発表!2017台湾4大LGBTプライド開催スケジュール。

スポンサーリンク

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2016に登場した巨大レインボーフラッグ

同性婚合法化が決まった2017年の台湾。LGBTプライドも史上最強に盛り上がること必至です!

こんにちは!あと3ヶ月もすれば台湾はプライドパレードシーズンに突入、時間の流れの速さにただただ驚くばかりのMae(@qianheshu)です。

昨年は花蓮、台北、高雄、台中の台湾4大都市でパレードを歩いてまいりましたが、またこの季節がやってくるのかと考えただけでも、期待で胸が高鳴ってきます。

8万人の参加者を集めた首都・台北の「台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)」は、アジア最大級の規模を誇る一大イベント。

台湾南部の都市・高雄の「高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)」も初の参加者1万人を記録し、各都市とも年々パワーアップの兆しを見せています。

海外からの参加者もますます増え、世界中から注目を集めている台湾のLGBTプライド。

今年もついに各都市のスケジュールが出そろい始めましたので、今日は2017年版台湾4大LGBTプライドの日程を整理してみたいと思います。

秋からの旅行シーズンは、多様な未来に向けて間もなく歴史的な一歩を踏み出す台湾で「同志遊行(LGBTプライド)」を歩いてみませんか?


スポンサーリンク

 

1. 花東彩虹嘉年華:9月23日(土)、9月24日(日)

花蓮彩虹嘉年華(花蓮LGBTプライド)2016でレインボーフラッグを掲げる先頭集団

今年で7回目の開催となる台湾東部の街・花蓮のLGBTプライド「花蓮彩虹嘉年華」

 

2017年は何と、イベント史上初の試みとなるお隣の県・台東との合同開催!

イベント名も「花東彩虹嘉年華」と改め、

土曜日、日曜日と2日連続で台湾東部がレインボーカラーに染まることとなります。

 

昨年参加させていただいたプライドパレードの中でも、特に感慨深かったのが花蓮のパレード。

 

規模こそ西部の大都市には及ばないものの、

「LGBTの存在をより多くの人に知ってもらいたい」というプライドパレードのルーツとも言える

心の叫びが、ひしひしと伝わってくるのです。

 

花蓮彩虹嘉年華(花蓮LGBTプライド)2016でステージに集合するイベントスタッフたち

毎年、地元の学生たちが主催となって執り行っており、

手作りならではの温もりが感じられるイベント構成。

 

パレード路線は支援をしてくださったお店を巡るように設定されており、

一軒一軒にお礼をしながら歩いていくスタイルは非常にユニークで、

感謝の気持ちを忘れないその姿勢には心打たれるものがありました。

 

花蓮彩虹嘉年華(花蓮LGBTプライド)2016でレインボーフラッグを振るパレード参加者たち

キリスト教を信仰する人が多い土地ということもあって、

現地に暮らすLGBT当事者にとってはまだまだオープンにしにくい環境にある台湾東部。

 

そんな中でも継続して7年間パレードを行って来られたのは、ひとえに主催する学生たち、

そして支持者たちに途絶えることのない熱量があったからこそに違いありません。

 

「何のために、歩くのか。」

 

LGBTプライドの基本を改めて思い出させてくれる花蓮&台東のパレードは、

2017年の先陣を切って9月に開催されます。

 

花蓮彩虹嘉年華(花蓮LGBTプライド)2016でしおりを配りながら歩くパレード参加者

2016年のイベントの様子は【台灣東部唯一のLGBTプライド「花蓮彩虹嘉年華」とは?】

ご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧くださいね。

 

花東彩虹嘉年華
開催予定日時:花蓮-2017年9月23日(土)/ 台東-2017年9月24(日)
Facebook:https://www.facebook.com/hlLGBT

 

2. 台灣同志遊行:10月28日(土)

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2016に登場した巨大レインボーフラッグ

2016年は参加者8万人を記録し、過去最大と言われていた規模をさらに拡大した

「台灣同志遊行(台灣LGBTプライド)」

 

台湾国内はもちろんのこと、海外からも多くの参加者が集まり、

イベント当日は首都・台北の街が一斉にレインボーカラーに染まります。

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2016で傘をさしてパレードする参加者たち

昨年はあいにくぐずついたお天気の中での開催となりましたが、

傘をさして練り歩くパレードの隊列で、片側4車線の道路すらも埋め尽くされる光景は圧巻。

 

同じ場所で20分近く立っていても人並みが途切れる気配は全くなく、

その賑わいぶりを目の当たりにする度、

アジアを代表するLGBTプライドであることを実感させられます。

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2016のゲイ向けアプリ「blued」パレードカー

マッチョなお兄さんたちがエールを送るパレードカーからは爆音のEDMが鳴り響き、

周辺はクラブさながらの盛り上がりに。

 

「LGBTプライドと言えばこれ!」といった感じの底ぬけな明るさは、

台北のパレードならではの魅力です。

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2016の会場

同性婚合法化決定のお祝いムードも追い風になり、

各都市のLGBTプライドの中でも特に賑わうことが予想される台灣同志遊行。

 

アジア最大級のパレードを歩きながら、台湾ならではのオープンな空気をぜひ体験してみてください!

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)2016でレインボーフラッグを纏うカップル

【参加者8万人突破!2016台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)を歩いてきました。】では、

2016年のパレードの様子をまとめていますので、参加前のおさらいにお役立てください。

 

台灣同志遊行(台湾LGBTプライド)
開催予定日時:2017年10月28日(土)
Web:http://www.twpride.org/
Facebook:https://www.facebook.com/Taiwan.LGBT.Pride

 

3. 台中同志遊行:11月18日(土)

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2016パレードの隊列

台湾中部の都市・台中では11月に

「台中同志遊行(台中LGBTプライド)」が開催されます。

 

昨年はおよそ6,000人の参加者が集い、

こちらも台北、高雄と並んで、台湾を代表するLGBTイベントとして浸透しつつあります。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2016パレードで記念撮影に応じる参加者たち

街の中心部を、90分ほどかけて練り歩く台中のパレード。

 

「多様性を認め合う社会」という共通の目標に向かって一丸となって歩く

一人一人の笑顔がはじけるようで、キラキラと輝くような空気感が近代的な街並みによく似合います。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)2016会場ステージで行われる参加団体のスピーチ

そして、台中LGBTプライドの注目ポイントとも言えるのが、

ゴール地点のステージ上で行われるパフォーマンスの数々。

 

台湾の著名アーティストたちも駆けつけ、「夕暮れのミニコンサート」が催されます。

 

パレードを終えた充実感に満ちた空気の中、

芝生の広場に座って美しい歌声に耳を傾ける時間は、まさに至福。

 

台北からも日帰りで行ける距離ですので、

台北旅行と合わせて台中LGBTプライドへの参加も検討されるのもオススメですよ。

 

台中同志遊行(台中LGBTプライド)
開催予定日時:2017年11月18日(土)
Web:http://tclgbt.blogspot.tw/
Facebook:https://www.facebook.com/TCLGBTPride

 

【2017.07.11追記】

当初お伝えしていた内容では、12月16日(土)の開催予定と発表されていましたが、

イベント会場手配の関係上、1ヶ月繰り上げた11月18日(土)での開催に変更されたため、

内容を更新させていただいております。

参加を予定している方は、改めて台中行きのスケジュール等ご確認ください。

 

4. 高雄同志大遊行:11月25日(土)

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016で高雄85ビルの前に差し掛かるパレード

台湾第二の規模を誇るLGBTプライドと言えば、南部最大の都市・高雄で毎年開催されている

「高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)」

 

昨年初めて参加させていただいたのですが、

LGBTプライド共通の精神でもある「多様性」というテーマを

最も身近に感じられる場面に多く出会えたのが、この高雄のパレードでした。

 

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016パレードで掲げられたプラカード「愛は差別より強い 結婚しよう!」

同性婚合法化を目指す「民法改正法案」への関心の高まりもあり、

高雄のパレードでも参加者数が急増。

 

2016年はついに1万人を突破し、

台北のパレードにも並ぶ勢いで成長を続けているイベントとしてますます注目を集めています。

 

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016のパレードで掲げられたプラカード「愛是人權」

台北のような「とことんお祭り騒ぎ」という雰囲気とは少し違って、

多様性のある未来を訴えようと、誰もが「伝えること」に対して非常に積極的。

 

台湾南部ならではの大らかさと同時に、

強いメッセージ性をも兼ね備えているのが高雄レインボーパレードの特徴です。

 

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016のパレードでレインボーフラッグを持って歩く親子

レインボーフラッグを持った子供たちと共に歩く親御さんの姿も多く見られるなど、

セクシャリティにかかわらず、コミュニティの垣根を越えて広く参加者が集まっていたのが

とても印象に残っています。

 

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016の巨大レインボーフラッグ

2016年に行われたイベントの詳細については

【1万人超の快挙!台湾第二のLGBTプライド「高雄同志大遊行」とは?】

でも記事にしていますので、11月に台湾南部を訪ねるご予定のある方は

ぜひご参照くださいね!

 

高雄同志大遊行(高雄レインボーパレード)
開催予定日時:2017年11月25日(土)
Web:http://khpride.blogspot.tw/
Facebook:https://www.facebook.com/KHpride4

 

まとめ

高雄同志大遊行(高雄レインボープライド)2016の会場で同性婚合法化を求めるパフォーマンス

今日は、2017年版台湾4大LGBTプライドのスケジュールを整理してみました。

 

今年は同性婚合法化への見込みが立ったということもあり、

例年にも勝るさらなる規模の拡大と盛り上がりが予想されます。

 

歴史的に大きな意味を持つこのタイミングで台湾のLGBTプライドに参加することは、

忘れることのできない貴重な思い出になること間違いなし!

 

台湾の参加者たちと肩を並べて、「アジア希望の星」のパワーを五感で体験してみませんか?

 

彩虹台南遊行(台南LGBTプライド)2015で孔廟に差し掛かるパレード

また上記以外に、2015年から2年連続で開催されている南部の街・台南のLGBTプライド

「彩虹台南遊行」も、この秋以降の時期で開催される可能性があります。

 

詳しい内容が発表になりましたら、こちらの記事内でも随時情報更新してまいりますので、

続報をお楽しみに。

 

▼LGBTプライド必須アイテムのご準備はお忘れなく!▼

 

それでは、今日はこのあたりで。

※イベント開催日時は変更になる可能性もありますので、旅行計画の際には各公式ページにて最新情報の確認をお願いいたします。

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾5大LGBTプライドに1年かけて全力参加してみました。

→同性婚合法化目前の台湾でゲイカップルの未来を想像してみた。

→国際ゲイカップルに同性婚合法化が必要なたった1つの理由。

→付き合って4年になる僕の台湾人彼氏を紹介します。

→アジア最高のゲイフレンドリー国・台湾で暮らす6つの方法。

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*