2020台湾のLGBTプライドにもコロナウイルスの影響が。各都市のパレードの開催状況は?


台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2019パレードに登場したレインボーカラー満載のフロート

世界中が混乱に陥っているコロナウイルスの流行。台湾各地で行われているLGBTプライドの開催にも、影響が出始めています。

こんにちは!台北でボーイフレンドと暮らして8年目になりますMae(@qianheshu)です。

さて、台湾はいよいよ、春のLGBTプライドシーズンが到来!

…と、意気揚々にお知らせしたかったところですが。

みなさんもご存知の通り、現在世界でコロナウイルスが猛威をふるっています。

その影響は、毎年台湾各地で行われているLGBTプライドにも。

延期または中止が発表されたイベントも、すでに現れ始めています。

今日は、2020年台湾のLGBTプライドの開催状況について、現在までに発表されている情報を踏まえて、お伝えしたいと思います。

 


台湾のコロナウイルス対策。今、台湾へ入国したらどうなるのか?

春節(旧正月)を迎えたの台北の観光スポット「中正紀念堂」

まず最初に、

コロナウイルスに関する台湾の現況について、

簡単に触れておきたいと思います。

 

衛生福利部疾病管制署の発表によると、

2020年3月14日現在、

台湾で感染が確認されているのは53名。

 

世界各国での流行を踏まえ、

水際対策の強化に一層の力が

入れられています。

 

台湾では、2020年3月14日現在、

中港澳(中国・香港・マカオ)、

韓国、イラン、ドバイ、

イタリアやフランスなどの

ヨーロッパ27カ国、

計34の国と地域が、

警戒レベル一番上の「第三級」に指定。

 

これらの国々から台湾へ入国した場合、

14日間の「居家檢疫(自宅検疫)」

が義務付けられ、

外出が一切禁止となります。

 

台湾で外出禁止になった場合の状況は、

以下の記事に詳しくまとめられていますので、

ご参考ください。

 

関連記事→【台湾でコロナ検査を受けて自宅検疫になった話|あるある!台湾】

 

これに次ぐ、警戒レベル「第二級」に

指定されているのが、

シンガポール、バーレーン、

アメリカ(ニューヨーク、カリフォルニア、

ワシントンなど3つの州)など、

5カ国。

 

日本もこの「第二級」に指定されており、

日本から台湾へ入国した際には、

14日間の「自主健康管理」が義務付けられます。

 

関連記事→【武漢肺炎/歐洲申根27國及杜拜入境須居家檢疫14天 即日起上路|CNA中央通訊社】

 

「自主健康管理」で求められるのは、

公共の場へは極力足を踏み入れないこと、

朝晩体温を測り、1日の活動記録を取ること、

外出の際には必ず

サージカルマスクを着用することなど。

 

現在、さらなる強化も検討されており、

スマートフォンから

毎日の体温や体調を報告するための

システムが導入されるというお話も

出始めています。

 

日本国内で、

さらに流行が拡大する事態になると、

中国や韓国と同じく、

一切の外出を禁じられる「第三級」に

引き上げられる可能性も

否定できない状況です。

 

関連報道→【自主健康管理加強版將上路╱陳時中︰未固定量體溫、有症狀沒通報要罰|自由時報】

 

【2020.03.17追記】

 

3月17日より、

日本も警戒レベル一番上の

「第三級」に指定されました。

 

日本から台湾へ入国した場合も、

14日間の「居家檢疫(自宅検疫)」が

義務付けられ、外出は一切禁止となります。

 

コロナウイルスの影響は、台湾のLGBTプライドにも。春のイベントは軒並み延期、または中止に。

苗栗愛轉來平權遊行(苗栗LGBTプライド)2019で水田の横を通り抜けるパレード

台湾国内でも現在、

非常に厳重な対策が実施されている状態ですので、

多くの人が集まるイベントは、

ほとんどが中止を余儀なくされています。

 

毎年台湾各地で行われている

「同志遊行(LGBTプライド)」も、

例外ではありません。

 

台湾には現在、

全国で7つのLGBTプライドが。

 

3~5月にかけての春シーズンと、

9~11月にかけての秋シーズンのどちらかで、

各都市にてパレードが開催されています。

 

苗栗愛轉來平權遊行(苗栗LGBTプライド)2019会場エントランス

例年春シーズンに行われているのは、

「台南彩虹遊行」「苗栗愛轉來平權遊行」

「宜蘭驕傲大遊行」の3つ。

 

このうち、「苗栗愛轉來平權遊行」は、

すでに10月初旬への延期が発表されています。

 

台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)2019の旗

「台南彩虹遊行」も、ひとまず

春シーズンでの開催は見送られることに。

 

状況を観察しつつ、

改めて新しい開催日を発表する

とされています。

 

苗栗愛轉來平權遊行(苗栗LGBTプライド)2019で宜蘭驕傲大遊行のプラカードを掲げる参加者

「宜蘭驕傲大遊行」は、

まだ公式な発表がありませんが、

他都市の状況から判断すると、

延期または中止となる可能性が

高いかと思われます。

 

また、LGBTプライドではありませんが、

嘉義で行われる予定だったレインボーフェスタ

「嘉義彩虹生活節」も、

2020年はイベントを中止する旨が

伝えられました。

 

アジア最大のLGBTプライド「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」への影響は?秋以降のイベント開催可否は未定。

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2019のパレードをレインボードレスで歩く参加者

そして、毎年9~11月にかけてが、

台湾のLGBTプライドの秋シーズン。

 

アジア最大級のLGBTプライドと言われ、

毎年10月末に台北で開催されている

「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」も、

この秋シーズンに行われます。

 

例年どおりであれば、

 

9月に「花東彩虹嘉年華」

10月に「台灣同志遊行」

11月に「台中同志遊行」「高雄同志大遊行」

 

と続きますが、

この4つのパレードに関しては、

まだ公式の発表はありません。

 

開催までまだ半年ほど時間がありますので、

今後の状況を見ながら、

開催の可否が判断されるかと思います。

 

公式の発表がありましたら、

こちらの記事でも改めて、

最新情報を更新させていただきますね。

 

まとめ

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2019パレードに登場したレインボーカラー満載のフロート

今日は、コロナウイルス流行に伴う

台湾各地のLGBTプライド開催状況

についてお伝えしました。

 

台湾、日本を含め、

世界中が混乱に陥っている

コロナウイルスの流行。

 

少しでも早く状況が収束し、

平穏な日常が戻ってくれることを、

僕も心から願っています。

 

最後に、台湾各都市のLGBTプライドの

Facebook公式ページを、

以下に整理してみました。

 

こちらをチェックいただくと、

いち早く情報を入手可能かと思いますので、

ぜひお役立てください。

 

苗栗愛轉來平權遊行
https://www.facebook.com/Miaolilovewins/

 

台南彩虹遊行
https://www.facebook.com/tainanrainbowpride/

 

宜蘭驕傲大遊行
https://www.facebook.com/YilanLGBTQIA/

 

花東彩虹嘉年華
https://www.facebook.com/hlLGBT/

 

台灣同志遊行
https://www.facebook.com/Taiwan.LGBT.Pride/

 

台中同志遊行
https://www.facebook.com/TCLGBTPride/

 

高雄同志大遊行
https://www.facebook.com/KaohsiungPRIDE/

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→10周年の「高雄同志大遊行(高雄プライド)」に参加者2万人!2019年最後のLGBTプライドから、台湾の今が見えてきた。

→台湾・苗栗でLGBTプライド「苗栗愛轉來平權遊行」が初開催。同性婚実現前最後のパレードを2,000人と共に歩いてきました。

→LGBTプライド「台南彩虹遊行(台南レインボーパレード)」2019が開催!同性婚合法化まで1ヶ月の台湾で巻き起こる新たな動きとは?

→「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」2019に過去最大の2.5万人!同性婚実現だけじゃない参加者爆増の理由は?

→「花東彩虹嘉年華(台湾東部LGBTプライド)」2019で見えた厳しい現実。同性婚実現の一方で影を落とす現地の事情とは?

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*