ゲイタウン・西門町で年越しカウントダウンしてみました。

スポンサーリンク

2階エリアから眺める台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」

台北101の花火だけじゃない!台湾No.1のゲイタウンでもカウントダウンできるんです!

こんにちは!今年は初めて台北101以外の場所で新しい年を迎えましたMae(@qianheshu)です。

大晦日の夜に友人たちと夕食に行ったところ、「そういえば、年末の西門町って行ったことないよねー。」というお話になり、様子見がてら立ち寄ってみることに。

台北ゲイの聖地・西門紅樓の裏に向かってみると、期待通りここでもカウントダウンイベントが開催されていました!

これは願ってもない絶好の機会ということで、オープンテラスのテーブルでドリンクを飲みながらイベントを楽しんでまいりました!

「101の花火ならもう何回も見たぜ…」という台湾リピーターの方、西門町での年越しもオススメですので、今日はカウントダウンの様子をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

 

西門町のカウントダウンはどこで参加できる?

台北MRT(地下鉄)西門駅前

【台湾最大のゲイパラダイス!台北・西門町の歩き方。】で詳しくご紹介していますが、

西門町は学生に人気の「若者の街」と、

ゲイフレンドリーなお店が軒を構える「ゲイタウン」という2つの顔を持つ街。

 

カウントダウンイベントが行われているのは、

ゲイ向けショップやカフェが集まる場所として有名な「西門紅樓」側のエリアです。

 

台北MRT(地下鉄)西門駅

最寄りは、西門駅(駅番号:BL11/G12)の1番出口

駅内にも「西門紅樓」方向の案内が出ているので、そちらに向かって進んでいきましょう。

 

台北・西門の人気ゲイスポット「西門紅樓」(改装中)

出口を出て目の前の横断歩道を渡ると、すぐ左側に真っ赤なレンガ造りの建物が見えてきます。

現在は残念ながら改装中ですが、ここが「西門紅樓」

普段は建物前に写真を撮る人で溢れかえる人気の観光スポットでもあります。

 

台北・西門の人気ゲイスポット「西門紅樓」横のメンズショップが並ぶ小道

紅樓の左側に裏側へと進む脇道があるので、ここを入っていきます。

道に沿ってゲイ向けショップがずらりと並んでいるので、すぐに分かると思います。

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」

建物の裏側へ抜けると、レインボーフラッグがあちこちにはためく

オープンテラスにたどり着きます。

ここがカウントダウンイベントの会場です!

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」に飾られた赤提灯

カラフルな風船で飾り付けがされていたり、特設ステージがあったりと、

いつも以上に賑やかな空気に満ちています。

 

台湾No.1のゲイタウンでゆったりカウントダウン!

台北・西門町2016-2017カウントダウン時のオープンカフェ

僕も紅樓にはたまに足を運びますが、ここまでの人出を体験したのは初めて。

 

「不好意思~♥(すみませ~ん♥)」

 

と、イケメン台湾男子をかき分けながらでないと前に進めないくらいの盛り上がりは、

さすが大晦日ならではです。

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」のステージでパフォーマンスするDJ

ステージ上では、ゲイクラブでもよく登場しているDJの方が

ノリノリのダンスミュージックを鳴らしています。

 

 

時折ダンスパフォーマンスも行われて、ステージ前はクラブさながらにテンションMAXです。

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」のレストラン

僕らは22:00過ぎに会場に到着しましたが、カフェのテーブル席はすでに軒並み満席状態。

運よくまだ空いているテーブルのあるお店を見つけて座ることができましたが、

23:00くらいになるとさすがにどのお店も席がなくなっている感じでした。

 

座ってカウントダウンを楽しみたい場合は、

早めに紅樓まで来て年越しを待つのが良いかもしれません。

 

ただし、最低オーダーが1人600元(=約2,200円)と普段よりも高めに設定されているので、

ドリンク2~3杯は必須ですね。

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンイベントで賑わう「西門紅樓」オープンカフェ

テーブル席にこだわらなければ、ドリンクスタンドもあちこちに出ているので、

カップ片手にステージ前でダンスしたり、友人と立ち話しながら過ごすのもアリだと思います。

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」2階フロア

オープンテラス2階にあるお店を利用するのもオススメ。

席数は1階よりも少ないですが、会場全体を上から見渡せる開放感は2階席ならではの特権です。

 

2階エリアから眺める台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」

2階から会場を眺めるとこんな感じ。

位置によっては木に邪魔されることもありますが、

ステージがくっきり見えて、まったりおしゃべりに耽りながら年越しを楽しめそうです。

 

年越しの瞬間はにじいろバルーンで。

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」のステージで始まるカウントダウン

2016年もいよいよ大詰め。

ステージ上には刻一刻と迫る年越しまでの時間が表示され、

会場はより一層のカウントダウンムードに包まれます。

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」で配られる風船

残り10分を切ると、お店のスタッフさんが会場内に風船を配り始めました。

 

「新年の瞬間に、みんなで風船をあげましょう!」

 

と、僕らのテーブルにも1つ風船を渡してくれました。

 

台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」の年越しの瞬間

会場全体に風船が行き渡ったところで、準備万端!

 

「10, 9, 8, 7, 6, 5…」

 

ついに、秒読み段階に突入です。

 

 

「新年快樂~!!!!!」

 

2017年の空に、色とりどりの風船が浮かびあがります。

花火の華やかさとはまた違った、会場一体となった手作り感がステキ。

初めての西門町でのカウントダウン、とっても満足できました!

 

これからは台北101の花火よりも、

西門紅樓での年越しが僕らのスタンダードになるかもしれません。

 

まとめ

2階エリアから眺める台北・西門町2016-2017カウントダウンの会場「西門紅樓」

今日は、ゲイタウン・西門町の年越しカウントダウンの様子をご紹介しました!

 

西門紅樓はゲイエリアとして有名ではありますが、

セクシャリティを問わず広く開かれた空間でもあるので、どんな方でもウェルカムです。

 

大切な人たちと一緒に、年末の賑やかな空気に包まれながら、

西門町のオープンテラスでゆっくりまったり

カウントダウンを楽しんで見るのはいかがでしょうか。

 

台北で「101」以外の年越しを体験してみたいという方にもオススメですよ!

来年はぜひ西門紅樓に足を運んでみてくださいね!

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.6円で計算しています。(2017年1月現在)

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→西門紅樓徒歩1分!ゲイフレンドリーホテル「町・記憶旅店」って?

→台湾5大LGBTプライドに1年かけて全力参加してきました。

→参加者8万人突破!2016台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)を歩いてきました。

→1万人超の快挙!台湾第二のLGBTプライド「高雄同志大遊行」とは?

→台北・西門町で舌鼓!ゼッタイ食べたい伝統台湾グルメ4選。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*