スポンサーリンク


恋人が思わず笑顔になるプレゼントを選ぶための4つの方法。

いさぎよくプレゼント
Pocket

大切な人からの贈り物、あなたはいくつ覚えていますか?

こんにちは!10月は「ボーイフレンドのお誕生日!」ということで、何贈ろうかな〜と頭をひねり中のMae(@qianheshu)です。

プレゼントを考えるのって、なんだかワクワクしますよね。

「どうやって相手を驚かそう?」とか「喜んでくれるかな〜」とか、渡すときのことを思うとすごく楽しみになります。

それと同時に「気に入ってくれるだろうか…」「ガッカリされないといいけど。」なんて、不安になるのも事実。

そこで今日は、恋人に喜んでもらえるプレゼントにするためのMae式アイデアをみなさんとシェアしてみます!

「こういうのもいいよ!」というアイデアをお持ちの方は、ぜひとも悩めるMaeをお助けください!


スポンサーリンク

 

「つぶやき」から発想する。

アイデアを考える男性

一緒に過ごしているときに、恋人が「ぼそっ」ともらした、ちょっとしたつぶやき。

 

本人も覚えていないくらいの、その「ぼそっ」の中に、

もしかするとヒントがあるかもしれません。

 

些細すぎてそのまま流してしまいそうになりますが、

つぶやきも立派な「心の声」。

ホントにそう思っているからこそ、言葉として出てくるのです。

 

例えば、2人で本屋さんに行ったときのこと。

 

普段は村上春樹なんて読まない彼が、ちょうど新刊を発見して

 

「ふ〜ん。おもしろそうかも。」

 

と、ボツリと漏らしました。

 

僕が村上春樹の小説をよく読んでいたのを知っている彼は、

もしかすると前々から興味を持っていたのかもしれません。

 

それが、「つぶやき」として出てきたのです。

 

彼の誕生日前にそのことをふと思い出した僕は、

「1Q84」の中国語版を3冊そろえてプレゼントしてあげました。

 

すると案の定、

 

「コレ!読みたかったんだよね!ありがとう!」

 

と、とっても喜んでくれました。

 

「そんなことまで覚えていてくれたの?」と好感度アップも期待出来ますよ!

 

▼青豆さんの形相が気になりますね!▼

 

「欠けているもの」をプチリッチに贈る。

プチリッチなプレゼント

普段の生活の中で「これがあったらなあ。」「これが足りない!」と感じているもの。

 

そういうアイテムが、ふとした拍子に手に入ると

誰しも「ラッキー!」とか「ありがたい!」とか思いますよね。

 

それは、プレゼントでも同じ。

 

相手が「欠けている」と感じているものを用意してあげると、

まず間違いなく喜ばれます。

 

先ほど、彼に本をプレゼントしたお話をしました。

 

僕も彼も、もともと読書が大好きなので、2人一緒にいるときもカフェに座り込んで、

それぞれ持ってきた本を読みふけることが多いです。

 

その様子を隣で見ていると、本によく紙切れやショップカードを挟んでいることに気づきました。

「しおり」代わりに、とりあえず手元にあるものを使っていたのです。

 

ちょうどクリスマスプレゼントを考えていた僕は、

 

「これだ!」

 

と閃きました。

 

プレゼントにするなら、毎日使っても飽きのこないような、

クオリティの良いものを選びたい!

 

そこで、使えば使うほど味の出る「真鍮製のブックマーカー」に決めました。

 

このとき選んだブックマーカーは、ものさしとしても使える優れもの。

 

プレゼントして2年以上になりますが、

彼の読む本には今でも、このブックマーカーが挟まれています。

 

「ちゃんと使ってくれてるんだ!」と、贈った僕も見かけるたびにうれしくなります。

 

▼なが〜く使えるスグレモノです!▼

 

「初体験」をプレゼント。

夕暮れのビーチデート

プレゼントって「形のあるもの」とは限りません。

1回限りの「特別な思い出」を贈るのも立派なプレゼント。

 

手元には残らないけれど「心に残る」印象的な体験

さらに「初めての体験」となればプレミアム感も抜群ではないでしょうか。

 

これは、僕がプレゼントとして彼から贈られたものです。

 

僕の誕生日の夜、彼と一緒にちょっぴり豪華なディナーを食べていた時のこと。

「プレゼントだよ!」と言って、彼から1封の封筒を受け取りました。

 

「もしや… これが噂に聞く現金プレゼント!? さすが台湾!」

 

と、軽いカルチャーショックを受けながら、震える手で封を開けます。

 

そこに入っていたのは10,000… ではなく、「クラシックコンサートのチケット」でした。

 

ちょうどその頃、僕が「のだめカンタービレ」を見たことがないということで、

よくドラマを2人で見ていたのですが、

プレゼントされたのは「のだめ」音楽をテーマにしたコンサート。

 

しかも、海外から有名な指揮者とピアニストも招かれるという、かなり本格派なものでした。

 

普段音楽には疎い僕のために、

わざわざ馴染みやすいテーマのクラシックを選んでくれていたのです。

 

しかも、正統派クラシックコンサートはこれが初めて!

ワクワク満点のプレゼントに、喜びもひとしおでした。

 

あまりの心地よさに、当日居眠りしてしまったことは彼には内緒です。

 

ありきたりなら「数で勝負」!

プレゼントいっぱい

でも、どうしても

 

「何を贈ればいいのか思い浮かばない!」

 

ってこともありますよね。

 

僕も彼と付き合いはじめたばかりの頃は、彼の興味が全く分からなかったので、

初めての誕生日プレゼントに何を用意すべきか、相当に頭を悩ませました。

 

彼がピンポイントで喜ぶような、特別なプレゼントは無理。

 

それなれば…

 

ここは、「発想の転換」で攻めよう!

 

ということで、半ばやけくそ気味でデパートのスーパーに直行し、

「日本のお菓子」を山のように買い込みました。

 

台湾人は「日本のモノ」が大好き。

「食べもの」なら大きくはハズさないはず。

 

そして、抱えると両手いっぱいになるくらい大きなギフトボックスに、

買って来たお菓子をめいっぱいに詰めこんで、バースデーカードといっしょに彼に手渡したのです。

 

台湾に来て間もない日本人の「単純な発想」から生まれた、何とも子供っぽいプレゼントでした。

 

ところが、思わぬことに…

 

効果絶大!

 

彼、最高のスマイルを見せてくれました。

 

その後一ヶ月にわたって、日本のお菓子たちが彼の小腹を満たしつづけ、大満足という結果に!

 

どんなにありきたりなものでも、「数」を集めれば立派なプレゼントになる。

 

それを、このとき学びました。

 

▼外国人はこういうのゼッタイ好きです!▼

 

アートな彼に「鉛筆50ダース」とか、スポーティーな彼に「ササミ30kg」とか、

意外に喜ばれるかもしれませんよ。

 

まとめ

いさぎよくプレゼント

今日は、僕が彼氏に贈った、または贈られた

「恋人へのプレゼントの選び方」をシェアしてみました。

 

これはどの方法に対しても言えることですが、一番重要なのは

 

「恋人の立場に立って、気持ちを考えてみること。」

 

これに尽きると思います!

プレゼント選びに悩めるみなさまの、お助けになれば幸いです。

 

と、この文章を書いているうちに、

今年の彼へのバースデープレゼントのアイデアがいくつか浮かんできました!

 

成功したらまた、みなさんにお話ししますね!

 

それでは、今日はこのあたりで。

P.S. 他にもおもしろアイデアや成功体験をお持ちの方、コメント・メッセージ等お待ちしております!

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメントを残す

*