スポンサーリンク


台湾のパンは超ユニーク!朝ごはんにもオススメの現地限定「隠れグルメ」をパン屋さんで探してみました。

スポンサーリンク

台湾でよく見かけるパン「香蔥麵包(ネギパン)」

お肉ふりかけのせやネギオンリーのパンも!台湾のパン屋さんには、日本にはない珍しいメニューが盛りだくさんです。

こんにちは!週二のジム通いと美味しい台湾グルメのおかげで3キロ増量中のMae(@qianheshu)です。

台湾には「豆漿」や「粥」「蛋餅」「飯」など、定番と言われる朝ごはんがたくさん存在していますが、僕がもっぱら朝ごはんに食べているのは「麵包(パン)」

休みの日以外はなかなか朝ごはん屋さんに足を運ぶ時間が取れず、いつも仕事帰りにパン屋さんへ足を運んで、朝食用に買っておくのが最近の習慣になっています。

「せっかく台湾に住んでいるのにもったいない!」と思われる方もおられるかもしれませんが、実は意外とおもしろい台湾のパンたち。

日本では見たことのないようなユニークなものがたくさん並んでいて、僕も未だ全制覇仕切れていないくらい種類豊富。

「隠れ台湾名物」と言っても過言ではないくらい奥が深いので、旅のあいだに一度はパン屋さんへ足を運んでいただきたいところです。

そこで今日は、台湾でよく見かけるちょっと不思議なパンの数々をご紹介。

朝ごはんはもちろん、小腹が空いたときのおやつ代わりや夜食に、ぜひ試されてみてくださいね!

 

シャリもしゃ食感が不思議な大人気パン「肉鬆麵包」

高雄の伝統台湾グルメエリア・鹽埕埔「米糕城」の米糕(台湾式おこわ)

台湾でよく見かける不思議な食品「肉鬆」を、みなさんご存知でしょうか?

 

風が吹くと飛んでいきそうな、ふわふわな見た目からは想像がつかないですが、

実は原材料は豚肉。

 

水分を飛ばしながら、豚肉を繊維状にほぐして作る台湾式のふりかけで、

台湾の伝統グルメ「米糕」などによくかかっています。

 

台湾でよく見かけるパン「肉鬆麵包(肉ふりかけパン)」

そして、コレをごはんでなく、

パンの上にもたんもりふりかけたのが「肉鬆麵包」

 

初めてみると「?」が5つくらい浮かびそうな、ミステリアスなルックスですが、

どのパン屋さんに行ってもほぼ必ず置いてある、台湾では超定番のメニューです。

 

感覚的にはコッペパンにマヨネーズを塗って、

その上から肉鬆をどさっと載せたようなイメージ。

 

シャリもしゃな食感はもちろんのこと、

ほんのり甘く、ほんのりしょっぱい風味もこれまた不思議。

 

お店によっては、細かく刻んだ海苔をふりかけて、

彩りをアップ(?)したバージョンなどもあります。

 

正直に白状すると、このパン、僕はあまり進んでは食べません…

 

が、一番台湾らしいパンと言えば間違いなくコレかと思うので、

一度試されてみる価値はあるかと思います。

 

台湾のパン屋さん定番中の定番メニュー「香蔥麵包」

台湾でよく見かけるパン「香蔥麵包(ネギパン)」

肉鬆麵包と並んで、台湾のパン屋さんになくてはならない、

超ポピュラーなパンがもう一つ。

 

「香蔥麵包」は、その名の通り、

パンの上にネギのみをたっぷりのせた食べもの。

 

焦げ目が付くくらい香ばしく焼き上げたパンは、

小麦の香り云々よりも、とにかく一口ごとに襲ってくる濃厚なネギの香りがポイント。

 

麺類を食べるとき、ネギを山盛りにするのがデフォルトな

「ネギ好き」の方には、たまらない一品かと思います。

 

台湾式パンの中でも、僕はこの「香蔥麵包」がかなり好きなのですが、

油っぽいのがたまにキズではあります。

 

台北でよく見かけるおすすめのパン屋さん「塩パン」

特にお気に入りは、最近台北市内で店舗急増中の「塩パン」というお店のネギパン。

 

生地がクロワッサン風のサクサク仕立てになっていて、

さらにおいしくいただけますよ!

 

シンプルなルックスの割に意外とヘビーな「羅宋麵包」

台湾でよく見かけるパン「羅宋麵包(ロシアパン)」

真ん中が豪快にバカッと開かれた形がユニークな「羅宋麵包」も、

台湾ではコンビニでも売られているくらい頻繁に見かけるパン。

 

僕が日本に住んでいた時には、ほとんど見たことがなかったのですが、

日本語では「ロシアパン」と呼ぶようです。

 

具材は何ものっておらず、クリームなどの詰めものもなし。

パン生地そのもので勝負の、いさぎよい一品となっています。

 

味はどんな感じかというと、

滲み出てくるかと思うほどにふんだんに使われている「バター」の風味がまず一つ。

 

その後から、濃いめに効かせた「塩」のしょっぱさが、

キュッと油っぽさを引き締めてくれます。

 

手のひらに収まりきらないくらい、かなりボリューミーな仕様のものが多く、

これ1個でもしっかりおなかが満たされること間違いなし。

 

バターの威力がとにかくすごいので、

飲みものをご準備の上で召し上がられることをオススメしておきます。

 

台湾菓子パン界の大御所はメキシコ出身?「墨西哥麵包」

台湾でよく見かけるパン「墨西哥麵包(メキシコパン)」

インターナショナル(?)つながりでご紹介すると、

台湾には「墨西哥麵包」という名のパンもあります。

(中華圏全般で見られるようです。)

 

墨西哥は「メキシコ」の意味。

 

「形がメキシコの帽子に似ているから」

「メキシコのパンの作り方を参考にしたから」など、

由来はいろいろと囁かれているようですが、

直訳すれば「メキシコパン」となります。

 

見た目からもご想像いただけるように、

タコスのようにスパイシーでメキシカンな味がするわけではなく、

どちらかというと日本のしっとり系メロンパンに近いイメージ。

 

生地の中にクリームが入っているのですが、これが少し独特で、

なめらかというよりも砂糖のしゃりしゃり感を残したような、

ザラッとした舌触りが特徴です。

 

甘さが強めで、まさに台湾を代表する「菓子パン」と言ったところ。

さらにアレンジを加えて、チョコレート風味に仕上げたものなどもよく見かけます。

 

コンビニにも並ぶほどポピュラーなので、発見したら朝ごはんなどにぜひ。

 

パン屋さんでもいただける三峽の名物グルメ「金牛角」

台湾でよく見かけるパン「金牛角」

牛の角のように、大きく曲がったカタチが特徴の「金牛角」

 

台北近郊にある三峽の名産として有名ですが、

パン屋さんでもよく見かけるメニューの一つとして知られています。

 

一見クロワッサンのように見えなくもないこちらのパン、

サクサクっとした軽やかな食感なのかと思いきや、

意外にも生地がぎゅっと詰まっていて、かなりの弾力。

 

風味はバターロールに近く、

ほんのりとした甘みと濃厚なバターの香りがふわっと広がります。

 

ちなみに、パン屋さんで購入できるのはプレーンタイプ1種類のみの場合が多いですが、

三峽発祥の金牛角専門店というのもいくつかあり、

チョコレート、チーズ、抹茶など、様々なフレーバーが揃っていることも。

 

焼きたてフレッシュな状態でいただけるので、

より香ばしく、外サク中ふわな食感を楽しむことができます。

 

今回の登場したパンの中でも、一番なじみやすい味かと思いますので、

台湾のパンに初挑戦の方にもおすすめです。

 

まとめ

台湾でよく見かけるパン「香蔥麵包(ネギパン)」

今日は、現地でしか味わえない台湾限定のユニークなパンをご紹介しました。

 

この記事では、台湾のパン屋さんにほぼデフォルトで置いてあるような

オーソドックスなものをメインに揃えてみましたが、

台湾にお越しになったことのあるみなさんは、

ピンと来たものがありましたでしょうか?

 

特に、カフェさながらのおしゃれ系パン屋さんよりも、

「昔からやってます!」風の伝統的な雰囲気のパン屋さんが狙い目ですので、

街歩きの際に見かけたらぜひ立ち寄られてみてください。

 

僕はいつもボーイフレンドから「はやく~」とゴネられるくらい、

パン屋さんに行くとついつい時間をかけてしまうのですが、

それくらい本当に種類豊富でおもしろいですよ!

 

ちなみに、台湾のパン屋さんには上でご紹介した調理パンや菓子パンの他に、

おみやげにも最適なお菓子類が並んでいることも多々。

 

お店オリジナルのパイナップルケーキや太陽餅など、

台湾の有名お菓子を、小分けや箱入りで購入できるので、

何を買って帰るか迷ったときに向かわれるのもオススメです。

 

▼魅惑の台湾グルメを眺めながら、旅への想いを盛り上げておきましょう!▼

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルーム

次回の台湾旅行、どこに泊まるかはもうお決まりですか?

 

【台湾各地で出会ったおすすめホテル&ゲストハウス集。】には、

台北はもちろん、台中や高雄、花蓮など、僕とボーイフレンドが台湾各都市を旅する中で出会った

素敵なホテルとゲストハウスをエリアごとにまとめていますので、

旅の滞在先でお悩み中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

おまけ:本日の台灣男子

 

家裡附近有一家我熱愛的麵包店,它的廚房是全面玻璃的開放式,可以看到麵包師傅的精緻手藝。其中一位濃眉大眼的他,穿著乾淨白皙的工作服非常專心地邁入作業,帥氣氣質讓我印象深刻。雖然每天帶著口罩的關係,還沒看過他的素顏,但永遠看不到反而散發神秘的魅力。 家の近くにある大好きなパン屋さんは、キッチンがガラス張りの開放式になっていて、職人さんの手さばきを間近に眺められるのもお気に入り。真っ白な仕事着に身を包んで作業に打ち込む、濃い眉&まんまるの目が印象的な彼。いつもマスク姿なので素顔を見たことはまだないけれど、そこがまたかえって謎めいていて、不意にときめく。 #本日の台灣男子 #麵包師傅 #麵包店 #口罩男孩 #濃眉大眼

本日の台灣男子さん(@todaystaiwaneseboy)がシェアした投稿 –

 

『本日の台灣男子』は、僕が台湾の街で出会った台湾男子たちを、

思わず胸キュンしてしまったエピソードと共に、イラストで綴るインスタアカウントです。

 

時にかっこよく、時にかわいく、時にゆるゆるな台湾男子の魅力は、

ID:todaystaiwaneseboy に詰め込んでいますので、

ご覧いただけるとうれしいです!

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾のアイス系デザートって一体どれくらい種類があるの?

→台湾伝統スイーツ・豆花がおいしい台北の8つの名店。

→【検証】台湾夜市の日本グルメは本場とどこが違う?台北のローカル夜市で食べ歩いてみた結果。

→台北在住5年で出会ったおすすめマンゴーかき氷ベスト5!

→台湾グルメって結局どれを食べておけばいい?と悩んだ時のオススメ10選。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*