スポンサーリンク


同性に恋する僕が体験してきたリアルストーリー『誕生編』

スポンサーリンク

仲良く手をつなぐ小学生

セクシャリティをオープンにしてブログ書いている僕は、こんな幼少期を送っていました。

2012年9月から数えること台湾在住早3年、周囲からはもはや日本人扱いされなくなってきたMae(@qianheshu)です。

今日はみなさまのお耳 (目?) を拝借。

『にじいろ台湾』を書いている僕について、さらっと紹介させていただきたいと思います。

 

四国は「うどん国」生まれ。

『にじいろ台湾』作者:Maeの故郷

1987年1月、雪のしんしんと降る寒空のもと (イメージです)。

のちに台湾でMaeと呼ばれることになる男の子は、うどん国にて誕生しました。

 

消防士のたくましくてかっこいいお父さん、

企業事務職の世話焼きでかわいらしいお母さんの人生に、初めての子供として登場したわけです。

 

2年後には弟も誕生。

 

一緒に保育園に通っていた頃は弟を溺愛しており、

わざわざ弟のクラスまで行って、お昼ごはんを食べていたらしいです。

 

今の2人からは、つゆほども想像できませんが 笑

 

『にじいろ台湾』作者:Maeと妹の子供時代

Maeの誕生から8年後、末っ子の妹が誕生。

年が離れているだけあって、妹のことは可愛くて仕方ありませんでした。

 

ほっぺたのお肉が豊富だったことから、勝手に「ぷに子」と命名し、ぷにぷにして遊んでました。

 

ちなみに大人になった今も、なかなか仲良しです。

 

きつねうどんが大好物のMaeは、アトピーに悩まされながらも、

それ以外はおぴっぴパワーのおかげで至って健康に成長していきました。

 

女の子ばかりと戯れる幼少期。

『にじいろ台湾』作者:Maeの小学校時代

しかし小学校に入学すると、どういうわけか女の子とばかり遊ぶようになります。

 

校庭で一緒になわとびしたり、彼女たちの家でお絵かきしたり…。

 

それを心配してか、学校の先生からは

 

「女の子とばかり遊んではいけないよ。」

 

と、注意されるようになりました。

 

幼心にも、この先生の言葉はかなり強烈でした。

 

「先生の言うことは聞かなくてはいけない。」

 

当時はピュアだったMaeは「そういうものなのか」と、

理由は分からないまま素直に聞き入れたのです。

 

先生の忠告どおり、女の子といる時間も少しづつ減っていきました。

 

男の子の遊びが退屈?

小学校男子の遊び「バスケットボール」と「ミニ四駆」

ところが。

 

男の子とバスケしたり、ミニ四駆を走らせたりしても、

ちっとも楽しくないんですよね、これが。

 

何となく、なじみきれなかった。

 

女の子と遊んでる時のほうが10倍楽しかったんです、

本当は。

 

それに…

 

クラスメイトのサッカーが上手で人気者だった男の子。

 

その子とおしゃべりできたり、ふざけ半分で不意に後ろから肩抱かれたり…

それが特別にうれしかったわけです。

 

ただし、そこはまだまだお子ちゃまなMae。

それが一体何を意味しているのか、まだまだ知るよしもありませんでした。

 

次回は 同性に恋する僕が体験してきたリアルストーリー『初恋編』 です!お楽しみに!

 


スポンサーリンク



▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*