スポンサーリンク


台湾ゲイに人気!観光客の知らない宜蘭・礁溪の森林風呂って?

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」の森林風呂
Pocket

宜蘭・礁溪で発見!台湾北部の人気大浴場です!

12月も半ばを過ぎようとしている今、全くもって「年末感ゼロ」で雪花冰(かき氷)など嗜んでおりますMae(@qianheshu)です。どうもこんにちは!

台湾では一年を「旧暦」で考えるので、今年が終わるのはあと2か月ほど先の「春節」

12月31日に行われる「台北101カウントダウン花火」と言えばド派手な一大イベントですが、「お祝い感」という面ではやはり春節にはかないません。

春節9日間の連休に比べて、年末年始のお休みは3日しかありませんし…

まだまだ締まらない日々を過ごしている今日この頃でございます。

さて、最近になってようやく冬の気配が漂い始めた台北。

肌寒くなってくると恋しくなるのは、やっぱり… 「温泉」ですよね!

「どんだけ温泉好きなんだよ!」と我ながら呆れそうにもなりますが、恋しいものは恋しい!

ということで、宜蘭きっての温泉街・礁溪まで足を伸ばしてきました!

今回訪ねたのは、台湾北部でも稀に見る「コスパ最高の大浴場」

台湾ゲイの間でも話題の注目スポットなのです!

観光客の知らない「森林風呂」とは一体何なのか?その秘密に迫ります!


スポンサーリンク

 

宜蘭・礁溪ってどんなところ?

 

【台湾で極上温泉旅行!宜蘭・礁溪の「ISPAVITA」へGO!】でも一度ご紹介しましたが、

ここでもう一度おさらいしておきましょう!

 

台北市から新北市を挟んでおとなりにある宜蘭県

台湾一長い「雪山トンネル」を抜けたその先に、宜蘭きっての温泉街「礁溪」はあります。

 

外国からの観光客は少ないですが、

実は台湾人の間では北投にも負けないほどの人気温泉スポットなんです!

 

宜蘭・礁溪のおしゃれ温泉「蔥澡 Hot Spring Onion」の外観

その秘密は、温泉スポットの豊富さ。

 

街の至るところにある無料の足湯や、

1〜2時間から利用できる「湯屋」と呼ばれる個室タイプの温泉、

開放的な大きな露天風呂でゆっくりつかれる大浴場

 

温泉スポットがコンパクトな街じゅうに所せましと並んでおり、

どこに行こうか、ついつい迷ってしまうほど。

 

足湯を楽しむグループ

その時の気分や予算、プランに合わせて、日帰りでも泊まりがけでも、

とにかく自由なスタイルで過ごせるのが礁溪の人気の秘密です。

 

礁溪へはどうやって行く?

 

台北から礁溪へ行く方法は2つ。

 

台北駅から宜蘭・花蓮方面へ向かう「台鐵(電車)」に乗れば最速で90分ほどですが、

今回はより効率的な「バス」で向かう方法をご紹介します。

 

台北MRT(地下鉄)科技大樓駅

まず、MRT(捷運)「文湖線(ブラウンライン)」動物園」方面に向かう列車に乗って

「科技大樓(駅番号:BR08)」駅で下車します。

 

台北駅から向かう場合はまず、「板南線(ブルーライン)」「南港展覽館」方面の列車に乗って

「忠孝復興(駅番号:BL15/BR10)」駅で乗り換えましょう。

 

台北・科技大樓の葛瑪蘭客運(カバランバス)バス乗り場

科技大樓駅を出ると、道路の向かい側右手方向に

「葛瑪蘭(Kamalan)客運」のバス乗り場が見えます。

 

カウンターで「礁溪」までのチケットを購入しましょう。

 

葛瑪蘭客運(カバランバス)のチケット

片道なら104元(=約380円)ですが、往復で購入すれば片道93元(=約340円)で利用できます。

 

礁溪行きのバスが来たら、バスの前に立っている係員の方にチケットを見せて乗り込みましょう。

 

県境を越えるとなると遠いように感じるかもしれませんが、

渋滞等なく順調に進めば、時間にして約40分ほど。

 

台北の人気観光スポット「九份」に行くよりも、早く到着できてしまいます。

 

宜蘭・礁溪バスターミナル

礁溪バスターミナルに到着です!

電車の半分くらいの時間で行けるので、バスで向かうのがオススメですよ!

 

「森林風呂」は何処に?

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」森林風呂への道しるべ

バスで行くとさらに便利なことに、「森林風呂」がある「礁溪溫泉公園」

礁溪バスターミナルのすぐ裏側にあります!

 

ゲイにも人気という森林風呂へは、看板に沿って公園の奥に向かって歩いて行きましょう。

 

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」森林風呂への道

「台北から日本まで30分!」

 

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」森林風呂前の広場

この開けた広場が見えてきたらもうすぐそこ!

そのまま道なりに歩いていきます。

 

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」森林風呂のエントランス

前方に木造の建物が見えてきたら、ウワサの温泉「森林風呂」に到着です!

 

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」の足湯

ちなみに、公園内には休憩にぴったりのコーヒースタンドや、自由に利用出来る足湯もあります。

完全無料でゆっくり浸かれる足湯では、皆さんついついおしゃべりに花が咲いてしまっている様子。

 

「のんびりとリラックスして過ごせる。」

 

これが礁溪一番の魅力ですね。

 

いざ「森林風呂」へ!

 

早速、カウンターで料金を払っちゃいましょう!

 

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」森林風呂の入湯料

大人は「一般票」なので、一人150元。

日本円にして約550円

 

なんと、台北・北投温泉の半額以下のお値段です!

 

ハンドタオルが必要な場合は「經濟票」の250元(=約920円)

バスタオルも必要な場合は「豪華票」の350元(=約1290円)です。

 

森林風呂は水着を着ないで入れる「裸湯」、これも台湾の大浴場では貴重だったりします。

 

リーズナブルかつ、水着必要なし。

 

それだけでも、ゲイの間で人気というのはうなずけます。

 

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」の森林風呂

浴室内の様子はホームページを見て頂ければよく分かるのですが、

森林風呂というだけあって「完全露天」タイプ。

 

「天女湯」「雙龍湯」「風之湯」「光之湯」の4種類の温浴池と、

冷水池の「中庭湯」1種類、

計5種類の浴槽があり、広々として開放感バツグンです!

 

シャワースペースはもちろん、サウナも完備しています。

 

緑や青空を眺めながら、時間を気にせずまったり楽しむには最適!

 

150元でこのクオリティー、北投温泉ではまずあり得ません!

 

今回はお昼前の早めの時間に立ち寄りましたが、お客さんの入りも上々。

だいたい三〜四分の一くらいがゲイのお客さん、といったところでしょうか。

 

午前中は、40-50代くらいの方が多めな印象。

午後以降になると若い人もかなり増えてきて、

5-6人くらいの仲良しグループでワイワイ入ってくる事もちらほら。

 

ゲイに人気というウワサはホント!」のようです。

 

ただし、値段から考えて「割り切らなければいけない部分」があることも事実。

 

設備自体は文句なしに豪華なのですが、

メンテナンスや清掃が十分に行き届いていないところも少なからずあります。

 

壊れていて使えないシャワーがあったり、

循環系統が悪いのか、お湯が若干汚れてしまっている浴槽があったり。

 

お湯がちゃんと流れている浴槽を選んで、浸かるようにしたほうがいいでしょう。

 

「碳酸氫鈉泉」と書かれているので温泉は温泉なのでしょうが、

お湯の質もあまり期待はしない方が良いかと。

 

「露天で入れる銭湯」くらいのイメージをしておけば、しっくりくるかもしれません。

 

とは言え、それらマイナス面を差し引いたとしても、台湾北部の大浴場なら

コスパは間違いなく最高レベル!

 

リーズナブルに温泉を楽しむなら「森林風呂」、かなりオススメです!

 

まとめ

宜蘭・礁溪「礁溪溫泉公園」足湯の湧き出し口

今日は宜蘭・礁溪溫泉公園内の「森林風呂」よりお送りしました!

 

台北からバスで約40分とアクセスも便利!

 

観光客もほとんどいないので、台北・北投温泉とはまた違った

「ローカル度満点」の温泉スポットです。

 

年末年始を台湾で過ごすという方は、少し足を伸ばして

宜蘭・礁溪で温泉旅行はいかがですか?

 

森林風呂(礁溪溫泉公園内)
Address : 宜蘭縣礁溪鄉公園路16號
TEL : +886-3-987-6416
Email : spa.park.tw@gmail.com
Web : http://www.spa-park.tw/
Facebook : https://www.facebook.com/spa.park

 

最後に、ゲイに人気ではありますが、

子供からお年寄りまで利用する「健全な公共の場」であることは、

くれぐれもお忘れなきよう。

 

公共マナーは守った上で楽しみましょう!

 

宜蘭・礁溪の温泉宿「ISPAVITA」のエントランス

泊まりがけで行くなら、リゾートホテル「ISPAVITA」が超快適でした!

森林風呂からも徒歩5分です!

 

詳しくは【台湾で極上温泉旅行!宜蘭・礁溪の「ISPAVITA」へGO!】にまとめましたので、

合わせてご覧くださいね!

 

それでは、今日はこのあたりで。

※記事中の価格表記は1台湾ドル=3.7円で計算しています。(2015年12月現在)

 

▼こちらの記事もよくお読みいただいています!▼

→台湾一アートな温泉!?宜蘭・礁溪「蔥澡」でオモシロお風呂体験。

→ゲイ御用達のもう一つの北投温泉!台北・行義路の名湯4選。

→コスパ最高!リーズナブルに楽しむ北投温泉のイチオシ2選。

→台湾最大のゲイパラダイス!台北・西門町の歩き方。

→人気夜市からLGBTカフェまで並ぶ台北・公館エリアとは?

 

Pocket


スポンサーリンク


▼台湾のホテルを今すぐチェック!▼

SNSでも更新情報お届け中。



コメント

  1. Yoshi より:

    近くに沢山温泉があるっていいですね。羨ましいです。

    1. kazukimae より:

      サンフランシスコにはやっぱり温泉ってないのですか?

      最近台北も寒くなってきたので、もう毎日でも温泉浸かりたい気分です 笑

  2. Yoshi より:

    サンフランシスコから車で1時間半から2時間位のところに温泉があるみたいですが、そこまで運転したくないので、家のお風呂で我慢しています。

    1. kazukimae より:

      僕の場合、家にもバスタブがありませんから、我慢のしようがないのです 笑

      温泉、行きましょうね!

      1. Yoshi より:

        今のアパートの決め手は、バスタブでした。お風呂に入りながら、日本のラジを番組を聴くのが、僕の楽しみです。
        絶対、温泉行きましょう!!

コメントを残す

*