台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」。

スポンサーリンク

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルーム

「普通のホテルじゃもの足りない!」方にオススメ!台北で有形文化財に滞在する特別な旅を体験してみませんか?

こんにちは!デジタル化著しい現代社会に残るアナログかつ古いものに目がないMae(@qianheshu)です。

台湾には近年、昔ながらの建物を再活用するリノベーションブームが巻き起こっているのですが、台湾の古民家と聞くとまず思い浮かべるのは「台湾の京都」とも呼ばれる南部の街・台南。

前々から「老房子で寝泊まりしてみたい!」という思いはあったものの、台南まで足を運ぶ機会がなかなか取れず、ましてや発展の進む台北では出会えないのだろうな、とずっと悶々としておりました。

そんな折、台北のホテルをネットで調べていると目に飛び込んできたのが「OrigInn Space」というゲストハウス。

写真から伝わって来るレトロな内装や雰囲気はまさに、僕が憧れてやまなかった台湾の古民家!

1日だけでもいいから過ごしてみたい想いが爆発して止めようがなくなってしまったので、小旅行気分で足を運んでみることにしました。

今日は、台北で今一番ホットなリノベタウン・迪化街にある古民家ゲストハウスより、お泊まりレポートとお届けしたいと思います。


スポンサーリンク

 

カフェ併設の文芸青年御用達スポット。 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のエントランスに置かれた黒板

「OrigInn Space」があるのは、

台北の人気観光スポット・迪化街の入り口に面したところ。

 

木造のエントランスの前に置かれた黒板を見てみると、

ゲストハウスのはずですが「Coffee」の文字も見えます。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のロビー兼カフェ店内

実はこちら、1階は宿泊客以外にも開放されたカフェスペース。

 

到着した時にはちょうど、

中央の長テーブルに年配の方たちが集まってのワークショップが開かれていました。

 

コーヒを飲みながらパソコンを広げて、

作業に没頭する文青(文芸青年)たちの姿もちらほら見えます。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のカフェに並ぶ編みかご

カラフルな編みかごやバッグ、うちわなどちょっと珍しいアイテムも並んでいて、

なかなか賑やかな雰囲気です。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のカフェスペース

フロアの一番奥まで進むとカウンターがあるので、ここで宿泊に来た旨を伝えます。

 

予約はネットから入れていたものの、宿泊料金は現地での現金決済のみ。

到着する前に宿泊分の料金を準備しておき、チェックインの際に支払いを済ませましょう。

 

チェックイン時刻(15:00)より30分ほど早めに着いてしまったのですが、

快くお部屋への案内に応じてくださったオーナーさん。

 

スタッフさんもとてもフレンドリーなので、旅行中知りたいことがあれば、

何でも聞いてみると良いと思います。

 

レトロモダンな魅力満点のスタンダードダブル。

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」の2階ホール

ゲスト用のフロアは、カフェから階段を上って2階と3階に。

土足厳禁なので、靴を脱いでスリッパでおじゃましていきます。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルーム

案内していただいたのは、大通りに面した「スタンダードダブル」のお部屋です。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルームのダブルベッド

ダブルベッドは二人で寝転がっても十分余裕があるくらいにゆったりで、

硬すぎず柔らかすぎずのベストな寝心地。

 

高さ3m以上はあろうかという高い天井に加えて、

大きな窓が二つも付いているので、開放感はバッチリです!

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルームのシーリングファン

頭上からは、優雅に回転するシーリングファンの心地よい風が。

その機能もさることながら、古民家らしさを感じるインテリアとしても一役買っています。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのエアコン

ファンと冷房のリモコンはベッド脇の棚に揃えられているので、

過ごしやすい温度に自由に調節可能です。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」窓側から眺めるスタンダードダブルルーム

窓側からお部屋を眺めると、こんな感じ。

 

昔ながらの古き良き趣は残しつつも、築年数80年以上の年月を感じさせないほどにピカピカ。

まさに「レトロモダン」と表現するにふさわしい、おしゃれな空間に仕上がっています。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのソファとレコードプレーヤー

窓側に置かれた一人がけのソファのかたわらには、なんとLPプレーヤーが!

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのレコードプレーヤー

しかも、レコードは自分の好きなアーティストのものに変えてもらえますよ〜

 

ソファに腰掛けて、レコードから流れる音色に耳を傾けていると、

あまりの心地よさに、ついウトウトとしてしまったほど。

 

家でパソコンから鳴らすデジタルの響きとは、やはり一味違う感じがします。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのテーブル

お部屋の雰囲気にピッタリと馴染む、パイプ椅子と木造テーブル。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのテーブルに置かれた大稻埕観光マップ

テーブル上にはゲストハウスオリジナルの大稻埕観光マップや観光情報のパンフ、

本などが揃えられていました。

 

ちなみに、このかわいいマップは

日本人イラストレーターの方に描いてもらったものらしいです。

 

無料Wifiも完備されているので、

テーブルに座ってパソコン作業に没頭するにも全く不備はありません。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルームのサービスミネラルウォーター

ベッド前の戸棚に準備されているのは、

サービスのミネラルウォーターやティーバッグ、ポット、コップ類。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのタオル

おしゃれな編みかごに入ったタオル類と、

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのドライヤー

ヘアブラシにドライヤーもバッチリ揃ってます。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームのミニシンク

お部屋内にはミニシンクも付いているので、手洗いや歯磨きはこちらで対応できそうですね。

 

普通のホテルには備え付けられているテレビと冷蔵庫がありませんが、

古民家らしい滞在に集中するという意味では、ないのが正解かなと僕は感じました。

 

清潔感あふれるタイル貼りの共用シャワールーム。

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」の共用シンク

スタンダードダブルのお部屋にはトイレ・バスルームが付いていませんので、

共用のシャワールームを利用します。

 

こちらもお部屋と同じく、リノベーションがしっかり施されていて、とってもオシャレ!

掃除も隅々まで行き届いていて、清潔感が素晴らしいです。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のバスルームに置かれた茶籽堂ハンドソープ

ハンドソープには、台湾のコスメブランド「茶籽堂」のものが用意されていました。

 

自然由来の素材を使ったコスメは、使い心地はもちろん、

パッケージもデザインセンス抜群なので、台湾おみやげにオススメです。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」の共用バスルーム

グリーンのタイルが一面に貼られたシャワースペースも、モダンで可愛らしい印象。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」共用バスルームのシンク

シャワーの隣にももう一つ洗面台が備え付けられているので、

朝の時間帯など、他の宿泊客とうまくシェアしながら使いましょう。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」共用バスルームのシャワー

シャワーは、頭上から水が流れてくるひまわりタイプと手持ちタイプの2種類。

 

二人で一緒に入っても余裕しゃくしゃくなくらい広々としているので、

なかなかに贅沢なシャワータイムを満喫できますよ。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」共用バスルームのシャンプーとボディソープ

シャワースペースにはシャンプーとボディソープ、

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」共用バスルームに置かれたコットンと綿棒

コットンや綿棒も用意されています。

 

ただ、歯ブラシやひげ剃りは置かれていないので、

持参するか周辺のドラッグストアで調達しておきましょう。

 

有形文化財ならではの注目ポイント。

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」の廊下と階段

実はこちらの「OrigInn Space」、

有形文化財に指定されている初のゲストハウスとして注目されています。

 

普通のホテルでは味わえない古民家ならではの「味」を、

暮らすように肌感覚で体験できるのも、こちらに滞在するならではの大きな魅力ですね。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のある有形文化財「六館街尾洋式店屋」の外観

まず、一般的な台湾の民家とは全く異なる建物の外観。

 

壁の色に始まり、柱や屋根の装飾、きめ細やかな意匠を凝らしたレリーフたち。

 

日本統治時代に建てられたバロック様式ならではの「気品」を、

至るところから感じとることができます。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」の吹き抜け

また建物内部では、共用バスルームへと向かう廊下の途中に、空を望む吹き抜けが。

 

これは迪化街周辺の建物によくある特徴で、

台湾の古都・台南の古い建物にも同じような造りを見ることができます。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」共用バスルーム前廊下の手すり

吹き抜けの手すり一つにしても、このこだわり抜かれたデザイン。

レトロ好きな方なら誰もが、ツボをくすぐられるポイントではないでしょうか。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」の階段から眺める2階の廊下

そして、台湾の古民家といえば、壁や床の素材に使われる「磨石子(人造大理石)」

 

僕が住んでいるようなごく一般的な住宅だと、

階段も灰一色のコンクリートで非常に無機質なのですが、

青や赤、緑にほんのりと染まった磨石子がふんだんに使われているのは

古い由緒ある建物ならでは。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」階段の踊り場に飾られたグラフィックアートと緑

ここに植物や木のテクスチャが加わって、

「これぞ台湾の老房子!」なカラーリングが完成します。

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」スタンダードダブルルームの窓枠

お部屋の窓枠もアルミサッシではなく、100%木製。

 

窓の外にはめられている格子も単純な直線だけではなく、

ポイントで曲線や円形があしらわれていたりと、遊び心を感じるものになっています。

 

しかし、古い建物ということもあり防音性は考慮されていないので、

表通りの音がダイレクトに聞こえてくるのは難点。

 

ですが、それも含めての「有形文化財」体験。

 

古いものや昔ながらの文化に興味がある方なら、

必ずや心に残る特別な滞在になること間違いなしですよ!

 

「OrigInn Space」への行き方。

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」へのマップ

では「OrigInn Space」までの行き方をまとめておきますね!

 

MRT(地下鉄)の駅を出てひたすらまっすぐ歩いていけば辿り着けるので、

道のりとしてはすごく簡単。

 

徒歩5~6分の距離でアクセスも抜群です。

 

台北MRT(地下鉄)北門駅3番出口

最寄り駅はMRT松山新店線の北門駅(駅番号:G13)

 

北門駅は桃園機場線とも直結しているので、

台北到着時・出発時のどちらにおいても、とても便利な立地です。

 

台北MRT(地下鉄)北門駅3番出口前の交差点

北門駅の3番出口を出たら、目の前の交差点にある横断歩道を渡って「塔城街」をまっすぐ。

「迪化街商圈」への矢印付き道案内が出ているので、その方向へ向かっていけばOKです。

 

台北のバス停「聯合醫院中興院區(塔城)」

「聯合醫院中興院區(塔城)」のバス停を超えて、そのまま進んでいきましょう。

 

台北市の交差点「長安塔城路口」

「城市商旅 City Suites」が対面に見える交差点に差し掛かったら、あと半分ほど。

 

台北のバス停「南京西路口(塔城)」

さらにまっすぐ行くと二つ目のバス停「南京西路口(塔城)」が見えてきます。

ここも通り過ぎて、どんどん前進です。

 

台北の有形文化財「六館街尾洋式店屋」

すると「DECO COLLECT」と書かれた、ミルクティー色の建物が見えてきます。

ゲストハウスはこの建物と同じ並びにあるので、もうすぐそこですよ!

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のエントランス

黒板が立てられたこの木製のエントランスが見えたら到着!

ガラガラと引き戸を開けて、チェックイン手続きに入りましょう。

 

まとめ

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルーム

今日は、台北・迪化街のレトロモダンな古民家ゲストハウス「OrigInn Space」より

お泊まりレポートをお届けしました。

 

ポイントをまとめておくと、

 

良かったところ

・リノベ物件ならではのレトロモダンな雰囲気

・有形文化財に滞在できる特別感

・お部屋の設備が新しくて快適

・レコードが聞ける

・オーナーさん、スタッフさんがフレンドリー

・清潔感満点

・アクセス抜群(桃園機場線直結の北門駅より徒歩5~6分)

・観光に便利な立地(迪化街、寧夏夜市、台北駅へ徒歩圏内)

 

イマイチだったところ

・防音が弱い(建物内外の音が響く)

・夜ごはんの選択肢に限りがある

・朝食なし(周辺に朝ごはん屋さんアリ)

 

先ほども触れたとおり、古民家という特性上、防音が完璧でないのはやむを得ないでしょう。

 

台北駅最寄りの人気夜市・寧夏夜市「林記燒麻糬」の麻糬冰(おもち入りかき氷)

また、迪化街周辺のお店は18:00を過ぎると閉店するところが多いので、

夜の食事は他のエリアへの観光と合わせて済ませておくか、

徒歩圏内の寧夏夜市を利用するのがオススメ。

 

が、出費を厭わないのであれば、

お酒とともに楽しめるおしゃれでハイレベルなレストランはいくつかあるので、

ちょっと奮発して台湾の夜を楽しむのもアリかもしれません。

 

朝ごはんは付いていませんが、ゲストハウスの周辺にはビーフンや米苔目、サンドイッチのお店など、

朝早くからオープンしているお店がいくつかあるので、ご心配は無用かと思います。

 

普通のホテルでは物足りない方、あるいは、いつもの台湾とは一味違った滞在を楽しみたい方。

 

有形文化財指定の古民家を拠点に、

台湾の歴史に触れる特別な台北旅行はいかがでしょうか。

 

OrigInn Space
Address:台北市大同區南京西路247號
TEL:+886-2-2558-8843
Facebook:https://www.facebook.com/OrigInnSpace/

 

最後に料金ですが、今回宿泊したスタンダードダブルルームは一泊2,880元~(=約10,660円~)

 

1部屋あたりの料金ですので、

2人で宿泊した場合は1人当たり一泊1,440元~(=約5,330円)となります。

 

現地決済にはなりますが、予約は各ホテルサイトより可能ですので、

ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

→Agodaで「OrigInn Space」を詳しく見てみる

→Expediaで「OrigInn Space」を詳しく見てみる

→Booking.comで「OrigInn Space」を詳しく見てみる

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.7円で計算しています。(2017年7月現在)
※予約シーズンや旅行出発までの日数により料金は変動する可能性がありますので、予約時には最新情報のチェックをお願いいたします。

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→西門紅樓徒歩1分!ゲイフレンドリーホテル「町・記憶旅店」って?

→台北101至近距離!LGBTに人気のハイクラスホテル「Home Hotel」。

→台中旅行にオススメ!ムード満点な超おしゃれホテル「薆悅酒店 inhouse hotel」。

→海風吹きわたる台湾・高雄のLGBTフレンドリーホテル「塩旅社 Hotel Yam」。

→花蓮の古民家に暮らせる超癒し系ゲストハウス「桂憩 Sweet Olive」。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. ひろき より:

    こんにちは。この前メールさせてもらいましたが、コメントは初めてします!

    迪化街行きました!おしゃれなコーヒーショップがあるなーと思って前を通ったのですが、まさか取り上げられるとは!残念ながら訪れたのが朝の10:30頃で入るのは断念したのですが、中々レトロで良い雰囲気のお店だなと思っておりました!ぜひ次回機会があれば入ってみたいです!

    私は大橋頭駅から歩いて散策したのですが、途中で自分の名前と全く同じ漢字の店を見つけたり、観光客向けではなさそうなお茶屋さんに入ったら日本語が非常に上手な店員さんが居たりと、何だか妙に親近感の湧く町でした!

    ちなみに紹介いただいた淡水行きましたよ!水辺の穏やかな町で落ち着きました!今度は少し暑くない時期に行ってみたいものです・・・(> <;)

    1. kazukimae より:

      迪化街は新しくておしゃれなスポットがどんどんできているので、僕も最近はよく足を運ぶようになりました。
      台北で古民家に泊まれるのは本当に貴重なので、次回はぜひ立ち寄ってみてくださいね。
      淡水は逆に冬に行くとかなり寒いのでお気をつけください 笑

コメントを残す

*