初めてのメンズ香水選びで感じた3つのこと。フレグランス探しに〇〇は参考にならないと悟りました。


ボーイフレンドのバースデープレゼントに選んだメンズ香水「BLEU DE CHANEL」手持ち

メンズ香水に興味を持ち始めたきっかけは?フレグランス選びに〇〇は参考にならない?初めての自分用香水を探す中で、感じたことをまとめてみます。

こんにちは!最近、好きな香り探しに夢中な台湾在住Mae(@qianheshu)です。

台北の街でも、良い香りを身にまとって歩いている男子が、ここ数年でグッと増えた印象。

僕はこれまで、香水とは全く接点のないまま暮らして来ましたが、1年ほど前に、香水に触れる「あるきっかけ」があり、その頃から気になり続けて、そわそわしておりました。

その湧いて来た興味に、ようやく向き合ったのが、ここ2〜3ヶ月になってからのこと。

自分は一体、どんな香りが好きなのだろうか?

いろいろなブランドのものを試して、自分の好みを模索していく過程の中で、たくさんの新しい発見がありました。

みなさんは普段、香水を使っていますか?香水選びに挑戦してみたことは、ありますか?

今日は、僕が初めてのメンズ香水選びで感じた3つのことについて、シェアしてみたいと思います。

 


香水初心者の僕が、メンズフレグランスに興味を持ったきっかけ。

ショートケーキ

僕が、香水に

興味を持つようになったのは、

 

およそ1年ほど前の

ボーイフレンドのバースデー。

 

彼のプレゼントを選んでいた時に

ふと、「香水はどうだろうか?」

と、思い浮かんだのです。

 

と言うのも、いつの頃からか、

ドラッグストアで買ってきた

スプレータイプのフレグランスを

使っていた彼。

 

バースデーを機に、

より本格的なフレグランスを贈って、

使ってもらうのも良さそうだな、

と、思ったのです。

 

台北・信義區にある新光三越の広場

調べてみると、

香水は確かに、

安いものではありません。

 

しかし、ハイブランドであっても、

手が届かないほど高価、

というものではなく、

 

むしろ、

大切な人へのプレゼントとして

贈るには、ピッタリなお値段。

 

ドキドキしながら、

デパートのコスメ売り場へ向かい、

 

店員さんに

アドバイスをいただきながら

購入したのが、

 

僕の人生初と言える

「香水」との出会いです。

 

プレゼントなので、

自分で使うものではなかったですが、

 

無事ボーイフレンドにも

気に入ってもらえたようで、

 

出かける前に

1プッシュしていく姿を、

今もよく隣で眺めています。

 

その様子を日常的に見ていると、

「自分でも使ってみたいなあ〜」

という気持ちが、

少しずつ芽生えるように。

 

そして、

ここ2〜3ヶ月くらいになって、

ようやく自分用のものを探し始めた、

という経緯があります。

1. 香水選びに「人気」は参考にならない。

メンズフレングランス選びに活用しているお試しサイズのサンプル香水

実際に試し始めて

真っ先に気づいたのが、

 

香水選びにおいては

「一番人気!」などの評判は、

ほとんど参考にならない
のだな、

と、いうこと。

 

「一番人気だから、

とりあえず、これを買っておけば

間違いないだろう!」

 

という気持ちで、

試すこともなく

いきなり1瓶買ってしまうと、

 

失敗する可能性が

大きいのではないかと思います。

 

もちろん、

他の人にプレゼントする際には、

人気は充分参考に

なるかもしれませんが、

 

自分用に選ぶなら、

やはり、まずは実際に試してみて、

 

人気のあるなしよりも、

自分の嗅覚を信じることの方が

よっぽど大事
だな、

と、思いました。

 

僕も最初はひとまず、

人気と言われている香水を

試してみたのですが、

 

あまりしっくり来なかったり、

好きだと思えなかったり。

 

逆に、ブランドの失敗作などと

言われているものの方が、

気に入ったり、好きだったり。

 

香りの好みって、

洋服と同じように

身にまとうものだからこそ、

 

きっと個人差が

ものすごく大きいのでしょうね。

 

「人気」があるかどうかは、

重要ではない。

 

自分がその香りを好きかどうか。

そして、合っていると思えるかどうか。

 

失敗もしながら、

自分で感じて選び取っていくのが、

 

お気に入りを見つけるための

最短ルートなのだろうな、

と、思います。

2. 香水をどこにつけるかは、一種の学問。

ボーイフレンドのバースデープレゼントに選んだメンズ香水「BLEU DE CHANEL」の吹き出し口

香水って、

どこにつけるかによっても、

感じ方が全然違う
んですね。

 

これも、

「どういう香らせ方をしたいのか?」は、

それぞれの好みや場面によって

違ってくるはず。

 

「〇〇につけるのがいい!」と、

紹介している記事も

本当にたくさんありますが、

 

やはり最終的には、

いろんなところにつけてみて、

 

自分が一番しっくりとくる箇所を

模索する他ない


と、感じました。

 

僕の場合は、

どうやら上半身だと、

香りを強く感じてしまうタイプ。

 

鼻との距離が近い分、

ダイレクトに届きすぎるのが

気になって、

 

洗って落としてしまったことも

あります。

 

そういう失敗もしつつ、

試してみた結果、

 

現在のところ

一番しっくりときているのが、

足首。

 

時おり、ふわっと感じる具合が

ちょうどよく、

 

左右の足首に1プッシュずつ、

つけるようにしています。

 

香水の種類「オードトワレ」

ちなみに、

僕が主に試しているのは、

香料の濃度が薄めの

「オードトワレ」。

 

同じオードトワレでも、

ブランドによって

香りの強さや持ちが違うので、

 

香水ごとにつける箇所を

変えてみるのも良さそう。

 

香水自体にも

たくさん選択肢があって

奥深いですが、

 

どこにつけるのかも、

探求する価値のある

奥深いものだと思います。


3. 突然、香りの好みが変わることもある。

台湾でよく見かける植物「麒麟花(ハナキリン)」の花

まだ香水を試し始めて

2〜3ヶ月ほどですが、

 

そんな短い期間の中でも、

ある不思議な体験をしました。

 

初めて試した時に、

「これは良い!」と思って、

定期的に使っていた香り。

 

それが、ある日突然、

本当に突然に、

「苦手」と感じるように

なりました。

 

「良い」とは思っていても、

実は「好き」までには

至っていなかったのか。

 

あるいは、

香りに飽きてしまったのか。

 

理由は定かではありませんが、

突然に「香りの好み」が

変わってしまうこともある
のだな、

と、実感しました。

 

容量2mlのお試し用サンプル香水

香水1瓶って、

一番小さなサイズでも、

30mlや50mlはあるはず。

 

僕は今は、

2mlほどのサンプル香水を

主に活用しているのですが、

 

もし1瓶買ってしまったら、

「本当に使い切れるのだろうか?」

という心配も湧いてきました。

 

すでに香水を使っているみなさんは、

どうですか?

 

香水って、最後まできっちり

使い切れるものなのですか?

 

使い切れなかった場合は、

どう活用していますか?

 

まだまだ初心者な僕は、

そんなところも、

気になり始めています。

まとめ

ボーイフレンドのバースデープレゼントに選んだメンズ香水「BLEU DE CHANEL」手持ち

今日は、

初めてのメンズ香水選びで感じた

3つのこと
について、

シェアしてみました。

 

これまでに試してみた香水は

20種類近くですが、

 

その中から、

好きになったのは、

2種類だけ。

 

お気に入りの香りに出会うのって、

思った以上に難しいのだなあ、

と、実感しています。

 

日本には、

いろいろなブランドの香水を少量ずつ、

定期的に試せる

サブスクサービスもあるようですね。

 

1瓶購入する前に、

まずはそういったサービスも利用して

少量で試してみるのも、

失敗が少なくなって、便利かもしれません。

▼ こちらの記事も、よくお読みいただいています!▼

→ メンズメイク初心者の僕が、アイテム探しから初挑戦。◯がメイクの超重要部位と思い知りました。

→ 台湾生まれのメンズコスメ「HODRMEN 男研堂」。LGBTフレンドリーブランドのお手入れアイテムで、ただいまうるおい実感中です。

→ スポーツ初心者だった僕がジム通いのために揃えた8アイテム。トレーニングの服装やストレッチ用グッズをまとめました。

→ 台湾発のおしゃれなプロテイン「戰神Mars」。マンゴーや烏龍ラテなど豊富なフレーバーで、おいしいジムトレライフ。

→ ジム通い3年の僕が、トレーニングへ行くやる気が出ない時に心がけている4つのこと。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*