台北・迪化街でいただきたい3つの伝統台湾グルメ+1。

スポンサーリンク

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」の魷魚魚丸麵

伝統美食の宝庫!台北の有名レトロタウンで、おみやげ探しの合間に立ち寄りたいおすすめグルメ店をご紹介します!

こんにちは!昔懐かしの雰囲気に魅せられて、最近迪化街に入り浸っているMae(@qianheshu)です。

台北駅から徒歩圏内にある人気観光スポットとして知られている「迪化街」は、近年のリノベブームによってますますおしゃれな街に進化中。

数年前までは、旧正月前に開かれる「年貨大街」の時期を除けば、乾物や漢方のお店がずらりと並ぶばかりで賑わいに欠けるイメージでしたが、今や台北の文青(文芸青年)たちが集まってくる注目スポットに生まれ変わりつつあります。

その一方で、台北でもかなり早い段階に開けた街ということもあり、歴史ある料理店が今も多く軒を連ねている場所。

おいしいものをお目当てに集まってくる現地の方も少なくない、グルメタウンとしての顔も持ち合わせています。

今日は、そんな台北で今一番ホットなエリア・迪化街から、僕のお気に入り伝統台湾グルメをご紹介!

おみやげ探しで立ち寄る予定のある方、周辺エリアに滞在予定の方、レトロタウンで「台湾伝統の味に舌鼓」な旅はいかがでしょうか?


スポンサーリンク

 

お米を使ったふわふわ台湾麺の超人気店「永樂米苔目」

台北・迪化街の伝統グルメ店「永樂米苔目」の外観 

迪化街でよく見かける伝統グルメの代表格の一つとしてあげられるのが「米苔目」

 

「苔???何???そもそも、それって食べもの???」と、

名前だけでは全く想像がつきませんが、一体どんなものなのでしょうか?

 

迪化街でも指折りの有名店「永樂米苔目」で、確かめてみたいと思います。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「永樂米苔目」のカウンター

朝7:00から開いているこちらのお店は、朝ごはんに立ち寄る地元民も多く、

時間帯によっては席待ちの行列もできることがあるほどに人気。

 

特に並んでいなければ、そのまま店内へ入って行ってOKですよ。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「永樂米苔目」のメニュー

席に着くと、テーブル番号の書かれたオーダー表が置かれているので、

これに食べたいメニューの数を記入していきます。

 

値段は記入されていませんが、

各メニュー30~60元(=約110円〜220円)くらいには収まるので、ご安心を。

 

今回は、お目当ての「米苔目」と合わせて、サイドメニューも頼んでみようと思います。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「永樂米苔目」の米苔目(乾)

謎の伝統グルメ「米苔目(乾/30元=約110円)」の正体はこちら!

 

そうめんとうどんの中間ぐらいの太さで、お米を使って作られた麺の一種。

 

麺の中にたっぷりと空気が含まれているような、ふわふわでやわらかな歯ごたえは、

日本で馴染んでいた麺類のどれとも違う不思議な食感です。

 

ニラとネギ油をかけただけのスープなしタイプ(乾)と、

あつあつのおだしとともにいただくスープありタイプ(湯)の2種類があるので、

お好みに合わせて選んでみてください。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「永樂米苔目」の綜合切盤

米苔目に合わせてオーダーしたのは「綜合切盤(60元=約220円)」

 

ハツやホルモン、レバー、その他どこの部位かよく分からないものまで、

台湾ではポピュラーな5~6種類の豚のお肉が数種類盛られた一皿。

 

牛では食べたことがあっても、「豚」では食べたことのない方が多いかと思うので、

このチャンスに(?)ぜひお試しください。

 

ちなみに、「米苔目」は数ある台湾グルメの中でも、これまで僕が一番苦手だった食べものの一つ。

 

5年間台湾に住んでいて初めて「コレはっ!」という一碗に出会えたので、

このお店には特別な親しみを感じています。

 

永樂米苔目
Address:台北市大同區民樂街111號
TEL:+886-2-2553-2020
営業時間:7:00~18:00

 

あっさり味のつみれスープが朝ごはんにピッタリな「老阿伯魷魚焿」

 

夜になると多くのお店が早々に店じまいしてしまって、

食事どころを探すのに若干苦労する迪化街ですが、反対に朝は伝統グルメのオンパレード。

 

普通の朝ごはんとは一味違った珍しいメニューが揃っているので、

周辺に滞在する予定の方はぶらぶらと歩いてみるとおもしろいと思います。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」の外観

僕のお気に入りは迪化街の北側、MRT(地下鉄)大橋頭駅寄りのところにある

「老阿伯魷魚焿」

 

竹編のとんがり帽子をかぶった、おじさんのロゴが目印です。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」のメニュー写真

こちらのお店は、イカを使ったつみれスープ「魷魚焿」の専門店。

店頭には美味しそうなスープの写真が並んでいます。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」のメニュー

オーダーはメニューを見ながら、カウンターで。

とても正確な日本語の翻訳が付いているので、ご旅行中の方でも安心ですね。

 

スープのみはもちろん、麺の入ったタイプやごはんもの、小菜(小皿のおかず)など、

メニューの種類も豊富。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」の店内

オーダーを終えたら、お店の前に並んでいるテーブルに座って出来上がりを待ちましょう。

近所に住んでいるらしきおじさんたちが続々とやってくる、ローカル感もまた良しです 笑

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」の魷魚魚丸麵

今日は、イカのつみれと魚のつみれがダブルで入ったミックス類から

「魷魚+魚丸 油麵(70元=約250円)」を選んでみました。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」魷魚魚丸麵のクローズアップ

「朝から麺ってどうなの???」と最初は若干とまどいもあったものの、

実際に食べてみるとコレが意外にも朝ごはんにピッタリ!

 

おだしの効いた薄味のスープに柔らかめに茹でられた麺が、

目覚めたてのおなかにスッと馴染んでくれます。

 

台北・迪化街の伝統グルメ店「老阿伯魷魚羹」魷魚魚丸麵の魚つみれ

ぷりっとしたつみれたちも、とろみスープにベストマッチ。

 

イカのはじけるような食感はもちろん、魚のつみれの中から溢れ出してくる餡のうまみエキスに、

朝からすっかり悩殺されてしまいました 笑

 

地元の人たちに混じりながら、歴史ある街並みの中で朝ごはん。

台北旅行の思い出に残る、特別なワンシーンになること間違いなしです。

 

老阿伯魷魚焿
Address:台北市大同區迪化街一段226號
営業時間:7:30~14:30(日曜定休)
Facebook:https://www.facebook.com/pages/老阿伯魷魚焿/238606979534266

 

ぷるっぷる杏仁豆腐に行列のできる台湾式デザートの老舗「顏記杏仁露」

 台北・迪化街の伝統デザート店「顏記杏仁露」の屋台

迪化街を代表する超人気伝統デザートのお店といえば「顏記杏仁露」

 

布市場としてよく知られている「永樂市場」の入り口付近にあるので、

お買いものついでに立ち寄るのもおすすめです。

 

台北・迪化街の伝統デザート店「顏記杏仁露」の店内

店内はいつ来ても、ご覧のとおり満席状態。

 

特に週末ともなると、屋台の前に行列ができるほどの盛況になるので、

落ち着いていただきたい場合はお昼ごはん前の時間帯に来るのが良いかと思います。

 

台北・迪化街の伝統デザート店「顏記杏仁露」のメニュー

こちらでいただけるのは、「杏仁露」と呼ばれる日本の杏仁豆腐に近いスイーツ。

 

トッピングの種類によって7つのメニューに分かれているので、

お好みに合わせて選んでみてください。

 

台北・迪化街の伝統デザート店「顏記杏仁露」の綜合杏仁露(杏仁豆腐)

今回は、全種類のトッピングが一度に楽しめる「綜合(50元=約190円)」にしてみました。

ぱっと見はこんもり盛られたかき氷だけなので「おやっ?」と思われるかもしれませんが…

 

台北・迪化街の伝統デザート店「顏記杏仁露」の綜合杏仁露(杏仁豆腐)クローズアップ

スプーンですくってみると、氷の下からぷるっぷるの杏仁豆腐と豆類がたっぷり!

 

豆腐と言うよりも杏仁風味の寒天といった方が近いような、弾力のあるみずみずしい口当たり。

一口食べると、先ほどまでのうだるような暑さが嘘のように、スッと引いていきます。

 

夏真っ只中の台湾にお似合いのデザートは、途切れることのない行列にも至極納得のクオリティです。

 

顏記杏仁露
Address:台北市大同區迪化街一段21號
営業時間:8:30~17:30

 

高級マンゴーを使ったかき氷で人気急上中の「豐味果品 fflavour」

台北・迪化街のフルーツ専門店「豐味果品 fflavour」の外観

伝統グルメと言っていいものかどうかは分かりませんが、

迪化街に来たらぜひ味わっていただきたい超おすすめのマンゴーかき氷がありますので、

最後にご紹介しておきたいと思います。

 

リノベーションが進んでおしゃれタウンとして変身を遂げつつある、

迪化街北側エリアに軒を連ねる「豐味果品 fflavour」は、

台湾各地から選りすぐりの高級フルーツが集まる専門店。

 

台北・迪化街のフルーツ専門店「豐味果品 fflavour」の店内に並ぶ高級フルーツ

マンゴーや梨、ドラゴンフルーツ、アボカドにカカオまで、色とりどりの果物が整然と並びます。

 

店内にはカフェスペースも併設。

なんと、これらの新鮮&高級フルーツを使ったデザートをその場でいただけてしまうのですよ!

 

台北・迪化街のフルーツ専門店「豐味果品 fflavour」のカウンター

奥に進むとカウンターがあるので、まずはこちらでオーダーとお会計を済ませましょう。

日本語のメニューも置かれているので、黒板に書かれた漢字が分からない場合も問題なしです。

 

台北・迪化街のフルーツ専門店「豐味果品 fflavour」の店内

オーダーを済ませたら、カウンター横の階段から2階に上がってカフェスペースへ。

 

果物屋さんの店内とは思えないこの洗練されたデザインは、

ついつい長居したくなる居心地の良さです。

 

台北・迪化街のフルーツ専門店「豐味果品 fflavour」の芒果剉冰(マンゴーかき氷)

黄金色に輝く切りたてマンゴーがふんだんに盛られた

「芒果剉氷」は一碗220元(=約790円)

 

キレイな山型に盛られたかき氷はボリュームも満点なので、

2人でシェアしながら食べるくらいがちょうどいいかと思います。

 

台北・迪化街のフルーツ専門店「豐味果品 fflavour」の芒果剉冰(マンゴーかき氷)クローズアップ

かき氷ながら、あくまで主役はマンゴー。

 

マンゴーそのものの甘酸っぱさをうまく引き出すように、

粗削りの氷の粒に染みる黒糖の風味とのバランスが絶妙。

 

マンゴーかき氷天国・台湾と言えども、

これほどまでに気品漂う一杯に出会えるチャンスはとっても貴重です。

 

フルーツ専門店ならではのこだわりデザートを、迪化街グルメ旅のシメにどうぞ。

 

豐味果品 fflavour
Address:台北市大同區迪化街一段219號
TEL:+886-2-2557-6763
営業時間:10:00~19:00
Facebook:https://www.facebook.com/fflavour.blogspot.tw/

 

まとめ

台北の人気観光スポット「迪化街」の街並み 

今日は、台北・迪化街でいただきたい3つの伝統台湾グルメ+1をご紹介しました。

 

台北のグルメストリートというと「永康街」を思い浮かべる方は多いかと思いますが、

「迪化街」のグルメも粒ぞろい!

 

最近では、古民家ならではの雰囲気を活用した

おしゃれなカフェやショップもますます増えてきているので、

あと数年もすれば永康街にも負けないくらいの人気スポットに大変身を遂げているかもしれません。

 

台湾ならではの伝統の味を堪能したい方、他ではなかなか出会えないこだわりの一品をお求めの方、

台北随一のレトロタウンを歩きながら、穴場グルメを発掘してみてはいかがでしょうか。

 

▼魅惑の台湾グルメを眺めながら、旅への想いを盛り上げておきましょう!▼

 

台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」のスタンダードダブルルーム

「せっかくの台北旅行、普通のホテルじゃな物足りない!」という方におすすめしたい

迪化街のおしゃれなリノベゲストハウス「OrigInn Space」

 

有形文化財にも指定されている建築様式を間近に観察しながら、

レトロモダンな空間でタイムスリップしたかのような宿泊体験ができる

貴重なスポットです。

 

最寄り駅は桃園機場線とも直結しており、

アクセスが非常に便利なのも旅行者にはうれしいポイント。

 

詳しくは【台北・迪化街のおしゃれな古民家リノベゲストハウス「OrigInn Space」。】

にまとめていますので、ぜひ合わせてご参考くださいね!

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1元=3.6円で計算しています。(2017年8月現在)

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾おみやげ探しで回りたい台北・迪化街のおすすめ店5選。

→台北駅構内で買えるお菓子系台湾おみやげのオススメ5選。

→台北駅最寄りの人気夜市・寧夏夜市のおすすめ台湾グルメ4選。

→台湾旅行の前に知っておくと役立つ現地での金銭感覚のこと。

→台湾グルメって結局どれを食べておけばいい?と悩んだ時のオススメ10選。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. 張 郁婕 より:

    Kazukimaeさん、こんにちは。張と申します。(台湾人、レズビアン)
    突然ですが、私はいま迪化街である「阿嬤家」という博物館でボランティアカイトやっていますが、もしよければ、うちの博物館に来てもらいませんか。うちの博物館は慰安婦をテーマとして発足しましたが、人権や性なと様々な問題を組み込めて、もちろんセクマイに対しでもすごくfriendlyですし、
    もしよければ、一度だけうちの博物館に来て見ませんか。

コメントを残す

*