催となりましたが、こちらも宜蘭のLGBTプライドと同じく、

「パレードを歩く」意味を改めて思い出させてくれる、

とても意義深いイベントに仕上がっていました。

 

昨年の様子は

【初開催!台湾・台東のLGBTプライド「花東彩虹嘉年華」を歩いて来ました。】

よりご覧いただけますので、参加されてみたい方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

おまけ:本日の台灣男子

 

有一個好奇的事情。我最近習慣平日白天去健身房運動,發現幾乎每一次都會遇到穿著學校運動服的高中生。雖然不得不承認嫩嫩的小鮮肉背著50kg桿鈴深蹲的樣子相當迷人,但你應該是上課時間,怎麼有辦法出來這裡?是他的高中很開放或叛逆期的翹班我不知道,總之,不輸給大人的好身材讓人眼福又羨慕就對了。 気になることが一点。最近平日のお昼ごろジムへ行くと、なぜかよく学校の運動服を着た高校生たちに遭遇する。まだあどけなさの残るかわいい男子が、50kgのバーベルスクワットをきめる姿はなかなか魅力的ではあるけれど、君たち学校に行く時間のはずでは???台湾の高校はすごくオープンなのか、はたまた反抗期から来るサボりなのか。どちらにせよ、10代半ばにして大人にも負けないカラダのたくましさとは、羨ましさすら感じるレベル。 #本日の台灣男子 #高中生 #小鮮肉 #健身房 #桿鈴 #深蹲 #重訓

本日の台灣男子さん(@todaystaiwaneseboy)がシェアした投稿 –

 

『本日の台灣男子』は、僕が台湾の街で出会った台湾男子たちを、

思わず胸キュンしてしまったエピソードと共に、イラストで綴るインスタアカウントです。

 

時にかっこよく、時にかわいく、時にゆるゆるな台湾男子の魅力は、

ID:todaystaiwaneseboy に詰め込んでいますので、

ご覧いただけるとうれしいです!

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾LGBTプライド(台灣同志遊行)2017レポート!参加者12万人超でアジア最大規模更新へ。

→台中同志遊行(台中LGBTQIAプライド)2017レポート。参加者5倍へと急成長でイベント史上最大規模に。

→高雄同志大遊行(高雄プライドパレード)レポート。2017年台湾最後のLGBTプライドを1万5000人と共に歩いて来ました。

→LGBTの日常や悩みがよく分かる5冊の本。ゲイである僕の目線からおすすめの作品を選んでみました。

→同性に恋する自分を悩んでいるあなたに伝えたい3つの言葉。

 


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. みなっきー より:

    こんにちは。
    私も時間の関係で最初だけでしたが、少し一緒に歩きました。
    台北のイベントとは違って、とても穏やかで、のんびりとした雰囲気が私には合ってました。
    次回の開催の時はゆっくり参加してみたいなと思いました。

    礁渓にしか行ったことが無かったのですが、宜蘭、いい街ですね♪

    1. kazukimae より:

      礁溪は温泉ですが、蘇澳というところまで足をのばすと、冷泉も楽しめます!
      夏の暑い日には大人気ですので、機会があればぜひ行かれてみてください。

      1. みなっきー より:

        冷泉!いいですね!
        情報ありがとうございます♪次回訪れてみます!

コメントを残す

*