高雄の伝統グルメエリア・鹽埕埔のおすすめ台湾美食5選。

スポンサーリンク

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」の米糕(台湾式おこわ)

台湾南部の大都会高雄で美味しいものを探すならココ!観光エリアとしても大人気の鹽埕埔には伝統グルメが目白押しです!

こんにちは!中秋節&雙十節休暇を利用して台湾南部を放浪してまいりましたMae(@qianheshu)です。

毎年、台湾で第二の規模となるLGBTプライド「高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)」が開かれていることや、友人が住んでいる街ということもあって、何かと足を運ぶ機会の多い高雄。

台湾国内に限って言えば、僕にとっては台北の次に親しみのある都市と言って間違いないかと思います。

そして、数ある高雄の人気エリアの中でも、毎回必ず訪れるのが「鹽埕埔」エリア

高雄捷運(地下鉄)の鹽埕埔駅周辺は、駁二藝術特區のようなおしゃれスポットもあれば、堀江商場に代表される超ローカル市場もあり、新旧入り交じった雰囲気が魅力です。

昔ながらのお店が今も多く残っており、伝統グルメが盛りだくさんな場所としても知られる鹽埕埔。

高雄にやって来る度に、気になるグルメ店が増える一方でしたので、今回の滞在中は思いっきり時間をとって、じっくりと食べ歩いてみることにしました。

旅の途中で出会った美味しいものたちの中から、今日は僕が特にお気に入りの5つをご紹介してみたいと思います。


スポンサーリンク

 

1. 朝ごはんにオススメ!豚タン春雨スープの名店「勇伯豬舌冬粉」

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「勇伯豬舌冬粉」の外観

最初のおすすめは、鹽埕埔エリアの人気No.1スポット

駁二藝術特區からほど近いところにある「勇伯豬舌冬粉」

 

大きく店名が出ていないのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、

「勇伯」と書かれたのぼりや立ておき看板が出ているので、

「必信街」という通りに差し掛かったら目を凝らしてみてください。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「勇伯豬舌冬粉」のテーブル席

早朝から営業しているので、朝ごはんに立ち寄るのもピッタリ!

 

常連さんと思しきお客さんと老闆が

朝から台湾語で元気におしゃべりしている光景を目にすると、

台湾南部に来ているのだなあと実感させられます。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「勇伯豬舌冬粉」のメニュー

名物メニューは、豚肉の様々な部位を使った春雨スープ

 

豚のホルモンやハツなど、日本ではあまり馴染みのない食材が並んでいますが、

台湾では牛肉以上にポピュラーな食べものとして親しまれています。

 

オーダー表があるので、注文の際にはこちらに数を書き込みましょう。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「勇伯豬舌冬粉」の豬舌冬粉湯(豚タン春雨スープ)

今回は、お店の名前にもなっている

「豬舌冬粉湯(60元=約220円)」を頼んでみました。

 

豬舌は文字通り「豚タン」の意味。

厚切りの豚タンがたっぷり入って、朝からしっかりパワーをもらえそうな一品です。

 

一緒に運ばれてくる豆板醤風の甘辛ソースに、お肉をくぐらせながら食べるのが台湾式ですよ。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「勇伯豬舌冬粉」の豬舌冬粉湯(豚タン春雨スープ)クローズアップ

食感は、牛タンに比べると少し柔らかめな印象。

タンならではのクニュッとした弾力は健在で、特に臭みもなくあっさりといただけます。

 

春雨の弾けるような歯ごたえが、うすしお味のスープにこれまたよく合う!

高雄旅行の朝は、タンパク質豊富なヘルシーメニューからスタートしましょう!

 

勇伯豬舌冬粉
Address:高雄市鹽埕區必信街56-1號
TEL:+886-7-531-2520
営業時間:6:3014:30(月曜定休)

 

2. 鹽埕埔グルメの代表格!有名鴨肉専門店「鴨肉珍」

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「鴨肉珍」の外観

ハイレベルな伝統グルメが集う鹽埕埔エリアの中でも、

特に有名なお店として知られている「鴨肉珍」

 

お店の近くまでやってくると、その人気ぶりを裏付けるかのように、

昼夜を問わず店頭にできる長蛇の列が目に飛び込んで来ます。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「鴨肉珍」のテーブル席

座るところを見つけるにも一苦労するほどなので、

店内でいただく場合は先にテーブルを見つけておきましょう。

 

僕がお店に着いたのは、ちょうど平日のお昼ごはんラッシュを過ぎた時間だったので、

比較的すんなり座ることができました。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「鴨肉珍」のカウンター

座るところが決まったら、カウンターでオーダーの列に加わりましょう。

注文の際にはテーブル番号を聞かれるので、チェックしておくのもお忘れなく。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「鴨肉珍」のメニュー

お店のメニューは、壁に貼られているものをご参考に。

 

メインには「鴨肉飯(鴨肉ごはん)」「鴨肉冬粉(鴨肉春雨)」の、

どちらかを選ぶのがおすすめですよ。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「鴨肉珍」の鴨肉飯+燙青菜

今回は「鴨肉飯(小/55元=約200円)」に、

サイドメニューの「燙青菜(30元=約110円)」をプラスしてみました。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「鴨肉珍」の鴨肉飯クローズアップ

「鴨肉はかたい」というイメージがもともとあったのですが、

このお店のごはんを食べてみてビックリ!

 

鶏肉かと錯覚しそうになるくらい、とにかくやわらかいんです!

 

脂身多めのそぼろソースのクリーミーさも相まって、

とってもジューシーに仕上がっています。

 

小サイズでも台北で食べる中大サイズくらいあるので(!)

食べきれるか心配でしたが、意外や意外。

 

お店を離れる頃には、お米の一粒も残さないくらいキレイに平らげてしまいました。

日々台湾中からお客さんが押し寄せてくるのにも大納得です。

 

鴨肉珍
Address:高雄市鹽埕區五福四路258號
TEL:+886-7-521-5018
営業時間:10:0020:00(火曜定休)
Facebook:https://www.facebook.com/鴨肉珍-187119214984174/

 

3. 台湾式ふりかけがたっぷりかかったおこわが絶品「米糕城」

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」の外観

鹽埕埔エリアでごはんものをいただくなら、もう一つのオススメ店なのが「米糕城」

 

日本語で言うなれば「おこわシティ」

 

至極ダイレクトなお店のネーミングセンスにも惹かれて、

お昼ごはんに立ち寄ってみることにしました。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」の店内

昔ながらの趣が今も色濃く残った、ローカル感濃厚な雰囲気がまた素敵。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」のメニュー

オーダーは壁に書かれているメニューを参考に、直接店員さんに伝えましょう。

読み方がわからないときは、紙に書いて渡すのもアリだと思います。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」の米糕(台湾式おこわ)

お茶碗にこんもりと盛られた「米糕(35元=約130円)」には、

「肉鬆」と呼ばれるお肉から作られた台湾式ふりかけがたっぷり!

 

豚のそぼろソースときゅうりのお漬物もプラスしたルックスは、

シンプルながらグッと食欲をそそられる不思議な魅力を秘めています。

 

もち米のもちもち、ふりかけのサラサラ、きゅうりのシャキシャキ、そぼろのとろとろ。

4つの食感が見事にマッチした素朴な風味に、思わずホッとため息がもれてしまいました。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」の四神湯(豚ホルモンスープ)

コリコリとした豚ホルモンが入った「四神湯(35元=約130円)」も、

食事のお供にぜひ。

 

薄味が主流の台湾スープ界にあって珍しく塩味がしっかり効いていて、

日本人の味覚にもしっくりと馴染みます。

 

シンプルイズベストの醍醐味がギュッと詰まった、知る人ぞ知る鹽埕埔の名店です。

 

米糕城
Address:高雄市鹽埕區大仁路107號
TEL:+886-7-533-3168
営業時間:9:0022:00(火曜定休)

 

4. 大ぶりマンゴーが超豪快!鹽埕埔の老舗のかき氷店「高雄婆婆冰」

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「高雄婆婆冰」の看板

先ほどの「鴨肉珍」と並ぶ鹽埕埔グルメの代表格「高雄婆婆冰」は、

台湾の名物デザートかき氷がいただけるお店。

 

2頭身のかわいらしいおばあちゃんのキャラクターが目印です。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「高雄婆婆冰」の店内

七賢三路沿いには「旗艦店」と「創始店」の2店舗があるのですが、

今回は創始店におじゃましてみました。

 

食べられるものはどちらも同じなので、

座席の埋まり具合を見て、入る店舗を決めるのが良いかと思います。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「高雄婆婆冰」のメニュー

さすがはかき氷の名店というだけあって、

かき氷メニューだけでも20種類近くとバリエーション豊富。

 

他にも、その場でカット&ミックスしてくれるカットフルーツや

フレッシュジュースもいただくことができます。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「高雄婆婆冰」のメニューイメージ写真

お店のイチオシはイメージ写真付きで紹介されているので、この中から選ぶのもおすすめ。

 

マンゴー大好き人間の僕は、

「超人氣芒果牛奶冰」の誘惑から逃れることができませんでした。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「高雄婆婆冰」の超人氣芒果牛奶冰(マンゴーかき氷)

大ぶりのマンゴー&マンゴーアイスがたんもり盛られて、

これでなんと100元(=約370円)

 

台北だったら150元以上はゼッタイするレベルなので、

まずはそのコスパに感激してしまいました。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「高雄婆婆冰」の超人氣芒果牛奶冰(マンゴーかき氷)クローズアップ

さらにカットマンゴーのサイズが、これまたどデカイ!

 

あわやスプーンからこぼれるか、というほどにビッグなので、

とても一口では収まりきりません。

 

しかも、完熟とろっとろ!

 

マンゴーアイスのフルーティーさとコンデンスミルクの甘みもいっぱいに広がり、

「う~~~んっ!!!!」と思わず唸りながらの

幸せなひとときを満喫させていただきました。

 

氷の削り具合も、粒が大きすぎず小さすぎずで絶妙。

火照ったカラダにじんわり染み渡る、高雄旅行のデザートタイムにピッタリの一品です。

 

高雄婆婆冰(創始店)
Address:高雄市鹽埕區七賢三路135號
TEL:+886-7-561-6567
営業時間:9:000:00
Facebook:https://www.facebook.com/高雄婆婆冰創始店-1963788643888101/

 

5. ジューシーフルーツがごろごろ入った大福もちが人気!「阿綿麻糬」

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「阿棉麻糬」の外観

昔ながらのレトロな空気が今も流れるローカル市場「堀江商場」を歩いていると、

突如現れるモダンなルックスのお店。

 

「阿綿」と書かれたこちらは「カフェ?それともケーキ屋さん?」

 

?マークを浮かべながら中に足を踏み入れてみると、

何とある意外なスイーツが売られていました。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「阿棉麻糬」のメニュー

メニュー表を眺めてみると、飛び込んできたのは「麻糬」「大福」の文字。

 

そう、ここは台湾でも伝統のお菓子として親しまれている

「おもち」デザートがいただけるお店でした!

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「阿棉麻糬」の店内

~む。改めて外から眺めてみても、やっぱりにわかには信じがたい。

 

日本でもこんなに可愛らしいおもちの専門店なんて、

なかなか珍しいのではないでしょうか。

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「阿棉麻糬」の鮮甜芒果大福(マンゴー大福もち)

台湾のフルーツを使った大福が名物ということで、

この日お店に並んでいた6種類の中から1つを選んでみました。

 

クッキーでも包まれていそうなピンク色のパッケージもすごくキュート。

これなら、おみやげとして買って帰っても喜ばれそうですね。

(ただし、日持ちしないので注意。)

 

さて、雪のように真っ白なお餅の中には何が包まれているのかと言いますと…

 

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「阿棉麻糬」の鮮甜芒果大福(マンゴー大福もち)クローズアップ

やはり、マンゴー大好き人間としては(笑)これが見逃せませんでした。

 

「鮮甜芒果大福(80元=約300円)」にガブリとかじりついてみると、

45cm角にカットされたマンゴー果肉が登場!

 

ジュースがジュワッ染み出てくるほどにフルーティで、

視覚的にも素材の新鮮さが伝わってきます。

 

もち~っとよく伸びる生地がまた、食感のアクセントになっていてベストマッチ。

 

「キウイ」や「チョコバナナ」、季節によっては「イチゴ」など色々揃っているので、

ぜひ日本の大福との違いを比べながら味わってみてくださいね。

 

阿綿麻糬
Address:高雄市鹽埕區新樂街198-27號
TEL:+886-7-531-9177
営業時間:10:3018:30
Web:http://www.a-main.com.tw/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/amain.mochi/

 

まとめ

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」の米糕(台湾式おこわ)

今日は、高雄の伝統グルメエリア鹽埕埔のおすすめ台湾美食を5つ

ご紹介しました!

 

1. の「勇伯豬舌冬粉」以外のお店はすべて「堀江市場」周辺にあるのですが、

台湾の伝統グルメを食べ歩くならこの市場を中心に歩くのがおすすめ。

 

ここでご紹介したお店に限らず、ごはん系、デザート系どちらも豊富にそろっているので、

高雄旅行で美味しいものをお求めならぜひ足を運んでみてくださいね!

 

上の5つはどれもホントに甲乙つけがたいものの、

あえて一番のお気に入りを挙げるのであれれば 3. の「米糕城」がイチオシ。

 

米糕好きのボーイフレンドは何時にも増してがつがつ平らげておられたので(笑)、

台湾人もお墨付きのグッドクオリティですよ!

 

▼高雄旅行へ出発の前にちょっぴり美味しいものチェックしてみましょう!▼

 

高雄・鹽埕埔のおすすめLGBTフレンドリーホテル「塩旅社 Hotel Yam」のエントランス

高雄捷運(地下鉄)鹽埕埔駅から徒歩約5分の「塩旅社 Hotel Yam」は、

高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)にも協賛しているLGBTフレンドリーホテル

 

お部屋から海が眺められる贅沢な環境と最強のコスパで、

僕たちカップルも超快適な高雄旅行を楽しむことができました!

 

詳しくは【海風吹きわたる台湾・高雄のLGBTフレンドリーホテル「塩旅社 Hotel Yam」。】

にまとめましたので、高雄での滞在をご予定の方はぜひ合わせてご参考くださいね!

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.7円で計算しています。(2017年10月現在)

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→捷運(地下鉄)で巡る初めての高雄観光必訪スポット6選。

→高雄旅行で訪ねたい客家文化の香る田園の街・美濃の巡り方。

→高雄・旗津で海の魅力を満喫するために体験したい5つのこと。

→ハイレベルな食事で楽しむ高雄のおしゃれ古民家カフェ3選。

→台湾各地を旅して出会ったおすすめホテル&ゲストハウス集。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*