付き合って4年になる僕の台湾人彼氏を紹介します。

スポンサーリンク

かわいいキャラクターが大好きな台湾人彼氏

好きも嫌いも分かった上で、僕たちはここまで4年間一緒に過ごしてきました。

こんにちは!台北に住んで5年目、台湾での国際恋愛も5年目に突入しておりますMae(@qianheshu)です。

長らくこのブログをお読みいただいている方はすでに印象があるかもしれませんが、僕には台湾に来てすぐに出会った彼氏がいます。

いつも「ボーイフレンド」という名で登場してもらっている彼は現在、台北からバスで1時間くらいの街・新竹で兵役中のためプチ遠距離な日々を過ごしております。

会えば会ったでよくケンカもするし、意見が食い違うことも少なくないですが、良いところも悪いところもお互いよく心得ているので、何だかんだで仲良く続いている感じです。

本音を言い合えるくらい仲が良い、というところでしょうか。

彼についてはブログによく出てくる割には詳しくお話ししたことはないので「どんな人なのだろう?」と思われている方もおられるかもしれませんね。

今日は少しだけ、僕の台湾人彼氏をみなさんにご紹介させてください。

これから台湾男子とお付き合いしようかな~というプランがある方は、もしかすると何かの参考になるかもしれません 笑


スポンサーリンク

 

超絶言語オタク。

マルチリンガルな台湾人彼氏

大学、大学院と「英語」を専攻していた彼。

英語でペラペラとコミュニケーションが取れるのはもちろん、映画は字幕なしで見られるし、

難しいビジネス雑誌は積極的に読むしと、レベルがハンパないです。

 

しかも、それだけじゃない!

 

韓国に交換留学していた経験があり韓国語も流暢、日本語で簡単な会話もでき、

中国語、台湾語も合わせればバイリンガルどころではありません!

 

さらに、驚くべきは学習の速さ。

 

いつも海外に行く1ヶ月くらい前になると張り切って現地の言葉を勉強し始めるのですが、

これがまたホントに使えるからスゴイです。

 

クアラルンプールでマレー語を使って食事をオーダーしたり、

ホーチミンでタクシーの運転手さんとベトナムポップスについてベトナム語でおしゃべりしたり。

 

現地の人もちゃんと彼の発音を聞き取れていて、

見事にコミュニケーションが取れてしまうのです!

 

とてもじゃないけど、僕には絶対にマネできない特殊能力の持ち主。

おかげで、彼と一緒に海外に行くと毎度大助かりしています。

 

持つべきものは「言語オタク」の彼氏です 笑

 

きちょうめん。

マルチリンガルな台湾人彼氏

彼は血液型検査をしたことがないので自分の血液型を知らないのですが、

僕が観察する限りは典型的なA型タイプです。

 

例えば、彼が僕の部屋に帰って来て一番最初にやること。

 

それは、服を着替えるでもシャワーを浴びるでもなく、「掃除」です。

 

帰りが夜遅くなった時でも、必ずほうきを持ち出して

部屋中を掃き清めるのが彼の日課となっています。

 

反面、正真正銘のA型のくせに超大雑把として名高い僕は、家事の中でも掃除が一番苦手。

彼が一歩僕の部屋に足を踏み入れた瞬間、

 

「きたない!!!」

 

と、「のだめカンタービレ」の千秋ばりにものすごいスピードで部屋をキレイにしてくれます。

 

僕があらかじめ掃除をしていても不十分らしく、自分でもう一度掃き始めるほどの徹底ぶりなので、

もう止めようがありません。

 

きっと、彼の目に僕は「のだめ」として映っているのでしょう 笑

 

飛行機のイラスト

他にも旅行に行く時など、宿泊学習ばりにプランを立てるのが好きな彼。

 

「〇〇に行ってXXを食べる!」

 

と予定を組んだら、多少疲れていようがお腹がいっぱいだろうが、

必ず〇〇に行ってXXを食べることにエネルギーを注ぎ込みます。

 

彼が下調べをしてくれていたからこそたどり着けた場所というのは確かにたくさんあり、

その恩恵を受けた旅は数知れません。

 

が、旅行の時までスケジュールに追われたくない派の僕。

 

行き当たりばったりな感じが好きなため、彼が綿密に立てた計画を気ままに変え続けてしまい、

旅先で修羅場に発展してしまうこともあります。

 

同じA型(たぶん)のはずなのにこんなにも違うとは、

血液型と性格はやっぱり関係ないのかもしれません。

 

かわいいものに目がない。

かわいいキャラクターが大好きな台湾人彼氏

これは台湾男子らしいなあと思うところなのですが、彼も例に漏れずかわいいものが大好き

 

特に、ぼーっとしていて気の抜けた感じのキャラクターものには目がなく、

買い物中にそういうグッズを見つけると決まって、

 

「いや~!!!これはかわ~い!!!」

 

と、これまた気の抜けた日本語を発して愛情表現をします。

 

愛おしそうなまなざしでジーーーーーッと見つめ続けるので、

ぬいぐるみが焦げ始めるかと思うくらいです。

 

最近すごく気に入っているらしいのが、白白日記というシロクマのキャラクター。

LINEのスタンプをちゃっかり入手して、会話の中でことあるごとに貼り付けてきます。

 

ついこの間はちょうど台湾の全家(ファミリーマート)で

「焼きいもを買うと白白日記スタンププレゼント!」キャンペーンをやっていたので、

僕が先に入手して貼り付けてあげると、LINE上で萌え狂っておりました 笑

 

柔らかくて、ぷにぷにで、ふわふわで、幼い感じの、そういうものがたまらなく好きみたいですね。

 

蚊が天敵。

 

僕は羽の生えた飛行能力を持つ虫がこの世で一番怖いのですが、

彼氏の場合は「バッタ、かわ~い!」とかいうくらいなので虫に対する苦手意識はあまりない様子。

 

ただ、あの一匹を除いては。

 

台湾人彼氏の天敵「蚊」

ぶ~んと耳障りな音を立ててすばやく飛び回る吸血鬼。

そう、「蚊」がこの地球上で一番の天敵なのです。

 

蚊にとって彼は一年に一回のクリスマスディナー的存在のようで、

僕がまったく問題ない環境でも、

彼はカラダ中10か所近く刺されているなんてこともしょっちゅうです。

 

だから「今日は天気が良いから屋外のカフェに行こう!」とか、

「ちょっと疲れたから公園のベンチで休憩しよう!」とこちらから提案しても、

 

「蚊に刺されるからダメ~!!!」

 

の一点張りで、外でジッとしている時間をとても恐れています。

 

一日が終わりベッドで寝ている時でも、羽音が耳に入った瞬間、

どんな真夜中であろうと飛び起きて電気を全開にする彼。

 

蚊取りラケットを振り回す台湾人彼氏

台湾の便利グッズ「蚊取りラケット」を部屋の中でブンブン振り回しながら、

蚊との格闘に躍起になります。

 

「大丈夫、きっとすぐいなくなるよ~」と眠い目をこすりながらベッドに戻るよう訴えたところで、

 

「ダメ!ゼッタイ!!!」

 

と、青少年啓発ポスターのようなスローガンを掲げて、完全に戦闘モード。

見つけて始末するまでは、全く寝ようとしません。

 

食われるクリスマスディナーの立場は分からなくもないですが、

おかげで夏に寝不足率が高くなるのは毎年恒例です。

 

とびっきりの優柔不断。

優柔不断な台湾人彼氏

僕の彼氏は、何を決めるにもとにかく迷う「優柔不断」を地でいくタイプです。

 

例えば、休日に遊びに行くところを決める時。

 

「今日はどこ行く~?天気が良いからサイクリング?それともちょっと寒いから温泉?

 あっ、でも午後から雨降るかもしれないから映画の方が良いのかな~?」

 

と、僕が迂闊にも一気に選択肢を与えてしまうと、

「考える人」像のごとく猛烈に頭を悩ませ始めます。

 

「う~ん、久しぶりに自転車乗るのも良いね!

 あ、でも寒そうだから温泉でゆっくりするのも確かにありかも。

 映画館なら温泉より行くの簡単だしそれもいいなあ… う~ん…」

 

5分くらい待ってもなかなか決めてくれないので、もしやホントはどれもやりたくないのかと思い、

 

「もし出かけたくないならお部屋でゆっくりするとか、

 うちの近くのカフェで本を読むとかでもいいよ?」

 

と、新たに提案してみると、

 

「ああ、いいねそれ!でも、せっかくのお休みだしなあ… う~ん…」

 

どんどん、どんどん深みにはまってしまいます。

 

そういう時に僕がしびれを切らして、「ねえ、今日はどうする~?」なんて催促しようものなら、

 

「待って!まだ考えてるの~!!!!!」

 

と、噛みつかれることもしばしばです。

 

このパターンを4年間で何百回も繰り返して、

彼のこの優柔不断は「優しさ」の裏返しなのだということがようやく分かってきました。

 

そのデリケートな優しさを無為につつき回すようなことをしたら、怒られるのもよく分かります。

 

なので、僕の方に絶対にやりたいことがあるときは

最初から「今日はコレがしたい!」と宣言するとか、

特に急いでいないときは彼にゆっくり考える時間をあげるとか、

最近はお互いうまく対処できるようになってきたのかなと思います。

 

お菓子に手が伸びる。

お菓子に目がない台湾人彼氏

ありがたいことに『にじいろ台湾』も多くの方に見ていただけるようになって、

このブログをきっかけにたくさんの方にお会いできるようになりました。

 

これまで実際にお会いできたみなさま、ご興味を持っていただき本当に感激です。

いつも皆さんからいただいている日本のお菓子は、彼氏にも大評判ですよ!

 

大評判すぎて、彼の胃袋に消えるスピードがハンパありません

僕が後でいただこうと思って大切にとっている分にまで、容赦なく手が伸びてきます。

 

寝る前だろうが、朝ご飯前だろうが、

 

「これを、一緒に食べよう!」

 

などと、僕も一緒に食べるという口実を作って、抜かりなくおやつタイムを楽しもうとします。

 

「夜に食べると太っちゃうよ?」と脅したところで、

 

「僕は、君がもし太くなっても、ずっと愛しているよー♥」

 

なんて、上手いこと言ってかわされてしまいます。

 

「後で食べるからいいよ。」とやんわり辞退しようものなら、

ものっすごく残念そうな悲しそうな顔をします。

 

このへんはもう、子供ですね。

まあ、そこがかわいかったりするのですが 笑

 

こういう経緯を経て、みなさんからいただいたものはいつも、彼の幸せの糧になっております。

 

朝ごはんへの飽くなき期待。

台湾式朝ごはんのイラスト

これも寝る前のお決まり(?)なのですが、眠りに落ちるか落ちないかの段階になると、

彼はいつも翌日への抱負を一言。

 

「…あぁ、朝ごはんが食べたい。」

 

と、十中八九このフレーズをつぶやいてから眠り始めます。

 

「いや、さっきおみやげのお菓子食べてたよね!?」とか、

「うち帰ってくるまでおなかいっぱいって言ってなかったっけ?」とか、

疑問はふつふつと湧いてくるものの、

この朝ごはんへの飽くなき期待はどうやら現在のおなかの具合とは関係ない様子。

 

無邪気すぎて、思わずキュンとなってしまう瞬間です。

 

台湾式朝ごはんのイラスト(飯糰)

ちなみに、彼が一番好きな朝ごはんは、台湾式おにぎりの「飯

白ごはんあるいは黒米の中に、朝ごはんでおなじみの揚げパンのような「油條」や、

お肉をふりかけ状に加工した「肉鬆」、

大根のお漬け物や煮卵などの具がぎっしり詰まっている食べものです。

 

夜に「朝ごはん」を持ち出す時は必ずおにぎりのことを指しているので、

ご機嫌を取りたい時には「明日の朝はおにぎり食べに行こう!」

と言っておけばまず間違いなしです 笑

 

もそうですが、彼が好きな食べものには、

端午節(端午の節句)の時に食べるちまきとか、食紅がた~っぷり入った真っ赤なおもちとか、

コンビニでよく売っている梅の粉末をラムネ状に固めた酸っぱいお菓子とか、

台湾の伝統的なものが多いです。

 

小さい頃の思い出の味らしいのですが、

申し訳ないことに「彼の好きな食べもの」≒「僕の苦手な食べもの」がかなりの確率で成り立つので、

良さを分かってあげることは未だにできていません。

 

まとめ

かわいいキャラクターが大好きな台湾人彼氏

今日は、付き合って4年になる僕の台湾人彼氏をご紹介しました。

 

4年も一緒にいると見た目も似てくるのか、

友達からも僕の母親からも「そっくりだね!」とお墨付きをもらうようになってきた僕たち2人。

 

とはいえ、中身はもちろん別々の人間なのでそれぞれの考え方があって当たり前で、

言い争いになることも少なくないですが、

そういう場面も日々乗り越えて関係は今も深まり続けています。

 

母性本能がくすぐられるようなキュートな部分もたくさん持ち合わせていて、

4年間付き合っていても変わらず「かわいい!」僕のボーイフレンド。

 

現在のプチ遠距離が終わったら彼もいよいよ社会人デビューなので、

これから2人の生活はどういう風になっていくのか、僕もすごく楽しみです。

 

この文章を書いていて、

「逆に、彼の目に僕はどのように映っているのだろう?」とふと気になったので、

今度帰ってきた時には聞いてみようと思います。

 

それでは、今日はこのあたりで。

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→かわいさ爆発!街角で出会える台湾男子の胸キュンスタイル集。

→台湾男子に思わず「かわいい!」を連発したくなる5つの瞬間。

→中国語で友達をつくるために知っておきたい「発音」のこと。

→こんなに違う!日本vs.台湾「オトコのカラダ」比べ。

→リアルなゲイのセキララな告白シリーズ

 

Pocket


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. nori sun より:

    うちの彼氏もラインスタンプの白白日記が好きだ!!!!

    1. kazukimae より:

      そうですか!僕もファミリーマートのプレゼントでもらってからヘビロテしてます 笑

  2. GAK より:

    なんだかイメージしていた通りの可愛らしいボーイフレンドさんでした!(笑) 長く続いていらっしゃってうらやましいです。これからも更新楽しみにしています。

    1. kazukimae より:

      そう言っていただけると、ボーイフレンドもきっとすごく喜びます 笑
      時々ケンカになって本音をぶつけ合うのも、実は長く続いている理由の一つなのかなと最近は思います。
      ずっと胸のうちに溜めたままにしていると、いつかは限界がくるものですし。
      これからもたまに彼氏との日常を書いていこうと思っているので、引き続きよろしくお願いします!

  3. j1 より:

    あーなんか解る気がする…台湾のコって食に対する貪欲さってすごいですよね。抜かりなき一食って感じだし、その優柔不断にしても解る気がします。きっと、最高の選択をしたいんでしょうね。日本人て、曖昧な返事をしてしまいがち(自分自身も)だからベストを尽くそうとしてるかも?なんて思うんですが、実のところもっと単純なのかも?と、台湾のコと接してて感じる事です。いつもブログ楽しみにしてます。

    1. kazukimae より:

      数日前に「食べることは健康への一歩、健康は孝行への一歩」みたいなお話をある人から聞いて、
      食べることが大好きなのはそういうところから来ているのかな〜と考えさせられました。
      優柔不断については、僕も「何もそこまで悩まなくても…」と思う瞬間はありますが、
      自分にも相手にも「今」を楽しんでほしいと願う台湾人ならではの優しさなんですね、きっと。
      いつもご覧いただきありがとうございます!

コメントを残す

*