スポンサーリンク


台北夜食文化を体験するなら「お粥街」ヘ。大安駅&科技大樓駅近くの台湾料理が美味しい深夜食堂でちょっと夜ふかし。


台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」のカウンター

台北旅行中、夜遅くにおなかが空いてしまったら。深夜から本領発揮の「お粥街」で台湾式の夜食を楽しんでみませんか?

こんにちは!日本への一時帰国から帰ってきて以来、案の定(?)食欲爆発中のMae(@qianheshu)です。

台湾で外食メインの生活していると、意外にハラハラするのが夜ごはんの時間。

美味しいものが手軽にリーズナブルにいただけるのは間違いないのですが、普段使いで通うようなグルメ店は、20:00を過ぎると店じまいをするところが多々。

仕事で遅くなったりすると、いつも「ああ…やっちまったよ…」と、締めの掃除がされているお店の軒先を眺めながら、よく落胆してしまいます。

もちろん、夜市まで足を運べば、開いているお店はたくさんあるのでしょうが、一人で行くのは何だか気が乗らない…

夜遅くても、ちゃんと栄養の摂れるしっかりとした一食を食べたい…

などと考え始めると、グルメ天国・台湾で思いがけず「夜ごはんにありつけない現象」を体験することになってしまいます 笑

しかし、運の良いことに、僕が現在勤めている会社はMRT大安駅の近く。

1駅先の科技大樓駅に向かって歩いていくと、深夜まで営業している「お粥街」があり、遅くなってしまった時にはもっぱら、こちらで夜ごはんを食べることにしています。

メニューが豊富で野菜もたっぷり食べられますし、一人でも利用できるのがありがたいところ。

旅行中うっかり夜ごはんのタイミングを逃してしまった時や、小腹が空いて夜食が食べたくなった時、台北の宵夜(夜食)文化を体験したい時にもおすすめのスポットです。

今日は、MRT大安&科技大樓駅近くの「お粥街」より、お店の利用の仕方や、どんなごはんがいただけるのかなど、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


深夜まで営業している台北市民の憩いの場「お粥街」とは?

台北・清粥街(お粥街)にある「一流清粥小菜」夜の外観

MRT文湖線の高架が伸びる復興南路を、

科技大樓駅方面に向かって歩いていくと、

通称「清粥街」と呼ばれている一角にたどり着きます。

 

「清粥」とは、お粥のこと。

 

台湾でも、お粥にはいくつか種類がありますが、

こちらでいただける清粥は、サツマイモ入りのうす塩味で、

日本のお粥にも近いスタイルのもの。

 

これに、おかずを何品かオーダーして、家族や友人たちと一緒に、

おしゃべりなどしながら宵夜(夜食)をいただくのが、

このお粥街での食事の楽しみ方です。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」のエントランス

特徴は、深夜(あるいは朝方)までお店を開けている営業スタイル。

 

先ほども触れましたが、

20:00を過ぎると店じまいを始めるグルメ店が多い中にあって、

夜遅くでもしっかり食事をとれるスポットは、台北でも貴重な存在です。

 

昔、このあたりには、たくさんのお粥屋さんが並んでいたと聞きます。

 

しかし、飲食店が多様化する時代の波を受けて、

2018年12月現在では、その数も残すところ3軒。

 

「街」と呼ぶには寂しくなってしまいましたが、

それでも台北っ子の間では、「宵夜と言えばここ!」と挙げる人も多いくらい、

今も広く親しまれています。

 

お粥街のお店では、どうやってお料理をオーダーする?

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」の料理が並ぶカウンター

お店に入ったら、

「內用?(ネイヨン/店内で食べる?)外帶?(ワイダイ/テイクアウト?)」

「幾位?(ジーウェイ/何人で食べる?)」を尋ねられます。

 

同じメニューでも、

人数によって料理を取り分けてくれる分量と料金が変わってきますので、

正確に答えられる心の準備をしておきましょう 笑

 

料理のオーダーは、半ビュッフェ形式。

カウンターに並んでいるおかず類から、食べたいものを選んでいきます。

 

実際に料理を見ながらオーダーできますので、

名前が分からなくても指差しで全く問題ないかと思います。

 

このあたりは、台湾式ビュッフェの「自助餐」に少し似ているかもしれません。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「一流清粥小菜」の料理

メニュー表がなく、お値段も書かれていないので、

「これ、いくらなんだろう…」とドキドキしますが、

野菜系が一皿80元~、魚や肉系が一皿120元~くらいを

目安にしておくと良いかと。

 

基本は2人前の設定になっているので、

1人利用の場合は自動的に分量、料金とも1人前用に調整してくれます。

(一皿20~30元引きになります。)

 

一人あたり2~3品が、分量的にはちょうど良いかと思います。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」のお粥

おかずを取り終わって席に着いたら、人数分のおかゆがたっぷり入った鍋が登場。

おかゆをお碗に装ったらいざ、お食事を始めましょう。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」のオーダー表

食事をしていると、店員さんがテーブルにやってきて、

取ったおかず+おかゆの料金を計算して、伝票を残してくれます。

 

お会計の際には、この伝票をレジのところまで持って行けばOKです。

 

お粥街の一番人気!台北ならではの賑やかな夜食文化を体験できる「小李子清粥小菜」。

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」夜の外観

お粥街で一番活気のあるのは「小李子清粥小菜」

 

オープンから深夜まで常にお客さんで賑わい、

3軒の中では唯一、2階までテーブル席がある、最も大きなお粥店です。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」のカウンター

入口正面に、おかず類がずらりと並んだカウンターがあるので、

トレイをとって指差しオーダー開始。

 

おかずを選んでいる最中に、カウンターの店員さんから

「幾位用餐?(ジーウェイ ヨンツァン?/ 何人で食べますか?)」

と尋ねられますので、人数を告げておきましょう。

 

おかずを取り終わると、案内にしたがってテーブルヘ。

 

席に着いたら、あつあつたんもりのお粥も運ばれてきますので、

じっくりお料理を楽しみましょう。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」のお粥と料理

鶏のカシューナッツ炒め、インゲン豆の炒めもの、

かぼちゃの煮物+サツマイモ粥で、200元(=約740円)でした。

 

率直な感想を言えば、僕は他の2軒の味の方が好みではあります。

また分量に対して、お値段も少し高めかな、という印象です。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」の店内

しかし、「これぞ夜のお粥屋さん!」と言った感じの、

賑やかな雰囲気が一番に感じられるのは、やはり「小李子」ならでは。

 

フレンドリーではあるけれど、ちょっぴり自由すぎる店員さんの対応ぶりも、

良い意味ですごく台湾っぽいです 笑

 

深夜まで元気いっぱいでおしゃべりに耽る

現地のお客さんたちに混じって、台北ならではの夜食文化を体感するなら、

このお店を置いて他にはないと思います。

 

小李子清粥小菜
Address:台北市大安區復興南路二段142之1號
営業時間:17:00~翌6:00
TEL:+886-2-2709-2849

 

一人ごはんにおすすめ!リーズナブルにお粥が楽しめる「無名子清粥小菜」。

台北・清粥街(お粥街)にある「無名字清粥小菜」夜の外観

小李子と一枚壁を挟んだところには「無名子清粥小菜」という、

もう一軒のお粥屋さんがあります。

 

こちらは分量・料金とも1皿1人前単位になっていて、

3軒の中では一番リーズナブル。

 

グループ客でわいわい賑わうお隣に比べて、

一人ごはんでも利用しやすいかと思います。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「無名字清粥小菜」の料理が並ぶカウンター

こちらも同様、おかず類を選んでいると、

店員さんから人数を尋ねられますので、あらかじめ伝えておきましょう。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「無名字清粥小菜」の店内

取り終わる頃には、人数分のお粥と共にテーブルを準備してくれているので、

案内にしたがって席につきます。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「無名字清粥小菜」のお粥と料理

キャベツ炒め、トマトとたまごの炒め、煮込み豆腐+サツマイモ粥で

145元(=約540円)でした。

 

一人前ではありますが、1皿1皿なかなかボリュームがあって、

お料理のクオリティも◎。

 

お値段から考えても、満足度はかなり高かったです。

 

お昼~深夜まで営業していて、

食事どきに立ち寄りやすい点も魅力かと思います。

 

無名子清粥小菜
Address:台北市大安區復興南路二段146號
営業時間:11:00~翌3:00
TEL:+886-2-2784-6735

 

おしゃれな店内でゆったりお粥&熱々料理を楽しむなら「一流清粥小菜」。

台北・清粥街(お粥街)にある「一流清粥小菜」の外観

お粥街の3軒の中で、僕が一番良く足を運ぶのは「一流清粥小菜」

 

こちらもお昼から営業しているので、

今回はお昼ごはんで立ち寄ってみました。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「一流清粥小菜」の店内

木をベースにしたインテリアは、

お粥街の中ではダントツにおしゃれでモダン。

 

カフェへ入るように、ふらりと立ち寄れる雰囲気も、

お気に入りのポイントです。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「一流清粥小菜」の料理が並ぶカウンター

お店に入ると、

「稀飯?(シーファン/おかゆ)白飯?(パイファン/白ごはん)」

と尋ねられるので、お好きな方を選んでおきましょう。

 

メニューも、野菜、魚、肉としっかり揃っていて、

一番人気の小李子に負けないくらい豊富に揃っています。

 

台北・清粥街(お粥街)にある「一流清粥小菜」のお粥と料理

白菜の煮物、麩の煮物、エビ入りたまご+サツマイモ粥で、

180元(=約670円)でした。

 

素材の美味しさが生きたほっこり優しい風味の白菜に、

甘めのだしがじゅんわり染み込んだお麩、

塩気の効いたプリップリのエビ。

 

どのお料理もクオリティが高く、

しかも加熱しながらアツアツでいただけるのもありがたい。

 

しっかり目の味付けが、あっさり味のおかゆにもよくマッチします。

 

おしゃれで、美味しくて、その上コスパも文句なしな、

僕のイチオシです。

 

一流清粥小菜
Address:台北市大安區復興南路二段106號
営業時間:11:00~翌3:00
TEL:+886-2-2706-4528

 

まとめ

台北・清粥街(お粥街)にある「小李子清粥小菜」のカウンター

今日は、MRT大安&科技大樓駅近くの「お粥街」についてご紹介しました。

 

観光で立ち寄られることはあまりないエリアではありますが、

数多くのホテルが集まる大安や東區、南京復興からのアクセスが便利。

 

夜遅くでも、たっぷりのおかゆと共に、

栄養満点のおかずでおなかを満たせるので、

現地在住の身としては本当に重宝しています。

 

うっかり台湾で夜ごはんのタイミングを逃してしまった時や、

台湾ならではの夜食文化を体験したい時に。

 

お一人さまもグループの方も、

お粥街」でぜひ、台北の夜を楽しまれてみてくださいね!

※記事中の日本円表記は1元=3.7円で計算しています。(2018年12月現在)

 

▼魅惑の台湾グルメを眺めながら、旅への想いを盛り上げておきましょう!▼



 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルーム

次回の台北旅行、どこに泊まるかはもうお決まりですか?

 

『【筆者宿泊済み】台北と九份のおすすめホテル&ゲストハウス7軒。』では、

僕が実際に宿泊させていただいた台北の快適なホテル&ゲストハウスを

ご紹介しています。

 

MIT(Made in Taiwan)アイテムにこだわったLGBTフレンドリーホテルや、

有形文化財で暮らすように泊まれる古民家ゲストハウスなど、

旅のスタイルに合わせて、様々な選択肢がある台北滞在。

 

どこに泊まろうかとお悩み中の方は、ぜひご参考いただけるとうれしいです!

 

おまけ:本日の台灣男子

 
 
 
View this post on Instagram

從日本過來的旅客們,如果到了小吃店看到店員坐在你們隔壁吃飯,也別認為他們不尊重客人。無論是餐廳、3C店、衣服店,員工們在客人面前按時吃飯是非常正常的現象,也沒有一個客人為了這件事發脾氣。將「呷飽未」當打招呼的台灣人來講,「吃」肯定是生活中最優先的要素之一,「沒吃飽就沒有好表現」,其實還蠻有道理的。更單純的,員工們沒有其他休息空間也是個原因。 日本から台湾へやってきたみなさんへ。グルメ店へ食事をしに来たとき、店員さんが隣に座ってごはんを食べていても「お客として尊重されていない」と、どうか誤解しないでください。レストランでも、ガジェットのお店でも、洋服のショップでも、台湾では店員さんがお客さんの目の前でごはんを食べているのは、ごくごく当たり前の現象であって、お客さんもそれを理由に怒ったりすることはないのです。「呷飽未(ごはん食べた?)」があいさつにもなっている台湾人にとって、「食」は生活の中で最も優先すべきことの一つ。ほら、「腹が減っては戦はできぬ」と言うでしょう?またはもっと単純に、店員さんの休憩できるスペースが用意されていないことも、理由ではあるかもしれませんが。 #本日の台灣男子 #店員很可愛 #吃飯 #小吃店 #吃飽了沒

本日の台灣男子さん(@todaystaiwaneseboy)がシェアした投稿 –

 

『本日の台灣男子』は、僕が台湾の街で出会った台湾男子たちを、

思わず胸キュンしてしまったエピソードと共に、イラストで綴るインスタアカウントです。

 

時にかっこよく、時にかわいく、時にゆるゆるな台湾男子の魅力は、

ID:todaystaiwaneseboy に詰め込んでいますので、

ご覧いただけるとうれしいです!

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台北主要エリアのおすすめグルメ総まとめ。MRT(地下鉄)駅ごとに美味しいお店を整理してみました。

台北旅行おすすめガイドブック4選+1。台湾在住デザイナーの視点から選んだイチオシは?

→春節(旧正月)の台北で市内観光はどのくらい楽しめるのか検証してみました。

→牛肉麵1杯2,500円!?有名歌手御用達の「北芳園」で超豪華台湾麺料理を食べてみた。

→台湾のパンは超ユニーク!朝ごはんにもオススメの現地限定「隠れグルメ」をパン屋さんで探してみました。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*