スポンサーリンク


台東ならではの多民族文化に触れられるおすすめホテル「MATA家屋」。開放感抜群の広々ダブルルームとこだわりの朝食に大満足です。


台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」のエントランスに置かれたタオ族の船

台東ならではの特別な体験をされたい方におすすめ!宿泊しながら多民族文化に触れられるホテルでのご滞在はいかがですか?

こんにちは!ただいま台湾東海岸縦断旅行中、第一番目の都市・台東に滞在しておりますMae(@qianheshu)です。

台東へやってきたのは今回で3回目なのですが、実は台東市内のホテルに宿泊するのは今回が初めて。

せっかく滞在するのであれば「何か台東ならではの体験をできるところが良いなあ~」と思い探していたところ、「MATA家屋」と言うユニークなホテルに出会いました。

台湾東部は、阿美族(アミ族)、排灣族(パイワン族)、卑南族(プユマ族)などの方がたくさん暮らしている場所なのですが、こちらのホテルのポイントは、泊まりながらにして彼らの文化に触れられること。

その上、滞在しているダブルルームのお部屋も広々快適で、朝ごはんのクオリティにも大満足。

ホテルで過ごす時間も含めて、充実の台東滞在を楽しませていただいております。

今日は、台東市内旅行におすすめのホテル「MATA家屋」より、館内の様子や泊まってみての感想などをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


タオ族の船がお出迎え。多民族の文化がギュッと詰まったロビーフロア。

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の外観

「MATA家屋」は、台東市街はずれの閑静なエリアにあるホテル。

台東という土地に息づく、多民族の伝統文化に触れられる施設でもあります。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」のエントランスに置かれたタオ族の船

エントランスを入るとまず出迎えてくれるのが、

蘭嶼島のタオ族に古くから伝わる、大きな船。

 

頭としっぽの部分が空へと大きく伸びる特徴的な形状と、

白地に赤黒2色で描く細やかな装飾が施されたこの船は、

社会的な地位を象徴する持ち物として、重要な役割を果たしているのだそうです。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」エントランスの柱

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」のエントランスにある囲炉裏

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」のエントランスに置かれたソファ

石造りの床と柱に描かれた菱模様、

ソファにおかれたカラフルなクッションカバーなど、

それぞれの民族文化を伝えるアイテムが、ロビーエリアにはたくさん。

 

写真や絵画などの作品も展示されていて、

フロントをぐるっと見てまわるだけでも、おもしろい発見をいくつも得られそうです。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の販売アイテム

ゆかりのグッズはフロア内に展示されていて、購入も可能。

台東旅行のおみやげや、旅の記念としてもピッタリそうですね。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の無料レンタサイクル

他に、ホテルのサービスとして特筆しておきたいのは、

エントランスに並んでいる自転車。

 

こちらは、宿泊客が無料で利用できるレンタサイクルで、

チェックインカウンターにて、乗りたい時に登録用紙を記入すれば、

自転車のカギと交換してくれます。

 

台東は市内中心部と言えども、公共の交通手段はかなり限られるので、

自由に身動きが取れる足を確保できると、本当に重宝します。

 

大きな窓付きで開放感抜群!色使いにセンスが光る広々ダブルルーム。

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)のカードキー

お部屋へ入るには、チェックインの際に渡されたこちらのカードキーで。

ドアノブのセンサーにピッとかざせば、ドアのロックが解除されます。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)_1

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)_2

今回予約したのは、大きなダブルベッドが一台の「守護雙人房」

 

このベッドがまた、一人旅にはもったいないくらい大きくて、

二人ならず三人で寝転がっても充分なのではないかと思えるくらい広々。

 

ふかふかで、寝心地も抜群でした。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)_3

一番奥は全面ガラス張りの窓になっていて、開放感もバッチリ。

外からの光が、心地よくベッドルームを照らしてくれます。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)のランプシェード

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)のベッドランナー

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)のサンダル

お部屋内の調度品にも、伝統的な模様や配色を生かした、

カラフルなアイテムがあちこちに。

 

部屋ばき用のサンダルなど、思わず持ち帰りたくなるかわいさで、

購入しようかどうか切実に迷いました。

(お部屋に置かれているアイテムも、購入が可能です。)

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)のテーブル

ゆったりと使えるテーブルもあり、Wifiは各部屋独立になっているので、

ネット環境も申し分なし。

 

滞在中、パソコン作業に耽る時間もあるのですが、

作業はサクサク進めることができます。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)のトイレ

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の守護雙人房(ダブルルーム)のシャワー

バスルームは、バスタブなしのユニットバス。

 

シャワーとトイレの間には仕切りが設けられているので、

バスルーム全体がびっしょりになることはありません。

 

水はけも良好で、清掃もしっかり行き届いていました。

 

ただ、「MATA家屋」はエコホテルでもあるので、

歯ブラシ、歯みがきペースト、

ペットボトルのミネラルウォーターなどは置かれていません。

 

トラベル用の歯ブラシセットや、水筒をお持ちの方は、

あらかじめ準備されておくと良いかもしれません。

(エレベーターホールで、無料のウォータークーラーが利用できます。)

 

このお部屋には2泊していますが、本当に全く不都合な点はなく、

とても快適に滞在を楽しむことができています。

 

厳選メニューのビュッフェ式朝ごはんは、朝日の差し込むさわやかなダイニングで。

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」のダイニング

朝食をいただく時は、チェックインカウンターのあるフロアと同じ

1Fのダイニングスペースへ。

 

食事スペースや食材準備の都合上、7:00、8:00、9:00のいずれか1時間を

あらかじめ指定する形になりますので、

前日にカウンターで希望の時間を伝えておきましょう。

 

こちらもお部屋同様、一面ガラス張りの大きな窓から差し込んでくる朝日が心地よい、

開放感満点の空間。

 

平日利用だったからか、ほとんど貸切に近い状態で、

ゆったりと朝の優雅な時間を過ごすことができました。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」朝食ビュッフェのフルーツ

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」朝食ビュッフェのパン

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」朝食ビュッフェのオムレツ

ビュッフェ形式の朝食のメニューは、

パンにサラダ、フルーツ、スープ、ドリンクと、

洋風のシンプルなスタイル。

 

これにプラスして、焼きたてのオムレツが一品、メインとして付いてきます。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」朝食ビュッフェ

料理の種類こそあまり多くはありませんが、

食材そのものの持ち味を生かした上品なラインナップで、

とても洗練された朝食といったイメージ。

 

さわやかな雰囲気の中、ゆっくりと、そしてたっぷりと、

堪能させていただきました。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」朝食ビュッフェでいただける手作りドラゴンフルーツジャム

特に、手作りの火龍果(ドラゴンフルーツ)ジャムがお気に入りで、

甘さがプラスされている分、フレッシュのフルーツで食べるよりも、

おいしさが際立っていました。

 

旅のエネルギー、朝からしっかり充電させていただきました。

大満足です。

 

「MATA家屋」周辺の見どころは?

台東森林公園

台東森林公園の海へと続く遊歩道

ホテルの周辺にも見どころがいくつかあるのですが、

台東市内を代表する有名な公園「台東森林公園」

道を挟んですぐ目の前の最寄りスポット。

 

公園は全長2.5kmとかなり広大で、

敷地内では、まばゆい緑の木々や透明度の高い湖などが観察できる他、

台東の海へと繋がる浜辺へもおりて行くことができます。

 

台東森林公園の遊歩道

とにかく広いので、丸ごと巡りたい場合は、

エントランスにあるレンタサイクル屋さんや、ホテルの無料レンタサイクルを利用して、

自転車で巡るのが良いかと。

 

街の喧騒から少し離れて、

時間を気にせずゆっくりと自然と触れ合いたい時などに、

立ち寄られてみてください。

 

寶町藝文中心

台東の観光スポット「寶町藝文中心」

ホテルから歩いて10分弱の「寶町藝文中心」も、

お散歩がてら足を運んでおきたいところ。

 

木造瓦葺きの伝統的な日本家屋が見学でき、

台東に居ながら日本を感じることができる、貴重なスポットとなっています。

 

台東の観光スポット「寶町藝文中心」周辺に佇む日本家屋

寶町藝文中心の家屋には修復が入っていますが、

周辺に目を向けてみると、昔のままの家屋がそのままのこされているところも多数。

 

今も実際に市民が住んでいる家屋、誰も住まなくなって寂れてしまった家屋、

リノベーションを施して古民家カフェとして生まれ変わっている家屋。

 

状態には様々ありますが、かつて日本が統治していた時代の景色が、

まだこのエリアにはのこされていました。

 

鐵花村

台東・鐵花村のニュースポット「TTstyle」

また、街の中心部にある台東市内一のおしゃれスポット「鐵花村」へは、

ホテルの前に伸びる「中山路」をまっすぐ自転車で走って10分ほど。

 

コンテナを利用したカフェやバー、ショップが立ち並ぶ「TTstyle」や、

モダンなレストラン、手作りスイーツや雑貨を扱う屋外テントなども並んでいるので、

ショッピングや観光合間の休憩に向かわれるのがピッタリかと思います。

 

台東の観光スポット「鐵花村」のバー

また、鐵花村は「夜が本番」。

 

お昼には開いていなかったお店も開店準備を始め、

道ゆく人にパフォーマンスを披露するミュージシャンやアーティストも登場。

 

あちこちから音楽や歌声が響いてきて、耳を傾けながらドリンクを嗜むのが、

台東っ子お気に入りの夜の過ごし方のようです。

 

「MATA家屋」へのアクセス方法。

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」へのアクセスマップ

では、「MATA家屋」への行き方をまとめます。

 

今回は空路で台東に到着したので、

ここでは台東空港から公共の交通機関で向かう方法をご紹介します。

 

台湾・台東空港のバス乗り場

空港前のロータリーにバス乗り場があるので、

ここから「陸海空快線」という路線のバスを利用。

(写真のバスは、たまたまバス停に停まっていた別路線のものです。)

 

ホテルの最寄り駅である「森林公園」のバス停を目指します。

 

この路線は「台東火車站(台鐵台東駅)」にも立ち寄りますので、

鉄道で台東に到着された場合も、同じバス路線で向かえます。

 

台東森林公園前のバス停

「森林公園」で下車したら、実はもう到着したも同然。

 

台東森林公園前の横断歩道

目の前の「馬亨亨大道」という大きな通りを挟んで、

すぐ目の前に見えている建物が目的地です。

 

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」の外観

横断歩道を渡って、「MATA家屋」と書かれたエントランスが見えたら、

ホテルに到着!

 

建物内へ入って、チェックイン手続きへと進みましょう。

 

台湾・台東空港の外観

ただし、注意点が一つ。

 

台鐵台東駅から向かう場合は、「陸海空快線」のバスが

30分に1本ほどのペースで運行されているのでまだ良いのですが、

台東空港からは本数がかなり少なく、

飛行機到着時間によっては、次の便が2時間後(!!)ということもあり得ます。

 

バスの出発時間に合いそうにない場合は、

思い切って空港前のタクシー乗り場から、タクシーで向かうのが良いかと思います。

 

市内観光もそうですが、台東の公共交通はあまり発達しているとは言えないので、

レンタサイクルやタクシーをうまく活用しながら巡りましょう。

 

まとめ

台湾・台東市街のおすすめホテル「MATA家屋」のエントランスに置かれたタオ族の船

今日は、台東ならではの民族文化に触れられるおすすめホテル

「MATA家屋」をご紹介しました。

 

ポイントをまとめておくと、

 

良かった点

・台東に息づく各民族の文化に触れられる

・スタッフさんが親切

・無料のレンタサイクルが利用可能

・伝統の模様や配色にセンスを感じるユニークなインテリア

・採光良好な広々としたお部屋

・清潔感がある

・シンプルながらクオリティ◎な朝食

・最寄りのバス停から至近距離

 

留意すべき点

・台東市街中心部から距離がある

・周辺には何もない

 

留意しておくべきことは、主にロケーションに関することかと。

 

中心部まで徒歩で向かうにはかなり距離があるのと、

ホテル周辺にコンビニもないという環境をどう捉えるか、という点ですね。

 

バス停までは近いので、移動にはバスを利用する手もありますが、

本数はあまり多くないので、

その場合はスケジュールをしっかり立てておくことも大切になりそうです。

 

先ほども触れたように、

ホテルには無料のレンタサイクルサービスもありますので、

それを上手に活用するのもありかと思います。

 

とは言え、滞在環境としては本当に申し分なく、

台東の多様な民族文化を身近に感じられる点も非常にユニークで、

とても楽しい旅を体験できました。

 

台東のお気に入りホテルリストに加えておきたいと思います。

 

→Agodaで「MATA家屋」の料金をチェックしてみる

→Booking.comで「MATA家屋」の料金をチェックしてみる

 

MATA家屋
Address:台東市中山路10號
TEL:+886-934-0605
Web:http://www.matataitung.com.tw/
Facebook:https://www.facebook.com/MATARESORT/

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台北から台東へ最速で行く方法!台湾国内線に初搭乗してみました。

→台湾が誇る「緑の楽園」台東・池上ってどんなところ?

→台湾一の米どころ・池上で「池上3大弁当」を食べ比べてみた。

→池上から日帰りで行ける花蓮&台東の美景スポット2選。

→台北から花蓮・太魯閣(タロコ)への日帰り観光はどこまで楽しめる?KKdayの外国人限定1日ツアーで台湾東海岸への旅を体験してみました。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*