スポンサーリンク


2018年 7月 の投稿一覧

台北・行天宮5つのおすすめ台湾グルメ。占いとお参りを終えたらおいしい美食で腹ごしらえをお忘れなく!

台北・行天宮のおすすめグルメ店「果汁几」の生フルーツドリンク・Wー兩個世界

インスタで大人気の朝ごはん店や、あの有名映画にも登場するお粥やさんも!パワースポット・行天宮周辺は、美味しいものが密集するグルメ地帯ですよ!

こんにちは!台北のうだる様な暑さの中でも、夏バテ一つなく食欲旺盛なMae(@qianheshu)です。

さて、龍山寺と並ぶ台北の有名なお寺「行天宮」、台北旅行の行きたいところリストに入れておられる方も多いのではないでしょうか?

神様へのお参りはもちろんのこと、周辺には占いのお店もたくさん並んでいるとあって、日本からの旅行客にも人気の高いこちらのエリア。

たっぷりパワーをもらうのも良いけれど、忘れちゃいけないのはやっぱり、ここでしか食べられない美味しいグルメたちです!

周辺には「インスタ映えする!」と話題の美食を始め、伝統グルメ、スイーツのお店も盛りだくさん!

行天宮まで来たらぜひ、心だけでなく、お腹もしっかり満たしちゃってください!

ということで今日は、台北指折りのパワースポット・行天宮より、僕のおすすめグルメ店を5つご紹介したいと思います。

続きを読む

台北から花蓮・太魯閣(タロコ)への日帰り観光はどこまで楽しめる?KKdayの外国人限定1日ツアーで台湾東海岸への旅を体験してみました。[PR]

KKday外国人限定「花蓮・太魯閣(タロコ)日帰りツアー」燕子口の谷間

台北を拠点に他都市への観光をお考え中の方へ。花蓮(太魯閣)に息づく世界遺産級の大自然を体験しに、日帰りでお出かけしてみませんか?

こんにちは!台湾国内旅行が大好きな台北在住日本男子Mae(@qianheshu)です。

今回は、台湾の旅行サイトKKdayからのご提供により、台北旅行と一緒に楽しみたい日帰り旅行のプランを体験させていただきました!

台北から日帰りというと、九份や平溪、基隆、宜蘭あたりがポピュラーですが、今回の目的地は台湾東部の街・花蓮。

「えっ!花蓮に日帰りで行けるの?」と思われた方は、すばらしい台湾ツウ。

現地に住んでいる僕の感覚から言いますと、花蓮へは日帰りで行くところというよりは「少なくとも1泊2日はほしい」と思うくらい、台北からは離れたところにあります。

しかし、そこが今回のプランのスゴイところ!

台湾の世界遺産候補とも言われている太魯閣國家公園(タロコ)をメインに、東海岸の雄大な自然の魅力がギュッ。

たった1日でも充分に、快適に、そしておトクに花蓮への観光を楽しめてしまいました!

今日は、実際に体験してみた当日の様子や感想などを織り交ぜながら、KKdayの『【外国人限定割引】台北出発:花蓮・太魯閣(タロコ)1日ツアー(飛行機利用)』をご紹介したいと思います。

続きを読む

台湾が舞台のおすすめ小説4選。脳内旅行やお勉強にコチラの作品を読まれてみては?

台湾が舞台のおすすめ小説4作品

台湾についてもっと深く知ってみたいという方、あの台湾旅行の雰囲気をもう一度体感したいという方。日本に居ながらでも台湾との繋がりを感じたいなら「小説」を読んでみるのはいかがでしょうか?

こんにちは!紙の本が大好きすぎて本棚が爆発気味のMae@qianheshu)です。

旅行者時代から現地在住となる現在まで、台湾とのご縁は数えること早8年となる僕。

もともと読書が好きなこともあって、初めての旅行で台湾に恋をして以来、台湾に関する本もたくさん手に取るようになりました。

昨今の台湾人気もあり、ガイドブックやエッセイなど、ジャンルも多岐に渡りつつある台湾関連の本ですが、今回は「小説」に関するお話。

翻訳書のみならず、日本でも台湾を舞台にした小説が発表されており、中には出版界の大きな賞を受賞する作品も。

エンターテイメント性はもちろんのこと、台湾現地の雰囲気を感じたり、国の歩んできた道のりを知るという意味でも、小説というカタチで日本でも広く親しまれていることは、台湾が大好きな日本人の1人としてもうれしい限りです。

そこで今日は、現地在住者としての目線も織り交ぜつつ、台湾を舞台にしたおすすめの小説作品を選んでみることにしました。

台湾リピーターの方はもちろん、まだ台湾へ行ったことがないという方も、ぜひ参考にしていただければと思います。

続きを読む

台湾のちょっと珍しい緑のマンゴー「烏香芒果」。真っ赤な愛文芒果よりも甘いって本当?

台湾のちょっと珍しい緑のマンゴー「烏香芒果」が熟れた後

マンゴー好きの方は必見!台湾のスーパーやくだもの屋さんで「緑のマンゴー」を見かけたら、超ラッキーかもしれません。

こんにちは!マンゴーの季節真っ只中の台湾で、マンゴー食べまくり中のMae(@qianheshu)です。

先日、台湾に来て初めて「マンゴーがまずい…」と思ってしまった出来事がありました。

スーパーに買い物へ行った時に、普段は並んでいない「烏香芒果」と札の立てられた、緑色のマンゴーを発見。

好奇心をくすぐられて購入してみたのですが、まるで育ちきっていないカボチャを食べてしまったかのような味と食感。

なかなか良いお値段したのに丸々捨てる羽目になってしまい、悔しい思いをしました。

しかし、後によくよく調べてみると、僕が正しい食べ方を知らなかっただけだと判明。

「もう一度リベンジを!」ということで、改めて情報をもとに食べてみると、その甘さ、香りともに驚きの一言。

一番有名な真っ赤なマンゴー「愛文芒果」とはまた違った魅力を目の当たりにし、新たなマンゴー世界への扉がひらけたような気がしました。

ではこの緑のマンゴー、一体どうやっていただけば良いのか?そして食べる際の注意点は?

今日は、台湾のちょっと珍しいマンゴー「烏香芒果初体験についてシェアしてみたいと思います。

続きを読む