2020年の「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」も大盛況!有名アーティストも登場した大パレードを歩いてきました。


台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の会場で記念撮影に応じるドラァグクイーンのみなさん

台湾の有名アーティストも登場!2020年の「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」も、コロナウイルスの影響を感じさせない盛り上がりとなりました!

こんにちは!台湾各地のLGBTプライドへの参加を毎年の楽しみにしているMae(@qianheshu)です。

【「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」に13万人!2020年北半球最大のパレードを台北で歩いてきました。】の記事でもお伝えいたしましたが、先月末の10/31(土)は、台北で「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」が開催。

約13万人の参加者を集め、昨年にも負けない盛り上がりのパレードとなりました。

そして、台北のパレードに続いて、11/14(水)に開催されたのが、台湾中部の都市・台中の「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」

こちらも、コロナウイルスの影響を感じさせないほど、台湾中から非常に多くの方々が参加。

有名アーティストのライブパフォーマンスも行われ、とても活気に満ち溢れたイベントとなりました。

今日は、「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」2020当日の様子をご紹介したいと思います。

 


有名アーティストのライブパフォーマンスも!すさまじい人出で賑わう「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」の会場へ。

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の会場となった台中駅前
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020会場の特設ステージ前
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の会場となった台中駅前に集まる参加者たち

2020年の「台中同志遊行

(台中LGBTプライド)」

の会場となったのは、

 

昨年に引き続き、

台鐵(台湾鉄道)台中駅前広場。

 

世界がコロナ禍で混乱する状況の中、

今年も広場が満タンになるほどの

すさまじい人出に。

 

まだパレードが始まる前ですが、

改めて台湾ってすごいなあと

感じられる光景です。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の特設ステージに立つパレード主催者代表

世界でのコロナウイルスの流行を受け、

台北のパレードでは

連絡先を事前登録する「實聯制」が

採用されていましたが、

 

今年は台中のパレードでも

同様の制度が。

 

「實名登記聯絡制度」として、

参加前にオンラインにて、

名前や連絡先の登録が求められました。

 

僕もあらかじめ、

登録の上で会場へと向かいました。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020でレインボーフラッグを掲げる特設ブース
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の特設ブースに立つマッスル男子たち
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020会場の特設ブースに並べられたボトル

ドリンクやスイーツを扱うブース

LGBT関連団体のブースなど、

会場に出展されたブースは

およそ50軒。

 

台湾の有名イラストレーターの

グッズを扱うブースや、

マッスル男子がアンダーウェアを

おすすめしてくれるブースは、

特に人気を博しています 笑

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の特設ステージに立つ高雄市議会議員

パレード出発前には、

政治の場でご活躍されている

市議会議員の方がステージに。

 

参加者のみなさんへ向けて、

エールの言葉が贈られます。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の特設ステージでパフォーマンスするダンスユニット
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020会場の特設ステージに立つアーティスト・溫嵐さん

またステージ上では、

ダンスユニットによる

パフォーマンスも。

 

台湾の有名アーティスト・

溫嵐さんがダンサーを引き連れて

登場すると、

 

ステージ前に集まった

参加者のみなさんのテンションも

一気に上昇です!

「台中をより多様で友好的な街に。」台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020年のテーマは?

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のテーマ

今年の「台中同志遊行

(台中LGBTプライド)」のテーマは、

「有愛無礙 U&ME」

 

台湾では、昨年2019年に

同性婚が実現されましたが、

 

新しい法律が施行されたその日を境に、

人々の考えまでが一気に変わったわけでは

ありません。

 

結婚をした同性カップルが

次々と誕生している現在でも、

まだまだ偏見の目に晒される出来事は

起こり続けています。

 

一人一人の違いを認め合い、

尊重し合うことで、

より友好的な街を築き上げていきたい。

 

今回の台中同志遊行のテーマには、

そんな想いが込められています。

 

我們認為:追求幸福是基本人權,

不論種族、信仰、年齡、性/別、性傾向、

國籍、身分(HIV、身障、精障)這些差異,

在愛面前人人平等,

每個人都應擁有愛與被愛的權利。

 

2019年立法院三讀通過

《司法院釋字第七四八號解釋施行法》,

讓社會大眾對於多元性別議題開始有了更多的討論,

台灣性別運動邁進了一個新的里程碑,

 

但仍然還有許多民眾並不了解同志族群、

甚至存有誤解與污名化的現象,

這些現象告訴我們,

法案的推動只是一個新的里程碑,

同時也是一個重新看待我們與社會關係的新起點。

 

因此,我們希望透過遊行與前系列活動,

讓更多民眾看見並認識多元性別相關議題、

聽見多元的聲音、尊重差異友善不同性別族群,

透過這些活動讓我們彼此相互了解,

進而打破原有的歧視與污名化,

使台中成為一個多元友善城市!

 

出典:2020台中同志遊行-有愛無礙U&ME | flyingV
 

 

幸せを追求することは、人の持つ基本的な権利です。

種族、信仰、年齢、性/別、性的指向、

国籍、身分(HIV、身体の障がい、精神の障がい)など、

これらの差異に関係なく、

愛の前においては誰もが平等で、

誰もが愛し、愛される権利を有しています。

 

2019年、立法院にて

《司法院釋字第七四八號解釋施行法

(同性婚実現に関する法案)》が可決されたことで、

多様な性に関するさらなる討論が起こり、

台湾の性に関する運動は

記念すべき新たな一歩を踏み出しました。

 

しかしそれでも、

LGBTQ+の人々に理解を示そうとしないどころか、

誤解を生み出し、名誉を汚すような行動を起こす人々も

依然として存在しています。

法案の推進は、一つの新たな通過点であって、

私たちと社会の関係を改めて見つめ直す、

新たなスタート地点に過ぎないのです。

 

だからこそ、私たちは

パレードと系列イベントを通して、

より多くの人々に多様な性に関する話題を

知っていただきたい。

 

より多様な声に耳を傾け、差異を尊重し、

異なる性を持つ人々と友好的な関係を

築いていただきたい。

 

これらの活動を通して、互いを理解し合い、

偏見や汚名を打ち破ることで、

台中をより多様で友好的な街にしていきたいと

願っています。

 

訳:Kazuki Mae
 

台中駅前エリアがレインボーに!巨大フラッグと共にパレード出発!

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードを歩く台中基地のグループ
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードで大きなレインボーフラッグを持って歩く参加者
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードを手を繋いで歩く同性カップル

今回のパレードは、

台鐵(台湾鉄道)台中駅前広場を出発して、

駅前エリアをぐるっと1周するコース。

 

1時間半ほどをかけて、

およそ3.5kmの道のりを巡っていきます。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードを騎馬で歩く参加者
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の会場から出発したパレード隊列

会場の混雑具合から

想像はしていましたが、

パレードもかなり長い隊列に。

 

20分ほど定点で写真を撮っていますが、

それでもまだしっぽが見えないほどの

大隊列です!

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードでレインボーフラッグを先導するユニコーン
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードに登場した巨大レインボーフラッグ

台中のパレードには毎年、

超ロングなレインボーフラッグが登場。

 

今年も全長数十メートルは

あろうかというレインボーフラッグが、

参加者を導くように、

街の中を突っ切って行きます。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードを歩くドラァグクイーン
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードをコスプレで歩く参加者
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードでレインボーフラッグを纏って歩く参加者

ドラァグクイーンや

アニメキャラのコスプレなど、

パレードをいっそうカラフルに彩る

参加者たちがたくさん。

 

レインボーフラッグを

マントのように巻きつけた参加者の姿も

たくさんあって、

 

まさに、台中の街がレインボーに

染まっていくかのようです。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードでプラカードを掲げる異性愛者の参加者
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードでプラカードを掲げる参加者
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードでプラカードを掲げるキリスト教グループ
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードで掲げられた国際同性カップルの婚姻に関するプラカード

プラカードを掲げて、

沿道に集まる人々へと

メッセージを伝えていく参加者も。

 

先導車からのスピーチでは、

現在、台湾にて訴訟が進められている、

国際同性カップルの結婚について

触れられる場面もありました。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレード先導車前
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレード先導車からスピーチする司会者

同性婚が確かに実現した台湾ですが、

そこで完全なるゴールを

果たしたわけではありません。

 

さらなる平等を目指して、

現在進行形で動き続けている方々も

たくさん存在しています。

 

だからこそ、パレードの中に身を置いて、

みなさんのパワーに触れていると、

僕もすごく励まされるような思いです。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020で台中市第四信用合作社前に差し掛かるパレード
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレード隊列を上から
台中同志遊行(台中LGBTプライド)当日にレインボーフラッグが掲げられたホテル「新盛橋行旅」のエントランス

ちなみに、

ちょうど僕の泊まっていた

ホテルの前にも差しかかったので、

 

一旦お部屋に戻ってみると、

窓からパレードの様子が

見えました!

 

当日には、

ホテル1階のエントランスにも

レインボーフラッグが掲げられていて、

すごくうれしい気持ちになりました。

 

関連記事→【台中駅徒歩5分!ひとり旅におすすめしたい開放感満点のLGBTフレンドリーホテル「新盛橋行旅」。】

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードを手を繋いで歩く同性カップル
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の参加者が付けていたバッジ
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020のパレードを先導する巨大レインボーフラッグ
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020でまもなくゴール地点に差し掛かるパレード隊列
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020でゴール地点の台中駅前に到着するパレード

台中でも、前日は雨が降っており、

当日も雲の多いお天気となりましたが、

おかげで暑すぎず、寒すぎずな

歩きやすい気温に。

 

台中駅前へとゴールする直前で

少し降り出しましたが、

ほぼお天気にも恵まれた

パレード日和となりました。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020パレード後のステージでスピーチするグループ
台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020パレード後のステージでライブパフォーマンスをするアーティスト

ゴール後のステージでも、

ダンスパフォーマンスや

LGBT団体によるスピーチ、

アーティストの方によるライブが

始まりました。

 

僕は一足先に会場を後にしましたが、

すっかり日が沈んだ頃には、

台湾でご活躍されている

アーティストの李佳薇さんも

登場したそう。

 

毎年、台中のステージには

有名アーティストが登場するので、

こちらも参加者のみなさんが

楽しみにしている部分かと思います。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020パレード後のステージ前に集まる参加者たち

今年も、

昨年までの勢いが衰えることなく、

大盛況となった台中同志遊行。

 

来年もまたパレードを歩きに、

ぜひ台中へ戻って来たいと思います。

まとめ

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2020の会場で記念撮影に応じるドラァグクイーンのみなさん

今日は、「台中同志遊行

(台中LGBTプライド)」2020

の様子をお伝えしました。

 

さて、まだまだ続く

台湾のLGBTプライドシーズン。

 

次は台湾南部の街・高雄にて行われる

「高雄同志大遊行(高雄プライド)」です!

 

今年はなんと、

台北の西門町や市政府に続いて、

高雄にも初となる

レインボー歩道が登場したとのこと!

 

パレードと合わせて、

そちらもぜひ見に行って来たいと思います。

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台北のLGBTスポットを巡る観光バス「Color Taipei 彩虹觀光巴士」。プライド期間限定ツアーを体験してみました。

→「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」に13万人!2020年北半球最大のパレードを台北で歩いてきました。

→台湾で2020年第1弾のLGBTプライドが開催!「桃園彩虹野餐日」で桃園初のパレードを歩いてきました。

→10周年の「高雄同志大遊行(高雄プライド)」に参加者2万人!2019年最後のLGBTプライドから、台湾の今が見えてきた。

→LGBTプライド「苗栗愛轉來平權遊行」2020のパレードへ。台湾最大の音楽賞・金曲獎受賞アーティストも続々登場で大盛り上がりに!

 

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*