スポンサーリンク


5年贈り続けて分かったホントに喜ばれる台湾おみやげ5選。

サニーヒルズ パイナップルケーキ
Pocket

意外に難しい台湾おみやげ選び、コレなら絶対沒問題!

こんにちは!現在日本に一時帰国中、完全なる観光客気分で休暇を満喫しているMae(@qianheshu)です。

空港から外に出てみると「あれ、意外と寒くない?」と、冬用コートは思わず脱いでしまいました。

さすがに「下が半パン」はやりすぎだったか、と若干後悔していますが。

さて、グルメ天国の台湾ではありますが、「おみやげ選び」となると、つい頭をひねってしまった経験はありませんか?

確かに、お菓子や食品など種類が少ないわけではないのですが、日本人の好みに合っているかと言われると、ちょっとクエスチョン。

「どんなモノなら喜んでくれるだろう?」と、僕も以前はよく悩んでいたものです。

しかし、旅行客として台湾に通いつめていた頃から数えること早5年、最近ようやく「日本人にピッタリのおみやげ」が分かってきましたよ!

そこで、今日は「ホントに喜んでもらえる台湾おみやげ」5つをご紹介!

「台湾旅行一番のお悩み」を今日は一挙に解決しちゃいましょう!


スポンサーリンク

 

その1. 台湾産お米。

台湾産お米

主食として日々必要なものを、おみやげにしてみたら喜んでもらえるのでは?

そんな発想から「台湾で穫れたお米」を友達たちに持って帰ってみました。

 

お米ならば、みんな食べなれていて抵抗もないし、自分で買うと決して安いモノとは言えないので、

「意外と良いかも!」と思ったわけです。

 

すると…

 

「米〜!マジで助かる〜!」

「へぇ〜 これは珍しい!ありがとう!」

 

などなど、予想通り…

 

いや、予想以上の大好評!

 

見慣れない台湾のお菓子をプレゼントするよりも、3倍は喜んでくれました!

 

花蓮や台東、宜蘭など、お米づくりの盛んな地域が多い台湾では、日本にも負けないくらいの良質なお米がたくさん!

最近では、1合分など少量をおしゃれにパッケージしたお米もあちこちで置かれるようになって、

実はおみやげには最適なんです!

 

日本のお米と食べくらべてみるのも、おもしろいかもしれませんね。

 

ちなみに、お米は帰国時には「持ち込み制限」があるので、税関と植物検疫で申請を忘れないように。

「1年間に1人100kgまで」と決められているようですが、おみやげで持ち帰る程度なら、余裕で免税範囲内に収まるはずです。

 

その2. 本場台湾麺。

 

牛肉麵、乾拌麵(台湾式まぜそば)、蚵仔麵線(牡蠣そうめん)…

台湾グルメの定番と言えば、「麺料理」ですよね!

 

そんな台湾本場の味を家庭でも楽しめれば、お料理好きの人に喜んでもらえそう!

 

台湾麺

ということで、刀削麵や關廟麵などの「乾麺」をおみやげに持って帰ってみました。

 

これは特に、一人暮らしの女の子やお母さんたちに好評!

台湾式のみならず「自分なりのアレンジを加えて食べられる」のがウケました。

 

僕がよく買って帰るのは「麺のみ」で6玉入りくらいのパッケージですが、スープやソース付きの乾麺もたくさんあるのでオススメ!

男の子にあげるなら、もっと手軽に調理できる台湾の「インスタントラーメン」なんかも喜ばれるかもしれませんね。

 

その3. 台湾茶。

台湾茶

台湾おみやげの定番中の定番は、何と言っても「お茶」

品質の良い茶葉が採れることで世界的にも有名なお茶の産地が、台湾全国にはたくさんあります。

 

「凍頂烏龍茶」、「台灣高山茶」、「東方美人茶」…

などなど、品種も豊富でどれにしようか迷ってしまうほどです。

 

台湾旅行の楽しみの一つに「お茶」を上げる方も多いですよね。

 

茶葉そのものをパッケージしたものと、手軽にお茶が淹れられるティーパックタイプのもの、好みに合わせて選べるのもありがたいところ。

何かとお茶を淹れる機会の多い職場へのおみやげや、お茶好きの年配の方へのプレゼントにピッタリです!

 

その4. 台湾式おせんべい。

 

「外国の食べ物が苦手」という日本の方は意外と多いもの。

そういう方へのおみやげには、「日本でもよく見かけて、味もほぼ同じ」、けれど「台湾らしさ」のあるモノを選ぶと、喜んでもらえる可能性がアップします!

 

例えば、僕のおじいちゃん、おばあちゃん。

 

これまで、いろいろな台湾のお菓子をプレゼントしてみましたが、どれもなかなかしっくりこない様子でした。

 

きっと、台湾式のお菓子の「見た目」「味」に慣れないのだな、と思い当たりました。

 

台湾おせんべい

そこで、今度は台湾のスーパーで売っていた「おせんべい」を買って持ち帰ってみました。

 

「見た目」「味」も日本のおせんべいとほとんど同じ。

けれど、パッケージにちゃんと「台湾らしさ」が出ていたので、「これならいけるかも!」と考えたのです。

 

すると…

 

「このおせんべい、イケる!」

 

と、これは大当たり!

 

普段なら食べずに残ってしまうものが、なんと今回は1日足らずで食べきってしまいました。

 

それからというもの、おじいちゃん、おばあちゃんへは毎回このおせんべいを買って帰ることにしています。

日本にも売っていて、パッケージだけ台湾のものになっている「有名どころのお菓子」というのもアリかもしれませんね!

 

その5. 微熱山丘のパイナップルケーキ。

 

台湾おみやげの一番人気といえば、やはり「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」

でもこの鳳梨酥、当たりハズレが結構大きいって知ってました?

 

メーカーによって、味が全然違うんですね。

 

こっちは甘みが強いけれど、あっちはちょっと酸っぱめ。

外側の生地もサクサクだったり、しっとりだったり。

 

人によって、好みがかなり別れてしまうんです。

 

そんな中、日本人旅行客に大人気なのが…

 

サニーヒルズ パイナップルケーキ

こちらの「微熱山丘(SunnyHills)」の鳳梨酥!

東京の南青山にも支店ができたことは、よく知られていますよね。

 

こだわりの素材を使って作られた鳳梨酥は、甘すぎず、酸っぱすぎず、何とも絶妙なバランス!

日本人の好みに合っていたことが、人気の秘密でしょう!

 

今回、マイマザーからの強烈な指令が下ったため、初めて購入して参りました。

 

この鳳梨酥なら、必ず「美味しい」と言ってもらえるはず。

 

僕もこれまで、鳳梨酥はたくさん試食して来ましたが、

コレはダントツに美味しかったです!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

「ホントに喜ばれる台湾おみやげ」5つのご紹介でした。

 

5. のパイナップルケーキ以外は台湾にあるデパートスーパーマーケットに行けば、簡単に見つけられるものばかりなので、おみやげ探しにぜひ利用してみてくださいね!

今日ご紹介した5つのおみやげを購入できるところを以下にまとめておきますので、ご参考までに。

 

これであなたも、台湾おみやげマスター(?)間違いなしです!

 

City Super
全聯福利中心 PX Mart
頂好 Wellcome
家樂福 Carrefoul
松青超市 MATSUSEI
微熱山丘 SunnyHills

 

それでは、今日はこのあたりで。

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾人御用達!台北旅行で重宝する「三種の神器」とは?

→九份よりロマンチック!?観光&デートに最適な台北・淡水って?

→人気夜市からLGBTカフェまで並ぶ台北・公館エリアとは?

→台湾No.1の夜遊び天国!台北101エリア「信義區」の楽しみ方。

→おしゃれゲイ御用達!流行発信地の台北・東區ってどんなとこ?

 

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*