スポンサーリンク


台北・行天宮5つのおすすめ台湾グルメ。占いとお参りを終えたらおいしい美食で腹ごしらえをお忘れなく!


台北・行天宮のおすすめグルメ店「果汁几」の生フルーツドリンク・Wー兩個世界

インスタで大人気の朝ごはん店や、あの有名映画にも登場するお粥やさんも!パワースポット・行天宮周辺は、美味しいものが密集するグルメ地帯ですよ!

こんにちは!台北のうだる様な暑さの中でも、夏バテ一つなく食欲旺盛なMae(@qianheshu)です。

さて、龍山寺と並ぶ台北の有名なお寺「行天宮」、台北旅行の行きたいところリストに入れておられる方も多いのではないでしょうか?

神様へのお参りはもちろんのこと、周辺には占いのお店もたくさん並んでいるとあって、日本からの旅行客にも人気の高いこちらのエリア。

たっぷりパワーをもらうのも良いけれど、忘れちゃいけないのはやっぱり、ここでしか食べられない美味しいグルメたちです!

周辺には「インスタ映えする!」と話題の美食を始め、伝統グルメ、スイーツのお店も盛りだくさん!

行天宮まで来たらぜひ、心だけでなく、お腹もしっかり満たしちゃってください!

ということで今日は、台北指折りのパワースポット・行天宮より、僕のおすすめグルメ店を5つご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


朝ごはんにピッタリ!とろける半熟たまごがインスタで話題のトーストサンド店『良粟商號』。

台北・行天宮のおすすめグルメ店「良粟商號」の外観

行天宮と聞くと何となく、

台湾の伝統的なグルメ店が集まっている光景を思い浮かべてしまいそうになりますが、

実は若者たちからの支持が厚い、モダンな注目のグルメ店も少なくありません。

 

その中でも、特に人気のお店として知られているのが、

こちらの『良粟商號』です。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「良粟商號」の店内

カフェやバルを思わせるおしゃれな店内は、いつ来てもほぼ満席状態な盛況ぶり。

食事時や週末には、お店の外に席待ちのお客さんが溢れることもザラにあります。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「良粟商號」のメニュー

『良粟商號』の看板メニューは、

台湾の朝ごはんとしてお馴染みの「吐司(トーストサンド)」

 

オーダーが入ってから炭火で焼き上げるこだわりのトーストには、

その味はもちろんのこと、他にも話題となっている「ある秘密」があります。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「良粟商號」の炭燒雞腿排吐司(炭焼きチキンエッグサンド)開く前

今回選んだのは「炭燒雞腿排吐司(75元=約280円)」

ペーパーに包まれたトーストを、切れ目の部分からオープンすると…

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「良粟商號」の炭燒雞腿排吐司(炭焼きチキンエッグサンド)の断面

半熟たまごの黄金色が彩る、鮮やかな断面が登場!

 

そう、これこそが、インスタで話題となっている一番のポイント。

 

タイムラインに流れてくる、この反則すぎるルックスに悩殺されて、

みなさん気づいた時には、お店の扉を跨いでいるのでしょう 笑

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「良粟商號」の炭燒雞腿排吐司(炭焼きチキンエッグサンド)クローズアップ

香ばしく焦げ目のついたこのパン生地も、ついつい写真に収めたくなる絶妙な焼き加減。

その上で、やわらかチキンに絡む半熟たまごが、滴り落ちんばかりのクリーミーさ。

 

チキンとたまご、パンという、たった3つの具材だけで

ここまで美味しく仕上げられるものなのかと、思わず驚いてしまう完成度の高さです。

 

そして、より台湾らしい風味を味わいたい方は、

あま~いピーナッツバターをプラスした、不思議なコンビネーションの

「炭燒花醬雞腿排吐司」もおすすめ。

 

他にも、朝ごはんにぴったりなメニューが揃っているので、ぜひ立ち寄られてみてください!

 

良粟商號
Address:台北市中山區松江路330巷8號
営業時間:7:00~14:00(土曜定休)
TEL:+886-2-2100-1177
Facebook:https://www.facebook.com/良粟商號-462103514208646/

 

台湾が舞台のあの映画にも登場!だしの効いたサバヒー粥が名物の『阿勳鹹粥』

台北・行天宮のおすすめグルメ店「阿勳鹹粥」の外観

行天宮周辺で台湾式のお粥を楽しみたいなら、吉林路にある『阿勳鹹粥』へ。

 

デカデカと「粥」の看板が出ているので、

遠くからでもすぐに発見できるかと思います。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「阿勳鹹粥」のメニュー

お店の入り口でオーダー表を受け取ったら、こちらに食べたいものの数を記入。

 

メニュー豊富で色々と気になるところではありますが、

お粥一椀だけでもかなりボリュームがあるので、充分お腹いっぱいになれます。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「阿勳鹹粥」の店内

オーダーを終えて店内を見回していると、

「うん???なんだか見覚えのあるような光景…」

 

どこで見たのか、記憶を掘り起こしているうちに、

目に飛び込んできた1枚の写真。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「阿勳鹹粥」の店内に貼られた俳優さんの写真

あれ?! これって、俳優の中野裕太さんと簡嫚書さん!?

 

そう、こちら実は、昨年2017年公開された映画

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。(雖然媽媽說我不可以嫁去日本)」

のロケ地になったお店でした!

 

そうか、道理でこのデジャブな感じ。

では、映画の中で茂木さんも食べていた、お粥の味は如何に?

 

一層、好奇心をくすぐられてきました。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「阿勳鹹粥」の虱目魚肚粥(サバヒー粥)

今回オーダーしたのは、台湾ではポピュラーなお魚・サバヒーがたっぷり入った

「虱目魚肚粥(130元=約480円)」

 

顔がすっぽり収まりそうなくらい、大きなお椀に入って登場です。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「阿勳鹹粥」の虱目魚肚粥(サバヒー粥)クローズアップ

脂ののったまろやかなサバヒーの風味はもちろんのこと、何と言ってもスープが格別。

 

魚の骨からとったというダシは、シンプルながらとても深みがあって、

ぱくぱくスプーンが進みます。

 

針しょうがでピリッと効かせたアクセントも絶妙。

 

食べきれるかどうか不安だった当初の心配も何処へやら、

気づけばすっかり空っぽになっていました 笑

 

映画のストーリーに想いを馳せながら、老闆こだわりの一杯を味わってみると、

美味しささらに倍増間違いなしです!

 

阿勳鹹粥
Address:台北市中山區吉林路240號
営業時間:11:30~14:30 / 17:00~0:00(日曜定休)
TEL:+886-2-2671-1577
Facebook:https://www.facebook.com/阿勳鹹粥-1437757706507895/

 

まるで豚骨ラーメン!? 素朴な台湾式麺がいただける隠れた名店『真味堂傳統意麵』

台北・行天宮のおすすめグルメ店「真味堂傳統意麵」の外観

インスタ映えまっしぐらな、超フォトジェニックなお店があると思いきや、

そんなのお構いなし(?)に昔ながらの趣で勝負するお店もたくさんあるのが、

行天宮エリアのおもしろいところ。

 

いかにも台湾らしい素朴な麺料理をいただくなら、

MRT行天宮駅3番出口からすぐのところにある『真味堂傳統意麵』へ。

 

すごくコンパクトでローカル感も満点なので、

穴場好きにはたまらないお店ではないかと思います。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「真味堂傳統意麵」の店内

周辺で働くサラリーマンから、近所に住んでいるらしいご家族、学生さんまで、

この多様な客層こそが、地元の人に愛されている証拠。

 

小さな店内で、相席になりながらごはんをいただくのも、

旅の良い思い出になるかもしれません。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「真味堂傳統意麵」のメニュー

「意麵」「米粉」「粿條」と3種類の麺がありますが、

イチオシはやはり、お店の名前にもなっている「意麵」。

 

「魚丸(魚のつみれ入り)」か「扁食(ワンタン入り)」、

「乾(スープなし)」か「湯(スープあり)」がそれぞれ指定できますので、

お好みに合わせて選ばれてみてください。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「真味堂傳統意麵」の魚丸乾意麵(スープなし魚のつみれ麺)

僕のおすすめは、魚のつみれ入りでスープなしタイプの

「魚丸乾意麵(50元=約190円)」

 

プラス10元(=約40円)で、魯蛋(煮卵)もトッピングしてもらいました。

 

このお店の意麵が少しユニークなのは、一般的な意麵に比べるとだいぶ細めで、

どちらかというとラーメンの麺に近い点。

 

タレと合わさると、スープのない豚骨ラーメンのような濃厚な風味。

 

福岡に住んでいた時によくバリカタで食べるのが大好きだった僕は、

一口でストライクゾーンに入りました 笑

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「真味堂傳統意麵」の魚丸乾意麵(スープなし魚のつみれ麺)クローズアップ

そして、この魚丸がまた絶品!

 

日本のお鍋に入っている魚のつみれのような、素材のうまみが生きた素朴な味がして、

ついつい懐かしさを感じてしまいました。

 

あまり目立たないお店だからと、侮るなかれ。

行天宮周辺で食べられるグルメの中でも、僕はこの一杯、かなりのお気に入りです。

 

真味堂傳統意麵
Address:台北市中山區錦洲路243號
営業時間:11:00~15:00 / 16:30~20:30(月~金 / 土曜午後、日曜定休)

 

ガイドブックにも引っ張りだこ!黒糖が香る台湾伝統かき氷の専門店『黑岩古早味黑砂糖剉冰』

台北・行天宮のおすすめグルメ店「黑岩古早味砂糖剉氷」の外観

行天宮エリアで、つめた~い台湾スイーツをいただくなら、

『黑岩古早味黑砂糖剉冰』は外せないところ。

 

地元のお客さんはもちろんのこと、ガイドブックにしばしば登場していることもあってか、

日本人のお客さんの姿も、このお店ではよく見かけます。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「黑岩古早味砂糖剉氷」のメニュー

入り口を入ったところの黒板にあるメニューを参考にしながら、

カウンターで直接食べたいものをオーダー。

 

日本語のメニューも用意されているので、中国語が分からない場合でも安心です。

 

今回は「黑岩八寶冰」をオーダーしてみます。

 

「甜度呢?(甘さはどうしますか?)」と聞かれたので、

ここは「正常(デフォルト)」でお願いしました。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「黑岩古早味砂糖剉氷」の豊富なトッピング

八寶冰という名前の通り、トッピングは8種類。

 

他のお店だと、すでにトッピング内容が決まっていることが多いですが、

こちらでは8種類全て自分で好きなものをチョイス可能!

 

カウンターに並ぶ色とりどりの食材の中から、

気になるものをどんどん盛ってもらいましょう。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「黑岩古早味砂糖剉氷」の店内

かき氷を受け取ったら、店内の空いているテーブルへ。

 

この日もお店に入った時にはまだまだ余裕がありましたが、

食べているうちにすっかり満席に。

 

特に週末は、席待ちしないと入れないほど賑わうことも多々あります。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「黑岩古早味砂糖剉氷」の黑岩八寶冰(8種トッピングの黒糖かき氷)

黑岩八寶冰は、直径25cmほどはあろうかという大きなお椀に、

雪山のごとくこんもりの、このボリュームで80元(=約300円)

 

現地の人はこれを1人でぺろりと平らげていたりしますが(!)、

相当ボリューミーなので、可能であれば2人以上でシェアするのがおすすめです。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「黑岩古早味砂糖剉氷」の黑岩八寶冰(8種トッピングの黒糖かき氷)クローズアップ

氷の下を掘り起こしていくと、惜しげも無く盛られたトッピングが出てくる出てくる!

 

濃ゆい黒糖シロップとの相性も抜群で、

どんな組み合わせにしてもハズレなしだから、これまた不思議です。

 

ちなみに、まだ食べてみたことはないのですが、

夏の季節は、黒糖シロップのかかった「マンゴーかき氷」も人気とのこと。

 

マンゴーの季節が終わらないうちに、また試しに来てみたいと思います。

 

黑岩古早味黑砂糖剉氷
Address:台北市中山區錦洲路195號
営業時間:11:00~23:00
TEL:+886-2-2536-2122

 

インスタ映え間違いなし!カラフル&キュートな生フルーツジュース専門店『果汁几』

台北・行天宮のおすすめグルメ店「果汁几」の外観

行天宮エリアでの食事のシメは、路地裏に突如出現する、

シャーベットグリーンの壁がかわいいドリンク専門店で。

 

『果汁几』の生フルーツジュースで、お口とおなかをリフレッシュしておきましょう!

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「果汁几」の店内

ニュートラルな色づかいで、ついつい長居したくなりそうな居心地抜群の店内。

 

フレッシュジュースのお店ながら、テーブルに座ってゆったりと過ごせるというのは、

なかなかレアなスタイルかもしれません。

 

僕もここに来たらよく、テーブル席でジュースを飲みながら、

読書に耽ったりしております。

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「果汁几」のメニュー

こちらのお店のメニュー、ネーミングもかなりユニーク。

 

「來自猩猩的你」、「浪漫醫生金師傅」、「孤單又燦爛的神-鬼怪」など、

韓国ドラマの中国語タイトルをもじった(あるいはそのまま)名前のドリンクが

たくさん並んでいます。

 

オーダーする時は、中国語の分かる人こそ、

ちょっとした恥じらいを感じてしまうかもしれません 笑

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「果汁几」の生フルーツドリンク・Wー兩個世界

こちらは、その名も「Wー兩個世界(130元=約480円)」

 

鮮やかなピンクの「ドラゴンフルーツジュース」、

淡いイエローの「バナナジュース」が二層に分かれていて、

この上なく色鮮やかな仕上がり!

 

台北・行天宮のおすすめグルメ店「果汁几」の生フルーツドリンク・Wー兩個世界(サイド)

ちょっとくるっと回してみると、側面には花咲くようなキウイの姿も。

かわいいインテリアをバックにパシャりとすれば、インスタ映え間違いなしです!

 

もちろん、そのお味もルックスに引けを取らない、高クオリティ。

 

果肉の食感をも楽しめるくらい、フルーツがふんだんに使われていて、

素材そのものの風味もしっかり。

 

ひんやり爽やかな口当たりで暑さを凌ぎつつ、ビタミン補給もバッチリ完了です!

 

休憩に立ち寄るにもピッタリですので、占いの後はこちらで、

先生から告げられた結果にウンウン悩むのも良いかもしれません 笑

 

果汁几
Address:台北市中山區松江路259巷22號
営業時間:7:00~14:00(土曜定休)
TEL:+886-2-2100-1177
Facebook:https://www.facebook.com/JuiceTea0225178086/

 

まとめ

台北・行天宮のおすすめグルメ店「良粟商號」の炭燒雞腿排吐司(炭焼きチキンエッグサンド)の断面

今日は、台北・行天宮5つのおすすめ台湾グルメをご紹介しました。

 

インスタで人気のトーストサンドもあれば、映画にも登場したお粥の名店があり、

一方で昔ながらの伝統的な麵の穴場店もある。

 

行天宮エリア一番の魅力は何と言っても、

グルメのバリエーションの豊かさにあるように思います。

 

こちらでご紹介した以外にも、まだまだ周辺にはたくさんのお店が並んでいますので、

気になるグルメを見つけたらぜひ、片っ端から平らげてみてくださいね!

 

くれぐれも、お参りと占いだけで帰ってしまうことのありませんように。

※記事中の日本円表記は1元=3.7円で計算しています。(2018年7月現在)

 

▼魅惑の台湾グルメを眺めながら、旅への想いを盛り上げておきましょう!▼

 

台北のおすすめ4つ星ホテル「歐華酒店(リビエラホテル)」エグゼクティブダブルの窓側から見たベッドルーム

次回の台湾旅行、どこに泊まるかはもうお決まりですか?

 

【台湾各地で出会ったおすすめホテル&ゲストハウス集。】には、

台北はもちろん、台中や高雄、花蓮など、僕とボーイフレンドが台湾各都市を旅する中で出会った

素敵なホテルとゲストハウスをエリアごとにまとめていますので、

旅の滞在先でお悩み中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

おまけ:本日の台灣男子

 

走在街上的時候,偶爾會看到把紅色小包掛在脖子上的台灣男子。原本以為是項鍊,但仔細看有點像日本神社可以買的御守,感覺不是單純的裝飾品。後來問我男友才知道,那個叫做「平安符」,直接戴在身上就有遠離危險、身心平安的效果。聽說在大都市比較少見,如果在台北遇到算很幸運喔~ 街を歩いていると、時たま見かける赤い小袋のようなものを首から下げている台湾男子。ネックレスか何かかと思ってよくよく見てみると、日本の神社で売っているお守りにそっくりで、どうやらただのアクセサリーではなさそう。ボーイフレンドに聞いてみると、これは「平安符」と言うもので、身につけておくと危険を遠ざけてくれる効果があるらしい。都市部ではあまり見かけないらしいので、もし台北で平安符をつけている男子を見かけたらラッキーかも? #本日の台灣男子 #平安符 #台灣文化 #傳統文化 #保佑平安

本日の台灣男子さん(@todaystaiwaneseboy)がシェアした投稿 –

 

『本日の台灣男子』は、僕が台湾の街で出会った台湾男子たちを、

思わず胸キュンしてしまったエピソードと共に、イラストで綴るインスタアカウントです。

 

時にかっこよく、時にかわいく、時にゆるゆるな台湾男子の魅力は、

ID:todaystaiwaneseboy に詰め込んでいますので、

ご覧いただけるとうれしいです!

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台北・中正紀念堂のおすすめ台湾グルメ店4選。ローカル美食の食べ歩きなら市内屈指の最適エリアです!

→台北・永康街のリーズナブル台湾グルメ5選。一人旅でも楽しめるおすすめ美食店を集めてみました。

→台北・東門エリアのおすすめグルメ集。永康街の外にも美味しいものが盛りだくさんです!

→台北101エリアのリーズナブル台湾グルメ3選+1。市政府駅周辺のおすすめ店を集めてみました。

→台北・迪化街でいただきたい3つの伝統台湾グルメ+1。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*