スポンサーリンク


かわいさ爆発!街角で出会える台湾男子の胸キュンスタイル集。

台湾男子の胸キュンスタイル「夜市&小吃店のやんちゃ系スタイル」
Pocket

台湾男子の魅力全開!彼らのこんなスタイルに萌えちゃったことありませんか?

こんにちは!9月で台湾社会人生活も4年目に突入し、台湾人に間違われる比率が日に日に上昇中のMae(@qianheshu)です。

さて、今日は【台湾男子に思わず「かわいい!」を連発したくなる5つの瞬間。】に続く「台湾男子かわいい!」シリーズ最新作!

日々台湾男子のかわいさを多角的に研究している(?)Maeが発見した胸キュンスタイル」をご紹介したいと思います。

今度台湾に来たら、あなたもこんな男子たちに思わず胸キュンして人生が変わっちゃうかもしれません。


スポンサーリンク

 

雨の日スクータースタイル。

 

何度も台湾に来られたことのある方はすでにご存知かもしれませんが、

台湾はスクーター天国です。

 

学生さんもサラリーマンも、市場へ出かけるおじちゃんおばちゃんたちも、

みんなスクーターにまたがって道を急いでいます。

 

そんな台湾で、雨の日になると出没するのがこんなスタイルの男子たち。

 

台湾男子の胸キュンスタイル「雨の日スクータースタイル」

 

足先まで隠れそうな長〜いレインコートを着て、

なんだかおなかががっつり盛り上がっています。

 

もちろん食べ過ぎで太っちゃったのではなく、このふくらみはリュックサック。

 

背中に背負うとレインコートが窮屈になって動きづらいので、

前に抱えるように装着しています。

 

これにスクーターに乗るときのヘルメットを加えたら、

「雨の日スクーター」スタイルが完成。

 

なかなかの重装備なのでいちいち脱ぎ着するのが面倒なのか、

このままお店のレジに並んでいたり、

滷味店のテイクアウト待ちをしていたりします。

 

コンビニで初めて遭遇した時は、

 

「防犯カメラは見た!がついに現実に!!!」

 

なったのかと思いましたが、そういうわけではありませんので、

台湾で出くわしても落ち着いて対処してください 笑

 

ヘルメットとリュックで頭もおなかもぽっこりな台湾男子、

日本では絶対見られないマスコット的なかわいさに注目です。

 

台湾式イクメンスタイル。

 台湾男子の胸キュンスタイル「台湾式イクメンスタイル」

 

休日になると、うちの近くでよく見かけるのがこちらの

「台湾式イクメン」スタイル。

 

パパになった台湾男子たちは、ベビーカーに子供を乗せるのでなければ、

おなかの前で赤ちゃんを抱えて歩き回っています。

 

とは言っても、ずっと手で抱っこするのは疲れるので、前だっこ用ホルダー使用。

 

両手はプラプラさせながら、散歩や買い物に繰り出します。

 

確かに、このスタイルなら背中におんぶするよりは

常に赤ちゃんに目が届くし、何か起きてもしっかり守れるので

安心かもしれませんね。

 

「サンダルが果たして安全なのかどうか?」

 

という疑問は残りますが、幼い頃から訓練されたサンダル履きプロの台湾男子なら

きっと大丈夫なのでしょう。

 

パパも赤ちゃんも手足をぶら〜んとしながら歩いている姿は、

まさに「かわいさのダブルパンチ!」

 

毎日のように隣でそんな姿を眺めているママにとっては、

きっと至福のひとときに違いありません。

 

緊急冷却スタイル。

 

台湾の公園といえば、太極拳やダンスレッスンに精を出す中高年の憩いの場。

 

活気あふれる公園の中を歩いていると時折、

肌の比率が周りよりも多い男子たちがふらりと視界に入り込んできます。

 

台湾の夏は長くて暑いので、タンクトップにハーフパンツ、サンダルと、

もともと露出多めの台湾男子たち。

 

それでも暑さを我慢しきれない時は、

究極の「緊急冷却」スタイルが作動します。

 

台湾男子の胸キュンスタイル「緊急冷却スタイル」

 

なんと、タンクトップを胸の下あたりまでロールアップして、

おなか丸出しに!

 

ちょうど良くあぶらののった(←抱歉…)おなかがストッパーの役割を果たし、

体の芯から冷やしていこうという作戦です。

 

しかも、これをうちの中でやるのではなく、

公園や道を歩いている時の公共の場で大胆にやってのけます。

 

毎度このスタイルの男子に出くわすと、

 

「未知の生物、四號公園に出現!」

 

みたいなサプライズ感があり、ゆるキャラ風のルックスと相まって

不思議なうれしさがこみ上げてきます 笑

 

ちなみに、「緊急冷却」は40代以上がメインの支持層。

 

たまに、そういうおじいちゃんやお父さんに育てられた若い子もマネしてやってたりするので、

自分の目で確かめてみたいという方はぜひ観光の合間に公園をのぞいてみてくださいね。

 

爽やかランニングスタイル。

 

台湾に限らず、これは全世界的に共通の感覚ではないかと思うのですが、

男子の魅力が全開になるのは何と言ってもカラダを動かしている時。

 

そんな中でも、僕が一番キュンときてしまうのが

「ランニング」をしている男子とすれ違った時です。

 

台湾男子の胸キュンスタイル「爽やかランニングスタイル」

 

台湾でよく見かけるのは、腕にスマホを固定するためのバンドを巻いて

BGMをイヤホンで聞きながら走るスタイル。

 

タンクトップにショートパンツの動きやすい服装はもちろんですが、

中には本格的なランニングウェアやランニングシューズを購入して運動に励む男子も

たくさん見かけます。

 

実際にこの目で見たことはありませんが、皇居ランナーもこんな感じなのでしょうか。

 

僕のうちの近くは、「中和區の皇居」と言っても良いくらい、

夜になると公園の周りをぐるりと囲むようにランニングをする人たちで溢れかえります。

 

仕事終わりに公園を通り過ぎると、

街灯の光を受けて汗に濡れた肌を輝かせながら走る台湾男子たちがたくさん!

 

「これ以上にときめいてしまう場面って、

 もうありえないんじゃない?」

 

かと思うくらい、彼らの魅力が火花を散らしながら爆発している瞬間です。

 

これからみんなでバスケスタイル。

 

台湾の国民的スポーツといえば、サッカーよりも、野球よりもバスケットボールです。

 

町中のあちらこちらにバスケットコートが設置されていて、

夕方を過ぎて空気が涼しくなってくると、

平日休日を問わず練習や試合を楽しむ台湾男子たちで超満員になります。

 

台湾男子の胸キュンスタイル「これからみんなでバスケスタイル」

 

そういうお国柄を反映して、

もはや台湾メンズファッションの一ジャンルを築いていると言っても大げさではないくらい、

「バスケ」スタイルは男子の間で根強い人気。

 

林書豪に代表される有名バスケ選手のユニフォームと、

ゆったりめのハーフパンツに身を包んでバスケットコートに向かう姿は、

どこの街に行ってもよく見かけます。

 

自前か友達同士で一緒に購入したと思われる「マイボール」をネットに入れて、

意気揚々と出かける台湾男子たち。

 

友達と一緒にいる手前、ちょっとカッコつけた風に振舞っている感じも

男の子らしくて「かわいい〜!」と思ってしまいます。

 

ちなみにバスケをするしないに関わらず、

普段着としてバスケスタイルを採用する男子は相当数。

 

台湾男子っぽい装いにしたいなら、

バスケのユニフォームとハーフパンツを用意するのが一番の近道かもしれません。

 

青春の制服スタイル。

 

昨年台湾で大ヒットした映画「我的少女時代(私の少女時代)」がもうすぐ日本でも公開されますね!

 

台湾映画通の方はもちろん、台湾の作品は見たことがないという方の中にも、

映画館に足を運ぶのを心待ちにしている方は少なくないのではないでしょうか。

 

胸キュン間違いなしの青春ラブストーリーといえば欠かせないのは、

何と言っても主人公たちの「制服」姿。

 

台湾の中高生男子たちがどんな制服を着ているか、みなさんご存知ですか?

 

台湾男子の胸キュンスタイル「青春の制服スタイル」

 

台湾の制服といえば、一番の特徴は胸に刺繍された学生番号と名前。

 

カッターシャツの色が違ったり、ポロシャツになったりは学校によって様々ですが、

この刺繍だけはどこへ行っても必ずあります。

 

シャツに合わせるのは、ぴったりフィットな細身のパンツ。

 

これも学校によるのかもしれませんが、聞くところによると、

制服のパンツはややゆったり目の「ノーマルタイプ」とフィット感抜群の「スキニータイプ」を、

好みに合わせて選べるようになっているらしいです。

 

今は台湾でも細身のシルエットが人気なので、

「スキニータイプ」を履いている男子が大多数。

 

彼らが履いている靴も、

派手すぎないものであればスニーカーでも革靴でもOKみたいです。

 

制服に選択肢があるなんて、なかなか斬新ですよね。

 

あと、台湾男子のメガネ率が高いのは、

学校が終わったら終電近くまで塾通いをしなければいけない「勉強しすぎ」説が有力。

 

超学歴社会の台湾、学生さんも大変です。

 

ゆるゆるゴミ捨てスタイル。

 

【台湾男子に思わず「かわいい!」を連発したくなる5つの瞬間。】でも登場していますが、

台湾男子の素がこれほどはっきり見えるスタイルはなかなかないので、

ここでもう一度こちらをプッシュしておきます 笑

 

台湾では毎日、

街じゅうを走って回る収集車を追いかけて、

自分でゴミを投げ込まなくてはいけません。

 

この時、おそらく母親に、

 

「アンタ、ゴミ捨てくらい手伝いなさいよ!」

 

とか何とか言われて、ゴミ出しに駆り出される台湾男子が一定数いるのですが、

彼らの立ち姿はまさに「究極中の究極」

 

台湾男子の胸キュンスタイル「ゆるゆるゴミ捨てスタイル」

 

直前まで部屋で寛いでいたのであろうラフすぎる部屋着に、足元はサンダル

手にはパツパツのゴミ袋を提げて、

ちょっと面倒くさそうな表情を浮かべながら収集車をぼーっと待ち構える。

 

これはもう「かわいさ大爆発!」

 

完全なる素の姿が垣間見られる、非常にレアな瞬間です。

 

旅行中、運良くそんな場面に出くわしたら、あなたはもう「真の台湾の目撃者」ですよ!

 

夜市&小吃店のやんちゃ系スタイル。

 

観光客にとっても台湾に住む人にとっても、

ナイトライフにハズせないスポットといえば「夜市」

 

あたりに立ちこめるおいしそうな香りと賑やかな雰囲気を楽しみながら、

夜市で働く台湾男子にも注目してみましょう。

 

台湾男子の胸キュンスタイル「夜市&小吃店のやんちゃ系スタイル」

 

夜市や周辺の小吃店の店員さんといえば、

よく身につけているのが「〇〇夜市」の名前が入ったエプロン。

 

タンクトップ&ハーフパンツ、足元はサンダルという普段着に、

お釣りでポケットの膨らんだこのエプロンをプラスするだけで、

夜市の男に早変わりです!

 

夜市で仕事をする男子といえば、僕が感じるのはどことなく「やんちゃ」な雰囲気。

 

「俺、夜市でバイトしてるぜ!」

 

なんて学校で言うと、ちょいワルな存在として一目置かれるようになったりするのでしょうか。

 

大量の大腸麵線(豚ホルモンのそうめん)がなみなみ入った鍋を持ち上げたり、

炒めものでヘラを力強くかき回したり、力仕事満載な夜市のお仕事。

 

自然と鍛えられたたくましい腕は、思わずキュンとしてしまう男子のキーポイントですね。

 

ヘアースタイルもバッチリきめていたりすると、さらに好感度UP。

 

料理が美味しいのはもちろんですが、

お客さんも魅了する店員さんのイメージも夜市ではかなり重要です。

 

まとめ

 

今日は、街角で出会える台湾男子の胸キュンスタイル集をお届けしました。

 

ここでご紹介した8つのスタイルに共通しているのは、

どのスタイルもとってもナチュラルだという点。

 

生活をおくる上で自然発生的に生まれたものばかりなのですが、

その適度な「ゆるさ」みたいなものが、台湾男子のかわいさに通じている

のではないかなと、僕は思います。

 

いつか台湾にお越しの際には、

「そんなこと言ってるブロガーいたな」とほんのり思い出していただければ、

台湾の旅がもう一段おもしろくなるかもしれませんのでご参考までに。

 

また新たな胸キュンスタイルに出会ったら随時更新してまいりますので、お楽しみに!(?)

 

▼台湾をより深く知りたい時のバイブルと言えばコレです!▼

 

それでは、今日はこのあたりで。

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*