スポンサーリンク


台北の4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」。ヨーロピアンな豪華内装と充実サービスが日本人旅行客に人気。[PR]

スポンサーリンク

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルの窓側から見たベッドルーム

日本語の通じるフロントサービスや主要観光スポットへの無料シャトルバスも!台北への旅行や出張にピッタリのおすすめホテルをご紹介します!

こんにちは!海外旅行では滞在先にもこだわりたい派の台湾在住日本男子Mae(@qianheshu)です。

さて、これまでブログでも僕とボーイフレンドが出会った台湾各地のホテルやゲストハウスについてご紹介してまいりましたが、今回は特別篇。

ブログ記事をお読みいただいた台北の4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のご依頼により、宿泊レビューを書かせていただくことになりました!

とは言え、一宿泊客としてリアルな感想をシェアするのがモットーの僕。

事前に確認をとってみたところ「感じたままに書いていただいて結構です。」とのお言葉を頂戴しているので、その点は抜かりなくチェックを入れされていただきましたよ!

ただ、実際に宿泊した後の総合的な感想としては、お世辞抜きにとても快適な滞在に。

旅や出張の拠点として、心からオススメできるホテルにまた一つ出会うことができました。

よかった点や留意すべき点など合わせてまとめましたので、台北旅行の滞在先をお探しの方はぜひご参考いただければと思います。

 


シャトルバスやフィットネスルームも完備!きめ細やかなサービスと充実の設備。

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」夜のエントランス

「歐華酒店(リビエラホテル)」は、

林森北路と民族東路の交わる閑静なエリアに建つ4つ星ホテル。

 

日本からの旅行客も多く訪れるホテルとして知られており、

「家」にいるかのようなリラックス感を追求するきめ細やかなサービスは、

国内外からの高い評価を受けています。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」ロビーのチェックインカウンター

エントランスを入って目の前にあるチェックインカウンターには、

日本語の話せるスタッフさんが常駐。

 

初めて台湾を訪れる方や言葉の面で心配がある方も、

安心して利用できるのではないかと思います。

 

懇切丁寧に対応してもらえるので、何か旅の間に困ったことなどがあれば、

こちらのカウンターで何でも相談されてみてください。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」の無料シャトルバス時刻表

こちらのホテルは、台北市内の観光にうれしいサービス「シャトルバス」を定時運行。

 

迪化街や士林夜市、中正紀念堂、永康街、台北101…など、

市内の主要スポットへ無料で向かってくれるので、

上手に使えば効率的に観光を楽しめそうです。

 

利用したい場合は、発車時間の30分前までにフロントへ連絡を入れておきましょう。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」2階のビジネスセンター入り口

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」2階のビジネスセンター

2階は主に、披露宴などに使われる会場になっているのですが、

その一角にはビジネスセンターも附設。

 

打ち合わせやミーティングに利用できる会議室がセンター内にあるので、

ビジネスで台北へお越しの際にも活用できそうです。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」屋上・フィットネスルームのランニングマシン

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」屋上・フィットネスルームのダンベル

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」屋上・フィットネスルームのトレーニングマシン

屋上へ上がると、開放感抜群のフィットネスセンターも利用可能。

 

ランニングマシン2台にトレーニングマシン3台、ダンベル、ヨガマットなど、

軽く汗を流すにはピッタリの器材が整っていました。

 

旅行、出張を問わず、滞在のサポートをしてくれるサービス&設備は、かなりの充実度です。

 

ヨーロッパの香り漂うゴージャスな館内。エコな取り組みにも注目。

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のカフェスペース

サービス&設備の充実に加えて「歐華酒店(リビエラホテル)」もう一つの特徴なのが、

煌びやかな館内のデザイン

 

「南フランスの優雅」をテーマに、フランスの建築デザイナーが手がけたホテルの内部は、

素材や照明、調度品に至るまで、こだわりが感じられるポイントを

至るところに見ることができます。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」7階・曜廷花園(エグゼクティブガーデン)のエントランス

7階にある「曜廷花園(The Executive Garden)」は、

その特徴を一番に感じることのできるコミュニティスペース。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」7階・曜廷花園(エグゼクティブガーデン)のテーブル

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」7階・曜廷花園(エグゼクティブガーデン)のパソコン

赤レンガの床や壁にはめ込まれた花柄のタイル、

葉をモチーフにしたオブジェなどに見られる「西洋」と、

竹を敷いた天井や細かな装飾が施された木の椅子などに見られる「東洋」。

 

二つの文化が融合された空間には、台湾でもフランスでもない、

異国情緒漂う不思議な魅力が湛えられています。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」2階のソファ

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」ロビーの階段

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」館内に並ぶアート作品

館内には多くの絵画作品も飾られているので、各フロアを巡りながらアート鑑賞、

という楽しみ方も良いかもしれません。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」の屋上ガーデン

そして、「エコ」へのこだわりを垣間見られるのが、屋上に広がるガーデン

 

一面みどりに覆われたこのスペースでは、

館内のレストランで実際に使われる季節の花々やハーブ類を栽培するという、

興味深い試みもなされています。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」の屋上ガーデンに育つローズマリー

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」の屋上ガーデンに咲く花

レストランはディナーで利用させていただいたのですが、

このローズマリーと黄色い花(名前忘れました 笑)は、本当に料理へと生まれ変わって登場!

 

食材を館内で賄うというのは、確かに「究極のエコ」ですね。

 

また、建物に緑を取り入れることで、二酸化炭素の減少を手助けする効果も見込まれているそう。

 

雨水回収のシステムが設置されていたり、

それを利用した「自然のクーラー」効果でエアコン使用量を抑えるなど、

エコへの取り組みが積極的に行われています。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」の吹き抜け

館内吹き抜けに見られる緑も、作りものではなく本物の植物。

これらの取り組みが認められ、エコ関連の建築賞も受賞しているというから素晴らしいです。

 

広々快適。肩肘張らずリラックスできるエグゼクティブ・ダブル。

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルルームのエントランス

今回滞在させていただくのは、「エグゼクティブ・ダブル(商務房)」のお部屋。

エントランスとベッドルーム、2つの空間に分かれているのが特徴です。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルルームのテーブル

エントランスには大きなデスクが置かれていて、

パソコンを置いてもこんなに余裕しゃくしゃく。

 

スペースを存分に使え、Wifiもサクサクなので、気持ちよく作業を進めることができます。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルルームのミニバー

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルルーム備え付けのコップ類

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルルーム内のヨガマット

ミニバーに無料のティーバッグ、ミネラルウォーターはもちろんのこと、

ヨガマットまで用意されていたのにはビックリ。

 

確かにヨガくらいの軽い運動であれば、お部屋でも充分できそうなほど広々です。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルの窓側から見たベッドルーム

奥に進んでいくと、こちらはダブルベッドの置かれたベッドルーム。

 

カーペットのかわいい模様のおかげか、高級感がありながらもアットホームで、

肩肘張らずくつろげる空気感が絶妙です。

 

台湾では貴重な暖房も入りますので、意外と寒い冬の時期でも安心かと思います。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブル備え付けの雑誌類

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブル備え付けの体重計

日本語の台北観光情報雑誌や体重計、アイロン&アイロン台、バスローブにスリッパなど、

必要なものが何でも揃っているあたりにも、

「家」のコンセプトを大切にしている姿勢が伝わってきます。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルのバスルーム

バスルームは、鏡がたくさんあってキラッキラまばゆい空間に。

清掃は隅々まで行き届いているので、清潔感もバッチリです。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルのシャンプー類

シャンプー、リンス、歯ブラシ、カミソリなど、

アメニティも基本的なものは全て準備されています。

 

ユニットバスですがシャワーカーテンで仕切れるので、

シンクまでびっしょり、ということもありません。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルのバスタブ

と、ここまではお部屋の設備に大満足だったのですが、

唯一の残念ポイントがシャワーとバスタブ。

 

シャワーは、ちゃんと温かいお湯が途切れなく流れてはくれるのですが、水圧が弱め。

 

そして、せっかくのバスタブなので、存分にお風呂タイムを楽しもうと期待していたのですが、

栓の締まりが甘いのか、貯めたそばからお湯が流出してしまい…

 

シャワーだけで済ますのであれば問題はないかもしれませんが、

しっかり湯船で温まりたい場合は、継ぎ足し継ぎ足ししながらでないといけないので、

ちょっと面倒でもったいない気がします。

 

このバスルームの点だけは心残りながらも、それ以外はすこぶる快適に過ごすことができました。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルのベッドルーム

あと、インターネット上の評価で見られるように、確かに全体的に多少古さが見える部分もあり、

気になる方もおられるかもしれません。

 

が、僕はむしろその古さを逆に生かして、大切にメンテナンスされている良い印象を受けたので、

マイナス点ではないと感じました。

 

焼きたてのオムレツが絶品!ビュッフェ式モーニングもハイクオリティ。

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」内のレストラン

朝食は1階にあるレストラン「地中海牛排館 Mediterranean Restaurant」で。

部屋番号を伝えたら、スタッフさんの案内に従ってテーブルにつきましょう。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のビュッフェモーニング(野菜)

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のビュッフェモーニング(おかゆ)

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のビュッフェモーニング(サラダ)

ビュッフェスタイルのモーニングは、「洋風」と「中華風」をメインにしたメニュー構成。

 

蒸し野菜にウインナー、サラダ、おかゆ、蒸しまんじゅう、フルーツ…など、

豊富に揃っています。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のビュッフェモーニング(パン)

パンは、ホテル内にあるベーカリー「歐麗蛋糕坊 oeillet」で焼き上げたもの。

 

実際に店舗でも取り扱われているものばかりなので、

気に入ったものがあればベーカリーでの購入も可能ですよ。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のビュッフェモーニング(オムレツ)

オーダーすると、シェフがその場で焼き上げてくれる、たまご料理のカウンターも。

目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツなど、要望に合わせて作ってもらえます。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のビュッフェモーニング

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のビュッフェモーニング(オムレツ)クローズアップ

朝から思わずもりもりいただいてしまうほどに、どの料理も完成度の高いものばかり。

 

特に、ハムやチーズ、オリーブ、チーズなどをふんだんに使った、

具沢山のオムレツは絶品でした!

 

「歐華酒店(リビエラホテル)」周辺の見どころスポット。

台北・MAJI集食行樂(花博公園)のレストランエリア

「歐華酒店(リビエラホテル)」から歩いて向かえるスポットの中でも、

ぜひ訪れていただきたいのが、花博公園内にある「MAJI 集食行樂」

 

世界各国のグルメが集まったフードコートやレストランエリアの他、

台湾の特産品を集めたおしゃれなスーパーや、

青空市のブース(週末限定)と盛りだくさんなので、おみやげ探しにピッタリです!

 

台北・MAJI集食行樂(花博公園)の雑貨市

雑貨ショップがずらりと並ぶエリアもあるので、思わぬ掘り出しものを発見できるかも。

 

敷地内にあるクラブ「Triangle」では、

週末にゲイフレンドリーなダンスパーティーが催されることもあるので、

滞在の際にはぜひイベントスケジュールをチェックしてみてください。

 

台北市立美術館のエントランス

また、台北を代表する美術館「台北市立美術館」も、合わせてまわりたいスポット。

 

賑やかな外の空気とはまた違った、ゆったり静かな環境の中で、アート鑑賞。

 

旅の合間にそういう時間を少しだけ織り込んでみると、

よりメリハリのある観光が楽しめるのではないかと思います。

※現在(2018年2月)は改装のため屋外展示のみとなっています。2018年晩夏ごろより館内での展示が再開される予定です。

 

台北・晴光商圈の屋台街

そして、台湾ならではのローカルグルメを楽しみたいときは「晴光商圈」へ。

 

夜市ほど大きな規模ではありませんが、雞肉飯や麵線、豆花、フルーツなど、

リーズナブルにおいしいものがいただける屋台やお店が多く並んでいるスポットです。

 

現地らしい雰囲気も味わいつつ、ホテル周辺で手軽に食事をしたい時におすすめですよ。

 

ちなみに、ホテルのある林森北路は、

日本人向けの飲み屋さんが密集していることでも有名なエリア。

 

夜遅くまでのお付き合いを予定されているビジネスマンの方にも、

非常に利便性の高いロケーションではないかと思います。

 

「歐華酒店(リビエラホテル)」への行き方。

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」へのマップ

では、「歐華酒店(リビエラホテル)」へのアクセスをまとめます。

 

最寄りのMRT(地下鉄)駅は、淡水信義線の圓山駅(駅番号:R14)か

中和新蘆線の中山國小駅(駅番号:O10)の2つありますが、

今回は道のりがより分かりやすい「中山國小駅」からの行き方をご紹介しておきますね。

 

台北MRT中山國小駅1番出口

一番近い出口は、中山國小駅の1番出口。

ここから目の前の通り「林森北路」に沿って、まっすぐ歩いていけばOKです。

 

台北MRT中山國小駅1番出口前の交差点

駅から出ると目の前に横断歩道があるので、これを渡って右折しましょう。

 

台北聯合醫院林森園區

聯合醫院の「林森院區」が見えてきたら、その方向で間違いなしです。

 

台北の交差点・林森農安路口

「農安街」という通りとの交差点に差し掛かったら、

道の反対側に見えるセブンイレブンの方へ向かいましょう。

 

林森北路・華國大飯店(Inperialhotel)前

そのまましばらく歩くとホテルが一軒見えてきますが、

こちらは「華國大飯店」という別のホテルですので、お間違えのないよう。

 

もうしばらく、道なりに直進していきます。

 

林森北路・景福宮前交差点

大きな廟が見えてきたら、あと1ブロックです。

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」のエントランス

「民族東路」とのT字路にある白いエントランスまで来たら、ホテルに到着。

扉を入って目の前にチェックインカウンターがあるので、手続きに進みましょう。

 

駅からホテルまでは、徒歩で8~10分ほど

 

身軽な装備で散策へ出かける分には全く問題ないかと思いますが、

台北に到着したばかりで重い荷物など持っていると、

少し負担を感じる場合もあるかもしれないな、と実際に歩いてみて感じました。

 

状況によっては、タクシーを使うのも賢い選択かもしれません。

 

まとめ

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」の外観

今日は、台北の4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」をご紹介しました。

 

ポイントをまとめておくと、

 

よかった点

・親切丁寧できめ細やかな対応

・日本語が通じるフロント

・観光に便利なサービス(観光資料の豊富さ、無料シャトルバス)

・設備が充実(ビジネスセンター、フィットネスルームなど)

・ヨーロピアンで煌びやかなデザイン

・エコへの取り組みに積極的

・清潔感&アットホームなお部屋

・クオリティの高いビュッフェ式朝食

 

留意すべき(改善の余地ありな)点

・最寄り駅から若干離れている(徒歩8~10分)

・シャワーの水圧が弱め

・バスタブ栓のはまりが甘く、お湯が貯まりづらい

 

やはりバスルームの設備に関しては、少し残念な印象。

 

とは言え、親切なスタッフさんや充実のサービス、館内の美しいデザインなど、

総合的には非常に心地よい滞在を楽しめるホテルであるように思います。

 

また、今回は僕とボーイフレンドの2人で宿泊しましたが

「セクシャリティに関わらず、あらゆるお客さまを尊重し、歓迎いたします。」

とのお言葉もいただきました。

 

大切なパートナーの方とのご旅行の際、

心おきなくやすらげる点もとても魅力的かと思いますので、

台北旅行の際にはぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

Agodaなどのホテル予約サイトでは、おトクなキャンペーンが行われていることもあるので、

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

→ Agodaで「歐華酒店 リビエラホテル」の料金をチェックしてみる

→ Expediaで「歐華酒店 リビエラホテル」の料金をチェックしてみる

→ Booking.comで「歐華酒店 リビエラホテル」の料金をチェックしてみる

 

歐華酒店(リビエラホテル)
Address:台北市中山區林森北路646號
TEL:+886-2-2585-3258
Web:http://www.rivierataipei.com/jp/index.asp
Facebook:https://www.facebook.com/rivierataipei/

※予約シーズンや旅行出発までの日数により料金は変動する可能性がありますので、予約時には最新情報のチェックをお願いいたします。


スポンサーリンク


あなたにオススメの記事


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. sdxyt015 より:

    いつも拝見してます。初投稿させていただきます。次回5回目の訪台でぜひ宿泊しようと思っていたので、興味深く拝見しました。早速予約したいと思います!

    1. kazukimae より:

      本当に良いホテルでした。
      特に建物内のデザインがゴージャスで、「由緒正しい」という言葉がしっくりくるような、
      シックな雰囲気に満ちているところが素晴らしいです。
      ぜひ利用されてみてください!

  2. ジーニア より:

    ホテルの素晴らしさが伝わってきます。

    私の旅の性質上1人では絶対に一生泊まることはないと思いますが(笑)

    もし大切な人と一緒に台湾行くことになったら・・
    選択肢の一つに覚えておきたいです(^^)

    1. kazukimae より:

      「どこを撮っても絵になる」という感じで、お部屋でもリラックスして過ごせました!
      パートナーの方と台北にお越しの際にはぜひ。

コメントを残す

*