屋外読書に最高!Colemanの「インフィニティチェア」を買ってよかった6つのポイント。


折り畳んだ後のColeman「インフィニティチェア」で読書を楽しむ

屋外での読書を、もっとリラックスして楽しむために。アウトドア用品ブランド・Colemanの「インフィニティチェア」の魅力や、購入前に踏まえておきたい留意点をまとめてみました。

こんにちは!休日はもっぱら読書に耽るのが大好きな、台北在住Mae(@qianheshu)です。

僕が現在借りている部屋には、大きなベランダがあるのですが、最近はここで読書をするのがお気に入り。

台北のお天気も秋めいてきて、屋外で本を読むのが、心地良い季節になってきました。

実は、ベランダでの読書を始めてから、小さな夢だったのが、屋外読書を快適に楽しめる環境を整えること。

中でも「椅子」は最重要アイテムだと思い、ずっと座り心地の良さそうな椅子を探していたのです。

下調べを進めるそんな折に出会ったのが、Colemanの「インフィニティチェア」

体重を100%委ねて、とことん脱力できる座り心地に、「いいもの買ったなあ〜」と、実際に使い始めてからも、すごく満足しております。

今日は、屋外読書が心地良くなる椅子・Colemanの「インフィニティチェア」をご紹介したいと思います。

 


Colemanの「インフィニティチェア」が、我が家にやって来た!

Coleman「インフィニティチェア」のタグ

「Coleman」は、

アメリカ発祥の

アウトドア用品ブランド。

 

日本でも、

とてもよく見かけるブランドなので、

 

すでにColemanのアイテムを

使っているという方も、

多いかもしれませんね。

 

僕がまだ幼かった頃、

アウトドア活動が好きだった

お父さん。

 

そう言えば、

 

「家にも、Colemanの

キャンプ用品があったなあ〜」

 

という記憶が、

今ものこっています。

 

台湾で人気のECサイト「蝦皮商城」のトップページ

今回は、

オンラインで購入したのですが、

 

その時に利用したのが、

台湾ではとてもポピュラーな

ECサイト「蝦皮 Shopee」

 

蝦皮には「蝦皮購物」と

「蝦皮商城」の2つがありますが、

 

「商城」の方が

オフィシャル寄りで、

保障がしっかりしているので、

そちらから購入しました。

 

Coleman「インフィニティチェア」の梱包

オーダーしてから、

3〜4営業日ほど。

 

椅子が届いたのですが、

ダンボールからして、

なかなか大きい!

 

今暮らしている部屋は、

最上階の6階(エレベーターなし!)

にあるので、

階段で運ぶのがひと苦労でした 笑

 

ただ、下調べの際に、

「重い」という感想を

書かれている方が多かったので、

少し心配していましたが、

 

想像していたよりは

軽かったです。

(ジム通いの成果が出てきたかな 笑)

 

梱包を解いた後のColeman「インフィニティチェア」

ワクワクしながら梱包を解いたら、

いよいよ実際に

使ってみたいと思います。

Coleman「インフィニティチェア」6つのお気に入りポイントは?

1. 100%体重を委ねてリラックス。

Coleman「インフィニティチェア」のスペック

Colemanの

「インフィニティチェア」は、

耐荷量が、およそ100kg

 

リクライニングすると、

足が完全に地面を離れるのですが、

 

100kgまで耐えられる

がっしり感のおかげで、

安心して身を任せることができます。

 

また、シート部分の生地は、

弾力のあるバンジーコードを使って

張られており、

 

座った時のカラダへのフィット感も、

心地良さを高めてくれている

ポイントかと思います。

2. 空まで見上げられるリクライニング。

Coleman「インフィニティチェア」リクライニングなし
Coleman「インフィニティチェア」リクライニング中
Coleman「インフィニティチェア」リクライニング最大

「インフィニティチェア」は、

どこまでリクライニングできるのか

と言うと、

 

頭が完全に上空を眺められるまで、

しっかり倒せます。

 

最大限までリクライニングした

椅子に横たわると、

 

目に飛び込んでくるのは、

一面の空。

 

脱力して、

ぼんやり空を眺めていると、

すご〜くリラックスできますよ。

 

Coleman「インフィニティチェア」のレバー

ちなみに、

肘掛けの下についている

こちらのレバーを下ろすと、

 

リクライニングの

角度を固定することも可能です。

3. ヘッドレストの位置調整も自在。

Coleman「インフィニティチェア」のヘッドレスト

ちょうど頭のくる部分には、

ヘッドレストがついています。

 

「インフィニティチェア」の

ヘッドレストは、

位置の調節が可能

 

ひとりひとり

身長は違って当然なので、

 

自分の頭や首の

しっくりくる位置に合わせられるのも、

すごくありがたいです。

 

マシュマロのような

ぷにっと弾力のある感触が

また心地良く、

 

ついついうたた寝して

しまったこともあります 笑

4. メッシュ生地で通気性抜群、撥水性もあり。

Coleman「インフィニティチェア」のシート生地

長時間座っていても、

サラッと心地良い秘訣は、

シート部分の生地にも。

 

さすがは、アウトドアブランド

というだけあって、

生地は撥水性のある

ポリエステル製。

 

それでいて、

編み目が荒めのメッシュに

なっている
ので、

通気性もバッチリ確保されています。

5. 折り畳むと、コンパクトに収納可能。

折り畳んだ後のColeman「インフィニティチェア」の厚み

広げると大きな

「インフィニティチェア」ですが、

折り畳むと、かなりコンパクトに。

 

縦90cm×横70cm×厚み15cm

ほどにまで、

キュッとまとまってくれます。

 

20cmほどの隙間があれば

スルッと収まるので、

収納場所も見つけやすいかと

思います。

6. ハンドル付きで、持ち運び簡単。

折り畳んだ後のColeman「インフィニティチェア」
Coleman「インフィニティチェア」のハンドル

折り畳んだ

「インフィニティチェア」を

よく観察してみると、

 

側面に、

取ってのようなものが。

 

そう、折り畳んだ後は

このハンドルを握って、

片手でも持ち運びが

できる
ようになっています。

 

もちろん、約9kgと

それなりの重さはあるので、

長距離の持ち運びは厳しいですが、

 

収納場所からベランダまでや、

車のトランクまでくらいであれば、

移動も簡単です。

Coleman「インフィニティチェア」5つの留意すべきポイントは?

1. 折りたたみ状態からの広げ方に、コツが必要。

広げる途中のColeman「インフィニティチェア」

梱包を解いて、

初めて「インフィニティチェア」を

広げる時。

 

「ガバッと一気に開くのかな?」

と思ったら、

 

少し開いて

ロックされたように

動かなくなったので、

 

「もしや、壊れているのか?」と、

焦りました 笑

 

Coleman「インフィニティチェア」の広げ方

その後の研究(?)によると、

シート背中部分にあたるパイプと、

シート脚部分の

1本内側のパイプを握って、

 

左右に開くようにすると

スムーズに広がることが分かりました。

 

慣れるまでは、

ちょっとコツが必要かもしれません。

2. 手を挟みそうな箇所が複数。

Coleman「インフィニティチェア」に貼られた注意シール

下調べの際に、感想として

よく挙げられていたのが、

「手や指を挟みやすい」という点。

 

確かに、実際に使ってみると、

複数のパイプが

複雑に動作するので、

 

誤って

手を挟んでしまいそうな箇所が

結構あるなあ、

と、感じました。

 

折りたたみ状態から広げる際や、

リクライニングする際には、

十分に気をつける必要は

あると思います。

3. 背中と脚のリクライニングを、個別に調整はできない。

広げた後のColeman「インフィニティチェア」

「インフィニティチェア」の

リクライニングは、

 

背中部分と脚の部分が

連動しています。

 

ですので、

脚の位置はそのままで、

背中部分だけ倒す、

 

あるいは、

背中部分はそのままで、

脚の部分だけあげる、

 

と言った

個別の調整まではできません。

 

カラダにフィットするように、

ベストな角度を自動的に

整えてくれる意図が

あるのかもしれませんが、

 

どちらか一方だけ

しっくりこない時など、

不便に感じる場合も

あるかもしれません。

4. サイズが大きいので、ゆとりのある空間が必要。

Coleman「インフィニティチェア」リクライニング最大

「インフィニティチェア」は、

大人ひとりがゆったりと

座れる仕様なので、

 

当然ながら、

サイズはかなり大きめです。

 

最大までリクライニングすると、

縦170cm近くになります。

 

横幅はそれほど気になりませんが、

縦にながーくなるので、

空間にゆとりがないと、

使いづらいかもしれません。

5. 読書に使うなら、クッションなどがあった方が良いかも。

Coleman「インフィニティチェア」で読書

僕が「インフィニティチェア」を

買ったのは、読書用として。

 

座り心地は申し分ないのですが、

本を持つ手を置ける場所が

肘掛けしかないので、

手が疲れやすくなってしまいます。

 

解決策としては、

クッションを準備するのが

いいかと

 

僕は、

「インフィニティチェア」で

本を読むときは、

 

脚の上にクッションをおいて、

クッションの上に

本を持った手を置くと、

すごくしっくりきました。

 

読書用に新調したい方は、

ぜひふかふかのクッションも、

一緒にそろえてみてください。


まとめ

折り畳んだ後のColeman「インフィニティチェア」で読書を楽しむ

今日は、

屋外読書が心地良くなる椅子・

Colemanの

「インフィニティチェア」


を、ご紹介しました。

 

全体重を委ねると、

思わずうとうとしてしまって、

 

逆に読書がはかどらない(!?)

座り心地の良さ。

 

この椅子が

我が家に来てくれたことで、

QOLがググッとアップしたのは、

間違いありません。

 

僕は、

屋外で使う用に購入しましたが、

もちろん(空間にゆとりがあれば)

室内でも使用可能!

 

ゆったりリラックスできる

椅子をお探しの方は、

ぜひ選択肢に加えてみては

いかがでしょうか?

▼ こちらの記事も、よくお読みいただいています! ▼

→ 台湾生まれのメンズコスメ「HODRMEN 男研堂」。LGBTフレンドリーブランドのお手入れアイテムで、ただいまうるおい実感中です。

→ スポーツ初心者だった僕がジム通いのために揃えた8アイテム。トレーニングの服装やストレッチ用グッズをまとめました。

→ 台湾発のおしゃれなプロテイン「戰神Mars」。マンゴーや烏龍ラテなど豊富なフレーバーで、おいしいジムトレライフ。

→ 台湾在住・紙の本好きな僕が、電子書籍を読み始めて感じた4つのメリット。

→ 重いカバンを軽量化!台北在住の僕が新調した6つの持ち物。

 


SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*