ゲイ御用達のもう1つの北投温泉!台北・行義路の名湯4選。

スポンサーリンク

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」夜の外観

西門町にも負けない超人気ゲイスポット!台北ゲイが足しげく通う極楽温泉の魅力に迫ります!

こんにちは!日中はすでに30度を超える暑さだというのに、依然として温泉熱が冷めやらないMae(@qianheshu)です。

さて、台北で温泉と言えば「北投温泉」

MRT新北投駅周辺に高級旅館がずらりと立ち並ぶ温泉街は、台湾を代表するリラックススポットとして有名ですよね。

台北旅行で旅の息抜きがてら、訪れたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

でもみなさん、ご存知ですか?「北投温泉」って、実はもう一つあるのです!

またの名を「行義路温泉」とも「紗帽山温泉」とも呼ばれるその温泉は、陽明山の中腹にある小さな温泉街。

そしてこちら、台北に住むゲイなら知らぬ人はいないほどの「ゲイ御用達温泉」でもあるのですよ!

そこで今日は、数ある行義路の温泉スポットの中からオススメの名湯4つをご紹介!

ゲイの方はもちろん、よりローカルな雰囲気を楽しみたい方、リーズナブルに温泉を満喫したい方は必見ですよ!


スポンサーリンク

 

「行義路溫泉」へはどうやって行く? 

台北MRT(地下鉄)石牌駅のプラットフォーム

ゲイ御用達の温泉街「行義路溫泉」の最寄り駅は

淡水信義線(レッドライン)の石牌駅(駅番号:R19)

台北駅からは淡水方面の列車に乗って9駅、25分前後で到着できます。

 

台北MRT(地下鉄)石牌駅の改札

列車を降りたら、石牌路側の1番出口を目指しましょう。

 ここからバスに乗り換えます。

 

台北MRT(地下鉄)石牌駅前のKFC

バス停は出口を出て右手側のKFC前

常に人がたくさん並んでいるので、すぐに発見できるかと思います。

 

台北MRT(地下鉄)石牌駅前のバス停

508、536、小8…など、路線図に「行義路」と書いてあるバスならどれでもOK。

 

乗り換えとはいえ、行義路に向かうバスは5分に1本くらいの割合で本数がかなり出ているので、

ほとんど待たずに乗れてしまいます。

 

台北のバス車内

無事乗り込んだら、ここから10分くらいの道のり。

前方の電光掲示板に「行義路」の表示が見えてきたら下車の準備を始めましょう。

 

台北・行義路溫泉の最寄りバス停「行義路三」

行義路のバス停は一、二、三、四…といくつかありますが、行義路溫泉の最寄りは「行義路三」

座席近くのボタンを押して、ここで下車です。

 

台北ゲイに人気の北投・行義路溫泉への入り口

バス停のすぐ近くに、何やらたくさん矢印の並んだ案内が並んでいるので、

彼らの指している方向に沿って坂を下っていきます。

 

台北ゲイに人気の北投・行義路溫泉の遠景

「温泉」の看板があちこちに掲げられた集落が見えてきたら、

もう1つの北投温泉「行義路溫泉」に到着です!

 

行義路にある温泉は基本的に「料理」や「餐廳」と名付けられているところが多く、

食事と一緒に温泉を楽しむというコンセプトのお店が大多数。

 

もちろん、単純に「温泉のみ入りたい」というのもOKですので、

お一人の方でも気軽に利用できます。

 

そして、今回選んだのは

水着着用なしで入れる大浴場(大眾池)のある温泉ばかり。

 

日本の温泉と同じ感覚で楽しめるのも魅力の一つです。

 

今日のところは、お料理はひとまず置いておいて、

「温泉(大浴場)」に焦点を当ててご紹介していきますよ!

 

行義路を代表する名物温泉!「川湯溫泉養生料理」。

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」の入り口

行義路にある溫泉の中でも、最も有名なのが「川湯溫泉養生料理」

略して「川湯」と呼ばれることが多いです。

 

入り口を見る限りだと、

 

「こんなところで、ホントに温泉入れるの?」

 

と思ってしまいますが、まずはためらわずに階段を降りていきましょう。

 

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」の通路

日本の演歌が大ボリュームで流れる通路はミスマッチながら、何だかとってもムーディー。

 

周りがあまりに緑なので、どんどん不安になってくるかもしれませんが、

気にせずどんどん降りてください。

 

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」の外観

すると、台北の山の中に突如、ニッポン出現。

 

ここだけ見れば、「京都行ってきました!」でも通用しそうなくらい、

かなり本格的な造りです。

 

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」夜の外観

夜になると、こんな感じに早変わり。

オレンジ色の光が灯って、花見小路風の風情あふれる景色が見られますよ。

 

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」のチケット売り場

そのまままっすぐ進んで行って、道の終わりに差し掛かろうかというところに

温泉のチケットカウンターがあります。

 

入湯料は200元(=約680円)

チケットをもらったら道を引き返して、さっき降りてきた階段の方向へ戻ります。

 

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」の大浴場入り口

突き当たりまでそのまままっすぐ歩いていくと、「湯」の暖簾がかかった建物が見えてきます。

ここが、「川湯」の大浴場です!

 

入り口のカウンターでチケットを渡して、中へ入りましょう!

 

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」の大浴場

川湯の大浴場は完全露天風呂で、開放感バツグン。

夜には星空を眺めながら、ゆったりとお湯を楽しむことができます。

 

内部の造りも外と同じく純和風、

巨大な温浴池をメインにサウナや打たせ湯、冷水池が完備されています。

 

「日本の温泉」気分が味わえる設備&デザインの徹底ぶり。

川湯が世代を問わず台湾のお客さんに広く親しまれている一番の理由は、やっぱりそこでしょうね!

 

ちなみに、お風呂上がりにマッサージ担当のおじさんから聞いた、こんなつぶやき。

 

「昔は“ゲイの大本営”とか言われてたのに、

 今はもうだいぶ少なくなっちゃったねぇ…」

 

そう、実はここ「川湯」は、

ほんの数年前まではゲイのお客さんに大人気という行義路No.1のゲイスポット

 

ところが「ある変化」によって、今ではその割合が激減してしまいました。

 

一体どんな変化が起こったのかというと…

 

その答えは、またのちほど。

 

川湯溫泉養生料理
Address : 台北市北投區行義路300巷10號
TEL : +886-2-2874-7979
営業時間 :[温泉]06:00〜02:00 /[食事]11:00〜01:00
Web : http://www.kawayu-spa.com.tw/

 

ハイクオリティーなお湯に感動!「皇池溫泉御膳館」。

台北・行義路溫泉「皇池溫泉御膳館」の看板

温泉街の一番奥まったところにあるのが、「川湯」と並ぶ行義路の有名温泉「皇池溫泉御膳館」

「皇池」は1館から3館まであるのですが、水着なしで入るなら1館を目指しましょう。

 

台北・行義路溫泉「皇池溫泉御膳館」の入り口

「皇池」の木の表札が威厳を放つ、何とも貫禄のある門構え。

 

意を決して(?)敷居をまたいだら、

カウンターで入湯料250元(=約850円)を支払いましょう。

 

台北・行義路溫泉「皇池溫泉御膳館」の食事エリア

門構えは威圧感すら感じる立派な日本風でしたが、中に入ってみると食事エリアは意外と台湾風。

土曜日のお昼ということもあって、見事に満席状態でした。

 

台北・行義路溫泉「皇池溫泉御膳館」の道しるべ

道しるべに従って、「大眾池」の方向へ歩いていきましょう。

 

台北・行義路溫泉「皇池溫泉御膳館」の中庭

中庭もベースは日本式ながら、緑のパワフル加減が何とも台湾式。

この適度なミックス感というか、ゆるさというか、肩肘張らない感じで良いです。

 

台北・行義路溫泉「皇池溫泉御膳館」の大浴場

「皇池」のオススメポイントは、何と言ってもお湯の質がピカイチ!

 

青く透きとおった「青礦」と白く濁った「白礦」

そして2つをミックスしたお湯の3種類が一挙に楽しめてしまいます。

 

特に白礦のお湯には小さな「湯の花」まで咲いていて、

いつまでも浸かっていたくなる肌ざわりの良さです。

 

ミストサウナに温水の打たせ湯、ジャグジーも完備。

完全露天の浴室はどこも手入れが行き届いていて、清潔感も満点です!

 

年配のお客さんに人気の「皇池」、

クオリティーは間違いなく行義路温泉の中でもトップクラスでしょう!

 

そして、こちらの「皇池」もピーク時には

「川湯」と並ぶ行義路の二大ゲイスポットとして有名だったのですが、

今回訪ねた時にはゲイのお客さんはちらほらと見える程度。

 

「変化」の波は、「皇池」にも押し寄せているようでした。

 

皇池溫泉御膳館
Address : 台北市北投區行義路402巷42-1號
TEL : +886-2-2862-3688
営業時間 :[温泉]24h/[食事]12:00〜02:00
Web : http://www.emperorspa.com.tw/about.html

 

和モダンなオシャレ温泉でリラックス!「湯瀬溫泉餐廳」。

台北・行義路溫泉「湯瀬溫泉餐廳」の外観

有名どころの温泉ももちろん良いのですが、Maeのイチオシはこちらの「湯瀬溫泉餐廳」

温泉街に入って右手側、一番最初に見える真っ黒な和風の建物を目指します。

 

台北・行義路溫泉「湯瀬溫泉餐廳」のカウンター

内装も外観と同じく、ダークな色合いの木をベースにまとめられたシックで上品な雰囲気

 

玄関を入って左手のカウンターで入湯料250元(=約850円)を支払い、

チケットを受け取りましょう。

 

台北・行義路溫泉「湯瀬溫泉餐廳」の中庭

カウンター横の自動ドアを抜けると中庭に出るので、そのまま階段を上って2階へ向かいます。

 

台北・行義路溫泉「湯瀬溫泉餐廳」のロッカーキー

浴場入口に座っている番台のおばちゃんにチケットを渡すと、ロッカーキーと交換してくれます。

脱衣所に入ったら同じ番号のロッカーを探して、そこに荷物や服を置きましょう。

 

台北・行義路溫泉「湯瀬溫泉餐廳」の大浴場入り口

「湯瀬」の大浴場は、4m四方くらいの温浴池をメインに、

打たせ湯、冷水池、ミストサウナが一つずつの半露天形式。

 

広さだけでいうと、行義路温泉の中ではかなりコンパクトな部類に入ります。

 

しかし、それでいてお客さんで溢れかえるということは滅多になく、

ゆっくりまったり楽しみたい時には最適。

 

今回は平日の夜に訪ねましたが、なんとほぼ貸切状態で満喫できました!

 

台北・行義路溫泉「湯瀬溫泉餐廳」の大浴場

そして、何といっても浴場内のデザインがとにかくモダンでオシャレ!

 

木の浴槽は触り心地なめらかで、肌に自然となじむ感じ。

 

ミストサウナも全面に木のテクスチャが生かされていて、

まるで北欧でサウナに入っているかのような、ムード満点の空間に仕上がっています。

 

もちろん、清潔度も文句なしに完璧ですよ!

 

浴槽正面の明かりとりから外を眺めてみると、間近に迫る緑の合間からは、

なんと台北のシンボル「101ビル」を望むこともできてしまいます!

 

この贅沢すぎる環境が250元というのは、凄まじいコスパの良さ!

 

「ゲイの間で人気」というわけではありませんが、純粋に温泉を楽しむなら「湯瀬」に決まりです!

 

湯瀬溫泉餐廳
Address : 台北市北投區行義路300巷1號
TEL : +886-2-2876-0888
営業時間 :[温泉]08:00〜02:00(火曜〜日曜)、10:00〜02:00(月曜)/[食事]11:00〜21:30
Web : http://yuse-spa.com.tw/

 

ゲイ支持率No.1の新名所!「皇鼎金尊爵會館」。

 

さて、先ほど「川湯」と「皇池」のご紹介の際に「ある変化」が起きたとお話ししました。

 

かつての行義路二大ゲイスポットがコミュニティーの間で人気を落としてしまった理由。

それは、「新たな話題スポット」の誕生にありました!

 

台北ゲイに人気の行義路溫泉「皇鼎金尊爵會館」の看板

その新名所として名高いのが「皇鼎金尊爵會館」

 

バス停から行義路温泉街に入ってすぐ左手側、

「湯瀬」のちょうど向かい側にある茶色い看板が目印です。

 

木造のゲートを通り抜けて、目の前の坂をまっすぐ上っていきます。

 

台北ゲイに人気の行義路溫泉「皇鼎金尊爵會館」入り口

こちらが温泉のある建物の入り口。

玄関を入ってすぐ左手にカウンターがあるので、そこで料金を支払いましょう。

 

台北ゲイに人気の行義路溫泉「皇鼎金尊爵會館」のカウンター

入湯料は250元(=約850円)

 

渡されたレシートがチケット代わりになるので、

大浴場に入る際に暖簾の前に立っているスタッフさんに渡します。

 

ここまでは他の温泉とほとんど変わりないのですが、

よくよく観察してみると、おもしろいことに気がつきます。

 

「あれ?そういえば女湯がない…」

 

そう、「皇鼎」の大浴場はなんと「男性専用」

女性のお客さんは、個室タイプの「湯屋」でのみ温泉に入れるシステムになっているのです。

 

この時点で、必然的に男性のお客さんが多くなるというのは想像にかたくないはず。

つまり、「男性のお客さんばかり」イコール…

 

敢えてみなまでは申し上げませんが、

ゲイ比率は「驚異の数字」とだけお伝えしておきましょう。

 

台北ゲイに人気の行義路溫泉「皇鼎金尊爵會館」の大浴場入り口

中の様子がわかる写真がないので、ホームページを参考にしていただきたいのですが、

大浴場の造りもかなりユニーク。

 

パッと見は大きな温浴池が2つに、冷水池が1つ、ミストサウナが1つの

コンパクトな半露天の浴場に見えます。

 

ところが、実際はその浴室を中心に左右にながーく伸びていて、

一方には温浴池がさらに4つ

もう一方には浴槽が3つ並んだサウナ付きの室内大浴場につながっています。

 

新スポットということもあってか、特に若い世代のお客さんに大人気!

 

この日はちょうどお昼ご飯どきで20人程度と、始めは少なめの入りでしたが、

午後になるとどんどんお客さんが増えていました。

 

週末の夜なんかは、きっと相当スゴイと思いますよ。

 

行義路で今一番ホットなゲイスポットとくれば、ゼッタイ「皇鼎」ですね!

 

ただし、メンテナンス不足のせいか設備に若干難があったり、

清掃が行き届いていない部分もちらほら。

 

お湯の質も温度管理も、温泉を楽しむという視点で見るなら、

あまり満足できない方はおられるかもしれませんね。

 

皇鼎金尊爵會館
Address : 台北市北投區行義路300巷346號
TEL : +886-2-2876-8988
営業時間 :[温泉]08:00〜04:00 /[食事]12:00〜23:00(月曜〜木曜)、12:00〜0:00(金曜〜日曜)
Web : http://www.huang-ding.com.tw/
Facebook : https://www.facebook.com/huangding1598/

 

まとめ

台北・行義路溫泉「川湯溫泉養生料理」の看板

今日はゲイ御用達のもう1つの北投溫泉「行義路温泉」の名湯4つをご紹介しました!

 

最後に整理してみると、「温泉としてのクオリティー」で考えるなら僕のオススメ順は、

 

1. 湯瀬溫泉餐廳

2. 皇池溫泉御膳館

3. 川湯溫泉養生料理

4. 皇鼎金尊爵會館

 

「ゲイスポットとしての楽しさ」で考えるなら、

 

1. 皇鼎金尊爵會館

2. 川湯溫泉養生料理

3. 皇池溫泉御膳館

4. 湯瀬溫泉餐廳

 

という結論です。

 

ちょうど正反対の並びになってしまいましたね。

 

緑豊かな環境や温泉の質はさることながら、

200元〜250元(=約680〜850円)とリーズナブルに楽しめるのも

行義路温泉の大きな魅力。

 

新北投駅一帯の高級な「北投温泉」も良いですが、

陽明山の中腹に広がるローカルな「北投温泉」へもぜひ足を運んでみてくださいね!

 

特に、台北で思いっきりゲイトラベルを楽しみたい方は必ず訪れるように!(笑)

 

あと、どの温泉もシャンプーとボディソープの備え付けはありますが、

タオルは準備されていないので、持参するようにしましょう。

 

最後に、ゲイ御用達ではありますが、

子供からお年寄りまで利用する「健全な公共の場」であることはお忘れなきよう。

 

公共マナーは守った上で楽しみましょうね!

 

台北・西門のLGBTフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel」のロビー

とことんゲイトラベルを楽しむなら、

西門町のゲイフレンドリーホテル「町・記憶旅店 Cho Hotel 」がオススメ!

ゲイタウンど真ん中に滞在しながら、台北のナイトライフもしっかり楽しんじゃいましょう!

 

詳しくは【西門紅樓徒歩1分!ゲイフレンドリーホテル「町・記憶旅店」って?】

まとめましたので、ぜひ合わせてご覧くださいね!

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.4円で計算しています。(2016年5月現在)

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾ゲイに人気!観光客の知らない宜蘭・礁溪の森林風呂って?

→台湾最大のゲイパラダイス!台北・西門町の歩き方。

→おしゃれゲイ御用達!流行発信地の台北・東區ってどんなとこ?

→人気夜市からLGBTカフェまで並ぶ台北・公館エリアとは?

→行義路温泉と一緒に楽しみたい台北・石牌のオススメグルメ。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. murakici より:

    先週末実は台北にいました。。
    皇鼎…台北のお友達と土曜日に行きました…。
    率は100%だと思います。いいこともありました。
    台南では泡澡出来ないので台北は羨ましいな〜(^^)

    1. kazukimae より:

      マジですか!土曜日といえば、ちょうど皇池に行っていたのでニアミスでしたね 笑
      台南には温泉ないのですか? もし良いところ見つけた時には、ぜひ情報ください^^

コメントを残す

*