台南中心部の路地ナカに佇む古民家ゲストハウス「永福97.1」。畳に敷布団で眠れる和室付きのレトロあふれる古都滞在。


台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」1Fのパブリックスペース

台南の路地ナカで、畳張りの和室に敷布団!? オーナーさんの愛が溢れる居心地最高ゲストハウスに出会いました。

こんにちは!ボーイフレンドと2人で台南旅行ヘ行ってまいりましたMae(@qianheshu)です。

台南の醍醐味と言えば、伝統グルメや古都の街並みなどが挙げられますが、僕がもう一つ楽しみにしているのが宿泊先。

昔ながらの建物が数多くのこっている台南には、古民家の趣を活かしたゲストハウスがたくさんあるので、毎回どこに泊まるか迷ってしまいます。

今回も悩みに悩んだのですが、選ばせていただいたのは「永福97.1」というゲストハウス。

レトロでおしゃれなインテリアに加えて、ちょっと珍しい「ある特徴」に惹かれたのが決め手となりました。

その上、市内のほぼ中心部と言って良いロケーションで、観光にとても便利!

非常にフレンドリーなオーナーさんにも恵まれ、台南でまたまたリピート確定の素敵な滞在先に出会うことができました。

今日は、台南の路地裏に佇む古民家ゲストハウス「永福97.1」より、宿泊時の様子や感想などをご紹介したいと思います。

 


台南の路地ナカに佇むゲストハウス「永福97.1」。オーナーさんの古民家愛が作り上げた、こだわりのレトロ空間。

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」蝸牛巷からの外観

「永福97.1」は、通称「蝸牛巷」と呼ばれている、

路地の入り組んだエリアにあります。

 

そのちょうど入り口にあたる「永福路二段」から、

細道に入ってすぐのところ。

 

白壁で瓦屋根の一軒家がぽつりと建つ、

可愛らしいルックスが目印です。

 

今回予約させていただいたのは、

「アティック・キャビン」というお部屋。

 

ですが、正確にはお部屋というよりも、

2階建ての一棟まるまる(!)に滞在できます。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1F

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fに飾られたレトロなアイテムたち

玄関を入ると、そこに広がるのは、

台南の古民家そのもののリビング。

 

六角形の紅い磨石子(人工大理石)が敷き詰められた床に、

木造の扉、棚に並ぶアイテムの一つ一つにまで、

古き良き台南を愛するオーナーさんのこだわりが感じられます。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fに置かれたメンコ

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fに置かれた人形

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fに置かれた年代物の扇風機

しかも、この空間に置かれたアイテムたちは、

本物の年代物ばかり。

 

例えば、今も現役で使える扇風機は、御年50歳以上で、

脚の部分がロケット型になっている珍しい品。

 

50年前というと、

ちょうどアポロの月面着陸で盛り上がっていた時期で、

それを記念するために作られたものなのだそうです。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fに置かれた味噌煎餅

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fに置かれたミネラルウォーター

台南銘菓の味噌煎餅や、

ミネラルウォーターもサービスで置かれていました。

 

お菓子に眼がない我がボーイフレンドは、

このおせんべいに到着早々から目がキラッキラです 笑

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」1Fのパブリックスペース

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」1Fパブリックスペースの壁

天井から外光の差し込む細長い空間は、

隣接する棟と繋がっているパブリックスペース。

 

一番奥の部分に「敢えてむき出しにした」という壁は、

100年以上も前のもの。

 

レンガの中に、灰色の大きな石が交じっていたりするのは、

物資の不足していた時代の名残りなのだそうです。

 

かつて、映画監督の方が滞在された際には、

この空間を絶賛していただいたと、

オーナーさんよりご紹介いただきました。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」1Fパブリックスペースの椅子

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」でいただいた観光マップ

柔らかな日の光を受けながら、

そよそよと流れる外気を感じながら。

 

この空間にしばし腰掛けて、台南マップを広げて、

地元の方ならではのおすすめ台南グルメを教えていただく時間も、

非常に心地よいものでした。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fのシャワールーム

バスルームも同じフロアにあり、こちらは各棟独立。

 

昔の古民家そのままの間取りを生かしているため、

ユニット式のかなり小さな空間ではありますが、

清掃がしっかり行き届いていてキレイです。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fシャワールームのシャンプー類

シャンプー、ボディソープは、

バスルーム内に備え付けがありました。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fに置かれたアメニティ

歯ブラシなどのアメニティも、

バスルーム前のボックスにしっかり準備されています。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン1Fから伸びる階段

寝室へは、階段を登って2Fへ。

 

実はこの先に、

僕がこちらのゲストハウスを選ばせていただいた

「決め手」があります。

 

畳張りに敷布団で眠る和空間も!涼やかな風の吹き抜けるベランダでまったり。

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fの和室

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fの棚

1Fフロアを見る限りだと、いかにも台湾テイスト満点ですが、

階段を上るとガラリと変わる雰囲気。

 

2Fにはなんと、畳張りの間に敷布団が並ぶ

「和」な空間が広がっているのです!

 

敷かれているお布団もまた、こだわりの一品で、

90歳になる地元の職人さんに仕立ててもらったものだそう。

 

確かに、薄手なのにふわふわで、保温性も抜群。

 

ベッドにも負けない寝心地の良さで、

滞在中は布団を離れ難くなるほど、

ぐっすりと休むことができました。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fの屋根

木組みの三角形の屋根は、古民家修復の際、

木の香りにもこだわって素材を選ばれたのだそう。

 

気温が高いほど香りが増すらしく、

観光から戻ってきた瞬間は確かに、

木の香りがお部屋中に満ちていました。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fの棚に置かれたフィルムカメラ

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fに刺さった光る人形

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fに置かれたカセットプレーヤー

寝室に置かれているアイテムも、

昔ながらの趣を感じるものばかり。

 

久しぶりに聴くカセットテープの音色が、

この空間にすごくマッチしていて、

再生ボタンを押すだけで、

時間が一回り濃厚になったような気すらします。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fベランダ

そして、こちらのゲストハウスの中でも、

僕の一番のお気に入りがベランダ。

 

一歩外に出てみると、肌を撫でるのは、

細い路地を通り抜けてくる涼やかな風。

 

このベランダのチェアが、

一旦腰掛けてしまうと、そのまま1日過ごしたくなる心地よさなので、

滞在中はご注意ください 笑

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」アティックキャビン2Fベランダへの扉

一棟まるまる、細部に到るまで徹底的にこだわられた、

こちらのゲストハウス。

 

それもそのはずで、実はオーナーさんはもともと、

建築業界出身の方。

 

この古民家の修復には、

ベテランの職人方を招いて、2年以上もかけたと言います。

 

「永福97.1」はまさに、オーナーさんの愛の結晶。

 

ただの古民家というだけではない、

オーナーさんの熱い思いも感じられる、

とことんユニークな滞在を楽しませていただきました。

 

「永福97.1」周辺の見どころ。

蝸牛巷

台南の観光スポット「蝸牛巷」

ゲストハウスのある「蝸牛巷」は、

路地ナカに広がる、くねくねと複雑に入り組んだ一角。

 

しかしただの路地ではなく、

道沿いには豆の濃厚な香りを振りまく老舗のお豆腐屋さんや、

夜だけオープンする不思議なケーキ屋さんなど、

魅力的なお店が点在しています。

 

地元の人たちの暮らしが息づくエリアながら、

そのユニークさは、雑誌でも紹介されるほどの注目度の高さ。

 

ふらふらと歩き回ってみると、思わぬ発見がいっぱいのエリアです。

 

林百貨 

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「林百貨」の外観

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「林百貨」の店内

MIT(Made in Taiwan)のいいものが大集合する

復刻版デパート「林百貨」

 

日本統治の時代に建てられた建物は、外観はもちろんのこと、

館内もレトロ感満載の空間なので、

お買いものと合わせて、ぜひじっくり観察されてみてください。

 

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「林百貨」のグルメフロア

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「林百貨」のカフェ

最上階からは台南の街が一望できる神社があったり、

食事の楽しめるお店も。

 

コーヒーなど飲みながらゆったりと過ごしたい方には、

館内にあるカフェもおすすめですよ!

 

台南市美術館2館

台南の注目スポット「台南市美術館二館」の外観

林百貨のすぐ裏手にある、

2019年にオープンしたばかりの「台南市美術館2館」

 

日本人建築家・坂茂氏もデザインに携わった館内には、

全面ガラス張りのエレベーターや、

外光が降り注ぐ吹き抜けのホール、

台南市街が一望できるテラスなど、見どころがたくさん。

 

アート作品の鑑賞はもちろんのこと、

カフェやレストランに立ち寄って、

観光合間の休憩をするにもピッタリです。

 

また、二館から歩いて3分ほどのところにある、

旧台南市警察署の建物を活用した「1館」も、

ガラリと雰囲気の違ったアートスペースになっています。

 

2ヶ所合わせて、まったりアート鑑賞に浸られるのもおすすめです。

 

孔廟

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「孔廟」の入り口

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「孔廟」の本堂

そして、台南を代表する古跡の一つである「孔廟」へも徒歩圏内。

 

孔子の教えを今に伝える、

文化的価値の高いスポットとして知られていますが、

その建築様式も必見。

 

真っ赤な壁に囲まれた建物と眩い緑とのコントラストは、

まさに台南を代表する街の風景と言っても良いほどで、

ここに来ると「ああ、台南に来たんだなあ」と、

毎回しみじみしてしまいます 笑

 

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「孔廟」前の散策エリア・府中街

台湾の古都・台南のおすすめ観光スポット「孔廟」周辺の路地ナカスイーツ店

また、孔廟前をのびる「府中街」は、

昔ながらのグルメ店や、モダンなアイスクリーム屋さん、

かわいい雑貨が並ぶショップなどが集まっていて、

お散歩が楽しい場所。

 

食べ歩きながらブラブラするも良し、

お買いものを楽しむもよし、

路地に入りまくって迷うも良し 笑

 

それほど広いエリアではありませんが、

まったりと歩いていたくなるような雰囲気も、

孔廟周辺の魅力かと思います。

 


「永福97.1」へのアクセス。

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」へのアクセス

では、「永福97.1」への行き方をまとめたいと思います。

 

台鐵(台湾鉄道)台南駅からの移動で利用するなら、

最寄りの「林百貨」バス停がおすすめ。

 

バス停からゲストハウスまでは、徒歩5分ほどで到着ですが、

少し路地を入り込んだ所にありますので、

どこを入っていけば良いのか、あらかじめ押さえておくと安心です。

 

台南駅前のバスターミナル・南站

まず、台鐵台南駅に到着したら、前站側にあるバス停へ。

 

北站、南站と2つありますが、

どちらにも「林百貨」へ向かう路線がありますので、

タイミングの良い便を利用されれば良いかと思います。

 

台南・林百貨(中正路)のバス停

「林百貨」バス停までは4駅。

 

「林百貨」バス停は2ヶ所あるので、

利用する便によって到着地点が多少異なるかもしれませんが、

バスを降りたら、林百貨前に伸びる「中正路」に出ましょう。

(郵便局が目印です。)

 

台南・中正路(林百貨前)

道路名が書かれている緑色の標識を確認して、

中正路を「西▶︎」の方向へ。

 

台南・永福路二段の彰化銀行

まっすぐ進んでいくと、

「永福路二段」との交差点の差し掛かります。

 

目の前の横断歩道を渡って、「彰化銀行」の前を右折します。

 

台南・永福路二段の歯医者前

まもなく路地入口ですので、

バイクの並ぶ歩道の左手側に注意しながら歩いていきましょう。

 

台南・永福路二段97巷

「永福路二段97巷」と書かれた路地が見えたら、

スクーターですらすれ違うのが困難な、

この細い道を入っていきます。

 

台南・永福路二段97巷の中藥行看板

「益春藥房」の看板が出ている民家の前を通り過ぎて…

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」永福路側からの外観

瓦屋根のかわいい古民家が見えたら到着です!

 

ちなみに、台南駅から直接歩いてでも行けない距離ではなく、

所要時間は、およそ20分弱。

 

荷物がそれほど多くない場合や、

市内のスポットを巡りながらゆっくり向かいたい場合は、

徒歩で向かわれるのもアリかと思います。

 

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」の入り口

また、チェックインについてですが、

オーナーさんは別のところにお住まいのため、

前日までにあらかじめ、到着時間を知らせておく必要があります。

 

時間になったらオーナーさんが建物前まで来てくださるので、

無事落ち合えたらチェックイン手続きに進みましょう。

(チェックアウトについても同様です。)

 

まとめ

台南のおすすめ古民家ゲストハウス「永福97.1」1Fのパブリックスペース

今日は、台南中心部の路地ナカに佇む古民家ゲストハウス

「永福97.1」をご紹介しました。

 

ポイントをまとめておくと、

 

良かった点

・オーナーさんが懇切丁寧

・隅々まで徹底されたレトロな趣

・台南銘菓や観光情報が揃った充実のおもてなし

・畳張りの和室に敷布団で眠れる

・涼やかな風の吹き抜けるベランダつき

・観光に便利なロケーション

 

留意すべき点

・オーナーさんが常駐していない

・屋内で階段の上り下りが必要

 

滞在の上で一番注意しておきたいのは、

やはりオーナーさんが常にゲストハウス内にいるわけではないこと。

 

チェックイン・チェックアウトの際は、

あらかじめ時間を決めて置かなくてはいけないので、

その点を考慮して行動する必要はでてきます。

 

しかし、それ以外に関しては、

台南ならではの旅行体験ができる、文句なしの環境。

 

一棟まるまる貸切で、

昔ながらの趣を滞在しながらにして楽しめるのは、

普通のホテルでは絶対に味わえない贅沢ではないかと思います。

 

古都だからこそのユニークな滞在を楽しみたい方に、

おすすめの一軒です。

 

→Agodaで「永福97.1」の料金をチェックしてみる。

→Booking.comで「永福97.1」の料金をチェックしてみる。

 

永福97.1
Address:台南市中西區永福路二段97巷1號
TEL:+886-986-971-971
Facebook:https://www.facebook.com/YF971/

 

台湾新幹線(高鐵)の車両

台北から台南へ、最速かつおトクに移動するなら、

外国人限定割引が利用できるKKdayでの予約がオススメ!

 

一番速い便を利用すれば、台南まで約80分。

20%OFFでチケットが入手できるので、ぜひ賢く積極的に活用しておきたいところです。

 

予約の仕方など詳しくは、

【台湾新幹線(高鐵)を20%OFFでおトクに利用!台南・高雄旅行がグッと便利になるおすすめの方法をご紹介します。】

にてまとめましたので、ご参考にされてみてくださいね。

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→初の台南観光を2日で満喫するためのおすすめスポット8選。

→台南名物グルメ密集地帯・永樂市場(國華街)のおすすめ台湾美食集。

→台南・孔廟周辺で出会ったおすすめ台湾グルメ店5軒。朝ごはんやデザートにピッタリのご当地美食をまとめました。

→台南・赤崁樓で見つけたおすすめグルメ店6軒。名物美食がコンパクトに集合した食べ歩きにぴったりのエリアです。

→台湾個人旅行でフル活用したい旅行サイト「KKday」。おトクに効率的にユニークに観光ツアーを楽しむなら必見のプランが満載です。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*