マレーシア・ジョージタウンの世界遺産ゲストハウス「Carnarvon House」。

スポンサーリンク

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」Kimberlyルームの窓

世界遺産で暮らす?ココならできちゃうんです!

こんにちは!「マレーシアよりも台湾の方が暑いじゃん!」という不都合な真実に、台北に戻って初めて気がついたMae(@qianheshu)です。

不思議なことに、台北の方が明らかに太陽の光が強烈!

さらにジメジメも加わって、どっちが「常夏」なのか分からないくらいです。

さて、【街全体が世界遺産!マレーシア・ジョージタウンの魅力とは?】でご紹介した通り、僕とボーイフレンドの2人は、マレーシアのペナン島にある「ジョージタウン」という街に滞在してきました。

街自体もそれはそれは息をのむように綺麗だったのですが、それをも凌ぐさらなる驚き。

僕らの泊まったところはなんと、「世界遺産ど真ん中」だったのです!

「眠る時間すらもが歴史体験になるゲストハウス」から、その魅力をレポートします!


スポンサーリンク

 

世界遺産の街のゲストハウス「Carnarvon House」。

マレーシア・ジョージタウン「リトルインディア」周辺の街並み

ジョージタウンは「街全体が世界遺産」というマレーシア・マラッカ海峡に面する古都。

 

そんな歴史ある街に滞在するのだから、普通のホテルじゃもったいない!

現地の人が住んでいるような、ローカルなところに泊まってみたい!

 

ということで、AirbnbAgodaを駆使して探し回っていたところ、見つけたのが…

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」の外観

今回のお宿「Carnarvon House」

 

掲載されていた写真が思い描いていたイメージにピッタリだったこと、

ちょうど街の中心部にあり観光にも便利だったことが決め手です。

 

ウキウキ気分で、ペナン空港からのタクシーに乗り込みます。

 

ジョージタウン式クラシック。

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」のエントランス

エントランスに入った瞬間、「ココで大正解!」と確信しました。

繊細な彫刻がほどこされた中華風の木の間仕切りや、みどりの鉢植えがおしゃれに並んだミニ中庭、

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」の吹き抜けホール

吹き抜けになった高い天井から、やさしく差し込む太陽の光。

 

これまでに泊まったどんなホテルとも、ゲストハウスとも違う。

「ホンモノの歴史」が詰まった空間。

 

到着早々「お〜っ!」「へぇ〜!」の連続です。

 

お部屋は2階にあるということで、靴を脱いで階段を上っていくのですが…

ここで、またまた未知との遭遇!

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」の渡り廊下

室内に「渡り廊下」出現です!

 

ゲストハウスとはいえ、一般市民の家の中に「渡り廊下」がある光景、

僕は生まれて初めてです!

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」Kimberlyルーム

そして、その渡り廊下を過ぎ、僕らが通されたのは「Kimberly」と名付けられた中庭に面した一室。

 

扉を開けてみると、落ち着いたカラートーンと、アンティークな木製の家具たちがお出迎え。

まさに「クラシック」を体現したかのような、気品あふれる空間です。

 

一目で、恋に落ちました。

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」Kimberlyルームの窓

窓を開けると吹き抜けの天井から太陽の光が、強すぎず、弱すぎず、

心地よいボリュームで部屋を照らしてくれます。

 

下をのぞきこんでみると、先ほどの中庭が上から眺められます。

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」のクラシカルな窓枠

なんと、窓枠も全て木製。

もう素敵すぎて、ため息がとまりません!

 

カフェスペースでモーニング。

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」のカフェメニュー

こちらの「Carnarvon House」、実はカフェもあるんです!

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」の中庭

エントランスを入った奥のスペースに、丸テーブルが3-4つ並べられていて、

ここで伝統家屋をじっくり観察しながら、しばし休憩も可能。

 

宿泊している僕らは、こちらのカフェで朝食をいただきます。

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」のホワイトコーヒー

席につくとまずやってきたのは、マレーシア名物「ホワイトコーヒー」

 

名前だけ聞くと白いコーヒーなのかと思いますが、本当はチョコレート色。

 

何でも、コーヒー豆を炒るときの製法が普通のコーヒーとは違うらしく、

炒り上がったコーヒー豆が薄色に仕上がることから、

「ホワイトコーヒー」と言われるようになったのだとか。

 

バターや練乳を入れて、あま〜く仕上げるのがマレーシア式。

 

朝から元気になれそうな、おすすめのドリンクです。

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」の朝食:ナシレマ

今日のメニューは「ナシ・レマ」

 

白いごはんの上に甘辛く煮たチキンと目玉焼きがのった、マレーシアの伝統ごはんです。

バナナの葉に盛り付けてあるところも、マレーシアっぽくてGOOD!

 

「朝からスパイシーなのはちょっと…」

 

と僕も一瞬思いましたが、不思議なことに箸が進む進む!

半熟たまごのマイルドさがミソかもしれません。

 

あっという間に平らげてしまいました。

 

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」の朝食

ちなみに、朝ごはんは日替わり。

僕らの滞在中には他に、トーストに炒り卵と言ったシンプルな朝ごはんもいただきました。

 

どちらも、大変美味でございました。

 

まとめ

マレーシア・ジョージタウンのゲストハウス「Carnarvon House」のオーナーさんと記念撮影

今日は、マレーシア・ジョージタウンの世界遺産ゲストハウス

「Carnarvon House」をご紹介しました!

 

もはや観光なんて投げ出して、

一日中ココで本でも読んでいたいくらい、離れがたくなる魅力満載なお宿でした。

 

オーナーさん(写真真ん中)も、とってもフレンドリーで、

現地の人ならではのオススメスポットや穴場グルメも教えていただきました。

 

短い間でしたが、ホントにお世話になりました!

 

他にも、無料で使えるウォータークーラー、旅行者どうしで交流できるパブリックスペース、

ランドリーサービス、観光情報… などなど、ゲストハウスとしての設備も完璧

 

ジョージタウンにご旅行なら、迷わず「Carnarvon House」で決まりです!

世界遺産で暮らす優雅な時間、あなたも体験してみませんか?

 

Carnarvon House
Address : 28 Lorong Carnarvon, 10100 Georgetown, Penang, Malaysia
Tel : +604 262 4682
Email : carnarvonhouse@gmail.com
Web : http://www.carnarvonhouse.com/
Facebook : https://www.facebook.com/carnarvonhouse

 

最後に料金ですが、今回Agodaを利用してKimberlyルームが1泊195MYR(=約5,500円)

2人で旅行したので、1人あたり98MYR(=約2,800円)とかなりリーズナブルに滞在できました!

さらにおトクに泊まれるチャンスも少なくないので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

→Agodaで「Carnarvon House」を詳しく見てみる

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の日本円表記は1MYR=28.5円で計算しています(2015年10月現在)
※予約シーズンや旅行出発までの日数により料金は変動する可能性がありますので、予約時には最新情報のチェックをお願いいたします。

Pocket


スポンサーリンク


あなたにオススメの記事


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*