台北・淡水の初観光で体験したい7つのこと。おすすめの楽しみ方やスポットをご紹介します!


台北・淡水の川辺を散歩するカップル

九份にも負けない大人気スポット「淡水」って、どんなところ?おいしいグルメに歴史建築巡り、ロマンチックな夕日スポットなど、初観光におすすめの楽しみ方をご紹介します!

こんにちは!台湾国内旅行が大好きな台北在住Mae(@qianheshu)です。

さて、台北MRT淡水信義線北側の終点に「淡水」という駅があります。

台湾北海岸へと流れる淡水河の河口に位置する淡水は、休日ともなると、台北中から多くの人が押し寄せる人気エリア。

おいしいものを食べ歩いたり、歴史建築を巡り歩いたり、はたまた水辺に座ってぼーっとしたり。

カップルでデートに、家族連れでワイワイと、またはおひとりでのんびりお散歩にと、様々に時間を過ごせるのも、人気のポイントかと思います。

駅から歩いていける範囲だけでも、本当にたくさんの楽しみ方ができるので、台北へお越しの際には、ぜひ足を運んでいただきたいエリアです。

では具体的に、淡水ではどのようなことが楽しめるのか?

今日は、台北・淡水への初観光で体験したい7つのことについて、ご紹介したいと思います。

 


1. MRT駅を出てすぐ!淡水一の人気スポット「淡水老街」へ。

台北・淡水老街のメイン通り

台北・淡水老街のおすすめスポット「公明街」の屋台

淡水と言えば、一番有名なのが、

MRT淡水駅を出て

すぐのところに広がる

「淡水老街」

 

全長300mほどの「公明街」には、

道の両側にグルメ店や屋台、

おみやげ店などがずらり。

 

夜市のような賑わいを、

お昼から夜まで、

一日中楽しむことができます。

 

台北・淡水老街のおすすめスポット「中正路」

台北・淡水老街のおすすめスポット「中正路」に並ぶおみやげ店

台北・淡水老街のおすすめスポット「中正路」に並ぶ柑仔店

公明街と交差する

「中正路」へ入ると、

老舗店に混じって、

モダンな印象のお店もたくさん。

 

行列のできる有名グルメ店も

この通り沿いに多く、

僕も淡水に来た際には、

中正路周辺のお店に立ち寄ることが

多いです。

 

台北・淡水老街のおすすめスポット「環河道路」

台北・淡水の川辺に停泊する漁船

台北・淡水の川辺で釣りを楽しむ男性

淡水河沿いの

「環河道路」まで出ると、

こちらにも河に面するように、

お店や屋台がところ狭しと

並びます。

 

対岸に八里を眺めながら、

屋台を巡りながら、

ぶらぶらとお散歩するのは、

淡水の定番の楽しみ方。

 

淡水に到着したら、

まずは淡水老街の

賑やかな雰囲気に、

ぜひ浸ってみてください。

 

2. 行列グルメもたくさん!淡水の「おいしいもの」を食べ歩き。

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「嘉筵小吃店」のメニュー

先ほど少し触れましたが、

淡水には、行列のできる人気グルメも

たくさん!

 

お食事の際にはぜひ、

淡水ならではのおいしいものを、

たっぷり堪能して

いただきたいところです。

 

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「嘉筵小吃店」の阿給クローズアップ

淡水に来たら

必ず試していただきたい

一番の名物グルメと言えば、

「阿給」

 

日本語の「あげ」の発音が

元になっているこちらは、

ぷりっとした食感の揚げ豆腐の中に、

春雨をぎっしりと詰め込んだ

食べもの。

 

ピリッと唐辛子の効いた、

あまからソースでいただく阿給は、

おでんにも似た風合い。

 

初めてでも不思議と、

しっくりくる風味を

楽しめるかと思います。

 

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「嘉筵小吃店」の外観

▼立ち寄ったお店▼
嘉筵小吃店
Address:新北市淡水區中正路一段132號
営業時間:10:00~21:00
TEL:+886-2-2626-4537

 

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「可口魚丸」の魚丸湯

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「可口魚丸」の魚丸湯クローズアップ

僕が淡水老街まで来たら、

いつも無性に食べたくなるのが、

魚のつみれスープ「魚丸湯」

 

ぷるっと弾けるような

すり身の中に包まれているのは、

魚のうまみがギュッと詰まった

ジューシー餡。

 

あっさり風味のスープに、

餡のうまみがふわっと溶け出して、

思わずおかわりしたくなる

おいしさです。

 

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「可口魚丸」の外観

▼立ち寄ったお店▼
可口魚丸
Address:新北市淡水區中正路一段232號
営業時間:7:00~20:00(月~土)/ 7:00~19:00(日)
TEL:+886-2-2623-3579

 

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「緣味古早味現烤蛋糕」の原味現烤蛋糕

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「緣味古早味現烤蛋糕」の原味現烤蛋糕クローズアップ

今や、台湾各地でも

楽しめるようになった、

台湾式のスポンジケーキ

「古早味蛋糕」

 

淡水には、日々行列のできる

大人気古早味蛋糕の

お店もあります。

 

できたて熱々の

スポンジケーキは、

一口ほおばると、

たまごのこんがりと焼けた

香ばしい風味が。

 

中は驚くほどにふわっふわな

とろける食感で、

いくらでもいけてしまう

とっても素朴な仕上がりです。

 

台北・淡水老街のおすすめグルメ店「緣味古早味現烤蛋糕」の外観

▼立ち寄ったお店▼
縁味古早味現烤蛋糕
Address:新北市淡水區中正路一段8巷2-1號
営業時間:8:00~18:00(月~金)/ 8:00~19:00(土・日)
TEL:+886-2-2626-7868

 

他にも、淡水には

おいしいグルメのお店が

たくさん軒を連ねていますので、

ぜひ食べ歩きを

楽しんでみてくださいね。

 

3. 西欧諸国が淡水にのこした「歴史建築」を巡る。

台北・淡水「淡水古蹟園區」の道しるべ

淡水は、

台湾の歴史においても、

重要な役割を果たしてきた場所。

 

淡水老街から

歩いていける範囲内にも、

歴史建築が数多く存在しています。

 

台北・淡水のおすすスポット「紅毛城」の外観

一番有名なのが、「紅毛城」

 

もともとこの場所には、

1628年当時、台湾北部を治めていた

スペイン人によって建てられた

城がありました。

 

しかし、撤退の際に破壊され、

後にオランダ人による統治に入って、

新たな城が建設されることに。

 

この時に建てられた城が、

現在までのこる

建物のベースとなっており、

主を変えながら、増築や修復を経て、

現在公開されている姿と

なっています。

 

台北・淡水のおすすスポット「英國領事館」の外観

台北・淡水のおすすスポット「英國領事館」の入口

また「紅毛城」は、

英国の領事館として使われていた

時代もあったのですが、

居住スペース不足などの問題から、

すぐ隣に新たな建物が

建設されることに。

 

この「英國領事館」

1891年に完成し、

ヴィクトリア朝の様式を

取り入れた建物内では、

当時の生活の様子を伝える展示を

見学することができます。

 

台北・淡水のおすすスポット「英國領事館」の階段

台北・淡水のおすすスポット「英國領事館」のキッチン

台北・淡水のおすすスポット「英國領事館」の調度品

建物だけでなく、調度品も

当時から使われていたものたちが、

今も多くのこされているので、

細やかな装飾の美しさにも

注目してみてください。

 

紅毛城 / 英國領事館
Address:新北市淡水區中正路一段28巷1號
営業時間:9:30~17:00(月~金)/ 9:30~18:00(土・日)
TEL:+886-2-2623-1001
入場料:80元(=約290円)

 

台北・淡水「真理大學」周辺のレンガ造りの通り

台北・淡水「真理大學 教士會館」のレンガ造りの建物

台北・淡水「真理大學 教士會館」のコロニアル様式の建物

「紅毛城」まで来たら、

坂道を登ってすぐのところにある

「真理大學」周辺へもぜひ。

 

真理大學キャンパス内の他、

現在はカフェとして使われている「牧師樓」、

コロニアル洋式の優雅なアーチが並ぶ

「小白宮(前清淡水関税務司官邸)」

などの歴史建築が、

周辺に集まっています。

 

KKday台湾旅行・出張撮影サービス撮影サンプル(レンガ造りの建物前に立つ2人)

フォトスポットとしても人気で、

僕とボーイフレンドも以前、

このエリアでカメラマンさんに

写真を撮っていただきました。

 

関連記事→【台北で一生モノの記念写真。KKdayプロカメラマン出張撮影サービスで僕の大切な彼氏と忘れられない思い出を作ってもらった。】

 

真理大學
Address:新北市淡水區真理路32號

 

台北・淡水のおすすスポット「滬尾炮台」の入口

台北・淡水のおすすスポット「滬尾炮台」の屋内

淡水河に沿ってさらに進んで行き、

「中正路一段6巷」の坂道を

登っていくと、

「滬尾炮台」というスポットも。

 

こちらも、

紅毛城を築いたのと同じ

スペイン人たちが、

淡水周辺の防衛を目的に

築いた場所。

 

かつて大砲が置かれていた台座や、

弾薬庫として使われていた空間など、

建物内をぐるっと一周見学できます。

 

台北・淡水のおすすスポット「滬尾炮台」の俯瞰

台北・淡水のおすすスポット「滬尾炮台」のトンネル

緑に囲まれているせいか、

森の中の遺跡のような、

少しミステリアスな雰囲気が

感じられるのも新鮮です。

 

滬尾炮台
Address:新北市淡水區中正路一段6巷34號
営業時間:9:30~17:00(月~金)/ 9:30~18:00(土・日)
TEL:+886-2-2629-5390
入場料:80元(=約290円 / 紅毛城チケットと共通)

 


4. 歴史建築を巡るなら、「日本式伝統建築」にも注目。

台北・淡水のおすすスポット「多田榮吉故居」の外観

西欧諸国の文化が感じられる

歴史建築がたくさんのこる淡水ですが、

実は日本とゆかりのある建築物も。

 

規模的には

それほど大きくないものの、

上でご紹介したスポットと

合わせて巡ってみると、

より淡水という場所の

多様な歴史に触れられるかと

思います。

 

台北・淡水のおすすスポット「多田榮吉故居」の屋内

「多田榮吉故居」は、

台湾の日本統治時代に築かれた、

日本式木造建築。

 

その名のとおり、

かつては淡水街長・多田榮吉氏の

暮らす住居として使われていた建物が、

現在は新北市市定古跡として

一般開放されています。

 

台北・淡水のおすすスポット「多田榮吉故居」から眺める淡水河

木造瓦屋根、板張りの廊下に、

畳敷きの和室、ふすまや障子と、

伝統家屋の特徴を備えた家屋からは、

淡水河を一望する景色を望むことも。

 

屋内の見学も可能ですので、

畳に座ってゆったりと、

目の前の風景を眺めてみるのも

おすすめです。

 

多田榮吉故居
Address:新北市淡水區馬偕街19號
営業時間:9:30~17:00(火~金)/ 9:30~18:00(土・日)
TEL:+886-2-2629-5092

 

台北・淡水のおすすスポット「一滴水紀念館」の外観

台北・淡水のおすすスポット「一滴水紀念館」の表札

先ほど登場した

「滬尾炮台」のすぐ近くには、

「一滴水紀念館」という

建物もあります。

 

同じく、日本式の伝統的な

木造建築ではあるのですが、

その由来がとてもユニーク。

 

こちらは実は、

もともと台湾で建造されたものではなく、

日本の福井県から

この淡水の地へと移築された建物です。

 

台北・淡水のおすすスポット「一滴水紀念館」の屋内

台北・淡水のおすすスポット「一滴水紀念館」の廊下

日本の文豪・水上勉氏の

お父様が建てた古民家を一旦解体し、

築材をそのまま台湾へ運搬。

 

釘を一本も使わないという

建築様式もそのままに、

解体から再建まで、

5年の歳月がかけられたと

伝えられています。

 

台湾と日本のボランティア

1,300人が総力を結集して実現した、

まさしく両国の友好の証です。

 

一滴水紀念館
Address:新北市淡水區中正路一段6巷30號
営業時間:9:00~16:30(火~日)
TEL:+886-2-2626-3350

 

5. 淡水は「路地裏」もおもしろい!観光スポットから離れて、ローカルエリアを散策。

台北・淡水「淡水紅樓」から見える淡水河

淡水はとにかく、

街歩きがおもしろいエリア。

 

老街や河辺、歴史地区への

観光の合間には、ぜひ路地裏も

少し覗いてみてください。

 

坂道が多い淡水の路地裏は、

この場所で暮らす人たちの生活の場。

 

そんな何気ないところにも、

歴史の趣がちりばめられていて、

歩くたびに意外な発見に満ちています。

 

台北・淡水の路地裏に残る昔ながらの民家

台北・淡水の路地裏で見られるウォールアート

台北・淡水の路地裏から見える淡水河と八里

味わい深い古民家カフェに、

レンガ造りの昔ながらの住居、

個性が光る不思議な

ペインティングたち。

 

坂道の上から望む淡水河の景色も、

河沿いから眺めていたのとは、

また違ったローカル感がプラスされて、

新しい一面を見せてくれます。

 

台北・淡水の路地裏に残る昔ながらの建物

台北・淡水「淡水紅樓」へとつながる路地裏の小道

台北・淡水老街から伸びる石造りの坂

路地裏のさらに路地裏に進んでみると、

肩が擦れそうになるほどの細道が現れたり、

表通りへと向かう階段を降りていくと、

またまた別の道しるべが現れたり。

 

老街へと戻る石畳の小道も、

台湾感たっぷりで素敵です。

 

台北・淡水にある台湾伝統市場

他にも、伝統市場や廟など、

ノスタルジックな場所がたくさん!

 

「迷うのも旅の醍醐味」ということで、

あえてマップを見ず、

気の赴くままに歩いてみるのも

おすすめですよ。

 

6. 淡水観光の合間に、「水辺のカフェ」でちょっと休憩。

台北・淡水河邊の木陰で休憩する人々

台北・淡水の川辺から対岸の八里を眺める人々

街歩きの合間に

少し休憩を入れたい時は、

カフェでちょっと一息。

 

せっかくなので、ここでも

淡水ならではの楽しみ方を

体験しておきたいところです。

 

台北・淡水の川辺に広がる砂浜

台北・淡水の川辺を散歩するカップル

台北・淡水老街のスターバックス

淡水老街を抜けて、

河沿いの道をさらに歩いていくと、

海辺にカフェやレストランが

軒を連ねる一角が。

 

淡水郵便局の裏側には

スターバックスもあり、

ひときわ大人気を博しています。

 

テラス席やベランダ席では、

水辺から吹く風の中に身を置いての、

お茶のひとときを楽しめます。

 

台北・淡水河邊のカフェ

台北・淡水河邊のカフェ「天使熱愛的生活」

台北・淡水河邊のカフェに設置された屋外カウンター

僕が特にお気に入りなのは、

スターバックスも通り過ぎて、

さらにもう少し進んでいった

ところに。

 

人どおりも

だいぶ落ち着いてきたところに、

水辺ムード満点な

おしゃれカフェの集まる

一角があります。

 

台北・淡水の水辺のカフェでいただくマンゴースムージー

ドリンクをいただきながら、

ゆったり読書にふけったり、

すぐ目の前に広がる

淡水河の風景をぼーっと眺めたり。

 

この水辺のカフェで過ごす時間を、

僕は淡水に来たらいつも、

すごく楽しみにしています。

 


7. 海に沈む「夕日のパノラマ」を眺めに、漁人碼頭へ。

台北・淡水から眺める夕暮れの景色

夜が近づくにつれて、

ますます賑わいが増してくる淡水。

 

「夕日がキレイなスポット」

でもある淡水は、

台北っ子のデートの定番として、

大人気を誇るエリアでもあります。

 

台北・淡水のおすすスポット「漁人碼頭」の情人橋

何ものにも遮られない、

海に沈む夕日のパノラマを眺めるなら、

「漁人碼頭」まで

足を伸ばすのがおすすめ。

 

MRT駅や淡水老街周辺から、

バスで気軽にアクセスできる他、

シェアサイクル・YouBikeで

河沿いの道をスイーっと走って、

向かうこともできます。

 

台北・淡水のおすすスポット「漁人碼頭」

沿道のソテツの木や、

港に停泊する船が並ぶ風景は、

南国ムード満点!

 

夕方にやってくると、

レストランから

アーティストの歌声も響き渡っていて、

とてもリラックスした雰囲気に

満ちています。

 

台北・淡水のおすすスポット「漁人碼頭」から眺める夕暮れの風景

台北・淡水のおすすスポット「漁人碼頭」から眺める夕暮れの空

台北・淡水のおすすスポット「漁人碼頭」から眺める夕日

情人橋という

吊り橋の上まで行くと、

目の前に広がるのは、

台湾北海岸の海。

 

空と海面を茜色に照らしながら、

少しずつ沈んでゆく夕暮れの風景は、

ずっと眺めていたくなる美しさです。

 

惜しいことに、

僕が足を運んだ時は少し雲が多く、

海に沈みゆくところまでは

見えなかったのですが、

お天気に恵まれれば、

くっきりはっきり眺められますよ。

 

淡水漁人碼頭
Address:新北市淡水區觀海路135號

 

まとめ

台北・淡水の川辺を散歩するカップル

今日は、

台北・淡水の初観光で体験したい

7つのことをご紹介しました!

 

おいしいグルメを食べ歩いたり、

歴史スポットを巡ったり、

海辺のカフェでゆっくり過ごしたりと、

本当にいろいろな楽しみ方ができる淡水。

 

最後にご紹介した

夕日の風景もすごくキレイですので、

ぜひ1日かけて、じっくりと

巡ってみるのがおすすめですよ。

 

次回の台北では、

九份にも負けない大人気エリア・淡水へ、

ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

▼台北旅行出発の前に、旅の予習にたっぷり耽ってみては?▼

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルーム

次回の台北旅行、どこに泊まるかはもうお決まりですか?

 

『【筆者宿泊済み】台北と九份のおすすめホテル&ゲストハウス7軒。』では、

僕が実際に宿泊させていただいた台北の快適なホテル&ゲストハウスを

ご紹介しています。

 

MIT(Made in Taiwan)アイテムにこだわったLGBTフレンドリーホテルや、

有形文化財で暮らすように泊まれる古民家ゲストハウスなど、

旅のスタイルに合わせて、様々な選択肢がある台北滞在。

 

どこに泊まろうかとお悩み中の方は、ぜひご参考いただけるとうれしいです!

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾一周に憧れて、まずは台北一周!レンタサイクル・YouBikeで「台北自行車環狀線」を走ってみました。

→九份だけで1泊2日一人旅行【前編】。王道ルートを外れ放題していたら、いろんな九份が見えてきた。

→台北・烏來温泉で楽しみたい6つのこと。タイヤル族文化やグルメ、南国の密林に広がるテーマパークも体験してみましょう!

→台湾北海岸・基隆の海辺スポット4選+1。台北から日帰りで海の魅力をたっぷり堪能しちゃいましょう!

→台北・陽明山のおすすめスポット5選+1。火山地帯の魅力を存分に楽しむなら、台北最高峰を目指すのもアリ!

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. ヨッシー より:

    初めまして、最近、前さんのブログを見つけました。
    ここ3年ほど、毎年1回台湾を訪問しております。淡水は2度行ったのですが、何れも河辺を歩いただけで、街の方は行ってませんでした。
    今年は、歩いてみたいと思います。
    ただ、淡水の駅からバスに乗って奥の方へ行くと、綺麗な夕陽のスポットがあると聞いたのですが、如何ですか?
    それと、その辺にゲイ・ビーチがあるとか?
    毎年、11月~1月に伺ってたので、結構寒く、ビーチなんて、とんでもないって、感じでしたが、今年は、6月に行きます。宜しければ、情報をお願いします。

    1. kazukimae より:

      淡水は老街を離れてからが真の見どころですので、河辺を離れて山の方にも登ってみてください。
      ふとしたところに昔ながらの風景が残っていておもしろいですよ!

      夕陽スポットは漁人碼頭のことでしょうか?
      デートスポットとしても人気ですし、夕暮れ時は確かに海に沈む太陽が綺麗に見えるかもしれません。
      ゲイビーチの件は僕は聞いたことなかったです。

  2. max7 より:

    年末に台北旅行しようと思ったら、やっぱり淡水は寒いですかね~?海辺のオープンカフェ&海岸沿いを…。冬は台南の方が良いんでしょうか?でも西門外せないし。

    1. kazukimae より:

      冬の台北は日によってはかなり冷えますよ〜 特に淡水は 笑
      暖かい日に当たれば、オープンカフェもいいかもしれませんが、寒い日はきついかと。
      南部も意外と冷えるので、防寒は必要かと思います。

コメントを残す

*